西欧以外では科学が体系化されなかった?

モヤモヤしているのでメモ的にまとめました。
科学 文明 歴史
18
end_NTak @end_NTak
仏教の世界って文明が発達しなかったのか!w すごいこというなあ。
end_NTak @end_NTak
西欧キリスト教圏の優位なんて近代のごく一時だけの話じゃんって思うけどなあ。日本ってたしか今世界3位の経済大国だったと記憶しているのだが。2位は中国だし。
end_NTak @end_NTak
今日本は近代文明でも世界の三本の指に入るところを突っ走ってるわけですがね。
end_NTak @end_NTak
ああ、産業革命から日本の戦後復興までのごく短い間はそうでしたって話かな?w そんな短い間の浮き沈みを気にしても始まらんだろうに。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
東アジア世界は政治的に安定していたために、西欧世界と同等の条件(製鉄、冶金等)があっても、積極的に活用するインセンティブを欠いたのではないか?またキリスト教は暦法や時法をいかに正確にするかということに.. http://t.co/yBYpN1FV
end_NTak @end_NTak
文明なんて水物ですぜ。100年200年でころころ浮いたり沈んだりするうちはただの泡沫だ。古代エジプト文明なんか3千年近く続いたんだから。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@NaokiTakahashi しかしながら、古代エジブト文明は抗生物質を発見できなかったしコンピューターも作れなかった。西欧文明は西ローマ帝国崩壊以降、1500年でそれらを生み出した。 http://t.co/NT4lIr5i
end_NTak @end_NTak
@WATERMAN1996 ブラウン管テレビの発明者って日本人らしいですなあ。切り取るところをどこにするかで印象は変わってしまうわけで、あまり意味のある議論だとは。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@NaokiTakahashi この話のキモは、なぜ西欧文明以外は自然科学を生み出せなかったか、ということになりそうです。日本の江戸文化も本草学や和算といった個別分野はよく発達したものの、それらが融合した自然科学体系とはなりませんでしたし。
end_NTak @end_NTak
@WATERMAN1996 自然科学というのはどの時点からどの時点までを言うのでしょうか? 非キリスト教圏非キリスト教徒が成し遂げた科学的発見も今となっては結構な数あります。近代以前の自然科学にはキリスト教圏の外の知識もたくさんあります。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@WATERMAN1996 @NaokiTakahashi ガロア理論が登場したのは江戸末期だから群論は江戸時代のうちに日本に伝わっていたと思うんだけど、当時の日本人は群論をどのように受け取ったのだろう…。
end_NTak @end_NTak
@WATERMAN1996 「証明」という概念を発明したのはギリシャ人のようですがこれはキリスト教圏の外ですね。また証明の概念はなかったものの、数学的な達成度ではエジプトのほうが上だったようで。どのような要素に重みを置くかで評価はどうしても変わってくるようには思います。
ジョージ @Kiriyama_George
@WATERMAN1996 @NaokiTakahashi 群がきちんと定義されたのはガロア理論より後だったと思います
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@NaokiTakahashi 重要な要素として、自然を数学で記述するという点があるように思います。西欧文明以外で運動方程式を発見し、それを数学で記述した文明はあるのだろうかと思います。
end_NTak @end_NTak
@WATERMAN1996 マヤ文明でもエジプト文明でも天体の運行をかなりの精度で算出予測しています。どちらが本質的に上と言えるものかは正直疑問です。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@NaokiTakahashi 観測による算出と運動方程式の大きな違いは、観測はその天体にしか適用できないのに対し、運動方程式はいかなる物体や未知の天体にも適用できる、モデルを作れるということです。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
.@ohaguro さんの「なぜキリスト教世界で文明が発達し、日本人は受け容れざるを得ないのか」をお気に入りにしました。 http://t.co/NT4lIr5i
end_NTak @end_NTak
@WATERMAN1996 古代ギリシャの天文学は惑星全ての運行を正確に再現できるモデルを立てていたようです。適用範囲の違いはあれ、本質的に違うといえるかは疑問です。ニュートン力学もまた相対性理論というより広い範囲に適用できるモデルに敗れていますし。
カエサル(安部譲二を許銘傑) @caesar_SPQR
@WATERMAN1996 @NaokiTakahashi 運動方程式が登場した17世紀は世界各地域の交流が盛んになった後の時期なので、ヨーロッパ以外の文明が独自に発見する可能性があったのかは永遠に謎のままでしょう。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@NaokiTakahashi 相対性理論はニュートン力学を含むので敗れたというのは間違いでしょう。また、プトレマイオスの天動説は非常に完成度の高いものでしたが、天体の運動と落下するリンゴが同じ数式で記述できるとは書かれていませんよね。
ええな@豚バラ🐽バラマキ主義 @WATERMAN1996
@caesar_SPQR @NaokiTakahashi 古代エジプト、インド、南米、中国で17世紀以前に発見されていた可能性はないのでしょうか?
end_NTak @end_NTak
@WATERMAN1996 その理屈だと、ニュートン力学は古代天文学を含むということも可能じゃないでしょうか。万有引力の法則の発見は確かに重要ですが、それを最初にやったのがどこの国の人であるかという一点でキリスト教文明の優位性を決定付ける本質的な差異を見出してしまうのは極論かと。
カエサル(安部譲二を許銘傑) @caesar_SPQR
@WATERMAN1996 @NaokiTakahashi 現代文明=ヨーロッパ文明と認めるにしても「キリスト教文明」というのは違うと思います。その源流はキリスト教が生まれる前の古代ギリシャですから。
koji hasegawa @myfavoritescene
@WATERMAN1996 @NaokiTakahashi 通俗的な理解では、江戸時代にガロア理論は入ってきてないか、理解した人はいなかったように思います。和算では方程式はテイラー展開的に近似的に解くので、解の公式という問題意識もなかったかもしれません。理解は明治以降かと。
残りを読む(7)

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2012年8月19日
0の概念がインドで形成されたり、科学的手法はベーコンなどが形成される前にはイスラムで誕生していたとかの個々の事例は現在の西洋圏で区別するにはいささか困難なところが。まぁ、率直なところ活版印刷術の技術の安定による知識の蓄積と大学による知的高みへの研鑽、さらには意外と忘れられている「陸続きで頻繁な交流をしているヨーロッパ地域」という地理的利点が大きな利点になったんじゃないかな。教会は一時期まで科学の阻害をしていたはずだったが。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年8月19日
まあ喧嘩してもしょうがない
ルンバRumba@学生ツンデル @96diable 2012年8月19日
そもそもここでの文明の定義をはっきりされたほうがいいのでは?文明=科学なのか社会システムなのか思想なのかとかでも大分内容変わってきますよね?
謎部えむ🍵 @Nasobem_W 2012年8月20日
西欧以外では自分にとってまったく関係ない事柄を科学することがあんまりなかったんじゃないかという予想。つまり主体と客体が一致していたと。西欧ではデカルト?あたりから主体と客体が分離して、客体自体への興味(主体が関与しない)が見出されて、それが今も続く近代科学と呼ばれてる、ような。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする