Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2012年8月18日

野尻先生ーー体内の放射性セシウムのざっくりした量の感覚

「福島は外部被曝に気を付けよう」ということで、、、 (内部被曝は継続検査を続けて、変に上がらないようであれば十分OK ← まとめ人の勝手な補足)
105
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

遺伝子傷つける物質がたくさん入ってるからガンになるんです。発ガンは遺伝子損傷。RT @Anchan_Kira: 先生、その意見には同意しかねる。少なくともタバコは直接的に遺伝子を傷つけることはないでしょう。@Mihoko_Nojiri: タバコの害>>>>>>>放射線の害

2011-08-31 00:50:26
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

http://t.co/1RG3Y6i 赤ちゃんとタバコ RT @Anchan_Kira: 精子や卵子の遺伝子を傷つけることはないでしょう。 自分がガンになるリスクと我が子が奇形になるリスクは 同等ではない。先生の物言いだとごかいされます。

2011-08-31 00:59:55
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

内部被曝がどのくらいまで測定できるべきかというと1mSv/year が大人で 25000Bq/body なので, 1000 Bq/body はかれればとくに文句ないレベルだろう。カリウムだけで 0.4mSv/year なのでその1/10 くらいになると防護の意味はあまりない。

2012-08-18 14:41:59
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

で、チェルノブイリの統計が50Bq/Kg が一つのめもりになっているのは70かけると 3500Bq body なので、やはり自然な内部被曝より十分少ないというところで線がひかれているのだと思う。県の発表のメモリは1mSv からなのでちょっと高すぎるかと思う。

2012-08-18 14:44:12
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

椅子型 が感度悪いとかいうのは、400 って数が多いような気がするからみたいな話で、実際には400Bq/body なら防災上は問題ない。お母さんたちが心配するからというので、努力しているとわけだけど、もう少し別のところに労力使ったほうがいいように思う。

2012-08-18 14:47:57
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

時々いってることだけど、そもそも体内にK40 はもってるわけで、それより十分少なければ、放射線を起因としてなんかおこることはない。予想できないこともあるかも、っていうのは、基本の内部被曝という目盛りより十分大きいという前提があって始めて成り立つ話。これは子供でも大人でも同じ。

2012-08-18 14:50:18
ピンちゃん(自宅警備中) @ping_chang

これを読んで、オーダー感覚で意味が分かる人なら訳の分からないことは言わないと思うけど、過剰に放射能を恐れている人って、単位とかオーダーがよくわかっていないと思われる。@Mihoko_Nojiri 内部被曝がどのくらいまで測定できるべきかというと(ざっくり略)

2012-08-18 14:51:15
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

感度で10Bq/Body というのはちょっとアカデミック/検査うける側のメンタルな対策で防護の視点ではないですね。RT @buvery: ベルラドのデータを見ると、25Bq/kg(子供)が検出限界なので、50より下にひいても実用的には意味がありません。

2012-08-18 14:53:21
wolfgandhi @wolfgandhi

「ない」と断定できる根拠は未だ無いはずです。 RT @Mihoko_Nojiri: 時々いってることだけど、そもそも体内にK40 はもってるわけで、それより十分少なければ、放射線を起因としてなんかおこることはない。

2012-08-18 15:08:40
虹屋 弦巻 @nijiya_hige

K40の10分の1分が新た入ったら、それで放射線は110%に。増加が長期慢性的なら、それなりの影響が出るとして対処すべき。⇒野尻美保子 @Mihoko_Nojiri・・そもそも体内にK40 はもってるわけで、それより十分少なければ、放射線を起因としてなんかおこることはない。・・

2012-08-18 15:10:21
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

0 から増えたんじゃないという認識が大事。RT @nijiya_hige: K40の10分の1分が新た入ったら、それで放射線は110%に。増加が長期慢性的なら、それなりの影響が出るとして対処すべき。

2012-08-18 15:11:33
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

まあ福島県内なら外部被曝対策をするのが一番かと(いつもいってることですが。)

