2012年8月5日

新型うつ病は存在しない

適応障害 - Wikipedia http://bit.ly/MbzqPE 抑うつ感や不安感が有る場合は、抗うつ薬や抗不安薬の投与を行う。また、精神療法によってストレス脆弱性の体質改善も効果があると言われている。しかしながら、病気の原因になっているストレス因子の除去、あるいは軽減が行われない事には、諸症状が再発する可能性が高い。 もし、医師から「適応障害」という診断が出たということは、関係者は、この複雑で根深いストレス状況そのものを改善する必要に迫られているのだと理解せねばならない。 <これをやりたくなくて甘えとか言っているだけ。
12
水島広子 @MizushimaHiroko

「お母さんの心がラクになる! 怒らない子育て」刊行しました。本書の原稿を初めて見た担当編集者の若い女性が、「子どもを持ちたいと初めて思った」と、感動の一言をくださった一冊。 もちろん、お父さん、それ以外の方もどうぞ。詳しくは http://t.co/ZRgt3viG

2012-08-02 17:38:14
水島広子 @MizushimaHiroko

改めて言っておきますが、いわゆる「新型うつ病」なるものは、うつ病ですらなく、大部分が、発達障害の方の適応障害だと思います。発達障害の方は、他者からの批判に容易に衝撃を受けてしまい、攻撃モードに入ってしまいます。これが「他罰的」と言われる部分です。

2012-08-05 01:26:35
水島広子 @MizushimaHiroko

ところが、「新型うつ病」(甘やかされて育った人たちの困ったうつ病)という概念が広がったおかげで、何よりも困るのは本当のうつ病の人たちです。「あの人と同じ目で見られたくない」と、うつ病の診断書を拒む人もいます。当然の権利なのですが。

2012-08-05 01:28:08
水島広子 @MizushimaHiroko

精神科医にとっても、「うつ病」という診断書の重みが本当に軽くなったと感じています。診断名よりも、中身の詳細な説明が命、という感じになっています。明らかに余計な仕事が増えています。

2012-08-05 01:30:15
水島広子 @MizushimaHiroko

定型的うつ病患者さんは昔も今も自責的で、「新型うつ病」なるものに対する世間の論調に「やっぱり悪いのは私か・・・」と大変胸を痛めておられます。エセ専門家が「新型うつ病」なる言葉を提唱しようと、うつ病治療の本質は何ら変わりません。

2012-08-05 01:32:01
水島広子 @MizushimaHiroko

職場では具合が悪くなるものの週末ディズニーランドに行ける、という時点で、うつ病ではなく適応障害の可能性が高いです。医師による正確な診断が患者さんの人生を救うというのは、どんな診療科でも同じですね。誤診が患者さんへの人格攻撃につながるのは大問題です。

2012-08-05 01:36:05
水島広子 @MizushimaHiroko

ちなみに「非定型うつ病」も、「新型うつ病」とは全く違うもので、れっきとしたうつ病です。睡眠や食欲のパターンが、定型うつ病の方と違うだけで、その苦しさはとてもディズニーランドどころではありません。非定型のうつは、双極性障害のうつの方にもよく見られますね。

2012-08-05 01:37:58
水島広子 @MizushimaHiroko

@artcable もちろん何であれ言い切りは問題ですね。ただ、「他罰性」を人格問題のように語るのはどうも腑に落ちません。トラウマがひどい方も該当しますし、発達障害の診断を下した上で見れば「なるほど」という方が多いのも事実です。被害者意識を感じる範囲がやはり広いからです。

2012-08-05 01:41:42
水島広子 @MizushimaHiroko

@mirai_list @Trinity_13 そうですね。私も患者さんやそのご家族、さらに個人的な関わりなど、発達障害の人をとてもたくさん深く知っており、多種多様だということはその通りです。そういうニュアンスを伝えられなかったのですから私の失点ですが(続く)

2012-08-05 02:25:24
水島広子 @MizushimaHiroko

@mirai_list @Trinity_13 「なぜこの人はちょっとした注意でこれほど反応して適応障害を起こしてしまうのだろうか」という点について、「甘やかされているから」「今どきの人だから」などという説明がされているのを見ると、悲しいです。

2012-08-05 02:27:05
水島広子 @MizushimaHiroko

@mirai_list @Trinity_13他者との関わりについては、性差もかなり関連し、攻撃的になるか、怒りと混乱を内に抱え込んでしまうか、というのも人それぞれですね。「新型うつ病の人が増加」などという非科学的推測ではなく、個々の診断を正しくつけることが重要だと思います。

2012-08-05 02:30:27
水島広子 @MizushimaHiroko

@mirai_list @Trinity_13正しく診断することによってどれほど本人の自己肯定感が高まり家族・パートナー関係がよくなるか、ということは日常的に目の当たりにしています。精神科医としてはそこまでですが、AH的に将来これをもっと深化させることが、かなえる予定の夢です。

2012-08-05 02:37:15

コメント

赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
原因が上司のパワーハラスメントだったら、週末にディズニーランドに行けるのも納得できるだろ。
0
赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
たとえば、上司から、さして重要性のない、いわば速記のメモのような文書の、てにをはの誤りを指摘され、その誤りに対して改善計画進捗報告書の提出を求められる生活が、継続して一年以上続いたら、まともでいられる自信はありますか?
0
赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
あるいは、仕事上のありとあらゆる行動に対して、社内規則の根拠条文の即答を常に求められる生活が続いたとして、まともでいられますか?
0
赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
それらの全てが、懲戒権を前提に行われたとして、貴方は抗えますか?
0
ソルトミ @soltme1 2012年8月5日
あんたね、そういう状況の中で耐えてみんな大人になるんだよ、なに甘えてんの、そんな状況当たり前だよ。
0
富 ユタカ @lkj777 2012年8月5日
いってるそばから↑だよ┐(´ー`)┌
1
ソルトミ @soltme1 2012年8月5日
「ゆとり」は死ななきゃなおらんなぁ↑
0
天野%ワクチン4回済み @JQ1VIE 2012年8月5日
へー ゆとりね おまえだけは絶対首にすると 隣の課の課長に嫌がらせを続けられてもねー 自分が居なくなった後パワハラで懲戒になったけどさそいつ
2
赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
soltme1 釣りである可能性はとりあえず留保して、貴方は、殺生与奪ができる者から「純粋な悪意」を向けられたときの事を想像した事があるかい? 成長を願っての叱責とは異なる「純粋な悪意」だよ?
0
赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
soltme1 もうひとつ、部下からパワーハラスメントの訴えがあった上司は、例外なく「教育・指導のためだった」と仰います。それが虚偽である事を証明するのは、実はさして難しくないのですが。
0
赤間道岳 @m_akama 2012年8月5日
soltme1 承前)それをやるべきかどうかは別です。パワハラや鬱に関しては、いろいろな事例を見てきましたが、当事者の誰かの責任と考えるより、人員配置のミスと考えた方が良い場合が多いです。
0
btnrouge @btnrouge 2012年8月6日
「新型うつ病」は存在しないと思う。適応障害で済めばまだマシな方で、実態は双極性障害や統合失調症の初期、あるいは何らかの人格障害であることが多々ある(当然これらはうつ病ではないので抗うつ薬では絶対に治らない)。ただ心の病は初診だけで診断するのは難しく、とりあえず社会的認知度の高い「うつ病」にしておけば当たり障りがないというのもあるのでは?いきなり診断書に「統合失調症」とか「双極性障害」なんて書かれたら、会社員だったら解雇理由(就業困難のため)にされてもおかしくない。
0
kartis56 @kartis56 2012年8月6日
ヒーリングとかナチュラル何とかとか言ってる人の発言は信用ならない。
0
かずたろ @kaztrella 2012年8月6日
発達障害が先天的な要因によるものであるなら、新型うつ病を安易に発達障害に結びつけるのもどうかと思うけどなぁ。
0
かずたろ @kaztrella 2012年8月6日
新型うつ病=適応障害と言われるとたしかにしっくりくるけど、そもそも発達障害と適応障害って領域的にかぶってるものなの?
0
うどん団 団長 @Dancho_Udondan 2012年8月6日
かぶっていなくても、仮説としては成り立ちそう。
0