創作における「設定」の使い方

なぜ「設定小説」はつまらないのか、2人の意見です。 by.@togi_she @mtn_river
ファンタジー 創作 小説 設定
mtn_river 17380view 24コメント
71
ログインして広告を非表示にする
  • @togi_she 2012-08-17 23:58:30
    今日の某透明全裸さんとファミレス談議で考えたのは、壮大ファンタジー書くならその世界の倫理まで作り込まなきゃただの設定だけ小説なのでは? という話。でもってそういう「おれのせかい(どや」が蔓延しすぎてておなかいっぱいになっちゃってるっていう、つまりただのひねくれやさんですけども。
  • @togi_she 2012-08-18 00:15:05
    登場人物の倫理を作ることに真摯になれる書き手になりたいです、という話、かな。消化しきれてない。作った世界を知りたいんじゃなくて作られた人を知りたいのかも。フィクションだし。その環境下で生きている人は一体どのように私と違って、どのように君の考えは気持ち悪いの?ってことをしりたい。
  • @togi_she 2012-08-18 00:27:25
    しかしながら、偉そうに言った所で私の書いているものの大半は設定小説・キャラ小説に準ずるものだと思います。これは私の書くものの好みの問題です。「この設定では、こうした状況下では、この人物はどう変化するのか?」を考えるのが好きです。ずっと前からこの気はあるように思います。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:09:12
    例えば殺人が当たり前の世界であれば、なぜ殺人が当たり前なのか、当たり前であることについて一般市民はどう思っているのか、殺人や死や葬儀を人々はどのように捉えているのか。そういう作品内の了解が作中に浸透していないと、もう薄っぺらくて胸やけしちゃって見てられない。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:11:16
    で、それらの設定やら了解やらを作中で「説明」しちゃったらもうゲロゲロな訳ですよ。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:16:18
    設定を作り込む分には大いに結構だと思います。ただその表現の仕方が、ヤボというかダサイというか浅はかで見てられない事が多すぎるだけです。  作者が設定を作り込むことに熱心になり過ぎて、客観的に見ることを忘れているのでしょう。
  • @togi_she 2012-08-18 01:03:37
    そこの世界観や時代にある一般から逸脱するということできちんと迫害されてきちんとねじ伏せられてなんだか分からないままに症状あつかいされるようなものも好きですけどね。これは本当にただの趣味の話です。話の基軸がぶれてきているかも。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:17:46
    ちなみに伽さんの意見と私の意見は、完全に合致している訳ではありません。それぞれに目を通して頂けると幸いです。
  • ↓「設定」の使い方をしくった作品の実例

  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:23:50
    作中の了解について、悪い例をひとつ。『終戦ドラマスペシャル 犬の消えた日』http://t.co/Y8kYBrLF 去年のテレビドラマです。クソつまんなかったです。何がどうつまらないかというと、主人公の女の子が説明係だったからです。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:28:50
    あらすじ:太平洋戦争中の日本。主人公の女子は愛犬家。しかし飼い犬を軍服の毛皮に使いたい政府は、飼い犬を差し出せと女子に要求する。「こんなの絶対おかしいよ!」と女子、「お国のためだ!!」と大人たち。戦争なんて、こんなの絶対おかしいよ!! (と言う風に現代に戦争の愚かさを伝える)
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:32:28
    この世界(戦時中の日本)で「おかしい」のは主人公の女子です。彼女は家族や級友と共に、お国のため教育を受けてきた筈なので、彼女だけ戦争の理不尽さに目覚めているのは「おかしい」ことです。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:38:49
    しかし、作者(番組)は明らかに主人公に加担しています。「正しいのは主人公、間違っているのは時代や大人たち、でも皆から異端視されてあわれな主人公、あわれな時代」という善悪構図が顕著です。それが、クソつまんねえし単純極まりないのです。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:47:23
    例えば、私ならこう演出します。 犬を要求される→主人公は笑顔で応じる「よかったね、これでお前は忠犬だよ! お国の為だよ、よかったね!!」→連れて行かれる犬だけが悲痛に吠える(悲劇の予兆)→『このような時代が確かに存在したのです』的な字幕、END
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:51:33
    (より良い例えはあるにしても)こうすると、主人公は戦時下の世界観から逸脱していません。ですから作中で彼女は「普通の」女の子です。飼い犬の殉死を笑顔で喜ぶのがここでは「普通」です。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:55:13
    @omuro_taisi 山川さん!!好きだけど!!一般受けしない!!視聴率!!”とかいうコメントを頂いちゃいました。その点に関して演出の補足をします。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 00:59:10
    序盤はほのぼの。犬と女の子のハートフルストーリー。戦争は忍び寄る程度。→だんだんじわじわ波及する戦争。幼馴染の少年が徴兵されるシーン:番組では女の子が「行かないで!」と言ってしばかれていましたが、こちらでは少年が「行きたくない!」と言って女の子にしばかれる。女の子の方が「標準」
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:00:06
    ラスト5分くらいでやっと犬のエピソード。犬を介して、物語は唐突に終わる。ここまで頑張って見てきた人、ドン引き。後味の悪さだけが残る。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:01:47
    (だいたい「戦争の悲惨さ」を描きたいくせに視聴率なんて気にするんですね! その程度なんですね!! どうせ大衆娯楽なんですね! 市場経済なんですね!)
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:14:25
    番組では「悪の風潮vs正しさに目覚めた主人公」でした。問題なのは「正しさ」がとっても現代的であることです。実はこの善悪構造は「悪の風潮vs正しさに目覚めた主人公←を応援する正しい現代人」、主人公=わたしたち なのです。これは、簡単過ぎる感情移入です。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:18:20
    一方、案では 「当時の風潮(とそれに飲まれていく罪なき人や犬)」 を俯瞰しています。「「作品全体」←に違和感を感じる現代人」と、対立構造が一つ上層に移動します。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:21:10
    番組では「主人公=視聴者」ですから、主人公の行動を素直に追えば素直に感情移入ができ、素直に正しい答えに辿り着きます。/案では「主人公≠視聴者」です。作中で答えは与えられていません。視聴者が自分で考えなければなりません。  だから番組はとても簡単です。考えなくて済みますから。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:29:47
    つまり『犬の消えた日』では、作中の了解=太平洋戦争下での日本人庶民の思想 が主人公にだけ適応されてなく、主人公だけが偶然にも特別にも現代人の理論で動いています。それが作中で不自然であり、見え透いた典型的な感情移入構造(お涙ちょうだい)が幼稚でしかありません。
  • 山川夜高 @mtn_river 2012-08-18 01:43:31
    例が長くなってしまいました。 言いたかったのは、設定だけではどうにもならないということです。 この番組では太平洋戦争という「設定」を全然使いこなせていません。犬を大事に、と伝えたいなら現代の保健所システムをドラマ化してもいい筈です。(勿論、簡単な善悪構図にならないように)
  • ↑実例ここまで

コメント

  • Rick=TKN @RickTKN 2012-08-18 12:44:11
    「子供が愛犬の殉死を喜ぶ」ってのも極端な「設定」の気が。「愛犬をかわいがる子供」「その犬を無駄飯食らいと嫌う人」「徴用される犬」「内心悲しむ子供に、“お国の為だ喜べ”と言う犬嫌い」「陰で泣く子供」って書き方で、現代でも存在する「同調圧力の嫌らしさ」を表現した方がいいんじゃないかと。あの時代の異常性は「愛する者が死地に向かう事を悲しむと非国民呼ばわりされる」事だと思うんで。
  • anon@絵描きモード @pochi_go 2012-08-18 14:30:29
    RickTKN 私もそう思います。実際悲しかったと思うよ。そうした手記を読んだこともありますし。
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:27:46
    ジャイアンは「俺はジャイアン、ガキ大将」と宣言しませんよいうお話。
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:30:34
    「子供が愛犬の殉死を喜ぶ」必要はないと思う。軍国教育が隅々にまで浸透していることが、すなわち「愛犬を供出することは正しい」と等価であるとはいえない
  • 狐謡 @Towa_towa_to 2012-08-18 15:33:15
    確かにこの実例はまずいね。実際は戦時中であっても、「お国の為」への反発はあったし、同調してる人もそこに様々な思いを抱えてる。そこを表現しないと「薄っぺらくて胸やけしちゃって見てられない」からの脱却にはならない気がする。尺ってもんもあるから、際限なく重厚にするのも難しいしなあ。
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:36:11
    向田邦子の「父の詫び状」の「ごはん」という一遍に、空襲の話が出てくる。「炎の中からは、犬の吠え声が聞こえた。/飼い犬は供出するよういわれていたが、こっそり飼っている家もあった(p87)」 現実とはそのようなものではないのだろうか
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:38:12
    どんなに軍国主義が浸透しようと、あるいは浸透しているからこそ、その事に違和感を覚え、天皇陛下万歳と日の丸の旗を振りながら涙した者がいても不思議ではないと私は思う
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:43:52
    向田邦子は「私はいっぱしの軍国少女で、「鬼畜米英」と叫んでいたのに、聖杯(ハリウッド)だけは敵性国家ではないような気がしていた(父の詫び状P85)」とも書いている。「そんなもん」だと私も思う
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:44:33
    殺人が普通に行われている世界で、殺人を怖いと思う人がいるのは何もおかしな話ではないだろう。
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:46:19
    お芝居の世界で、舞台に立った役者が「俺の後ろにある、これはカキワリだ」って言ったら芝居をぶち壊すとは思うんで、そこは混ぜるべきではないとは思うが
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:49:36
    私たちの社会を見ても倫理観なんてそれほど浸透しているものではないと思うんで、そこにこだわる必要はないのではないかなあ
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:50:27
    「主人公にだけ適応されてなく、主人公だけが偶然にも特別にも現代人の理論で動いて」いるのは、物語世界の中でそう描かれているだけだともいえるというか
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:51:18
    「お国のために犬を出せ」とか口では言いながら泣く母親がいるべきだったんですかね。テレビは見ていませんがw
  • ululun @ululun 2012-08-18 15:54:27
    設定を作り込む分には大いに結構だと思います。ただその表現の仕方が、ヤボというかダサイというか浅はかで見てられない事が多すぎるだけです。 という意見を持つ人ってまどマギをどう見ているんだろう。
  • 遊川恒星 @kouseiy 2012-08-18 16:27:22
    えっと・・・。色々言いたいんだけど、「榊一郎」タグのまとめを読むといいんじゃないかな。
  • Rick=TKN @RickTKN 2012-08-18 17:20:26
    そう言えば、「ストレイトジャケット(榊一郎著)」で、主人公の周囲の人間“だけ”が半魔族に対する偏見が無いのに違和感を感じた。
  • らてーる @last_angel3 2012-08-18 19:46:57
    設定が全然浮かばない自分としては「設定だけ小説」もなんか羨ましいような気がするなあ…。主人公の設定と、その他の登場人物の設定と、その生きている世界の設定とをきちんと考えないと、キャラがどういう風に考えて、その世界の理の中でどう行動するのか全然思い浮かばなくなる。自分にはなかなかそういう設定が練り込めない……
  • ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012-08-18 21:10:54
    「ボクが気に食わない作品の設定はつまんない」しか云ってないよね、このまとめ。
  • takechan @takeo3dayo 2012-08-18 21:20:01
    太平洋戦争ってファンタジーなのか?
  • てっぺー @Teppei_Yttria 2012-08-18 21:24:51
    安直なファンタジーに対して抱いている違和感は共感できるけれど。特定の価値観が完璧に浸透していると設定するのはリアリティに欠けているというのが、例に対する私の批判。演出については、目的が違うとしか言いようがない。
  • Rick=TKN @RickTKN 2012-08-18 21:54:45
    「特定の価値観が(完璧に?)浸透している設定」で思い浮かぶのは「キノの旅」かな。寓話的だからこそ成立する話なのかもしれないけど。
  • 千代子 @cafechocolat782 2012-08-18 23:30:02
    前から読もうかどうしようか迷ってた家畜人ヤプーをやっぱり読もうと思った。
  • てっぺー @Teppei_Yttria 2012-08-19 09:06:18
    寓話的な話とか、浸透している世界とのギャップ(読者でも登場人物でも)を際立たせたいとかなら、あり得るかと。
  • Rick=TKN @RickTKN 2012-08-19 12:28:59
    また、価値観や風俗が異なる事だけを示しても受け手側に拒否反応が出るなら意味がない。江戸時代の既婚女性は眉を剃ってお歯黒をしたが、時代劇では誰もやらないように。

カテゴリーからまとめを探す

「マナー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする