2012年9月11日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第712回「なぜ英語なのか、なぜリベラル・アーツなのか」

脳科学者・茂木健一郎さんの9月11日の連続ツイート。 本日は、二日前のツイートの補足。
9
茂木健一郎 @kenichiromogi

しゅりんくっ! ぷれいりーどっぐくん、おはよう!

2012-09-11 05:48:09
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第712回をお送りします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、二日前のツイートの補足。

2012-09-11 06:34:30
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(1)日本の東大を始めとする大学が地盤沈下をしている、ハーバードごときに負けるなとツイートしたのが二日前。さまざまな反応をいただく中、おそらく補足説明をした方が良いな、と思う。まず、「英語」自体に価値があるわけではない。池上高志の言うように、英語ができてもバカじゃ仕方ない。

2012-09-11 06:36:58
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(2)池上高志は、「数学が抜群に出来て英語ができない学生と、数学ぱっぱらぱーで英語ペラペラどっちがいい?」としばしば言う。そりゃあ、前者に決まっている。益川敏英さんは、英語を捨てて物理に邁進してクオークの世代問題を解いた。英語ができても、airheadでは仕方がない。

2012-09-11 06:38:38
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(3)問題の本質は、別のところにある。日常的な用を足す言語として、英語と他の言語で優劣があるわけではない。日本にいれば、日本語の方が使い勝手がいいのは当然のこと。ところが、学術情報となると違う。とりわけ、自然科学の論文については、英語で書かれ、流通するのが当然となった。

2012-09-11 06:40:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(4)ここでしばしば見られる誤解が生じる。英語が不得意でも、実質が伴っていれば、論文は何とかなるのではないか。翻訳者を使っても、あるいは英文校正サービスを用いても、発表できるのではないかという議論が通ってしまう。しかし、実はそこに本質があるのではないのである。

2012-09-11 06:41:10
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(5)現代の学問の本質は、「総合性」にある。たとえば、生命の問題。あるいは環境の問題。あるいは、知性の問題。どの課題をとっても、一つのdisciplineの中には収まらない。人文学と自然科学の壁を越えた、知の総力戦、融合的アプローチをとらなければ、解決はおぼつかない。

2012-09-11 06:42:30
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(6)ここに、日本の大学が陥っている罠がある。自然科学者は、下手なりに英語で論文を書く。実質が良ければ読まれるだろうし、インパクトもあるだろう。ところが、人文学を含めた総合的知がうまれない。なにしろ、文系の教授は輸入学問を日本語でやっているのだ。対話が生まれようがない。

2012-09-11 06:43:40
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(7)不幸なことに、アカデミックな側面だけでなく、産業という実体経済の問題としても、現代は総合的なアプローチが必要とされる。例えば情報機器はブツの問題だけでなく、情報流通の法制度を含めた総合的なもの。人文/自然の壁を越えた融合的知のバックアップがないと、経済が発展しない。

2012-09-11 06:45:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(8)現代における付加価値を生み出す総合的な学問。あらゆる分野の学術情報に英語で通暁していないと始まらない。しかも迅速に。ピッチを走り回るように。この態勢が出来ていないため、日本の大学は知の集積地、発信地としての地位を失った。大学の堕落と日本の国力低下はシンクロしている。

2012-09-11 06:46:33
茂木健一郎 @kenichiromogi

なな(9)「リベラル・アーツ」は、以上のような総合的な最高の学問に至る道。日本の国際教養系の大学が勘違いするように、学問的に薄味の、英語プレゼン能力を磨けばいいのではない。池上高志の言うようにアカデミックな力は必要。そこに英語の筋肉。そんな理想の大学は日本にはまだない。

2012-09-11 06:48:25
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第712回「なぜ英語なのか、なぜリベラル・アーツなのか」でした。

2012-09-11 06:48:50

コメント

きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2012年9月11日
実際、外国語を習得するという文脈で、その対象が英語である必然性というのはさほど高くはないんだよね。
0
おーひら @tohdakumiko 2012年9月11日
茂木先生は「ぼのぼの」読むんだぁ(*´∀`*)
0