PKA先生の、甲状腺検診はもっと普及してもいい という話

甲状腺ガンは、検査しないとなかなか見つからない癌。
環境 思い込み コメント欄はスルーで pkanzug 放射能 内部被曝 放射線
228
PKA @PKAnzug
さて、書き上がったので久々に連投いきます。一時TLがふてぶてしい猫で埋まりますがご容赦を。
PKA @PKAnzug
先日ちょっと強調して話していた「潜在する病気の場合、有病率とスクリーニング発見率に大きな差が生じうる」という件、やはりちょっとピンと来ない人が多いと思うので、どういうことなのか解説してみようと思います。
PKA @PKAnzug
まずは用語の簡単なおさらい。有病率:ある集団の中で特定の病気に罹っている人の割合、罹患率(発生率):ある集団の中である一定期間に特定の病気の患者が新たに発生した割合、スクリーニング:特に症状がない集団に検査を行って病気の可能性がある人を片っ端から見つけ出す検査手法
PKA @PKAnzug
有病率と罹患率の違いは、さっきいい感じの解説まとめが流れてたので、そっちを参照のこと。
PKA @PKAnzug
で、ここで「有病率」という言葉がなかなか厄介です。「集団Aにおける疾患Bの有病率は0.1%」って聞くと、疾患Bを持ってる患者は0.1%しかいないみたいですよね?でも実際はそうじゃないんです。有病率は病院などで診断された数から導くので、0.1%は「疾患Bと診断された人の割合」。
PKA @PKAnzug
つまり、有病率という名前ではありますが、これはある集団の中に実際にその病気が存在する頻度を必ずしも反映しないわけです。病気があっても気付かれにくい場合や、病院に行かないような軽い症状しか出ないものは、実際には有病率より多くの潜在的患者が「一見健康な人」の中に含まれてるんですね。
PKA @PKAnzug
では、ここから図も使って説明します。概念だけ分かればいいので、ややこしい話はざっくり簡略化。ある集団の人は、特定の病気に関して「病気がない」「病気だけど調べても見つからない」「調べれば見つかるけど調べてない」「調べられて病気と診断されてる」のいずれかに分類されると仮定。
PKA @PKAnzug
まずは皆さんが一番気にしてるであろう癌はこんな流れ(図は甲状腺ですが、他の癌も大体同じ)。1個の癌細胞が発生し、徐々に増大して数ミリ大の組織塊となり、さらに増大して腫瘤になって、浸潤などで神経を刺激したり機能を障害するとやっと症状が出る。 http://t.co/QdIMXOYh
拡大
PKA @PKAnzug
図の上の段は検査しても見えない癌です。下左になると検査すれば見えるかもだけど、検査しないとわからないから普通気付かれない。下中は検査では確実にわかって自分でも触れば気付くけど気付かない人も多い。右下にいくと大体みんな気付きます(気付いても病院に行かない人はいますが)。
PKA @PKAnzug
どこからが検査で見える大きさか、というのは実はなかなか難しい問題なんですが、そういうのを論じる場ではないんでここは省きます。「検査種や病変の位置・種類によっていろいろだけど、とりあえず小さいより大きい方が見つかりやすい」程度の把握で十分。
PKA @PKAnzug
次に、癌とは大分違う性格の病気として、尿管結石を挙げておきます。これは病状の深刻さと危険信号としての痛みの強さが最も釣りあわない例として有名で、発症するとひどい症状が出てみんな病院に行きます。つまり、発症例の大半が診断に行き着くわけです。 http://t.co/ZgEQfmT6
拡大
PKA @PKAnzug
最後に甲状腺嚢胞。これも細胞サイズの水溜まりから始まるはずですが、そんなもん病気とは到底言えないので、検査で見える下限から嚢胞扱いです。嚢胞も右の巨大嚢胞までいくとさすがに症状が出ますが、大半はせいぜい真ん中止まりで、右は滅多にいません。 http://t.co/aYArdx2k
拡大
PKA @PKAnzug
なので、甲状腺嚢胞と診断される人は、ごく一部の症状があるものを除けば、別の事情で甲状腺エコーの検査を受けて偶然見つかった人、ということになります。なお、それぞれの間が点線の矢印なのは、癌と違ってごく一部しか大きくならないから。その性質から、小さい嚢胞ほどいっぱい見つかります。
PKA @PKAnzug
では、ここからそれぞれの有病率とスクリーニング検査での発見率を考えます。癌は追加の話があるので後回しにして、発症すると漏れなく激しい症状が出る尿管結石タイプの病気をまず考えましょう。実際に病気がある人はすごく少ないので、図の上で省略された先には白の丸が山ほどあると思って下さい。
PKA @PKAnzug
尿管結石タイプの集団内分布はこんな感じです。スクリーニング検査をすれば腎盂結石の人は見つかって、将来患者になる可能性がある人はわかりますが、尿管結石の人が新たに見つかることはまずありません。有病率=実際に患者がいる率と言ってもいいです。 http://t.co/HLza4hHR
拡大
PKA @PKAnzug
では甲状腺嚢胞はどうか。稀にでかいのもありますし、別件から偶然見つかる人もいるので、図では1人を赤くしましたが、基本的に甲状腺嚢胞は検査しないと見つからない病気です。つまり実際の患者のほとんどは、気付かないまま普通に生活しているわけです。 http://t.co/svVSZNqS
拡大
PKA @PKAnzug
そうなると、診断例から導かれる有病率(全体に対する赤の割合)とスクリーニング発見率(全体に対する赤+緑の割合)は大きく乖離します。小さい嚢胞ほど多いことから、どれくらい小さいものまで病気と見なすかで緑の人数は大きく変わるので、嚢胞サイズの下限設定や検査機器の性能が非常に重要。
PKA @PKAnzug
