非言語思考とテレパスとTwitter

SFヨタ話。
ログ Twitter 思考 言語 SF
5
Kou @ditty100
テレパスで思い出した。以前からの疑問なのだが、人間は思考する際に必ず言語を用いるのだろうか。非言語思考というのはないのか? 言語を獲得できなかった人間でも思考はできると思うのだが、その場合はどうなるのだろうか。
Kou @ditty100
直感とか閃きというのは、非言語思考(?)と言っても良いのだろうか。
Kou @ditty100
そもそも言語を獲得する前の人類も思考はしていたはずだ。彼らはどういう風に世界を認識し、自らの心の中に記述していたのだろう。それは言語を話さない動物と同じだったのだろうか。
muna @muna0
@ditty100その手のおもしろい話として、超バイリンガルな人には母国語っつーくくりがあるのかないのか、ってのがありまして、数学の定理(三角形の内角の和は2直角に等しい)とかを考える際に使うのが母国語である、とかなんとか、そんなのが、あったような気がします。
muna @muna0
@ditty100 逆に言うと、そういう母国語がないと、まともなパーソナリティーが保て無いとかなんとか。
Kou @ditty100
「言語を話す」というのは「知能を持つ」ということと密接に関係していると思うが、だからと言って言語を話せなければ知能がなく、知能がなければ言語を話せないのか? この辺はよく分からない。どういう学問になるんだろう。
神北恵太 @Keitakamikita
.@ditty100 脳の本を読んでみると解りますが、言語野は、理論を頭の中で整理する際にも使われています。絶対ではないけど無縁でも無いという感じでしょうか、言語と知能の相関性。
Kou @ditty100
.@Keitakamikita 例えば言語を獲得できなかった野生児の「思考」とはどのようなものなのか、とても興味があります。また、その後言語を獲得できたとして、それ以前と以後の「思考」に何か違いがあるのかとか。
神北恵太 @Keitakamikita
@ditty100 狼少年(嘘つきのことじゃないよ)とかのことが判れば、解るのかも知れません。しかし、こういう偶然の事態は比較実験が出来ないから、なかなか数値化出来ないんですよね。言語体系のチガウに国で狼少年が発見されたとして、どう2例を数値的に比べるのかとか難しそう。
Kou @ditty100
あー、霊長類に言語を教える研究とかも関わってくるのかな。学問だと認知科学とか認知言語学あたりになるのだろうか。
muna @muna0
@ditty100 発達心理学とか、世界と自己の関係をどういう風に認識してるかとか、なんかそのへんもあると思います。
Kou @ditty100
もし〈七瀬三部作〉のテレパス火田七瀬がいたとして、あんなにはっきりと言語化された思考を読み取れるものなのかという、素朴な疑問。人間の思考はあんなにクリアな言語思考ばかりではない気がするのだ。
神北恵太 @Keitakamikita
@ditty100 たぶん、サイコメトラーとかテレパスという人たちが実在したとして、読み取るのは、人間の場合、多くはイメージの静止画像や、ひと続きの映像(音付き)なのではないでしょうか。 もしくは、言語野で組み立てられた話す直前の言葉。
Kou @ditty100
ついSFに持っていってしまうのだが、僕もテレパスとかサイコメトラーの能力があったとしても、そういう理由から、万能に心を読み取れるものにはならないと思う。
神北恵太 @Keitakamikita
.@ditty100 逆に、サイコメトラーの能力というのとは別に、サイコメトラーの技術として「読んだものをどう解釈するか」が重要というのは、諜報活動の衛星写真分析なんかにも通じる説得力があると思う。
Kou @ditty100
つまり言語というのは己の心の中を自身で(他者に対して?)翻訳しているわけで、テレパスとかサイコメトラーがいたとしても、結局は読み取った心の「翻訳作業」が必要になるということか。
神北恵太 @Keitakamikita
.@ditty100 そのかわり、違う言語を使う人間からでも、同じ方法で読み取れるのかも知れない。
Kou @ditty100
SF的には実に面白いですね。 RT @Keitakamikita: .@ditty100 そのかわり、違う言語を使う人間からでも、同じ方法で読み取れるのかも知れない。
Kou @ditty100
ちなみにサイコメトラーという単語は漫画『サイコメトラーEIJI』の(原作者である樹林氏の)造語。以前はサイコメトリストと呼ばれていたが、語感が悪いので「ラー」にしたらしい。この作品のおかげですっかり定着してしまった(外国では知らないが)。
神北恵太 @Keitakamikita
@ditty100 今は、テレパスよりサイコメトラーの方が通りが良いんだよねぇ。
Kou @ditty100
@Keitakamikita サイコメトリーは物を媒介にするのに対し、テレパシーは精神に直に触れるということになっているので、厳密には違いますからね。
神北恵太 @Keitakamikita
@ditty100 接触テレパスっていったよねぇ、旧いSFでは。
muna @muna0
@ditty100 神林長平の「ライトジーンの遺産」で、「テレパシーは人の心を見る力じゃない。違う世界に移動する力だ。戻ってこれる保証は無い」(すごくうろ覚え)って書かれてたのが、自分にとってはすごく衝撃でした。
Kou @ditty100
おお、神林作品も読まなくては……積読です。 RT @muna0: @ditty100 神林長平の「ライトジーンの遺産」で、「テレパシーは人の心を見る力じゃない。違う世界に移動する力だ。戻ってこれる保証は無い」(すごくうろ覚え)って書かれてたのが、自分にとってはすごく衝撃でした。
Kou @ditty100
「心の翻訳(装置)」というネタはSFで色々と使える気がする。例えばETI(地球外知性体)とのコンタクトに絡めた話とか。
残りを読む(23)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする