家族分割避難の線引き

避難するしないの線引きは個人事情・家族構成によって変わる。ここでは、家族を分割する避難の線引きを見せ合いたい。他人がどこに線を引いたかは、自分が線を引くときの参考になると思うからだ。線は、私の地図における放射線量で表現してください。芝生の上1mの数値です。 ▼私の線引き ・1マイクロ 夫婦別居・離婚 ・0.5マイクロ 中学生単独避難、乳幼児母子避難 (自分の線引きをコメント欄に書いて情報共続きを読む避難するしないの線引きは個人事情・家族構成によって変わる。ここでは、家族を分割する避難の線引きを見せ合いたい。他人がどこに線を引いたかは、自分が線を引くときの参考になると思うからだ。線は、私の地図における放射線量で表現してください。芝生の上1mの数値です。 ▼私の線引き ・1マイクロ 夫婦別居・離婚 ・0.5マイクロ 中学生単独避難、乳幼児母子避難 (自分の線引きをコメント欄に書いて情報共有してください。) 東京の放射能って、あぶないの? http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-553.html
HayakawaYukio 73116view 104コメント
121
ログインして広告を非表示にする
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-16 17:15:20
    夫婦同居は毎時1マイクロ線あたりにあると私は評価する。1マイクロより内側のリスクは夫婦同居のメリットより大きい。1マイクロを理由に別居あるいは離婚するのは合理的だと思う。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-16 17:17:43
    親子同居(この場合の子は子ども)は毎時0.5マイクロ線あたりにあると私は評価する。子どもにとって、0.5マイクロより内側のリスクは親と同居するメリットより大きい。親元を離れて寮生活するのは合理的。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-16 17:20:11
    というわけで、放射能汚染を理由として首都圏から父を置いて母子移住するのを私は合理的な選択だと思わない。ただし放射能汚染を離婚のきっかけに利用するなら、この限りにあらず。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-16 17:21:38
    もし家族全員で引っ越すなら、放射能汚染を理由にして首都圏から去るのは合理的だと思う。ただし行った先でも経済的自立ができることが条件。
  • dreswl @dre_swl 2012-08-16 17:21:59
    離婚はとてつもないリスクですよ。年齢にもよる。老夫婦なら飯舘村でもメリットの方が大きそう@HayakawaYukio 夫婦同居は毎時1マイクロ線あたりにあると私は評価する。1マイクロより内側のリスクは夫婦同居のメリットより大きい。1マイクロを理由に別居あるいは離婚するのは合理的
  • 手塚一佳 @tezukakaz 2012-08-16 17:22:28
    これは同意。健康リスクとデメリットは天秤ですからRT @HayakawaYukio 親子同居(この場合の子は子ども)は毎時0.5マイクロ線あたりにあると私は評価する。子どもにとって、0.5マイクロより内側のリスクは親と同居するメリットより大きい。親元を離れて寮生活するのは合理的。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-16 17:23:09
    夫婦合意で1マイクロ線の内側に住んでいることは他人がどうこういうことでないことは承知している。しかし、その選択のまきぞえをくう子どもが不憫でしかたがない。
  • 手塚一佳 @tezukakaz 2012-08-16 17:24:03
    強く同意。経済破綻はただちに影響がありますが、首都圏に多い0.2μSV毎時程度の被曝は数年の余裕がありますし。RT @HayakawaYukio もし家族全員で引っ越すなら、放射能汚染を理由にして首都圏から去るのは合理的だと思う。ただし行った先でも経済的自立ができることが条件。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-16 17:24:05
    そんなことはないぜ。RT @dreswl: 離婚はとてつもないリスクですよ。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-18 08:49:52
    親子同居が0.5マイクロ線あたりだと私は書いたが、そのときの想定子どもは小学生だった。乳幼児なら、0.25マイクロくらいまで下げても対応コストに見合うかもしれない。

  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-18 10:23:32
    いかにも実用にならない物理学的考えだね。RT:@f_zebra「マイクロって、空間線量でμSv/hってことですよね。空間線量での線引きって意味がないんじゃないですか。実際の被曝量(実効線量)は滞在時間.. http://t.co/I05SR19V

コメント

  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-18 09:11:18
    乳幼児を連れた母子避難を0.25に設定するのはちょっとやりすぎな気もするなあ。首都圏東部が該当する。
  • かばきちザ・金印 @tokabakichi 2012-08-18 09:23:57
    私が住んでいた小山市は0.125μ以下の場所。夫の転勤があったために幸運にも九州に引越しできました。放射線量は受け入れて暮らせる場所だとは思いましたが、北側から取り囲むように汚染地帯が広がっているために安心できる食品の入手が難しいこと、子どもに平気で側溝やプール掃除をさせる学校の対応に不安を感じていました。
  • かばきちザ・金印 @tokabakichi 2012-08-18 09:26:02
    学校が子どもにプールの泥掃除をさせ、そのあとにきれいな水を張って放射線量を測定して問題なしと発表するような誠意のないことをせず、子どもを線量の高いところには近づけないような対応をとってくれていたら、もっと心穏やかに暮らすことが出来たでしょう。
  • hidarishita @hidarishita 2012-08-18 09:41:43
    妻と子供二人(小学生・幼稚園)で東葛エリアに住んでいましたが、世田谷区に転居しました。0.25μsvは常にある東葛は子供にとっては危険エリアと考えました。
  • *日乃ひかり* @MadamHikari 2012-08-18 09:53:55
    小3・小6・中3の子どもが居ります。主人は独立開業が可能な職種で、私は専業主婦です。早川先生の地図を見て、黄緑色地帯(0.25μSv/h)は本能的に嫌だなと感じます。家族バラバラに暮らすことは考えられません。一家で引っ越します。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-18 09:57:37
    私は0.5μを線引きとする、に一票を投じます。東京の首都圏脱出を主張される方々の御意見には賛同しません。実際に健康被害が出るかどうかについては神のみぞ知るですが、首都圏は現在の解析方法では健康被害は検出されないと思います。
  • Flying Zebra @f_zebra 2012-08-18 09:58:23
    マイクロって、空間線量でμSv/hってことですよね。空間線量での線引きって意味がないんじゃないですか。実際の被曝量(実効線量)は滞在時間の長い屋内、特に寝室の線量率に大きく依存して、それは屋外の空間線量率とは相関しないので。積分って、みんな学校で習ってるはずだけどなかなか実感しにくいのかな。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-18 10:05:10
    上記の私のコメントの後半は、疫学的な生物統計学手法では、という意味です。個々の事例ではなく、帰無仮説を用いて有意水準を5%あたりに設定した場合。対照群は西日本の低汚染地域。
  • BONBON @rakuda1961 2012-08-18 10:15:14
    居住地は東京・多摩地区。子供は、昨年時点で高1と小3。基準を年間1ミリに置いて検討し、基準以下と判断したので、全員同居で居残りました。ただし、食品は可能な限り西日本から求め、小学生の給食は弁当持参に切り替えて様子見としました。高校生の大学進学を西日本ないし北海道とすることを検討中です。
  • etsukun @etsukun 2012-08-18 10:28:05
    私は息子が1歳のため、砂遊びをさせられるかどうかが判断基準です。0.125の足立区在住ですが、ここでは砂遊びをさせられないと考えますので、避難を目指しています。幼児に外で砂を触るな、砂を触った手を口に入れるなのコントロールは出来ないからです。
  • sakai @SkiMario 2012-08-18 10:55:00
    現時点での空間線量がかなり多くの地点で発表されているのにどうして早川マップ基準で考えるんだろ?
  • 水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2012-08-18 11:07:43
    塩漬け食品の摂取量が多いと何らかのがんを発症する危険性が11~15%高くなります、つまり100mシーベルトの被曝でも塩分の取り過ぎよりもはるかに低リスクです。お母さんたちは毎日おいしくて健康的な食事を作れるように頑張って下さいな(´・ω・`)
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-18 11:33:58
    >4.0uSv/hrは全員撤収。>2.0uSV/hrは生殖予定者は撤収。>1.0uSV/hrは18歳未満は撤収。>0.5uSv/hrは6歳未満は撤収。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-18 11:35:58
    みなさま、早川先生は、放射線公害における健康寿命(余命)まで考察されて、提案されているのではないでしょうか。上記に関する確定したデータを見たことはありませんが、あくまで参考までに、
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-18 11:38:38
    喫煙では、熊丸裕也先生:『男性だと、非喫煙者の健康寿命は68.7歳で、寿命は76.7歳。一方、喫煙者の健康寿命は56.5歳と短く、13年間の病気がちな期間を経た後、69.5歳が寿命となる。』http://www.jiji.com/jc/v4?id=kinen0004
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-18 11:40:51
    もちろん、喫煙は受動喫煙を除いて子供には関係なく、放射線による健康被害とは違います。参考例として。
  • study2007(アベ政治を許さない) @study2007 2012-08-18 12:34:03
    ▼私の線引き ・1マイクロ できるだけ早期に家族で移住 ・0.5マイクロ 妻子は避難。2〜3年をメドに移住。(柏を除く) ・0.25マイクロ 妻子は避難。2〜3年をメドに復帰を検討。 ・0.125マイクロ 避難せず5年くらい様子見。食べ物は気をつける。なるべく帰省する。         (ただし100km圏内は移住する方向、200km圏内には積極的に異動しない)
  • コウ @hackerhakka 2012-08-18 12:59:22
    話が複雑なので、自分の生活のことしか考えられない。 0.5μ以上、家族を疎開(または移住)させ自分だけ残って単身赴任状態で食い扶持稼ぎ。0.5μ未満、家族は疎開させないが小学生を外で遊ばせるためには安全地まで出かける。
  • 伊藤 由紀 @nymy4617 2012-08-18 14:14:18
    私が住んでいたのは埼玉県草加市。早川先生のmapでは0.125内。ガイガー2台で0.13~0.16μSv/h。畑の土壌は合算(Cs134,137)約500bq/kgでした。空間線量だけなら問題ないかもしれないと考えましたが、水源、産地偽装、地震、国の対策・・などを考えて1月に熊本に家族で移住。東京に勤務していた夫の収入は半減。税金は高いと言われていた草加よりも高い。でも豊かな自然、地元の人から直接買える食料など満足。
  • hmasako @hmasako 2012-08-18 14:19:55
    小学高学年生娘のいる現在は0.25くらいが限度かもしれません。乳幼児がいる場合は0.2未満でないと心安らかではないでしょう。子どもがいなくてできる予定も無い夫婦(&40歳以上)だとしたら、1~2マイクロくらいまでは移住しないと思います。70歳以上だったらどこにでも住みたいところに住んでもいいかも。その場合は公的サービス・十分な社会的住環境が整わないことを覚悟して住むことになるでしょう。
  • akane ishiwata @ak_nee 2012-08-18 14:58:23
    小1息子、1歳娘(当時)。当面は「関東で最大限気をつけて暮らす」ことにし、昨年末に葛飾区から川崎市西部に引っ越しました。夫婦とも仕事は変えず。昨年五月から線量計離さずの生活でしたが、葛飾は…無理でした。
  • 萩原 佐知子 @hugujo 2012-08-18 15:52:43
    昨年3月14日だったか15日だったかにウチで話し合って合意→1マイクロ/時で関東在住のご家族お誘い合わせの後退避(行き先は亭主実家熊本、場合によってそのまま移住)、0.5マイクロ/時で当時高校1年進学直前の甥のみ熊本へ退避、その後は親に判断させる)以上。
  • Flying Zebra @f_zebra 2012-08-18 15:57:22
    事情は人それぞれなので、選択の結果について他人がとやかく言うべきではないし、聞く必要もない。ただ、いたずらに恐怖を煽ってリスクの観点からは意味のない(トータルリスクを下げることにならず、場合によっては高める)「避難」を勧めるようなデマゴーグは社会にとって純粋に害悪だと思う。
  • emem luv horses @lovelyemem 2012-08-18 17:01:52
    今年の4月まで千葉県八千代市(0.25内)に居ましたが、9、5、1歳(当時)の子どもを育てるには禁泥遊び、禁裸足等余りにも制約を強いる環境で無理だと結論付け熊本に母子移住するに至りました。私にとっては恐怖を煽られたという意識は無く、今知るべき事を勉強した結果汚染のより低く土を触っても叱ることのない生活を取り戻しました。家族揃っての移住がベストではありますが、経済面を考えベターな選択をしました。
  • Toshikazu Kanke @sevenedges 2012-08-18 18:49:57
    旦那の年収がXX万円あったら子どもを私学に通わせて、YY万円以下なら離婚、みたいな指標を個々に持つ分には別に構わないけど、それを共有しても自己満足と差別にしかならないと思うよ。
  • Toshikazu Kanke @sevenedges 2012-08-18 18:50:31
    共有すべきは個々の結論じゃなく、例えば私学に通わせたらいくらかかるとか、例えばこういう空間線量の中で暮らしたらどれだけのリスクがあるとか、そういう客観的な情報であるべき。考えることを放棄させたいのでなければね。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-18 20:22:20
    じゃ、それやってみせて。
  • 萩原 佐知子 @hugujo 2012-08-18 20:55:25
    ここってばお互いのカードを見せあいっこする場じゃないの?(なんか「アタシ人の意見に影響されちゃうんでそういうの見せないで下さいッ」って言ってる人が多いんだけどサ。井戸端会議が鬱陶しいんだけどやっぱ加わらなければならないんだけど、って言ってる馬鹿なママさんじゃあんめー)
  • number64 @number64log 2012-08-18 20:59:39
    なるほど、カードの選定基準を披露する場ではなく、選定した結果のカードを見せ合うのが主旨でしたか。
  • 道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2012-08-18 20:59:51
    仕事で放射線を取り扱っていた人なら3.11以降の一般市民に先駆けて線引きの中で働き、暮らしていたはず。そのような立場から現在をどう見るかを聞きたいな。
  • ぺとろ @pu_petrouchka 2012-08-18 21:16:20
    私の線引き。1μSv/h~家族で避難。0.5μSv/h~母子避難(子供は小中学生)。それ以外は、できるだけ被曝しないよう気を付けながら生活。←自分は今ここ。大人であり、子供もなく、両親が高齢の為。線量だけでなく、ふくいちからの距離も考慮すると、私に子供がいたら線量低くとも即移住していたと予想。
  • タナカ コウジ @kouji3050044 2012-08-18 21:22:02
    僕は独身なんで、自分一人のことですが、0.5μS/hの線引きです。子供がいたら0.25μって所でしょうか。蛇足ですが、「○○に較べれば放射線の危険性は低い」ってのは詭弁そのものです。許容値というのは効能・メリットを考えた上で我慢できる値だと思います。メリットは何ですか?
  • とし(だわぁ~) @desmostylus1 2012-08-18 21:29:01
    現状は危険性のある数値になってしまっているということ。だから、私も脱原発の活動はしています。ただ、過敏な反応で、むしろ福島や東北の人々の人たちの復興のさまたげをしている動きは良くないと思っています。現状は立ち入り禁止の区域以外は生活に問題ないと思っています。それ以外の区域の農産物とかを拒否するのが、過剰だと思っているのです。
  • とし(だわぁ~) @desmostylus1 2012-08-18 21:38:49
    そうですね/hなんですね。X線検診は毎時に浴びるものではないですから。
  • acrotecHD @acrotecHD 2012-08-18 21:56:06
    0.25μSv/hで乳幼児が避難すべきなら、昔からそれぐらいの空間線量が普通であるローマとかに行って、「イタリアの皆さんは避難して下さい」って活動をやればいいのに。それとも日本人だけ特別に放射線に弱いの?
  • ちぃ@理科準備室 @m_science_chiy 2012-08-18 22:08:31
    ウチは幼児がいるので、0.25μSv/hで母子避難。夫は何があっても今の土地を離れたくないと言っているので、一家避難の選択肢なし。次に何かあった時には、迷わず国外に出る覚悟。あ、でも離婚はしないです。
  • どどど @darkboysandmen 2012-08-18 22:17:55
    自分の感覚に従って考えると0.25マイクロであたしの神経が参る。人間は移動できる動物なんだから移動する。他の人は自分で考えればいい。あたしは子どもと暮らしたい人だから当然子どもも一緒だ。
  • yukiko-i @haruishi1 2012-08-18 22:26:35
    心情的には0.1μSv/h以上の場所に子どもは住まわせたくない。私はつくば市(0.125以下)にいたがすぐ近所に0.25~0.5の場所があり、学校や行政の対応の甘さ、安全な食材の確保の難しさ、親の目の届かないところで子どもが被ばくする可能性の高さを感じて母子で熊本県に移住した。地図上の数値で行動や判断の線引きをするのは現実的だし客観的な判断だと思うが、母親という生き物としてはとにかく遠い所へ逃がしたいことに尽きた。今私は再就職活動中。
  • よあけのそらみ(活かせ☆憲法) @yoakenosorami 2012-08-18 22:52:15
    わが家は0.125の域内、子どもには放射性物質が集まりやすいところを教えて気をつけさせるのが精一杯。0.25以上のところには、事故後子どもを連れて行っていないし今後しばらく行くつもりもない。0.5を超えたら家族全員で移住。これは私の考えであって公僕の夫は残るというだろう。すんなりいくわけない。
  • 天気だ天気 @tenkiwa 2012-08-18 22:58:52
    もうもうと土けむり立ち上る小学校のグラウンドがいくつになると私は、親としてキレるか→0.2μSv/h以上で=避難(転校)を考える 一家そろって移住検討は0.5μSv/h以上から。自分基準ではこうです。
  • 田村淳彦 @AtsuTam 2012-08-18 23:33:15
    ▼私の線引き ・0.5マイクロ(参考レベル おおよそ6mSv/年と判断)→転職・転居 ・0.25マイクロ(参考レベル おおよそ3mSv/年と判断)→小学生以下母子避難
  • Dormeur @nemuribito 2012-08-19 05:54:30
    福島市のガラスバッジ調査を見ると被曝線量はほぼ3mSv/年に収まっているので、測定誤差や陰謀論で実際は何倍か多いとしても2μSv/h程度の地域に住むことに支障なしと判断します。現状の非避難指定地域で転居を考えるのは、「都会が嫌で田舎へ行く」「田舎が嫌で都会へ行く」なんてのと同レベルで、個人の嗜好の範疇。(しかしコメントの削除が多いな……)
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 06:30:16
    「個人の嗜好の範疇」をここで楽しく情報交換してるんだから、無粋なこといわないでくれるか。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 07:13:07
    放射線科を含む知り合いの医師の何人かに『ガラスバッチで最大だった年の線量はいくらだった?』と聞いてみました。日米を問わず5~8mSvと答える人が多い。私の線引きはそんな経験からでもあります。子供に外で自由に遊ばせて土いじりをさせたいなら、もっと下げるでしょう。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 07:24:39
    上記の話は、放射線被曝の機会が比較的多いスタッフが中心だから、放射線診断や治療にほとんど関与しない病院職員はゼロに近い人がほとんどでしょう。日本でも各病院がデータを持っているはずだけど。。。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 07:27:05
    なので、『福島市のガラスバッジ調査を見ると被曝線量はほぼ3mSv/年に収まっている』という話は、医療者からみても『公衆被曝でそんなに?』という感覚であることを理解してほしいと思います。机上論は別としてね。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 07:41:55
    放射線を取り扱う側はそれだけ繊細(Fine)に考えて、安全を確保してきたということです。計算上、〇〇までは安全という方は、その線量を自分が毎年のように被曝して問題なかった経緯を述べてくれれば大いに説得力があるのですが、そんな人はあまり見当たらないようです。(ご存知の方はぜひ教えてください。)
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 07:46:47
    @Todaidonさんのこの話を聞いて、いままでもやもやしてよくわからなかった放射線健康被害の程度理解が一歩進んだ気がした。(危険側にちょっと寄った)
  • study2007(アベ政治を許さない) @study2007 2012-08-19 07:57:16
    例えばJAEAの放射線作業従事者の分布です。90年以降は98%の人が年1mSv以下で抑制されています。http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Data-Code-2006-014.pdf
  • study2007(アベ政治を許さない) @study2007 2012-08-19 08:07:22
    まともな施設であれば「どこそこの作業は何分以内」とか区切ったりして作業を分担しますし、「月あたり何mSv」とか自主基準を設けてて、それを越えると呼び出されて怒られ、一筆書かされたりします。「上限以内だ、あ〜良かった」といった考え方をする人や施設はリアルでは私の知る限り居ないと思います。
  • taka(維新は要らない) @smoketree1 2012-08-19 08:17:16
    0.125μSv/h程度を問題にするのであれば、そのような地域は日本にも多くありますね。日本の自然放射線量マップ: http://bit.ly/fZothJ
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 08:27:04
    そういうところでは、路傍の土や側溝などにみられる濃縮は起こりません。リスクの程度が違います。
  • study2007(アベ政治を許さない) @study2007 2012-08-19 08:38:44
    しかも通常の実験室であれば線源はほぼ構造物からの外部被曝であり、内部被曝を防ぐため(一部、悪名高い施設もありますが)常に清掃には気をつけています。勿論飲食など一切禁止されています。
  • sakai @SkiMario 2012-08-19 10:18:39
    HayakawaYukio 本当ですか?黄砂や地域の地質が原因であれば、小空間で高線量になっている可能性はあると思います。 また早川先生の地図で0.125μSv/hの地域は現状でもう少し下がっている可能性も高いかと思います。その比較で、他の地域より被曝量が多いと言えるかは微妙だと思いますが。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 10:22:44
    素人が専門家にいいかげんなこと言わないでね。可能性の話なんかしてないよ。「小空間で高線量」になってるところを見つけたら、またおいで。
  • Lapin Blanc @TearsOfARabbit 2012-08-19 11:55:28
    【私の線引き】 資産2億円:家族で海外移住。5000万円:0.125μで小中学生+母親避難。1000万円:0.25μで母子避難。0円:0.5~1.0μで母子避難。
  • Lapin Blanc @TearsOfARabbit 2012-08-19 12:07:06
    2億円以外の「避難」は九州、沖縄などへの国内での避難の意味です。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 12:31:13
    乳幼児を連れた母子避難を0.25マイクロから、中学生単独避難と同じ0.5マイクロに意見変更した。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 12:36:23
    タイトル下の説明を変更した。×「避難するしないの線引きは個人事情によって変わる。ここではその事情にもとづいた個人の線引きを見せ合いたい。」○「避難するしないの線引きは個人事情・家族構成によって変わる。ここでは、家族を分割する避難の線引きを見せ合いたい。」
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 12:44:04
    乳幼児は中学生より放射能リスクに弱いが、親が別居するデメリットと相殺すると判断したからだ。> 乳幼児を連れた母子避難を0.25マイクロから、中学生単独避難と同じ0.5マイクロに意見変更した。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 12:45:05
    子どものいない夫婦の別居は1マイクロ。乳幼児がいれば、それが0.5マイクロに下がると理解してよい。
  • fragment @fragment_world 2012-08-19 12:54:31
    低線量被曝の害悪に関する価値観の共有なしに、μSv/hで線引をする意味は大きくないと思います。「単にロシアンルーレットをやるだけ」と思っている人もいれば、「多くの病気によりかかりやすくなり、死ぬまでのQOLが大きく下がる」と考える人もいる。
  • すーこ @kurosue 2012-08-19 12:55:44
    0.5μの流山です。夫居残り、母子(小学生)避難中です。でもちょこちょこ戻っています。線量を知って昨年の5月、“感覚的”に避難。でも今振り返ると、こういう線引きを当時からしていたのかも。0.25だったら迷うけど、遅れて避難したかも。
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 13:28:49
    文科省方式だと、3.8uSv/hrを20mSv/年と想定する。0.25uSv/hrは1.3mSv/年に相当する。0.5uSv/hrは2.6mSv/年、1.0uSv/hrは5.2mSv/年、2.0uSv/hrは10.4mSv/年に相当。
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 13:39:17
    >2uSv/hr⇒夫婦別居・離婚。>1uSv/hr⇒中学生単独避難。>0.5uSv/hr乳幼児母子避難。
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 13:49:04
    【上記の根拠】311以前の日本の1人当りの全被曝線量は5.3mSv/年(医療被曝線量3.8mSv/年+自然被曝線量1.5mSv/年)。1.0uSv/hr(5.2mSv/年)を受け入れると年間の被曝量はほぼ倍の10.5mSv/年。未成年に311以前の倍の線量を受忍せよとは言えない。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 14:07:17
    「ガラスバッチで最大だった年の線量は 日米を問わず5~8mSvと答える人が多い」「日本の1人当りの全被曝線量は5.3mSv/年(医療被曝線量3.8mSv/年+自然被曝線量1.5mSv/年)」 二人のお医者がゆってることが、ずいぶん違って聞こえる。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 14:37:38
    私が書いたのは、(病院内で白衣の上からつける)ガラスバッチで最大だった年の線量=職業被曝であり、医療被曝(=患者さんが放射線検査を受ける際の被曝量)とは異なります。http://www.kenkobunka.jp/kenbun/kb18/maeko18.pdf 
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 14:41:14
    職業被曝の最大が医療被曝の平均のせいぜい2倍だとは、にわかには信じられません。少なくともどちらかが間違っていると思う。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 14:42:33
    @drsteppenwolf さんは日本人一人当たりという統計学的な話をされておられるので、もしよろしければご自身が経験したガラスバッチの年間最大線量を教えていただければ有難いです。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 14:50:02
    なるほど。まず、医療被曝のほとんどは患者さんに照射が集中します。職業被曝の場合には、そのごく一部を医療者が受けるというイメージです。職業被曝でもっとも線量が高いと言われるのは心臓や腹部などの血管造影検査や血管治療に入るスタッフで、
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-19 14:59:16
    まあ、ボクが「医療被曝線量3.8mSv/年」を毎年受けているとは思わないから、被ばく医療を受けているひとの平均と言う意味なのかな。それなら二つのデータは並立する。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 14:59:59
    『透視』と呼ばれるように、X線を出したままモニタ上で血管カテーテルの位置を確認しながら作業をすすめる際に照射野に入る自分の手や腕などが特に被曝します。この場合は年間10mSvを超えることもあり、それでも1年間の法定50mSv、5年間で100mSvを超えないように防護管理を徹底して
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 15:01:02
    放射線科医の職業被曝は少ないものです。放射線防御をしっかりするからです。一方、X線透視撮影装置を使って手術をする外科医は被曝が多くなります。もちろん、鉛のエプロンをつけるなどして防御します(これが重いんだわ)。  http://web.sapmed.ac.jp/radiol/hibaku.html
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-19 15:02:54
    行っているというのが現状です。私はこの職業被曝というカテゴリーが、原発事故から新たに受ける被曝というカテゴリーに相当すると考えています。
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 15:09:57
    (訂正)【医療従事者に於ける電離放射線被ばくのリスク評価】年間被ばく量が10mSvを越える医療従事者は極めて少数です。 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No106/kimura090306.pdf
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 19:53:45
    【放射線業務従事者の3年間の関係事業所数及び経過線量】放射線業務従事者の被曝線量30mSv超/3年間の1.1%に過ぎない。 http://www.rea.or.jp/chutou/koukai/H20nendo/9zuhyo-H20.PDF
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-19 19:59:23
    上記のことからも、未成年者の原発被曝は5mSv/年(1.0uSv/hr)以下は譲れないと考えています。
  • yeye @hidehideg3 2012-08-20 02:19:04
    1F事故時葛飾堀切在住。私・連れ合い・4才男児・1才女児の構成で、私喫煙者(屋内分煙)。2011年3月末〜4月に、0.3μSv/hを避難転居基準に決定。実態は0.2μSv/h前後だったが、政府・自治体・報道の有り様を勘案した結果、転居決定。長野県松本市に転居し現在に至る。喫煙家庭で無い場合・政府・自治体・報道の働きが期待値に近い場合は0.5μSv/h程度迄基準値が上がった可能性はある。当初より家族分離は考慮外。
  • さくさく @sac_sac 2012-08-20 04:51:56
    なぜその基準で線を引くのか、そこをセットで考えないこんなアンケートはとことん無意味
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-20 12:42:12
    線を引いてほしくない人が、そういう言い方をよくする。
  • fragment @fragment_world 2012-08-20 13:54:01
    このような線引は事故前の基準を守らないことを追認するという悪影響が大きい。0.5μSv/hは我慢せよ、というコンセンサスが仮に出来てしまえば、その地域は早期に少しずつでも汚染を低減していくというインセンティブを大きく損なうことになる。この点のみ現実主義者になる必要はなく、追加被曝年1mSvはしっかり守れ、と言い続けた方が良いと思う(すぐに実現できなくても、違反状態にあると自覚していた方が、継続的に違反状態の解消に向けて努力する契機になる。)。
  • fragment @fragment_world 2012-08-20 20:26:05
    自然放射線量+γ線0.05uSv/hで移住する価値があると思う。事故前に実際に追加1mSvの上限被曝した人はほとんどいないのだから、内部被曝を考えれば、これでも酷い環境だと思う。事故前の上限値より厳しい線引でも、事故前の被曝は上回る。
  • 茶平 @charrpei 2012-08-20 20:52:49
    子無し中年+要介護両親(1人認知症)。介護と医療の援助が必要。事故前から介護・医療現場従事者不足なので、0.5μSv/h以上で頼る事ほぼ絶望(従事者の避難が先)と認識。故に0.25〜0.5μSv/hで避難準備。0.5〜1μSv/hで認知症親を強制避難。1〜2μSv/hで全員避難。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-20 23:51:23
    @drsteppenwolf さんと私の評価や結論は少し違いますが、大筋は同様と思います。昨年の高校野球で福島の地方大会が2.2μSv/hour で行われたことに驚愕しましたが、今なら一般の方々もその値の大きさを理解していただけるのではと思います。読売新聞2011年7月11日http://www.yomiuri.co.jp/sports/hsb/2011/prelim/news/20110713-OYT1T00446.htm
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-21 22:54:31
    Todaidon 0.5uSv/hr超のところは未就学児は撤収。未成年者は原則行かない。1.0uSv/hr超は未成年者は撤収、成人は原則行かない。2.2uSv/hrの高校野球大会は犯罪。Todaidonさんとそんなに違ってないと私も思っています。 返信 Todaidon
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-21 23:34:55
    @drsteppenwolf 昨年7月の福島の高校野球地方大会で2.2uSv/hr(センターの守備位置)が容認されたのは、年間20mSvから計算された3.8uSv/hr以下だからOKという話でしたね。ところがこの値は小佐古参与が辞任するきっかけとなった策定(資料:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/4852 )
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-21 23:38:15
    であり、私のTwや@drsteppenwolfさんが示していただいた資料で、医療者の職業被曝でも年間20mSvを超える例はほとんどないことから、unbelievableな措置であったと後世から批判を免れないでしょう。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-21 23:40:51
    この早川先生のまとめのおかげで、一般の方々も上記の『ただ事ではない状態』を認知されていることを知り、少し安堵しました。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-21 23:47:24
    一番わかりやすいのは、『私は毎年20mSv以上職場で浴びてますけど、これまでずっと健康ですよ。』という人がおそらく存在しないということだと思います。
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-21 23:50:43
    Todaidon 原発も含め放射線業務従事者や医療従事者で年間10mSv以上というのは、あまりお目にかかる数字ではありません。今新たなる大規模研究が日本で始まったばかりです。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-21 23:57:10
    @drsteppenwolf 御意。興味深い点は、上述の高校野球のエピソードや安定ヨウ素剤の不配布、フォールアウト時の屋内退避などの指示がなかったニュースは海外にほとんど伝わっておらず、結果的にWBCの線量が少なかったというニュースは伝わってくる点です。
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-08-22 00:01:53
    drsteppenwolf 内部被曝のSv換算モデルをナイーブにもそのまま現実と信じれば、【JAMA坪倉レター】のデータは1mSv以下となります。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-22 00:02:00
    上記は、日本のマスメディアの伝達傾向がそのまま海外に反映されているものと思われますが、たとえば早川マップ7訂版や早川先生のブログの英語版を作っていただくと海外への情報伝達が一変すると思います。ぜひご一考をお願いします。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-22 01:31:11
    特に、早川マップ7訂版の英訳版があれば、在日米人やその他の外国人、海外からの訪問者にとってとても有用だと思います。アジアを除いて日本語が読める人はごくごく限られているので、ご高配をどうぞよろしくお願いします。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-22 06:57:08
    いいえ。どなたかやってください。というか、ブログの肝心部分の英語訳はすでにあります。@EXSKFさんの http://ex-skf.blogspot.jp/
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-22 07:05:39
    有難うございます。7訂版の御解説は重要なので、自然に訳されていくと思いますが、英語で書かれた日本地図上に作成された早川マップがあればと思いました(※文科省マップも英語版がないと思います)。英語表記のフリー地図はこちらhttp://www.bing.com/maps/ ですが、これに早川マップを重ねるテクニックを持っておりません。200万人の在日外国人のために、どなたか作成していただければ嬉しいです。(まとめの主旨と異なりすみません。この話題はこれまでにします。)
  • fragment @fragment_world 2012-08-22 07:08:45
    Todaidonさま、「少し安堵」できるような状態ではないと思います。危険を指摘する人を監視し執拗に攻撃する一群が排除された場所では常識的な認知があるように見えますが、日本では「瓦礫拒否に象徴される動き(関東圏を回復するというより西を守れという動き・優先順位は?)」と「原発反対(何故か今そこにある酷い汚染はスルーする動き)」しか主だって存在せず、関東のゴミ・下水・汚染の大きい物流に対処しようとする、関東在住を前提とした汚染に合理的に向き合う動きが極めて弱く、このままではまずいと思います。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2012-08-22 07:48:21
    英語地名表記の地図は5月9日にすでに公開しています。 http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-504.html 障害は私の情報公開不足にあるのではありません。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-08-22 21:48:33
    ありがとうございます。放射線量の等値線のアウトラインはすでに英訳されていたのですね。@fragment_worldさんの仰る首都圏の放射能ゴミ問題は、都市機能の維持に関わる根本的な問題ですね。
  • Birdhairjp @Birdhairjp 2012-08-30 09:44:37
    あちこちの職場で、転勤先の放射能汚染度と、転勤候補者の家族構成が内々にチェックされているだろう。 幼い子のある家庭は西日本転勤が多く、そうでなければ東日本に転勤になる。そうしないと会社から優秀な人材が流出する。東日本は放射能と老人の地域になりつつある。人事担当者には早川マップが必須。
  • onkapi @onkapi 2012-11-01 11:56:37
    >2μSv/h(年10.5mSv)全員撤収(4μは誰も住めない)。>1μSv/h(年5.3mSv)子ども・女性撤収(2μで住むのは仕事大事の男)。1μSv/h(年約5.3mSv)>住む。(むつかしいです)

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー