Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤

宗教学者 島薗進氏による第5弾です。 おりしも、この連続ツイートがあった2012年9月11日、福島県内の18歳以下の人間から、甲状腺がんの発症が確認され、福島県立医大鈴木眞一教授が「これまでの知見から原発事故との関連はない」との発表が出ました。
9

第1弾です。

まとめ 【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】① 旧ソ連時代からロシアに体制が変わっても、「国の放射線物理学最高権威」であり続ける(らしい)人がチェルノブイリの健康被害について書いた本の日本語訳に関する、宗教学者 島薗進氏の連続ツイート第一弾。 山下俊一氏の「監修言」と重松逸造氏の「巻頭言」が主に紹介されてます。 3753 pv 26 1 user 3

第2弾です。

まとめ 【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】② 宗教学者 島薗進氏による連続ツイートの第2弾です。 チェルノブイリ事故後に健康被害が全く存在しない論拠として、 日本の重松逸造の原爆被害に関する論文が引き合いに出されてます。 広島・長崎→チェルノブイリ→福島と、健康被害を否定する側の研究は一貫していることがわかります。 2562 pv 69

第3弾です。

まとめ 【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】③ 宗教学者 島薗進氏の第3弾です。 1626 pv 10 1

第4弾です。

まとめ 【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】④ 宗教学者 島薗進氏による連続解説ツイート第4弾です。 チェルノブイリ事故後、350ミリという、今から考えるとすさまじい基準が主張されてたんですね。 2268 pv 59 1 user 7

それでは、本編、第5弾です。

島薗進 @Shimazono

1【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤本書でのイリーンの叙述は七沢潔『原発事故を問う―チェルノブイリからもんじゅへ』1996年の叙述を参照すると一段と見通しがよくなる。七沢著の第1章、第4章にイリーンの名が出てくる。避難させない政策を支える科学者の主軸だったことが分かる。

2012-09-11 10:55:51
島薗進 @Shimazono

2【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤七沢著p37―86年5月3日の段階で住民にヨードを渡さない決定はイリーンの判断に基づく。オルリク副首相(ウクライナ共和国)「放射線医学の専門家で、ソ連医学アカデミー副総裁のイリイン博士は、今住民に渡さない方がよいといっています」p57

2012-09-11 10:56:49
島薗進 @Shimazono

3【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤86年5月のキエフの危機的状況をめぐり七沢が記述するウクライナのオルリク副首相の発言「彼は10日分しかないから、今、使ってしまうと、この先もっと深刻な事態になった時に使えなくなる―という主張です。ヨード剤の配給は見合わせましょう。」

2012-09-11 10:57:35
島薗進 @Shimazono

4【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤この時イリーンは事故原子炉からさらに放射性物質が大幅に放出されることを怖れていた。5月7日にイリーンと放射線測量の専門家、ユーリー・イズラエリ国家水文気象委員会議長がモスクワから到着。2人はキエフでの「汚染状況は、子どもを含めた」

2012-09-11 10:58:27
島薗進 @Shimazono

5【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤「住民の健康に危険をもたらすものではない」「現在、食品にふくまれている放射能の値は、住民に危険をもらすものではない」と主張。2人は12時間かけて3通の勧告書を作成。例年どおりのキャンプ以外の子供の避難は不要。「情報の一元化」などを指示

2012-09-11 10:58:53
島薗進 @Shimazono

6【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤ウクライナ共和国最高会議議長ののシェフチェンコ女史はこれに反対、疎開を主張。結局、5月9日、夏休みキャンプを早めて実行するという形で実質的な疎開案を採用。25日までに52万6千人の母子・妊婦が疎開した。七沢著P67-71

2012-09-11 10:59:26
島薗進 @Shimazono

7【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤ウクライナ政府のこの決定に対し「ソ連政府は露骨に不快感を表した」パニックを起こしたと批判。5月14日被曝許容線量を引き上げるという「きわめつけの通達がモスクワのソ連保健省…から送られてきた」「ソ連保健省は…次のような新しい基準を」

2012-09-11 11:00:11
島薗進 @Shimazono

8【イリーン『チェルノブイリ…』】⑤「採用した。14歳以下の子どもと妊産婦の場合、年間10レム(100mSv)、一般人の場合は50レム(500mSv)まで許される。それ以下の場合、住民の疎開などの特別な措置はとらない」。イリーンはこれには反対して後に10レムまで引き下げられた。

2012-09-11 11:02:02
島薗進 @Shimazono

9【イリーン『チェルノブイリ:虚偽…】⑤それまでのソ連では年間5mSv(0.5レム)だったから、20倍に引き上げた。その頃のキエフの線量は毎時0.5ミリレム(5μSvというからかなり高い。(島薗注:そういえば日本も1mSvを20mSvにと20倍あげた)。七沢氏の概括は以下の如し。

2012-09-11 11:04:05
島薗進 @Shimazono

10【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤「住民保護の対策を決める際の客観的な目安となるはずの被曝線量が、国の都合で勝手に変えられる。その動機としては、まずむやみに人の移動を認めて、パニックに導かないという政治上の大方針があった。そして同時に、被曝線許容量を引き上げることで

2012-09-11 11:04:47
島薗進 @Shimazono

11【イリーン『チェルノブイリ:虚偽…】⑤「人の移動をさせない背景には、経済的要因もからんでいた」p73。七沢はこう述べて、ICRPの「最適化」の論を説明するイリーンの言葉を引く。どの国でも非常事態には高い基準が導入される決まり。キエフ市民300万人の疎開による社会的費用を考えよ

2012-09-11 11:05:16
島薗進 @Shimazono

12【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤モスクワとウクライナは妥協。5月15日に疎開第1陣が出発。だが、放射線健康影響の専門家としてキエフに派遣され、ソ連側の立場を押し通そうとしたのがイリーンだということがよく分かる。89年の状況について述べている第4章でもイリーンが登場

2012-09-11 11:05:43
島薗進 @Shimazono

13【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤甲状腺がんが出始めたこの段階でもソ連はなおできるだけ避難をさせない、補償をしない立場を固執。各地で住民が反発。1平方キロ当たり40キュリー以下は避難不要と。「その根拠となったのは、イリイン・ソ連医学アカデミー副総裁が唱えた」

2012-09-11 11:06:11
島薗進 @Shimazono

14【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】⑤「「生涯70年間に35レム(350mSv)までの被曝は許容される」という説であった。イリインは放射線医学の専門家としてこのころ、「汚染地帯の住民は避難しなくても十分に安全である」と説明していた」。長瀧・山下両氏とほぼ同じ役回り(続)

2012-09-11 11:07:39

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?