荒川車庫前発「欧州トラム紀行2012」~ドイツ編その4

前回の続き、ベルリン市電の延伸区間(壁沿いの新路線)と夜行でミュンヘン市電を巡った際の記録、多少のグルメなど。 【前】ドイツ編その3:http://togetter.com/li/369847
1

8月18日、ブランデンブルクからベルリン中央駅に戻ってきた後、駅前のホテルにカメラバッグを置いてから地下鉄U55号線でブランデンブルク門へ繰り出しました。

堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ベルリン中央駅から徒歩1分のマイニンガーホテル。確かに便利。そして背後には(やはり、というべきか)InterCityHotelも建設中。 http://t.co/HvYoKlcV

2012-08-19 15:31:08
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

地下鉄U55号線のブランデンブルク門終点にて。ホームの壁はさながら「ベルリンの壁ミュージアム」のよう。 http://t.co/kXtVbHOM

2012-09-12 01:06:06
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

U55号線ブランデンブルク門駅ホームへ通じる階段・エスカレーターには「ベルリンの壁」に関する各国首脳の名言集が掲げられています。ベルリンの歴史を垣間見ることができる駅です。 http://t.co/BlMnQjQs

2012-09-12 01:07:24
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ブランデンブルク門!自分にとっては8年ぶりの訪問となりました。 http://t.co/UagI8KQI

2012-09-12 01:08:00
拡大

「地球の歩き方」に出ていた、というだけの安直な理由でこの日の晩飯はそのレストランへ。なかなかの内容でした。

堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

夕食はブランデンブルク門そばのレストランにて。「地球の歩き方」によればクリントンやブッシュも来たそうだが…こんな日本人も来ていたそうな。 http://t.co/iOeHR8xH

2012-08-19 08:40:08
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ブランデンブルク門のそばの名門レストラン「テオドール・トゥーハー」。単に「地球の歩き方」に出ていたので来てみた、というだけでしたが、なかなかの内容。オープンテラスでおしゃれなディナーと洒落込みました。 http://t.co/7D8Efqnd

2012-09-12 01:10:31
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

うまい生ビールと料理が食べられればいい!という単純な発想なので、メニューにあったコース料理を頼みましたが、これがどれも美味!メインディッシュの肉料理です。せっかくのヨーロッパなのだから、おいしいものを食べないと損じゃないかな。 http://t.co/T40F2qjt

2012-09-12 01:12:19
拡大

翌日、8月19日は1日中ベルリン市電の乗り歩き。いろいろ巡りましたが、メインは最近路線を延伸したというベルナウアー通りの新線に乗ること。この通りは「壁」があった時代には東から西へ逃げようとした人が多く命を落とした、悲劇の場所でもありました。

堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

そして中央駅北口前には市電の軌道が!もうすぐここまでトラムでアクセスできるようになります。手前味噌ですがもう7年前にピクでベルリン市電についての原稿を書きました。 http://t.co/MilZtf90

2012-08-19 15:33:12
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ご覧いただきありがとうございました。ただあれだけ偉そうなことを書きながら乗り残しているところがあるので今回多少乗ってきました。 RT @hiro_hrkz: あの記事の筆者さんでしたか!ベルリンに行った直後だったので、記事を読み、もっといろいろ乗ってみ見たかったと後悔しました。

2012-08-21 02:29:32
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ベルリン・アレクサンダー広場にて。新車も増殖中。そして何より背後のビルの看板が8年前のまま。 http://t.co/5Ts9BzA7

2012-08-21 02:37:05
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ベルリン市電・アレクサンダー広場停留場の看板。ベルリンでは「トラム」と称しているようです。ドイツで路面電車を「Tram」と表記している例は結構見かけます。 http://t.co/H1oLuQXq

2012-08-29 00:42:22
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

何の変哲もないベルリンのトラム画像…のようにみえますが、実は市電がいる位置が旧東西ベルリンの境界、つまり「壁」があったところ。旧東ベルリンにしか残らなかった路面電車が西側へ乗り入れる、ベルリン新時代の画像です。 http://t.co/0TA5RePq

2012-08-25 23:52:37
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ベルリンの壁からの脱出者が多く見られたことで知られるベルナウアー通りに「ベルリンの壁記念館」があり、かつての壁が保存されています。トラムはそれを見ながら通り過ぎます。 http://t.co/u8oHbtnM

2012-08-25 23:54:33
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

8年ぶりのベルリン訪問で一番撮りたかった画像。東側だけに残った路面電車が西へやってきた!まさに今を象徴する1枚。 http://t.co/6uJPGiL5

2012-08-21 02:25:55
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

「ベルリンの壁記念館」Gedenkstätte Berliner Mauerの真ん前にも市電が乗り入れます。トラム車内の掲示には「Gedenkstätte」と「Berliner Mauer」を交互に表示。 http://t.co/FdN4d6Zx

2012-08-26 00:02:11
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

ベルリンの壁記念館前の市電。今は平和なベルナウアー通りですが、かつてこの道の右側に壁があったのです。トラムなど夢のまた夢でした…。 http://t.co/rSrV2MxC

2012-08-26 00:13:34
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

「ベルリンの壁記念館」屋上からは保存されたかつての東西ベルリンの境界が見られます。そしてその西側をトラムが颯爽と走ります。 http://t.co/IbpTDERQ

2012-08-26 00:03:56
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

チェックポイントチャーリーの博物館とはまた別ですよ。 RT @shinrail: 「ベルリンの壁記念館」って、かつての検問所近くにある博物館とは、また別物?

2012-08-26 00:04:30
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

チャーリーの博物館は「脱出方法」がメインなのに対して、こちらの「ベルリンの壁記念館」は壁そのものの展示がメインなのかな、という個人的な感想です。 RT @shinrail: そうなんですか!そっちも、いつか行ってみたいなぁ。

2012-08-26 00:23:20

この晩はベルリンから寝台列車でミュンヘンへ。今や日本では数本のみとなった夜行寝台列車の旅を楽しみます。ところがミュンヘン到着は約2時間遅れ…でも連日の撮り歩きで体力を消耗していた自分にとっては逆にありがたい「追加休息」になったかも…

堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

贅沢に1等個室寝台を日本から予約していきました。2人部屋にもなるバストイレ付。結局この晩は降りるまでここから一歩も外に出なかった…。 http://t.co/loLUzl7j

2012-09-12 01:59:49
拡大
堀 切 邦 生 ( つ る べ @ 荒 川 車 庫 前 ) @Arakawashakomae

もともと2人部屋にもなる設計なので椅子も2人分あります。ベッドに横になったり椅子に身を預けたり、思い思いのスタイルで過ごすことができます。 http://t.co/Zj59lZca

2012-09-12 02:01:07
拡大
残りを読む(31)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?