2012-08-18 15:14:17
むらやまこういち😠✨💉💉👿 @murapyon71

@Mihoko_Nojiri @nijiya_hige もともとの自然の内部被曝量のバラツキの概念を思い浮かべれば、バラツキの範囲で気にしてもしようが無いと思えるのかもしれませんね。

2012-08-18 15:17:42
wolfgandhi @wolfgandhi

KとCsの放射線が体内で同程度の影響を与えるというのは未だ証明されていないことであって、証明されていない以上は断定はできないと思います。もし断定できる根拠をお持ちなのでしたら、是非ご教授下さい。@Mihoko_Nojiri

2012-08-18 15:28:45
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

放出するのはどちらもβ線とγ線で体内分布が均質なのも同じ。RT @wolfgandhi: KとCsの放射線が体内で同程度の影響を与えるというのは未だ証明されていないことであって、証明されていない以上は断定はできないと思います。もし断定できる根拠をお持ちなのでしたら

2012-08-18 15:29:53
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

エネルギーも比率も精密にわかってますよ。RT @ping_chang: あれ、放射性カリウムとかセシウムが崩壊するときのガンマ線とかのエネルギーくらいは分かってるでしょ?@Mihoko_Nojiri @wolfgandhi

2012-08-18 15:40:34
wolfgandhi @wolfgandhi

体内分布が均一というのはICRPの「仮定」ですね。心配なのは細胞レベルでの分布です。距離の2乗に反比例ですから分布に偏りがあれば差が出やすくなります。細胞レベルの分布は未知では? RT @Mihoko_Nojiri: 放出するのはどちらもβ線とγ線で体内分布が均質なのも同じ。

2012-08-18 15:40:35
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

距離の2乗に反比例しないです。原子一個一個は均一に分布。一個の原子は一度しか崩壊しない。β線は通り道に均等にエネルギーをばらまき、止まるまでに必要な距離は細胞よりずっと大きいです。電磁場みたいに考えてはいけない。RT @wolfgandhi

2012-08-18 15:44:22
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

距離の2乗に反比例ってのは、福島大学のパンフレットにもかいてあったけど、内部被曝の説明としては100%間違ってる。一カ所に放射性 物質が固まってるときの説明なら正しい。雨樋みたいなときね。

2012-08-18 15:46:34
笑い猫 @bokudentw

@Mihoko_Nojiri 横入りすいません。KとCsでわずかに波長が違うから電離作用もわずかに違うのでは?誤差みたいなものとは思いますが http://t.co/r31IVRls

2012-08-18 15:47:01
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

エネルギーによって電離する粒子の量がかわってくる。それに比例するのがグレイですね。このあたりの反応は波長って思わないでエネルギーをもった粒子がぶちあたるという感覚で理解したほうがよろしいです。RT @bokudentw: KとCsでわずかに波長が違うから電離作用もわずかに違う

2012-08-18 15:50:14
🐱みほちゃん(fully vaccinated) @Mihoko_Nojiri

http://t.co/5Z5S8JHx 長くなるのでこれみてください。。。RT @hindu_kush420: @wolfgandhi カリウムとセシウムの共通点は物理で語れるでしょうがすが、その振る舞いの相違点は化学や生物の知識が必要なのではないですか。

2012-08-18 15:52:18
ピンちゃん(自宅警備中) @ping_chang

ガンマ線くらいになると、ほとんど粒子な感じはありますね。@Mihoko_Nojiri 粒子性と波動性ってやつ

2012-08-18 15:53:17
笑い猫 @bokudentw

@Mihoko_Nojiri なるほど。波長で考えちゃうと3000テラHzとかになるからもう粒子と考えないと。KとCsの違いはエネルギー量で勘案してあるようなものだということですね

2012-08-18 15:54:09
残りを読む(110)

