編集可能

H24総火演 01式軽対戦車誘導弾不発の件

平成24年度の富士総合火力演習が終わりました。 公開日は全日程晴天のもとで行われましたが、01式軽対戦車誘導弾の射撃展示において、何度か「ロックオン出来ずに射撃出来なかった」事が発生しました。 そのことに関する考察。
ログ 陸上自衛隊 兵器 総火演 ミサイル 軍事
3
みたま @mitama_
しかし、気温が高いとロックオン出来ない可能性のある01式軽対戦車誘導弾は、島嶼部防衛の観点からすれば敵上陸地点に岩とかあったらマズいような気がして、さらなる改善・研究・開発が望まれますね。 文句は言わないので、更なる発展を望んでやみません。
千来@DEFCON5 @senrai
@mitama_ てかいままであんなことなったことあるん?
みたま @mitama_
@senrai 過去4年間見てきたけど無かった
みたま @mitama_
サジタリウスの中の人に聞いてみよう…
みたま @mitama_
.@TOMO_NYAN 今年の富士総合火力演習で、01式対戦車誘導弾がロックオンできずに射撃しなかった事が2例ほど見られましたが、「暑いと撃てない」というのは各国の熱源誘導ミサイルに見られる事でしょうか?
みたま @mitama_
@TOMO_NYAN となると、やはり目標とその周囲に、ロックオン可能な温度差が無かったと「推測」できそうですね。
しのもりつかさ @sinomoritsukasa
@mitama_ 01式はシステム起動に熱感知が必要なので、ターゲットが充分に熱されていないといけないようです。総火演ではどうしているのかわかりませんが、アメリカの兵器紹介番組なんかだと、熱源誘導式ミサイルの射撃実験ではターゲットになる戦車スクラップを巨大なヒートガンで(続)
しのもりつかさ @sinomoritsukasa
@mitama_ ウィキペディア先生によると実際熱感知しないと起動・ロックオン不可能という弱点を埋めるためにカールグスタフも併用されているそうです。
しのもりつかさ @sinomoritsukasa
@mitama_ (承前)熱してからロックオン・射撃していました。今回の総火演での01式軽対戦車誘導弾のロックオン失敗はそのあたり(加熱の不足とか)が原因だったんじゃないかなと素人考えしています。
みたま @mitama_
確か、今年01式軽対戦車誘導弾がロックオン出来ずに撃てなかったのは、いずれ低伸弾道モードだった気がするんだけど、トップアタックならロックオン出来るということなら、なぜそうなのか知りたい所。
みたま @mitama_
いつだったか、「総火演は毎年同じような想定ですが、意味があるんですか」という質問に「同じような想定で毎回反省点が出てくることに意味がある。反省が出ない演習なら意味が無い。」っていう回答を読んだ覚えがある。 一線を踏み越えた軍オタだと、むしろ「失敗の理由」の方が気になったり。

まとめ

・01式軽対戦車誘導弾は目標とその周囲の温度差を画像化して、そのコントラスト比によって目標を識別・誘導している

・目標と周囲に温度差がないとロックオン出来ない

疑問
・Wikipediaには「熱感知によるロックオン及び安全装置解除を要求されるため周囲より高熱でない目標へはそもそも射撃すら出来ない」とあるが、01式は発射後ロックオンが可能な為、安全装置さえ外せば撃てるには撃てる?それとも発射後ロックオンであっても、予め目標がロックオン「可能」でないと撃てない?

・今回射撃不能だったのはいずれも低伸弾道モードだったようだが、トップアタックモードは射撃し目標に命中していた。飛翔モードの違いによってロック可能かどうかが変わるのだろうか。

・総火演では目標を温めたりするのかどうか

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする