うちのこギルド紹介

まとめました。
ログ
1
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
ギルド:ゆめのしま(シリーズ人間のクズ)
マヤ @Machandel_boom
TLに世界樹民がいるような気がするからうちのギルド置いておくことにする。 http://t.co/cUhvU7lI
拡大
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
斧装備ソードマン:リック 田舎から一旗揚げようと夢見てやってきたところ、エトリアに辿り着く前にうっかり野垂れ死にそうになったところをアンジェリカに助けられ、彼女を「俺の天使!」と呼んではばからない。素直で単純で明快で、だからこそ力強い。 脳味噌は筋肉でできています。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
鞭装備ダークハンター:ラーギブ スラム生まれ。異人種生まれの孤児。 差別を避け、生活していくために、はるばるエトリアまでやってきた。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
迫害生活が長かったので士気の高い冒険者たちに恐れをなしていたところ、空気の読めないリックに後ろからどつかれてそのまま勢いでギルド入り。 年齢不詳だがおそらく十代前半。苦労人。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
メディック:アンジェリカ パーティの方針決定権者。守銭奴。曰く「命はお金次第ですよ?」 愛称は「リカ」だがリックだけは「アンジェ」と呼ぶ。いちいち怒る。 近隣の学究都市で奨学金で医術を学んでいたが、より稼げる仕事を、と基礎学級で同級生だったカグヤを引っ張ってエトリアにやってきた。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
アルケミスト:カグヤ(偽名) リカと同じ学究都市で学んでいた錬金術師。専門は炎。 本名はマーガレットだが、(暗黒微笑)系の中二病を患っており、「わたしはいつか月に帰るの」とか口走る。 ひきこもりのコミュ障。決断力に欠けるところをリカにつけこまれてエトリアまで連れてこられた。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
レンジャー:ウォレン エトリア近郊の森で代々狩人を営む家に生まれたが、迷宮からさまよい出てきたモンスターのせいで商売上がったり。仕方なく迷宮に挑むことにした。 生まれてこの方、街より森に住んでいた時期のほうが長く、無口で無表情。気配に敏感。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
レンジャー:ヒルダ ウォレンの妹。兄が振り直しで戦闘に特化するに当たって実家から連れてこられた不憫な妹。育成方針は取り敢えず各採集Lv.5。 コミュニケーションが不得手な家族の仲をなんとか取り持とうとしてきたので、兄と比べると大分喋るが、やっぱり森育ちなのでいまいちズレている。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
メインバード:イェルク 極楽トンボ。冒険に出ていないときは、たいてい酒場で自分たちの冒険を面白おかしく脚色して歌っているらしい。 仲間が死んでも自分だけは生き延びて語り継ぐのがバードとしての使命、と真顔で語るが、どこまで本気で、どこからがチキンなのか誰にも分からない。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
バード:モルドレッド 冒険者になるつもりなんかなかった極楽蝶。 最近エトリアが盛り上がってるから、という理由でやってきて盛り場をふらふらしていたところ、歌っていたイェルクと意気投合。歌に合わせて踊っておひねりなど稼いでるうちに、気が付いたらギルド入り。 でも大体踊ってるだけ。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
サブメディック:ドミニコ 期待の二番手メディック、のはずが……。 どういうパーティ編成をするにせよメディックは必要、というわけで、たまにはリカを休ませるためにスカウトされた生真面目な医学生。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
ところが、第四層に至って、モリビトせん滅作戦に反対、ギルドを離脱。 その辺で拾ったカースメイカーを身代りに置いていき、今は田舎に帰って医者をやっているらしい。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
カースメイカー:カリナ パーティが呪いの鈴を受け取った直後、ドミニコが街で出会った少女。ギルド最年少。 一族の宿縁のため、迷宮の真実を解かねばならない、と主張して、なかば強引にギルドに加入した。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
呪術師の家系に生まれ、人間の暗黒面ばかり目にしてきたため、発想がブラック。その割に世間知らずなので、年上の女性陣になんとなく過保護にされている。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
アルケミスト:ジョスラン 氷術の専門家で、今後の研究のために術の実践をしようとエトリアにやってきたところ、第三層で蟻戦に向けて氷術使いを探していたギルドのニーズと合致し、蟻を倒すまで、という短期契約でギルドに加入。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
それが終わったら学究都市に帰るはずだったのだが、一度捕まったのが運のツキで、結局未だにエトリアに留まっている。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
ベネディクト:剣装備ソードマン 第四階層到達直前にギルドに加入した、ミーハーな脳筋二人目。 二番手メンバーでパーティを組む時の取りまとめ役。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
レベル1の時から第三階層を連れ回され、相当大変な目に遭ったおかげで、現在は第一線で戦えるほどの実力を得た。が、装備品の点では第一線の主力に金銭がつぎ込まれるため、いまいち不遇。 修業時に散々付き合ってくれたイェルクに感謝しているとかいないとか。
ゆめのしま @S_NingennoKuzu
マリアベッラ:パラディン 南方の貴族の末女。政略結婚から逃げ出してきたらしい。 小さい頃からお転婆で、自分の守るべき主が欲しいという思いが爆発してエトリアまでやってきたところで、何故かアンジェリカに心酔してついてきた。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする