編集可能

もし伊藤博文暗殺されなかったら大日本大韓二重帝国誕生の可能性と福沢諭吉の『脱亜論』は日韓併合に影響してない件

もし伊藤博文暗殺されなかったら大日本大韓二重帝国誕生の可能性と福沢諭吉の『脱亜論』は日韓併合に影響してない件をまとめました。
12
原田 実 @gishigaku

「日本統治時代に亡くなった独立運動家」というのは、同時代的には官民問わず虐殺や略奪繰り返したゲリラだったり日本の首相を暗殺したテロリストなわけで当時の法に照らして対応したことの謝罪を日本に求めるのは無理筋。

2012-08-17 15:08:31
原田 実 @gishigaku

それに残念ながらあまり功を挙げたわけでもありませんし(伊藤博文暗殺などかえって併合の口実を与えてしまった) @muhonnocream 末期ナロードニキのやうなものですからね

2012-08-17 15:31:27
40面相のくりいむ @muhonnocream

@gishigaku 伊藤博文自体は植民地化のコストから併合反対派であったといふのは歴史の皮肉ですね。

2012-08-17 15:33:08
原田 実 @gishigaku

あの暗殺事件がなければ日本の傀儡にしても李王朝が継続した可能性が高かったわけであるいは戦後の南北分割も避けられたかもしれません(何を言っても繰り言ですが) @muhonnocream 伊藤博文自体は植民地化のコストから併合反対派であったといふのは歴史の皮肉ですね

2012-08-17 15:40:03
40面相のくりいむ @muhonnocream

@gishigaku 併合後でも李王家は残ったじゃないですか。

2012-08-17 15:41:19
原田 実 @gishigaku

あくまで日本の準皇族ですからね。朝鮮皇帝の名目は奪われてしまったわけで @muhonnocream 併合後でも李王家は残ったじゃないですか

2012-08-17 15:45:39
40面相のくりいむ @muhonnocream

@gishigaku 成程。主権国家の(名目上の)君主としての立場を追われたわけですか。

2012-08-17 15:47:59
原田 実 @gishigaku

名目だけでも大韓帝国皇帝がおられたなら戦後の(実質的)独立がもっとスムーズに進んだでしょうね @muhonnocream 成程。主権国家の(名目上の)君主としての立場を追われたわけですか。

2012-08-17 15:52:02
神北恵太 @Keitakamikita

大日本大韓二重帝国っていうのは、架空戦記にもまだないかな!? RT @gishigaku: 名目だけでも大韓帝国皇帝がおられたなら戦後の(実質的)独立がもっとスムーズに進んだでしょうね @muhonnocream

2012-08-17 15:56:40
みづせゆう @miduse

満州国も加えた三重帝国(訳分からん) RT @Keitakamikita: 大日本大韓二重帝国っていうのは、架空戦記にもまだないかな!? RT @gishigaku: 名目だけでも大韓帝国皇帝がおられたなら戦後の(実質的)独立がもっとスムーズに進んだでしょうね

2012-08-17 16:01:22
40面相のくりいむ @muhonnocream

@Tatsuyuko 丸山眞男の「『文明論之概略』を読む(上)』にも同様のことが記述されておりましたね。教養がどの程度見についてゐるのかと。話の種以上のものを持ってゐるのかと。

2012-08-17 16:01:23
40面相のくりいむ @muhonnocream

@Keitakamikita @gishigaku さういふ構想は現実に存在しましたね。樽井藤吉の「大東合邦論」(1886年)といふ形で。

2012-08-17 16:02:51
神北恵太 @Keitakamikita

じゃ、首都はわが故郷三重県に……。( ̄▽ ̄) RT @miduse: 満州国も加えた三重帝国(訳分からん) RT @Keitakamikita: 大日本大韓二重帝国……!? RT @gishigaku

2012-08-17 16:04:15
神北恵太 @Keitakamikita

ほほー。 RT @muhonnocream: @Keitakamikita @gishigaku さういふ構想は現実に存在しましたね。樽井藤吉の「大東合邦論」(1886年)といふ形で。

2012-08-17 16:05:01
40面相のくりいむ @muhonnocream

@Keitakamikita @gishigaku 実際この構想は当時の知識人にある程度影響を与えたらしく後年の日韓併合の際にも力を発揮します。福澤諭吉の「脱亜論」と共に引き合いに出されることが多いです。

2012-08-17 16:09:11
原田 実 @gishigaku

現代と状況が違うからそこまで言わないにしても、二国間で違った見方が生じる問題について自国側の見方を押し付けるのは外交上、失礼にして失策ということで @koinobori_ テロリストの容認に繋がりかねないから、ということなんでしょうか。

2012-08-17 16:09:21
原田 実 @gishigaku

テキストありました>「樽井藤吉の大東合邦論」 http://t.co/WjoEjAzr @Keitakamikita @muhonnocream

2012-08-17 16:12:19
tomo @tomo_091519

半島歴史のイフは、日露戦争、伊藤博文暗殺、両班の李承晩の帰国の三点だと思う。“@gishigaku: あの暗殺事件がなければ日本の傀儡にしても李王朝が継続した可能性が高かったわけ @muhonnocream

2012-08-17 16:12:42
原田 実 @gishigaku

対等合併論の影響下で、実際に行われたのが一方の主権を奪う併合になってしまうあたりが残念ですね @muhonnocream @Keitakamikita

2012-08-17 16:14:29
40面相のくりいむ @muhonnocream

@gishigaku @Keitakamikita だが合併をしたことにより絶えず大陸の動向を気にせざるを得なかったといふのも皮肉な話。

2012-08-17 16:18:40
原田 実 @gishigaku

たしかに。 @muhonnocream だが合併をしたことにより絶えず大陸の動向を気にせざるを得なかったといふのも皮肉な話 @Keitakamikita

2012-08-17 16:23:15
40面相のくりいむ @muhonnocream

@gishigaku @Keitakamikita 併合した朝鮮の存在が日本の外交を縛ってしまったといふこともできますね。

2012-08-17 16:25:53
原田 実 @gishigaku

ロシアの南下政策への対抗にしても大韓帝国に緩衝国になってもらう選択肢がありえたでしょうにね(後の満洲国も当初はその役割を期待されたわけで) @muhonnocream 併合した朝鮮の存在が日本の外交を縛ってしまったといふこともできますね。 @Keitakamikita

2012-08-17 16:30:38
残りを読む(30)

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2012年8月18日
Ifの展開を想定するなら甲申政変で清の介入が後手に回って鎮圧をしそこなったという物もありますな。もしかすると日清・日露戦争の回避(日清は日朝対清に変わった可能性が)が起きたのかも
0