2012年9月1日

エネルギー政策と倫理

シンポジウム「福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊」 2012年8月30日(木)・31日(金)/東京大学駒場キャンパス http://www.kk-heisa.com/20120830/ カエルさんのまとめはこちら シンポジウム「福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊」(2012/8/30) 続きを読む
44
山脇直司 @naoshiy

今日のシンポでシュラーズさんにも質問したが、今後のEUのエネルギー政策の行方は原発大国フランスがどういう方向を示すかにかかっているように思う。ライシテ(世俗主義)を貫くかぎり、ドイツのような倫理委員会は作れないだろうし、フランス現代思想もこのテーマに関しては恐ろしく貧困に思える。

2012-08-31 21:47:26
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

昨日のシンポでミランダ・シュラーズさんにした質問の回答はなかなか興味深かった。尋ねたのは「一般にテクノロジーのガバナンスでは科学や経済の観点からの表かは重視されても倫理的な評価は無視されがち。なぜメルケル政権は倫理委員会を設け、その判断を重視するという選択ができたのか?」。

2012-09-01 11:36:55
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)この問いに対するミランダさんの回答は2点。一つは「メルケル政権は2010年9月に、2020年ごろまでに全廃する予定だった原発の運転を平均で12年間延長する『脱・脱原発』方針を決定したが、その半年後に福島の事故が起き、政治的に苦しい立場に追い込まれた」ということ。

2012-09-01 11:41:41
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)二つめは「ドイツでは長年の原発論争を通じて、この問題の根本は倫理的問題だということに(政治家たちも)気付いていた。エネルギーの選択、制度の変更、社会と環境へのインパクトなどを議論することは、倫理的側面が強い」ということ。

2012-09-01 11:44:02
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)たとえば「運転を10年認めるということは、原発周辺の住民に10年間がまんしてもらうのに、どういうメッセージを送るのか。あなたたちの命は他の地域の住民の命より価値が低い、というメッセージなのか? すぐれて倫理的問題になる」と。http://t.co/O7KC2apu

2012-09-01 11:45:23
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)他にもエネルギー転換・制度転換のコストを誰がどう払っていくべきなのかも倫理的な問題であるということなど。そのように「エネルギー問題の根本は倫理的問題だ」とメルケル首相も含めて認識していたことが、倫理委員会を設け、その結論を重視して脱原発を決めた背景にあるのだという。

2012-09-01 11:47:33
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

仰る通りですね。「倫理」という日本語自体が個人道徳的なものしか意味しないですから。事実問題で解決しない、価値判断や正義の問題を含む包括的概念であるはずなのに。RT @naoshiy: そういう倫理のコンセプトが日本には不在 RT @hirakawah ドイツでは長年の原発論争を通

2012-09-01 11:49:49
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)翻って日本はどうか。当然日本でも、エネルギーや原発・核の根本問題は極めて「倫理的」な問題であるわけだけども、先ほどの@naoshiy 先生の指摘のように「倫理」というコンセプトの貧しさという問題も災いしてか、そういう認識は、とりわけ専門家や政治家、官僚には乏しいのではないか。

2012-09-01 11:52:53
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)つまり、専門家・政治家・官僚にとっては、エネルギー・原発の問題は科学的・工学的・経済学的な問題だというテクノクラシー的見方が常識化していて、倫理的・規範的問題こそが根本にあり、そこに手を付けなければ解決しないということに気づいていない、もしくは無視している。

2012-09-01 11:56:01
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)「無視」する理由は、一つは倫理的・規範的問題は自分たちが得意とするテクノクラティックな手法では扱えず、デモクラシーを必要とするから。それと、あとは単に「そもそも既定路線を変えたくない」ということなんだろうと思う。

2012-09-01 11:57:52
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)けれど、たとえばエネルギー選択の「国民的議論」の結果や各地のデモのメッセージを見れば、そこには「原発廃止」「再稼働反対」という直接的なものと同時に、やはり倫理的・規範的問題の提起があるのではないか。そういうことを議論する「場」の欠落が問題となっているのではないか。

2012-09-01 12:00:02
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)他方、国民的議論の結果をどう解釈するかで開かれた検証会合の報告案 http://t.co/efCSEaiI を観ると、「原発・エネルギー問題の根本は倫理的問題」という認識は極めて弱うように思うが、最後の「戦略策定に向けて~国民的議論が指し示すもの」には関連する文章がある。

2012-09-01 12:03:16
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)引用:「今回の国民的議論によって、国民は、2030 年のエネルギーミックスの数字よりも、大きな方向性の中で、どういう経済社会を築いていくかに関心が高く、また、どの戦略を選択すれば、いかなる懸念が顕在化するかが明らかになった。・・・」

