橘川幸夫さんの「家電の崩壊」について

まとめました。
23
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(1)シャープの崩壊は、戦後日本の崩壊である。シャープペンシルからはじまり、電卓でカシオと世界覇権を争い、国産ワープロ書院を作り、ザウルスを作った「目の付けどころがシャープ」の崩壊である。

2012-08-30 21:30:36
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(2)1981年に僕はシャープの書院を買った。それまで写植屋をやっていたので、機械で文章を打つのは慣れていた。なにしろ70年代は写植で原稿を書いたり手紙を書いてたりした。写植の校正用に複写機を使ってたが、それもシャープ。

2012-08-30 21:31:11
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(3)81年のワープロは150万円くらいして、最初に女性のインストラクターが事務所に来て操作方法を教えてくれた。機械が新しいカルチャーとともに登場してくる感じがあった。

2012-08-30 21:31:41
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(4)82年ぐらいに、僕は銀座で手帳情報センターというのを作って、あらゆる手帳を収集した。僕は手帳が文庫本の次のメディアになると思っていたw 83年に平凡社の別冊太陽で「手帳の本」というのを作った。

2012-08-30 21:32:08
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(5)まだファイロファクスも入ってこない時代だが、奈良聡一郎さんに出会い、彼の考案したシステムダイアリーに興奮した。奈良さんは、戦後、NCRでビジネスシーンのファイリングシステムを紹介していた。

2012-08-30 21:39:51
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(6)独立して、奈良コンピュータシステムを創業。それまでパンチデータだったコンピュータにテレビをつなげた。ビジネスショーで発表して話題になったが、翌年、大手がみんな模倣した。

2012-08-30 21:40:27
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(7)奈良さんのシステムダイアリーは、最初、その会社の社員手帳だった。コンピュータの機能を、ファイリングの知識と合わせて、手帳かしたのだ。

2012-08-30 21:40:40
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(8)奈良さんは、当時、御茶ノ水の古い洋館に住んでいて、僕らは「御茶ノ水博士」と呼んで、よく遊びに行った。それで「手帳の本」を出すので、奈良さんに「未来の手帳」のイメージを描いてもらった。

2012-08-30 21:46:49
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(9)それはコンピュータと紙の手帳が合体したもので、イラストレーターに頼んでイラスト化して掲載した。どこかにあるかな? あとで探してみる。

2012-08-30 21:47:07
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(10)その本が出てから、しばらくして奈良さんのところにシャープのスタッフが訪問した。彼らが企画していたものが、奈良さんのイメージとドンピシャだったのである。何度もヒアリングしていた。

2012-08-30 21:47:20
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(11)そして登場したのがザウルスである。

2012-08-30 21:47:42
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(12)RT @ecdecdecd橘川さんの紹介で子供調査研究所というところでSONYが募集しているという新しいラジカセのアイデアのレポートを書いた。スピーカーなしヘッドフォンのみのラジカセというアイデアをイラスト入りで提出した。もちろんウォークマン誕生前のこと。

2012-08-30 21:55:56
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(13)石田くんは日本を代表するラッパーだが、彼が高校生の頃、よく会ってた。子ども調査研究所は、僕のメディアの故郷ともいう会社で、そこでは、あらゆる業態の企業からのマーケティング調査を行なっていた。そこでグルインやったのだろう。

2012-08-30 21:58:32
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(14)何を言いたいかというと、70年代から80年代前半までは、メーカーは必死になって、何もないところから、新しい商品を産み出そうとしていのだ。その情熱と努力が新しい商品として僕らの前に登場した。

2012-08-30 21:59:16
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(16)90年代に入って企業は外部パートナーをマーケティングの会社から、アカウントのコンサルテイング会社に変更した。その結果何が起きたかというと「選択と集中」である。ものづくりを何と考えているのだ、馬鹿野郎w

2012-08-30 22:10:57
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(17)市場開発的な挑戦的な商品開発が出来なくなり、誰もが文句を言わないマーケットの大きな商品に企業エネルギーを集中させた。しかも、各社横並びでそんなことしたから、半導体でパンク、テレビでパンクした。

2012-08-30 22:11:07
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(18)この辺の事情は、日経BPオンラインで、元博報堂生活総研の所長だった林光くんと対談しているので、読んでない人は読んでおいてね。http://t.co/t07UALwW

2012-08-30 22:12:33
リンク t.co 家電業界は「進化」の先の「未来」を見よ:日経ビジネスオンライン 確かにマーケティングは、商品の開発から販売に至るまでの、企業と消費者のコミュニケーション総体と思うのですが、どうも、「何を売るか」より「どう売るか」の方に比重がかかりすぎている気がします。
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(19)今も続いていれば、大きなマーケットにはならなかったかもしれないが、確実なマーケットは維持出来た。少なくともワープロ事業部が食っていけるだけのビジネス構造は成立していはずだ。選択と集中で排除されたのだろう。

2012-08-30 22:18:34
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(20)さっき、カミさんとメシくいながら話してて、カミさんはシャープとも仕事したことあるが「ザウルスだって、ちゃんと続けていれば、ザウルスPADで、いけたかも知れない」と言った。

2012-08-30 22:23:44
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(21)ワープロもザウルスもヘビーなユーザーを抱えていた。彼らをメーカーは裏切ったのだ。ユーザーの期待を切り捨てたのだ。それは絶対にしてはいかんよ。未だにオアシスの部品や消耗品を買い求める人がいる。

2012-08-30 22:23:59
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(22)日本の家電メーカーが中国に進出する時に、僕はマーケットの大きさだけで行っても失敗する。日本のマーケティング技術を先行させるべきだと思っていた。中国人がどんな色が好きかとかライフスタイル分析はどうかとかの上で商品投入すべきだと。

2012-08-30 22:45:27
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(23)単なる世界標準商品を作っても、価格競争にまきこまれるだけ。僕は、まず中国にドゥハウスみたいな会社を作って、DOさんを組織しろと、あめメーカーに進言したが却下w

2012-08-30 22:45:43
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(24)日本のメーカーが生活者と会話しながら、創造的な商品開発をしてきた歴史が90年代で断ち切られている。冷蔵庫も洗濯機も各社ほとんど横並びで工夫がない。ドラム式洗濯機の告発は、BPの柳瀬くんがやってるw

2012-08-30 22:46:02
橘川幸夫(きつかわゆきお) @metakit

家電の崩壊(25)シャープのザウルス担当だったSさんは、冷蔵庫事業部に移動して、みんなに「大変だねえ」と言われていたが、「温蔵庫付き冷蔵庫」をヒットさせて、驚かせた。

2012-08-30 22:47:49
残りを読む(1)

コメント

xckb @xckb 2012年8月31日
リナザウの後継ががついに出ずにW-ZERO3になっちゃった時は本当にガックシだったよ。で、W-ZERO3を買って使ってみてさらにガックシだったよ。
2