Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

沖縄戦の位置づけ

歴史の再勉強。
1
桃太郎くん @momotarohkun

それが違うということをずっとツイートしてましたが、読まれてなければ再度貼ります。 @fwbc1965 個人的には、沖縄戦は南九州及び関東の防衛体制を構築するための「時間稼ぎ」であったと考えます。ここで重要なのは(略 @mako_shadowmoon

2012-08-15 08:12:30
桃太郎くん @momotarohkun

@fwbc1965 島嶼部の「捨て石」においては民間人は全員強制疎開させられている。沖縄で は老人と婦女子が疎開の対象となり、全島民の疎開は行われていない。続く

2012-08-15 08:15:49
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 大東亜末期、とられた作戦は主に3つ。本土決戦前に、島嶼部において敵兵力の消耗を図ることである。そして海軍の天号作戦。連合艦隊が、残存兵力を結集して南方海上で敵兵力を撃滅する作戦、そして陸軍が編成した決号作戦。続く

2012-08-15 08:16:54
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 島嶼部の戦闘も天号作戦も、本土決戦である決号作戦を有利に導くための「捨て石」作戦である。硫黄島の激烈な戦闘は、敵に損害を与え、少しでも本土決戦を有利に導くための戦闘。で、問題の沖縄はであるが(続く)

2012-08-15 08:17:23
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 沖縄においては民間人による防衛隊が結成された。これは昭和20年5月より逐次実施にあたっていた国民義勇兵制度の先取りでもある。沖縄に陣を張った32軍による沖縄県政への権限も強化。これは決号作戦の要綱に沿っているのである 続く

2012-08-15 08:17:56
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 で、この決号作戦が、一般的には本土決戦の名称で呼ばれている作戦である。在郷軍人会の退役兵卒が、婦女子に竹槍を持たせて訓練したり、帝都陥落後の拠点として松代大本営を設営したり、で有名な、あの作戦である。続く

2012-08-15 08:23:23
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 沖縄を「本土の一角たる沖繩」とし、実際、決号作戦で想定されたごとくの民間人義勇兵を巻き込んだ壮絶な戦いが繰り広げられた沖縄戦は、本土決戦の一部と考えて差し支えない。すなわち捨て石作戦ではない。以上です。

2012-08-15 08:24:05
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 国土を戦場にする本土決戦という判断が、それほどファナティックな判断ではないことをここに述べておきたい。戦略として当たり前の判断です。そして専守防衛という我が国において、次の戦争があるなら、それは本土決戦ですよw

2012-08-15 10:18:31
桃太郎くん @momotarohkun

本質も何も、決号作戦は、本土決戦要綱です。その中には竹槍も含まれ、システムの再編もあった。このコメントは申し訳ないが意味不明です。 @fwbc1965 決号作戦の(略)本質は、軍政と実働部隊の分離

2012-08-15 10:34:11
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 申し訳ないが、日本の作戦の揚げ足取りに終始しているように感じます。「捨て石」作戦という定義をされた作戦は一つもない。後世の左翼が言いだしたのであります。シナは日本軍を大陸の奥深くへ誘い込みますが、あれはすべて捨て石作戦でしょうかね?

2012-08-15 10:39:53
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 しかしながら、決号作戦(本土決戦)を有利に進めるためにという戦いがあったのは事実。これを「捨て石」作戦というのはわかります。沖縄戦は、決号作戦そのもの、すなわち本土決戦、すなわち捨て石作戦ではない。以上です。

2012-08-15 10:45:11
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 、蛇足に鈴木貫太郎の所信演説演説を。「此の國を舉げての努力に拘らず、戰局は漸次急迫し、遂に◆本土◆の一角たる沖繩に侵寇を見るに至りました」

2012-08-15 10:47:09
桃太郎くん @momotarohkun

しかし、まあ、本土決戦を捨て石作戦としちゃう思考ってどうなの?悲惨な戦闘=捨て石作戦=日本が悪い=(人によって)軍部が悪い=(人によるが)東條が悪い=(極左は)天皇の責任 と脳内直結している気がしてならん。

2012-08-15 11:26:58
T. Kawakami【脱原発に一票】 @t_kawakami

メディアを操り、国民を欺き、罪を償うどころか、未だに原発で金儲けを続けようという人間は実名で糾弾され、責任を追及されるべきです:原子力村の住民一覧: http://t.co/DHGE4yxP #genpatsu #人権 #脱原発 #紫陽花革命 #ACTA #TPP #落選運動

2012-08-15 15:05:11
桃太郎くん @momotarohkun

余り時間がないので返答は遅くなりますが、書いておきます。やっと本質となりましたが、実際発動という言葉自体はないご指摘の通り。wikiは相手も見て貼って欲しいがそれは良しとしましょう。続く@fwbc1965 一つだけ質問です。決号作戦が発動されたという記録がない(略

2012-08-15 16:35:03
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 決死の天号作戦も、もしも沖縄が捨て石ならば、本州乃至九州沿岸で展開した方が、敵上 陸部隊の挟撃もできて有効なはずである。わざわざ遠き九州よりリスクを犯して沖縄に出向く必要はないのだ、もしも沖縄が捨て石ならば。 続く

2012-08-15 16:36:07
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 沖縄においては民間人による防衛隊が結成された。これは昭和20年5月より逐次実施にあたっていた国民義勇兵制度の先取りでもある。沖縄に陣を張った32軍による沖縄県政への権限も強化された。これらはいずれも決号作戦の要綱に沿っている。続く

2012-08-15 16:37:25
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 第90回帝國議会における鈴木貫太郎首相の所信表明演説では沖縄を「本土の一角たる沖繩」とし、内地については「本土の他の地點」と称している。至極当たり前の話ではあるが、沖縄は日本の本土なのである。 続く

2012-08-15 16:39:49
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 実際、決号作戦で想定されたごとくの民間人義勇兵を巻き込んだ壮絶な戦いが繰り広げられた沖縄戦は、本土決戦の一部と考えて差し支えない。 問題は、ご指摘のように発動されたという形跡がないこと、及び「捨て石作戦」なる作戦もないこと。続く

2012-08-15 16:42:32
R.K.M(あるけむ) @fwbc1965

@momotarohkun つまり、決号作戦は沖縄戦では発動されてないということですね。というとは「沖縄戦は、決号作戦そのもの、すなわち本土決戦、すなわち捨て石作戦ではない」は論理的に否定されるわけですね。了解しました。これで議論は終了します

2012-08-15 16:42:51
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 確実であることは、硫黄島の戦いのように、時間稼ぎ戦術、という戦術を初めから取った訳でなく、帝国陸海軍は本土を防衛するように、沖縄を防衛をした、という史実が大事なのであります。続く

2012-08-15 16:45:31
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 最後になりましたが、凄惨な地上戦を戦われた沖縄の軍官民の戦没者の御冥福をお祈り申し上げます。生き抜いてこられた復員兵ならびに戦没者のご遺族の方々の苦難 の歴史を、祖国復帰の年に生まれた日本国民の一人として、大事にしたいと思います。

2012-08-15 16:47:41
桃太郎くん @momotarohkun

くどいようですが、沖縄戦は決号作戦に沿った内容が行われています。そこははっきりしています。貴殿は「記録になければない」という、愚かものですか?wだとすれば、3000年前、人は生きていたという記録はないとする小学生と同じですよw @fwbc1965 つまり、決号作戦は沖縄戦(略

2012-08-15 16:50:12
桃太郎くん @momotarohkun

@momotarohkun @fwbc1965 史実というのは、検証が行われていく上ではっきりすること。そして歴史は検証可能な史実を当てはめて行く作業。それが出来ないのなら、歴史を語る資格そのものがないと言えますなw

2012-08-15 16:52:21

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?