コメント

winkanjinno @winkanjinno 2012年8月18日
「心配なのは細胞レベルでの分布です。」そもそもβ線の体内射程は細胞のサイズの数十倍はあるんで、細胞内のどの場所で崩壊しようがどっかの細胞の核なりなんなりに当たる確率に大差ないです。あと、核以外の細胞内小器官なんて多数バックアップがあるんで壊れてもすぐ代車来ます。
10
winkanjinno @winkanjinno 2012年8月18日
あと、セシウムの場合、大半がカリウムと同じように筋肉に行くから、「危険なβ線」の大半は被ばくに強い筋肉細胞ががっちり遮蔽してくれるってのもありそう。
9
ジョエーウ @joejoeu 2012年8月18日
体内の4000Bqのカリウムに耐えている、という事実が、どうして「危険水位ギリギリ」というニュアンスになるのか。余剰分は人災だからイヤなんだ、という「信念」があることを自覚的になってほしい。
8
あんこ好きなクルーたまにヘルムスマン、稀にスキッパー(そして、ひな、キキちゃんの下僕) @XC60Rd__ 2012年8月18日
疑い出したらキリがない。国内最高レベルの研究まで自分の実感に合わないと言って疑い出す。やはりしきい値なしは害が大きいと思う。
6
neologcutter @neologcuter 2012年8月18日
放射能の害を苦にするより、成人病の予防やってた方がよっぽどイイって!
12
obara shinya @obara_dell 2012年8月18日
細胞内のどこに放射性物質が集まるかなんて、放射線防護的にはナンセンス。
4
waresama @waresama1- 2012年8月18日
野尻"先生"、ブラッグピークの説明が間違ってますよ。専門でもないのに勉強なさるのは殊勝ですが、収拾がつかなくなって学会で笑われないように。クックック
4
ジェイドメタル @Jademetal 2012年8月19日
専門家(およびそれに近い人)におんなじこと何回も説明させてマンパワー割かせるのはやめたほうがいいよマジで。揚げ足取ったりとか。間違ってるのわかってるなら訂正すりゃいいじゃん。ほんとに正しそうなこと知ってるならな。
13
Sirius☆彡 #パンデミックの彼方へ @sitesirius 2012年8月19日
Cs+が阻害するKirチャネルについて #NUKEjp QT @kazuho14: 捕捉) 筋細胞の興奮性を調節する因子に静止膜電位があります。厳密に調整されていて、心筋細胞の膜電位が狂うと不整脈など生命に危機に直結します。心臓は主にKirというカリウムチャネルを使っているので細胞内カリウム濃度を大きく変えられません。→ https://twitter.com/sitesirius/status/236723511253663744
1
Sirius☆彡 #パンデミックの彼方へ @sitesirius 2012年8月19日
#NUKEjp @wolfgandhi Cs+がK+を阻害するのは、Kirチャネルで、そこで速度が落ちる=滞留。137Csがβ線を出し壊変後137mBaになると、2価のBa2+となり挙動が変わる。Ba2+は別のCa2+チャネルを阻害、そこでγ線放出、では?
2
Sirius☆彡 #パンデミックの彼方へ @sitesirius 2012年8月19日
@bokudentw フェリチンが吸着するのはグラフからCs、Baも。 #NUKEjp QT…K検体の図P.10では、Ra>Ba,Cs>Pb…ですね。Raは核事故前でBaやCsの約10倍→ https://twitter.com/sitesirius/status/234885615672500224
2
榎田かの子 @enokidakanoko 2012年8月19日
何が間違っているのかを指摘できないような人間は相手にする必要はない。たいていは、実は間違いを指摘できないだけに過ぎない。ただバカにして自分が勝った気になりたいだけ。みっともない。
1
☢山下238☣️💉💉 @Yamashita238 2012年8月19日
カリウムの内部被曝が0.2mSv/yだが、最大の被曝要因はラドンの1mSv/yじゃなかったっけ。あと宇宙線やらウランやら何やら。
0
☢山下238☣️💉💉 @Yamashita238 2012年8月19日
っと、日本だとラドンの被曝量は平均で0.4mSv/yなのか。 世界で平均1.28mSv/y?
0
杉山弘一 @hsugigon 2012年8月20日
食品中のPo-210(天然放射性物質)による内部被曝も大きい。0.1~0.8mSv/y。http://trustrad.sixcore.jp/h19-21_sugiyama.html http://www.aomori-hb.jp/ahb2_03_01eco03_seika.html
0
杉山弘一 @hsugigon 2012年8月20日
α崩壊するラドンやポロニウム(の娘核種)の方が細胞内の分布がはるかに問題になりそうに思えます。
0
スカルライド @skull_ride 2012年8月20日
セシウムが全身に均一に分布する確たるエビデンスはあるのでしょうか?英文の資料でカリウムと似た(similar)動態をとり、全身に比較的均一に(relatively uniform)分布し、そして骨格筋に少し強めに集積する。しかしカリウムに比べてその動態は鈍い(sluggish)というデータはあるようです→ http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp157.pdf
2
スカルライド @skull_ride 2012年8月20日
複雑な人体を均一モデルと仮定する事に危うさを感じます。全身に分布しているように見えて実際には総体積の50%あるいは25%しかセシウムが行き渡っていないことも考えられますし、カリウムと比べて動態が鈍いという事は生体内で不均一性が存在すると考える方が自然ではないでしょうか?
2
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年8月21日
この図をどうぞ http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010107/04.gif 検出部を移動させて全身を順番にスキャンする形のホールボディカウンターで、どこにどれだけあるか測定できるわけです。全身の分布比率がわかっているから、胴体のみ測定して全身量を推定する簡易型の椅子型ホールボディカウンターが成立するんです。
2
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年8月21日
出典は http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-01-07 ここ。胴体の検出量が多いのは、要するに輪切りにしたときの体積が大きいということですね。
2
スカルライド @skull_ride 2012年8月21日
↑ざっくりとこんな感じになるのは予想できます。しかし正確に評価するには各臓器内での均一性や脂肪組織への移行、血管内を循環しながらどのように臓器へ分布するのか、さらに細胞内が細胞外よりどれだけ高いかなど考慮する必要があり、そこまで示したエビデンスはさすがに存在しないのではと思ってます。
1
maerasan @maerasan 2012年8月21日
skull_ride >確たるエビデンスはあるのでしょうか?危うさを感じます、考える方が自然ではないでしょうか?→聞いたり、勝手な想像をする前に、まとめ本文を良く読まれたらいかがかと。竹野内真理のまとめなど作る時間があるのなら。ちなみに、「100%確実で無ければ科学じゃない、信用しないし使わない」というのならば、現代の先端技術をほぼ全て使わず、隠遁生活をすることになる。←こちらからの引用です。 http://bit.ly/q5brh0
1
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年8月22日
β線は数ミリ飛ぶので細胞内外は考慮する必要が無いです。均一性を考えてみましょう。例えば上半身に分布すると思われていたものが全部実は心臓に集まっていた!とします。しかし、その場合重量比で約20倍(心臓1.5kg→20倍で30kg)ですから、せいぜい危険性は1桁しか変わりません。また、そのようなことがもし起きるとすれば、上半身全体に分布するのではなく実は心臓以外はセシウムがゼロ、何の影響もない、ということと引き換えになるわけですから実効線量の考え方(全身のリスクの合算)でいうとあまり差がないですね。
0
スカルライド @skull_ride 2012年8月24日
なるほど、まあ確かに多少濃淡がついたところでリスクが何十倍も上がるような事はないでしょうね。あと一つだけすいません。輪切りにした時の体積で検出量が決まるなら、経時的にグラフが平坦化することはないですよね?なのでセシウムは腸管から吸収されてまず肝臓に多く集まるんじゃないかと思うんです。そのあと徐々に全身に分布してあのようなグラフになるのではないでしょうか。
0
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年8月25日
はい、普通に薬を飲んだときと同じで、時間によって体に広がるんじゃないでしょうか。薬なら胃腸で溶けて吸収されるでしょう。30分だと溶け始めくらい。元の図が経口摂取かどうかもわからないですが(血管への注入だったりすると話がややこしい) でも、2日後と4日後で分布が違うというのは肝臓に集まる説が正しそうな気はします。2日経ったら口から入っても腸での吸収は終わってるんじゃないかと思えるので。ただ、物理半減期30年の物質が3日ほど滞留したくらいでは人体への影響にあんまり差はないんじゃないかと思います。
0