2012-09-01 12:04:38
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)「政府は、そうした懸念に対して、真摯に向き合い現実的な解を提示していくことが必要である。」

2012-09-01 12:06:11
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)また別の個所にはこうも書いてある。「川崎市民を対象として行われた討論型世論調査の手法を応用した民間独自調査では、3 択以外で示すべきこととして、「これからの社会のあり方、ビジョン」を示してほしいという意見が3 割にのぼっている。」

2012-09-01 12:06:29
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)このようなも指摘が報告案に入ったことは評価したいポイントではあるのだけど、ただし問題なのは、解釈枠組みが相変わらずパターナリスティックなこと。たとえば川崎の調査では検証会合でうちの小林さんも指摘してたが、「(国民は)ビジョンを示してほしい」ではなく「議論したい」と解すべき。

2012-09-01 12:09:24
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)先に引用した箇所についても「政府は、そうした懸念に対して、真摯に向き合い現実的な解を提示していくことが必要」なんて書いている。現実的な解を提示するのは国民の側であり、そのための議論の場を作ることが求められていることだという認識が欠落している。

2012-09-01 12:12:00
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

続)まぁ、それでも、問題が倫理的・規範的問題だということうすうす気づいているっぽいのは大きな進歩だと思う。あとは、我々市民の側が、国がどうであろうととりあえずは関係なく、そういう議論を開始し、相互につないでいくのが大事なんだろうと思う。エネルギー基本計画は3年後にも見直しするし。

2012-09-01 12:16:09
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

ですね。そのうちまた公共哲学関連で、何かご一緒させていただければ幸いです。RT @naoshiy: そうした現状を変えていきましょう。 @hirakawah 仰る通り。倫理という日本語自体が個人道徳的なものしか意味しないですから。事実問題で解決しない、価値判断や正義の問題を含む

2012-09-01 12:17:40

コメント

子鬼 @tak_konn 2012年9月1日
第二次世界対戦を倫理の視点で反省し通せた国とそうでない国の違い(日と独)、そしてて原子力産業の依存度の違い(独と日仏)ってのにも起因するんでしょう。
0
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2012年9月1日
原発を辞めて石炭火力発電に依存するのが倫理的だとは私は思わないがなぁ。日本とドイツの大きな違いは経済的に見合う石炭の差でしかないと思う。
2
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2012年9月1日
よく炭鉱が落盤したりたまに海上プラットフォームが爆発したりで人が死ぬけど気にしてないよね。どの範囲まで考えるのか、というのをはっきりさせないと、倫理の名を借りた好き嫌いに過ぎない
6
neologcutter @neologcuter 2012年9月1日
「中国とか韓国とか原発バンバン作ってるけど、そちらへの指摘が全くない」というのは反原発シンポにおけるお約束かねwww
1
笑い猫 @bokudentw 2012年9月1日
悲しい事に海外のエネルギー政策には一片の良心も倫理も感じない。そこには力の論理と冷徹な経済性しかないとは思うのだが
0
onsentamago @onsentamago4 2012年9月1日
かつては太陽の光で火をおこす行為も倫理に反すると云われたそうです(超大昔の話だそうですが)
0
hanswurst @klammer_affe 2012年9月1日
今のドイツ国内の論調や、実際に脱原発に至った成り行きを考えると「メルケルは倫理的判断で脱原発した」という単純な図式には違和感がある。今ドイツ国内では「政府はエネルギー転換コストの負担配分を不当にすることで、一般家庭や電力消費の少ない中小産業に「再エネは高い」という意識を持たせてエネルギー政策を再び転覆させようとしているのだ」というような話まで飛び出してる。それくらい電気料金の高騰に危機感が持たれているということでもある。
2
yuuki @yuukim 2012年9月1日
科学で解決できるのは世の中の問題の極一部であって、倫理的・規範的問題が大きいということ。いつもの人達は罵倒コメを残すついでに、ちょっとまじめに読んで考えてみて欲しいとこです。
2
hanswurst @klammer_affe 2012年9月1日
更に政府はドイツ国外の既存、もしくは建設が予定されている複数の原発について資材、サービスなどの輸出保証を打診したことが明らかになっている。その中には各方面から安全性について疑問が持たれている中国の海南島原発や、ドイツとの国境から60kmに位置するチェコのテメリン原発などが含まれていることから「国内さえ脱原発ならいいのか」と非難の的となっている。
2
hanswurst @klammer_affe 2012年9月1日
ドイツの「倫理観」に振り回されている観があるのがポーランドで、元々は石炭産出国であったのにCO2放出制限で石炭火力の自粛を要求され、シェールガスの採掘を計画すれば土壌汚染への危惧からEUに制限され、「もう原発しかないよな」というところまできて、隣国から「今から原発は倫理にもとる」などと言われ、ほとんどプッツン状態で今更原発建設を引っ込めるつもりはないという。
2
hanswurst @klammer_affe 2012年9月1日
だからドイツの脱原発は全部嘘っぱちなのだ、などと言うつもりはない。ただ一部の人達が要求する過剰な「倫理観」に照らせば明らかに齟齬を来すようなことをやってるのが現実。放射線防護のときもそうだったけど空想の域にまで海外を美化して相対化したって後々の問題を増やすだけなので。寧ろドイツが抱える問題点からこそ学ばねばならんでしょう。
5
arabiannightbreed @a_nightbreed 2012年9月1日
原発の引き起こす問題、与える利益が、社会の広範囲に渡って影響を与えるので、いろんな解釈ができるという話。科学者は科学に基づいて話すし、技術者は技術に基づいて話す。政治家、法律家、倫理…かくの如し
1
珪素生物 @deadcatbouncepn 2012年9月1日
ドイツの倫理委員会の仕事についてはこれを良く読むように。平川氏が言うような、問答無用の「倫理」の観点から原子力を一刀両断する話じゃないんだぞ。結局ベネフィットコストの話ですが何か。http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/3rd/3-82.pdf
1
skapontan @skapontan 2012年9月2日
結局は、カネと安全を天秤にかけながらバランスをとっていくしかないんでしょ。 日本ではバランスとる意思が何処にもなくてカネに重しを乗せ続けてただけで。
0
はみんぐばーど @kei_sadalsuud 2012年9月2日
コメントありがとうございます。読みましたが、費用便益分析の話だけではないようです。”ドイツの安全な未来は、環境が損なわれていないこと、社会において正義が成り立っていること、経済が健全であること” "原子力エネルギーの利用やその終結、他のエネルギー生産の形態への切り替え等に関する決定は、すべて、社会による価値決定に基づくものであって、これは技術的あるいは経済的な観点よりも先行しているものである。" などなど
1
Kazuo Uozumi(蘇民将来子孫家門&ANTI-FASCISM) @forthman 2012年9月2日
確かにドイツの判断を礼賛するのではなく、ドイツが抱える問題を見つめることが大事だと思う。一方「倫理」というキーワードについても再考する必要があるのでは。独倫理委員会の文書は社会対自然というやや広義な「倫理」がべースになっているが、日本の場合、地域間の経済格差も重大な問題点。福井(や福島)に多くの原発が建てられ、地元の人々が原発再稼動を望む状況を、「無制限なリスク、負担の公平な分配」という視点で見直したい。1つの国においてこの不平等は見過ごせない(沖縄の基地にも言えることだけど)。
0
珪素生物 @deadcatbouncepn 2012年9月2日
市場価値に還元できない社会的コストも含めて、総合的に「比較衡量」しなくてはならないというのが「倫理委員会」のメッセージだと解釈しました。その趣旨にはまったく同意ですが、議論が「倫理」という言葉に引きずられてる嫌いがあるので。
1
kou @kou1773585 2012年9月2日
原発は国外に置いて、国内は脱原発ってちょっとアレな実態だな・・・。
1
hanswurst @klammer_affe 2012年9月2日
kei_sadalsuud 「経済的な観点よりも先行する」と言いながらも、実際今現在経済的な観点が大問題になってるわけです。脱原発は良い、しかし後先考えずに無理な決断をして遂行不可能に陥っては元も子もない。その先にはレモンの花咲く楽園があることはわかっていても、そこに辿り着くにはアルプスを越えなければならない。近いからと言ってアイガー北壁をルートに選ぶなら単なる自殺行為だ。
1
hanswurst @klammer_affe 2012年9月2日
kei_sadalsuud 実際その倫理委員会で見積られた経済的な展望は甘かったのです。レトゲンの後を継いだアルトマイアーは「コスト面のリスクを過小評価し過ぎた」と率直に認めています。メルケルが転換を宣言したとき一般家庭の再エネ負担の上限は3,5ct/kWhとされたが、その年の終りには3,6ct/kWhになった。今年中に5ct/kWhになると予想されている。
1
名無し岩手県民(手を洗おう)(飲み会・カラオケ・合唱を止めよう) @iwatekenmin01 2012年9月3日
論理ねえ。化石燃料に依存した結果太平洋戦争で300万人が死に、石油ショックで経済に大打撃を蒙った反省から原発が導入されたんじゃないですかね。
1