私が以前に「調査の基準が全く違うものの発見率を比較するな」と強く主張したのもそういうことです。福島の検討では「最大3mmの嚢胞」ですら有所見としてA2扱いされてることが、検査受けた方の相談でわかっているので、小サイズの嚢胞を病変扱いしない調査の発見率と比較しても意味がない。
PKA @PKAnzug
では、一番重要な癌の説明に入ります。癌の場合はこんな感じで、小さすぎて検査でも見えない癌(でもいつか大きくなる)という分類が加わります。嚢胞と違って放置すればどんどん育っていつか症状を出すので、普通に受診して診断される人もそれなりにいる。 http://t.co/ruPCRcpl
拡大
PKA @PKAnzug
それでもやはり、有病率(赤の割合)とスクリーニング発見率(赤+緑の割合)には間違いなく差が出ます。でなきゃ癌検診(=緑の人を洗い出すための検査)なんてやりません。そして、この緑や青の人がどれくらいいるかは、その癌がどれくらい潜在する性格のものかで変わってきます。
PKA @PKAnzug
甲状腺癌は以前から何度も書いてる通り、一般的に非常に長い時間をかけて成長する癌です。癌細胞が発生してから検査で見つかる段階になるまで、そして見つかる段階になってから自覚するまでに、それぞれ何年もかかるのが普通なんですね。言い換えれば、気付かずに持ってる期間が非常に長い病気。
PKA @PKAnzug
しかも甲状腺癌検診ってあまり一般的ではなく、また甲状腺を診ようと思わない限りは甲状腺は調べませんから、偶然に見つかることも少ない。となると、結構な数の潜在甲状腺癌患者がいて、有病率とスクリーニング発見率が乖離するということに。 http://t.co/tuYzIizp
拡大
PKA @PKAnzug
個人的には、甲状腺検診はもっと普及していいと思うんですよね。死ににくい癌だから検診の価値も低く見られがちですが、気管浸潤で気管の一部を取ることになったり、半回神経を切らざるを得なくなって嚥下障害や嗄声を起こしたりというQOL低下を防ぐためにも早期発見は大切。検査のリスクも低いし。
PKA @PKAnzug
もひとつ余談のようなものですが、癌は一定の速度で大きくなるのではなく、加速的に増大します。というのは、個々の癌細胞が分裂していくので、倍々に近い形で増えるんですね。なので、本当に小さくて見えない状態でいる時間はかなり長いと考えられています。図で青い人を多くしてるのはそのため。
PKA @PKAnzug
甲状腺癌は「見つかる頃には発生後10年くらい経ってる」と一般的に言われるわけですが、スクリーニングでそれより早い段階のが見つかるにしても、幾ら何でも1年半ってのは早すぎるんですよ。福島医大が「今回の甲状腺癌は原発事故と関係ない」って発表できたのもそのため。
残りを読む(25)

コメント

iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
原発事故現場から30-60キロ以内発生した甲状腺癌やのう胞も元からあったもの、とおっしゃりたいようですね。県の資料では、23年度と24年度では、A2判定が35%→43%に増えています。同時期、同年齢群、同基準、同一機器ですので、「元からあった」では説明できません。http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/240911kentouiinkaisiryou.pdf
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
23年度のほうが県外避難者が多いか、半年時期がずれていることのどちらかの理由によるものでは?また、元からあったのなら、年齢に応じて数が増えたり大きくなったりすると考えられますが、0-6歳以外の年齢では、発生率は同程度です。のう胞は16-18歳のほうが少なくなっています。のう胞が「元からあった」のなら、小学生になったら増えて、高校生になったら減るということになりますね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
判定基準の大きさは年齢別になっておらず、0-6歳も16-18歳も同じ大きさを基準としていますので、年齢が高くなるほうがA1よりB判定のほうが多くなりますが、のう胞全体の発見率が16-18歳で下がっている事実は、「元からあった」説とは矛盾しますね。
fujitsubo_x @fujitsubo_x 2012年9月13日
必死なPKAさんには頭が下がります 嘘どす(*ν_ν)
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom 16-18歳が少ないのは、ただ単純に16-18歳の検査人数が少ないからですよ?つうか、他の区分が5歳刻みなのに、そこだけ2歳刻みなんだから少なくて当然じゃないですか。。。 グラフは『総検出数に対する各年齢区分の割合』です。もう一度ご確認を。
neologcutter @neologcuter 2012年9月13日
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/240911kentouiinkaisiryou.pdf (p.15)A2判定だけ見てB・C判定をシカトするのはなぜなんだよwwwアホらしwww
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
>ナカタケさん これ人数調整してないんですか? じゃあそうですね。すると、歳以上はほぼ同じ割合になりますね。>neologcutterさん B判定は多くなってるって書いてますよ。ただ、体格と甲状腺の大きさ考えると、7歳の結節の5mmと、16歳の結節の5mmって、違いません? 
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom 23年度と24年度では、A2判定が35%→43%に増えて、といいますが、『同じ人を検査したのではない』ので、ご注意を。検査する地域ごとのブレの範囲内じゃないですかね?神奈川で40%の異常がー、という話(これはソースが見つからないのですけどね)もあるようですし。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
「同じ人を検査したわけじゃない」というなら、対照調査なんてできないと思いますが・・・ 
neologcutter @neologcuter 2012年9月13日
よしんばそのB判定を見ても有意差は見られないなw第一甲状腺の病気はストレスも関与しているwまさに #放射脳 www
nminkkanjinno @nminkkanjinno 2012年9月13日
「同時期、同年齢群、同基準、同一機器」でもスタッフまでは同じとは限りませんし、同じスタッフでも去年と今年では練度とか色々違うでしょう。
nminkkanjinno @nminkkanjinno 2012年9月13日
というか、「ヨウ素のせいで5000人がガン予備軍になった!」ということにすると、チェルノブイリに比べて被ばく量が低いのにチェルノブイリよりも人数が多くなりすぎる気がしますが。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom 対照調査の難しさはまさにそこですよね。地域差なのか、経年による変化なのか、この調査だけでは判定不能。つか、2点を比較したら「多いor少ない」の判断しかできません。さらに+5万人調査を増やして、最初の調査結果と同等か減った結果が出た場合、『放射能の危険は去った』と判断するんですか?それと同じくらい飛躍した考えだと思いますが。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
甲状腺の病気はストレスも関与している←まさに原発マフィアの手先(笑) ふ~ん 過去の論文とは同一機器同一基準じゃないから比較できないといって、今度は同一機器同一基準でも比較できないって言うんですね~  放医研の推定値は、I131しか測ってないですからね。I131より多いTe132(&I132)考慮してませんし。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
当然、判定結果の県内での分布の検討と、対象地域との比較が必要では?
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom ん。ですから「もし来年+5万人調査を増やして、最初の調査結果と同等か減った結果が出た場合、『放射能の危険は去った』と判断する」んですよね?それなら何も言いませんよ。そういう判断をするのは自由です。僕はしませんけども。「増えた」だの「減った」だのの判断自体が早計では?
阿晴 明清 @ahare_asayaka 2012年9月13日
「甲状腺の病気はストレスも関与している」 確かに放射性物質による化学的ストレスと放射線ストレスが関与しているわけですよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
「もし来年+5万人調査を増やして、最初の調査結果と同等か減った結果が出た場合、『放射能の危険は去った』と判断する」 いえ。どこからその考えが出てくるのかわかりませんけど。地域分布をみないとわかりませんよね。線量低くて3/15に雨の降っていない白河でA1-B判定が減ったら、因果関係があると推測するのが妥当でしょうし。いずれにせよ、元からあって、放射線何も関係ないなら、同一県内で増えたり減ったりしないのでは
neologcutter @neologcuter 2012年9月13日
第一、甲状腺ガンは治りやすい病気だ http://www.ito-hospital.jp/02_thyroid_disease/02_7_1about_nodle.html 必要以上に危機を煽ることがストレスになってるのがわからんのかwww
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
私は必要なことしか言ってません。二次検査終了した38人のうち1名、甲状腺ガンが見つかったのであれば、ほかの475名の中にまだ見つかる可能性もありますから、現時点で放射能の影響でないと断定できませんし、放射線由来の小児甲状腺癌は国内では原爆以外例がありません。福島県内と同程度の影響を受けた地域は他県にもあるので、早急に他県のホットスポットでの検査も必要では?
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom 「同一県内では均一な値が取れるのでは」という理由がさっぱり分かりません。サンプリングする地域が異なれば、結果も一定幅で異なるので、その幅を知るための調査でもありますよね。対照を他県でとっても良いかもしれませんが、他の交烙要因が大きく出るようになるので、それよりも近隣の地域分布と線量分布の比較が大事になる、てのには同意します。ということは、この結果から「増えた」とか早計すぎますよね?
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom あ、まさかとは思いますが、http://todo-ran.com/t/categ/10008←こんな感じで、県民の健康状態の傾向は、県境できっぱり別れると考えていないですよね? あと、最初の方の御主張の「高校生になったら嚢胞が減ってる」とかは明らかな勘違いなので、ツイで訂正された方がいいですよ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
>この結果から「増えた」とか早計すぎ いえ、数字が増えているのは事実です。その要因を何と考えるかは別の問題で、私は放射線の影響であるとは断定していません。元々あった、放射線の影響でないと早計に断定しているのは、福島医大とPKA先生ですよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
高校生になったらのう胞減ってるのではなく、0-6歳以外は、同程度に発生している、に訂正で了解です。どのみち、元々あったのであれば、年齢が高くなるに従って増える出あろう、という主張は変わりませんが。
JokeJokerM(じょじょむー) @JokeJokerM 2012年9月13日
今回の調査は平成26年度以降に行う本格検査と比較するための“先行調査”だそうです。他地域や数年後の調査結果とあわせて見ることによって初めて放射線の影響かどうかを確定することができるのでしょう。→http://www.env.go.jp/jishin/rmp/conf-health/b02-mat09.pdf
JokeJokerM(じょじょむー) @JokeJokerM 2012年9月13日
「現在推計される被ばく線量はチェルノブイリに比較しても大幅に低く、さらに甲状腺がんの潜伏期を考え併せると、現時点で仮に甲状腺がんが発見されても、それは今回の被ばくの影響によるものではないと考えられます。」
JokeJokerM(じょじょむー) @JokeJokerM 2012年9月13日
「県民健康管理調査ではこの期間に対象の皆様の甲状腺の状態を把握しておき(=先行調査)、そして、平成 26 年度以降の検査(=本格検査)の結果と比較することで放射線の影響がないか見守ってまいります。」
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom え?放射線の影響だと思って無いのですか?『信じてるけど断定的な表現を避けてます』と、『疑ってるけど明確な判断を提示してます』では、データに対するアプローチが根本的に異なります。福島医大が放射線の影響ではない、と本気で信じてるんなら、今後の調査なんかしないでしょうね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
原発事故が起きた後で「先行調査」をできるわけないですね。チェルノブイリも直後に甲状腺癌出た報告もありますし、本格調査は数年後からですから、1年半後に甲状腺異常が出ていなかったという証拠はどこにもありません。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月13日
iPatrioticmom 癌の発生速度から考えて、『この時期で、ゆっくり増殖する甲状腺ガンが放射線の影響ってことは無いわぁ』てのが、一般的な考えですね。チェルノブイリ事故で一年目から増えてるってのの論拠は何ですか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
「現在推計される被ばく線量」には、短命核種が含まれていません。12-14日後では測定不可能ですから。短命核種の影響については、米国の米国放射線防護審議会が指摘しており、事故前の原子力委員会の資料にも掲載されています。http://www.nsc.go.jp/bousai/page3/houkoku02.pdf
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年9月13日
iPatrioticmom まあ、できれば違う地域で同じレベルの検査で対比とれたらと思いますが...。コスト(人的など含む)と癌の特徴をかんがえると、 1.今回のはほぼ放射線関係ない結果がでる(ベースライン) 2.今後も定期的に見ていくことでQOLの低下防止と傾向把握、しかないんじゃないかなぁ...
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月13日
ひとまず、ここまでのコメント欄での主張、意味不明。 こういう場合にありえるのは、本人の主張に「隠れた前提」があるとするのが、論理学的に考えて妥当と思われる。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月13日
どこか、まとまった文章が書けるエリア(togetter でも何でも)で、一回、主張をまとめられてはいかがか、そうすれば、論旨に肯定できるか、否定になるのか、判定できるのでは?
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年9月13日
甲状腺のう胞について 「10年経過をみると30%は縮小し、50%は消失するという」 http://www.j-tajiri.or.jp/source/treatise/051/index.html という例があるようです。34人の追跡調査。さすがに0歳の時からのう胞があった、ということは考えにくいでしょうからどこかの時点で発生するんだとは思いますが、小学生で発生して高校生の頃に消えることがあっても不思議では無いかと。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月13日
隠れた前提について。 > 隠れた前提 ( http://ronri2.web.fc2.com/shucho06.html )
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月13日
って、何かコメントが乱立してしまったので、今更、論旨整理って無理かな? (やった方が良いとは思うのだけど。)
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
「武市宣雄『放射線被曝と甲状腺がん』(2011)ではベラルーシの小児(0~14歳)甲状腺がんの発症数は、86年1,87年2,88年5、89年7,90年28、91年55と増加し、95年が山で90となっている。」 http://twitter.com/#!/Shimazono/status/245406285959426048
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
対照地域調査はすでに3地域で実施することが決まってますよ。先日資源エネ庁が募集していて、実施者も決まってます。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月13日
ひとまず、論旨がよく分からないので、議論に参加するのは止めときます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
論旨は、「元々あった甲状腺癌やのう胞が発見されただけ」であるなら、①23年度より24年度のほうがのう胞が増えているのはなぜか ②年齢が上がるに従って増えるのではないか の2点です。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月13日
(いや、だから隠れた前提があるんじゃないの? って言ったのだけど。) ←ひとまず、これ以上は止めとく。
neologcutter @neologcuter 2012年9月13日
結局 iPatrioticmom は目立ちたいだけ。武市データを信ずるなら「発症は4年後」から大量に出なければおかしいwww今結果を論ずることはバカの極みwww 
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年9月13日
.@iPatrioticmomさん、ご自分の考えをまとめてTogetterかブログでまとめてみては如何ですか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
私は、質問に答えてるだけですよ。
neologcutter @neologcuter 2012年9月13日
「質問に答えている」のではない。まとめと関係ない内容を延々とやってるだけだwww
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年9月13日
まだ二次検査結果も出そろって無い段階で、あ~だこーだ憶測を立てずに、こちらでも読んでください→ 「県民健康管理調査に関わる甲状腺検査の医療現場」 http://togetter.com/li/311909
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
隠れた前提というのかどうかわかりませんが、23年度と24年度との違いは、県外避難者の数(23年度5000人、24年度1000人程度)からきていると推測するのが妥当ではないか、と考えていますね。現時点では。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
では、まとめと関係ある論旨①②に戻りますので、コメント続けたい方はどうぞ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
読んだわよ。Kazooooyaさん 「まだ二次検査結果も出そろって無い段階で」元々あったのが見つかっただけなんて、断定しないでって、PKA先生に伝えといて。
nekotama @nekotama00 2012年9月13日
いや、ガンって発症しても見つかるぐらい成長するまで時間がかかるので。今回の場合、「現時点の検査で見つかる癌は時期的に間が短すぎて原発がきっかけとは考えにくい」って言ってるだけなんで。勘違いしているのはそちらなのでは?
nekotama @nekotama00 2012年9月13日
iPatrioticmom ちゃんとこのまとめの文章を理解していないんじゃないですかね?「現時点では時期的に原発の影響を推測することは難しいので長い目を見て判断することが大切」って言ってるんですよ。短絡的に結論出しているのはそちらじゃないですかね?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
子供の場合は症例少ないので、進行遅いかどうかは、わからないのでは? チェルノブイリで4年後から急増といっても、それまではソ連だったのでデータ出てこなかったわけですし。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
長い目って、10年ですよね。東電にとっては都合がいいですね。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年9月13日
去年の夏甲状腺腫瘍が見つかって半年間経過観察になったおいらが通りますよ。甲状腺癌って成長遅いし、殆どが乳頭癌で大人しいのでそれくらい放置しても大丈夫なのです。普通の癌だとそんなに放置しないだろうけど。結果は良性だったようです(小さくなってたから)
JokeJokerM(じょじょむー) @JokeJokerM 2012年9月13日
「潜伏期(被ばくした時点から甲状腺がんが発症するまでの期間)は、<外部被曝>が 10~15 年以上、<内部被曝>が 4~5 年以上です。」だそうです(<>内は文字数節約のため編集)。通常の甲状腺がんの潜伏期間がどれくらいなのか、どこかに情報があるといいんですけど。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
>tolucky774さん そうなんですね。ええ、大人の場合は進行遅くて大丈夫なようなんです。子供の場合は、甲状腺癌は別かもしれませんが、一般的には小児ガンは進行早いということと、チェルノでは転移のケースもあったようなので、心配なんです。だから早期発見と他県での検査が必要かと。 どうぞお大事に。
dreswl @dre_swl 2012年9月13日
20年前と今のエコーとでは3Dビエラと脚付きテレビくらいの差がありますね。大きい物ならともかく1年半で微小な初期段階を捉える事が100%あり得ないと断言できる実績はどこにもない。勿論、見極めはまだ先。backgroundとして本気でとるなら初回検査完遂を急ぐ必要がある
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月13日
なんかコメント欄独占?しちゃってごめんなさい。しばらくPC離れますので、ほかの方、どうぞお話ください。①②についてコメントあれば、あとで返信させていただきます。
dreswl @dre_swl 2012年9月13日
PKA先生もわかってると思うけど乳頭癌が100%全員slow growthと限らない(勿論、未分化でなくとも)。人それぞれ。 一般的な高齢者、若年成人、低年齢の3分類で生命予後、リンパ節転移率、遠隔転移率、再発率(QOLに関わるから)のそれぞれを整理して示した方がいいような。。
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年9月13日
.iPatrioticmom 少しは国内医師の話も聞いたら?→「子供は癌の成長が早いというのはあくまでも悪性腫瘍の一般論です。甲状腺癌は例外的にむしろ逆」 http://j.mp/QOQNIC http://togetter.com/li/372093
nekotama @nekotama00 2012年9月13日
iPatrioticmom 甲状腺がんって子供だろうが大人だろうがそのぐらい時間かかるのでシカタナイネ。「甲状腺がんの進行が遅いのも東電の陰謀だ!」と主張するのならご自由ですが。
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月13日
"東電にとって都合がいいですね"、、というコメントを、 → のように読めてしまう状態でしたら、シャワーでも浴びて冷静になってからコメントされてはいかがでしょう?> nekotama00 東電の陰謀だ!
くまこ @kumacot 2012年9月13日
(良性なので小さくなったと証言されたかたがいらっしゃるなら、同じグループを調べて後年減ることもあるのでは。。)
くまこ @kumacot 2012年9月13日
(調査対象年齢を「卒業」するサンプルもあるだろうし。。)
石倉力 @Chikara1112 2012年9月13日
コメント欄に「可能性がほとんどないこと」を「可能性がある」とすり替える人の良い見本があるわ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
ネットの専門外の医師のコメントだけで、子供の甲状腺ガンは進行が遅いって決めつけちゃって大丈夫なんですか? 山下先生自身が「早期発見にもかかわらずリンパ節や肺転移が多く進行型が半数以上(ただし治療成績がよく死亡率が低い)って説明されてますけど。http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/coe/jp/activities/elearning/lecture/02-02.html (スライド6枚目)
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom 島園さんの引用しているの書籍だから裏取れないんだよなぁ・・・95年が山で90人?は1万人対で、ですよね?http://www.scielo.br/img/revistas/abem/v51n5/a11fig2f.gif ←のグラフをみる限り、とても1年半ぐらいから小児性甲状腺がんが増えていた、なんて言えないと思いますし、世界的なコンセンサスもそうですよね。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom 「事故後の4年後くらいから上昇し、放射性ヨウ素が小児性甲状腺がんの原因であろう」というのはコンセンサスとして認められてるのは、「ピークが見られた」からです。ピークの後にも『成人に甲状腺がんの検出が上昇している!謎だ!云々』という言説も見たことがありますが、それこそ検査の質・頻度が上がったためと考えるのが自然です。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
そのスライドの続きに、同じ乳頭癌でも大人と子供とでは、発症遺伝子以上の内訳が異なるって書いてあります(しばらく間おくと画面が変わります)。転移が多いというのは、広島赤十字病院小児科の見解にものっています。http://www.pediatric-world.com/hiroshima/hoshasen_kojosen.pdf  治療成績や予後がいいといっても、県外を含めた検査体制拡充&早期発見に越したことはありませんよね?
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom さんの質問の①については、他の近隣の地域や検出のブレ幅を見る必要があるので、この数字だけ切り取って子供の甲状腺の変異が「増えた」「減った」などと判断をするには時期尚早。同様に来年に数値が減ったとしても「子供の甲状腺の変異が減った」と結論できない。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom さんの質問の②については、人数あたりの割合を出せば分かると思うのですが、0-5歳の区間は他の年齢の区間よりも充分に検出の割合が低いです。成長の遅い甲状腺ののう胞が、新生児付近で検出できないけど、ある程度大きくなってから検出できるようになり、その後は検出率がほとんど変わらんってのは、不思議でもなんでもないのですが・・・
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
何か、議論が落ち着かれたようなので、不要な感じもするけど、紛糾したときのために。隠れた前提の話。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
あまり粘着性強い議論嫌いなので、@ をつけずに名指しします(メンション欄に出ないように)。iPatrioticmom さん、ご本人は「単純に疑問を呈している」ように思っているが、周囲にそう受け取られていない。何故か。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
それは何らかの説明されていない前提思想があっての、そういう疑問なのだから、それが「隠れた前提」で見えないから伝わっていない、と推測したのです。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
実際には主張に隠れた確証バイアス、意図などがあるはず、さらに大きな主張(本来と違う進行をする甲状腺がんの話をしたいのか?)があり、それが隠れた前提(自己の考えの基底思想)にあって説明されていない。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
だから、本人がそう思ってはいなくても、違う受け取られ方をしているのです。なので、そういった事を含めて、背景情報などを補足して、説明しないと適切な返答が返ってこない可能性がある。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
なので、意見を新たにまとめて、確認してはどうか? と促したのですけど。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
罹患数については、当初4年間はソ連が因果関係を認めない&情報を出さない状態だったのでデータが不確かという話もありますね。また、たとえチェルノで4年後からだったとしても、福島が同じとは限りません。現在の被曝量推定値には短命核種が入っていませんし、チェルノが汚染牛乳のせいだけと立証されたわけではありませんから。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
潜伏期間があるとしても、放射線由来の子供の甲状腺癌をを大人と同じに考えるのは危険なのですから、現時点で「今までは大人になってから見つかっていたものが、検査したから見つかっただけ」などと専門外の医師が断定するのは間違いですよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
①について、他地域を見てから には賛成です。県外受診者の数の違いに注目すべきだとは思いますが。0-6歳児は当然、年長の子供たちより母子避難している率が高いでしょうから、甲状腺異常が少なくてすんでいる、という可能性だってあるわけですよね。
ゆ〜たん @Iutach 2012年9月14日
この件もそうだが、実に「普通の状態」とは知らない事だらけなのだ、ということをまざまざと認識させられる事の多い一年半だった。自然被曝だけとっても、もの食えばカリウムに炭素、雨雪降ればビスマスや鉛、コンクリの建物ではラドン、土壌に遍くプルトニウム、海産物にはポロニウム…。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
いずれにせよ、県内での地域分布、県外避難者での発症率、結節の年齢別の内訳などの情報開示を求め、詳細に検討すべきではないでしょうか? 元々あった、という前に。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom ああ、根本的に逆ですね。元々あったのかどうかを知らなければ、その上に積み重なる影響なんてわからんです。それを「放射線の影響があったとして」と仮定して考えている時点で、バイアスがかかりまくりかと。あと0-6歳児云々は訳が分かりません。避難してるんだったら集計結果に入りませんよね?一旦避難して戻ってきた人とかを考えてるんですか?「ちっちゃいから検出されにくいんじゃね?」の方が説得力ありますってばw
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
まあ、自分の体内に普通にある放射性元素(代表的なのは C14)を意識している人など、そうそう居ません。 がん細胞も、健康な普通な人でも発生してます。修復されている故に、表面化しないだけ。
きっし= @lr_ishy 2012年9月14日
超音波検査はCTやMRIに比べると客観性の低い検査で、検者間のみならず、検者内のばらつきも大きくて、同じ人が同じ対象を2回検査しても結構ばらつくから、大勢の検者で違う対象を検査したこの場合、この程度の数値の違いにどれほどの意味があるかはかなり微妙だと思う。
きっし= @lr_ishy 2012年9月14日
一日一人で100ー200人検査してるって聞くから、一人2ー3分の検査とするとものすごい駆け足。そりゃばらつきも大きくなるだろうと思う。でもA2が増えているのは、当初はあんまり小さい嚢胞はカウントしていなかったとか、徐々に慣れて小さい嚢胞もチェックするようになったとか、そういうことはあるのかも。いずれにせよ、今の段階で何かを言うのは無理だと思う。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
県外在住者が枠外に書いてありますよ。23年度は13%、24年度は3%ですね。いつ避難したかわからないので内訳みませんとね。ちっちゃくてわかんね、は先ほど検討しました^^ 1歳児0.5-1gじゃ見えないでしょうし、0-18歳まで同一基準でいいんですかね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>rkishy 大勢で検診するなら、この数になれば平均化されるんじゃないの? しかし、あなたがたって、この間まで同一基準同一機器じゃないと比べられないって言ってたのに、今度は同一基準同一機器でも比べられないと言うのね~。じゃあ、対照地域で対象的な結果が出たとしても、比べられないんじゃないの? 結局いつまでも認めないってことよ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
先ほどの山下先生の資料にも、同じ甲状腺乳頭がんでも、大人と子供、放射線由来であるかないかで違うと書いてありますよ。 カリウム由来の甲状腺ガン(があるとして)とは違うんじゃないですか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
いずれにせよ、ナカタケさんの言葉をお借りすると「元々あったのかどうかを知らなければ、その上に積み重なる影響なんてわからんです」ので、対照地域の結果と、残る二次検査の結果と、さらなる詳細情報の分析を行いませんと、 「元々あった」と結論するのは無謀ですね。というわけで、遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>rkishy 見落としてた。こないだまで、A2が35%もあるのは、2mmなんて小さいのを一生懸命探してるからだって言ってたじゃないの(笑) こんど福島行くんでしょ。頑張ってね。
uhea @uhea 2012年9月14日
何で蓋然性の非常に低い事象を、可能性がゼロじゃないからってこんなに大騒ぎできるんだろう?
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
>iPatrioticmomさん 大方のコメントの主旨は「今回の甲状腺検査と原発事故に相関がある可能性は十分に低いから、慌てて大規模な対策・行動を起こす必要性はない」という1点だけだと思います。そういった「十分低い可能性」全てに対策しろ!なんて言っていたら予算も時間も幾らあっても足りないわけで。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
iPatrioticmom、横から失礼します。3mm未満の嚢胞を数えたから35%は間違いじゃないと思いますけど。H23年度分よりH24年度分の方が3mm未満はA2のなかでの割合も多いですし。
Masayoshi Nakamura @masayang 2012年9月14日
「子供のために」という気持ちはわからんでもないけど、こんな親に育てられる子供を社会がそこまで助ける必要あるんだろうか、といいたくなる親を数多く見てきた1年半であった。このまとめも同様。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
H24年度分だと、嚢胞で3mm未満の人数は3mm以上5mmまでの倍になってます。
上海II @shanghai_ii 2012年9月14日
1)統計上チェルノブイリでは4年目から急増 2)癌の進行速度 この2点から最初のスクリーニングをベースにする。ただし、個々の癌が放射腺の影響なのかどうかは判定不能で、統計的にしか分からない。(続く)
上海II @shanghai_ii 2012年9月14日
だから、放射腺の影響は統計的に観察するが、個々の発見事例はすべて放射腺の影響として差異を設けず補償する。これで良いと僕は思うんだけど。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
shanghai_ii、補償に関しての「社会的判断」ということですよね。私もそう思います。今のところ、二次検診で継続治療が必要と診断がでた方は「通常診察へ」となっているようですが、ベースの調査でわかった分も含めて、どのような補償の枠組みをつくるのか、それこそ「子どもを守る視点」で議論が進んでほしいと思います。
上海II @shanghai_ii 2012年9月14日
@yotayotaahiru そうです。事故前と比べることはもうできないんで、広く合意できる方法を取らないとアカンと思います。
千葉どんぐり@休眠中 @chiba_donguri 2012年9月14日
一点だけ。「山下先生の資料にも、同じ甲状腺乳頭がんでも、大人と子供、放射線由来であるかないかで違うと書いてありますよ。」とありますが、それは古い知見のようです。詳しい解説。 http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-06-01
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
みなさま お早いですね^^ えっと 話が広がってしまうので、補償についてはいったんおかせていただいて 本題から・・
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
放射能との因果関係が蓋然性の非常に低い事象であるかについて: 整理すると、【可能性が低い=元からあった】説の主な論拠は1)甲状腺癌の進行は遅いので大人になってから見つかるものは子供のときからあった 2)甲状腺癌は4年後から3)被曝量が低い でしょうか。 1)については、chibadonguriさんご指摘のマーカーの件を別にしても、進行性が半数、転移の可能性がある→転移した場合は進行が早い という可能性は否定できないですよね?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
2)チェルノの統計上増えるのは4年後からですが、鉄のカーテンの内側でデータが確実でないこと以外にも、最新US装置があるわけはないので、初期の甲状腺癌が見つからなかった可能性は否定できません。90年に笹川Pが入ってようやく子供2万人をスクリーニングしたわけです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
3)の被曝量については、短命核種が計算されていないため、ヨウ素被曝量が過小評価されている可能性があります。Te132→I132はICRPの換算係数は低いのですが、NCRPNo80ではI131の3倍です。この広島大学の試算などを見ましても、大気中のガスの濃度や核種の割合と空間線量から再検討してみる必要があると思われます。 http://www.nsc.go.jp/senmon/shidai/hibakubun/hibakubun029/siryo2-7.pdf
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
ベラルーシでも、低中線量の州でもかなり罹患率が高いんですよ。1000km離れたイタリアでも甲状腺癌は増えていますし・・・  因果関係については以上です。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>あひるさん 23年度も大きさは測っていたのでは? いずれにしても、のう胞ない人が64.9%から56.9%に減っているのは同じですよね。 >Shanhai_iiさん、甲状腺癌の進行と時期については以上のとおりですが、補償と合意については同感です。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
一応、念押し。 「可能性は否定できません。」 ← これ、「観測外の現象が起きない限り、起きる可能性がない。」という事ですからね。  「起きないことの証明は出来ない(悪魔の証明)」ですから。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
2)は言い換えてもいいですよ。26年前、旧ソ連時代のベラルーシやウクライナ(の少なくとも田舎)には超音波診断装置などなく、PKA先生が言われるような自覚症状→触診しか診断できない状態だった。よって、福島ではわかるような初期の甲状腺癌も見つからなかった可能性が高い。笹川Pが診断開始したのは91年ですね。2万人ではなく20万人でした。提供資材の中に甲状腺用超音波診断装置もあったようです。http://www.smhf.or.jp/activity/chernobyl.html
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
iPatrioticmomさん、お早う御座います。 (1)放射能被曝による癌発症は一般に「晩発影響」であり、数年~数十年の潜伏期間を経て発症するものです。もし今回の甲状腺以上が仰るように転移によるものだとしたら、転移元である癌は原発と無関係の物である可能性が「十分に高い」です。(2)もほぼ同様ですね。なので今回の検査結果だけでは原発との相関関係は語れません。同じ集団に対し定期的な検査を続け、3~5年分のデータ推移が蓄積して初めて原発事故との相関性が浮き出てくる、という程度です。
オタ小児科医 @otapediatrician 2012年9月14日
「長い目って、10年ですよね。東電にとっては都合がいいですね。」の意味が解らん。5年だろうが10年だろうが、もし事故と甲状腺がんの増加の因果関係が証明できれば、どっちにしろ東電は困るだろ。東電にとって「都合がいい」のは、「事故によるがんの増加は無かったと証明される」こと。それが事実と確認されれば、原発の近傍に住んでた人たちにとっても一番ハッピーなことなんじゃねーの?
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
(3)の被曝量過小評価ですが、内部被曝については牛乳や粉ミルク等放射能汚染物の摂取規制が福島ではチェルノより早い期間に・より厳しい閾値で行われています。(規制が確実に守られていれば)福島のお子さんの内部被曝量はチェルノのそれよりも低い可能性は「十分に高い」です。また、チェルノが内陸部の都市なのに対し、島国の日本では普段から海産物摂取量が多い≒放射性でないヨウ素摂取量が多かったため、原発事故後のI-131が体内に取り込まれる量が抑えられている可能性も指摘されています。
千葉どんぐり@休眠中 @chiba_donguri 2012年9月14日
iPatrioticmom 私の書いたことも、ブログ記事内容も誤解されているように思います。私はマーカーの話などしていません。ret/PTC変異があることは被曝誘発性であることの証拠にはならない、という意味です。
fujitsubo_x @fujitsubo_x 2012年9月14日
Yuhki_Nakatake さんの必死さには頭が下がります
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
「1000km離れたイタリアでも甲状腺癌は増えています」ということですが、イタリアのコモでのセシウム測定量は、僅か130kmしか離れていないキエフよりも高かった、という測定結果が背景にあります。放射性物質は風に乗って運ばれ、風下に位置する場所では汚染量が高くなるための結果だと愚考します。チェルノの汚染地図(http://www.kakehashi.or.jp/?page_id=430)を見れば明らかですが、単純に「近いからヤバい、遠くても汚染されてるなら近い場所は超ヤバい」ではありません。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
これも念押し。念のため。まとめにもあるけど、この部分、もう一度じっくり読んでほしいと思う。> ( https://twitter.com/PKAnzug/status/246117181438443520 )
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
というか、福島に必要なのは被曝の可能性の徹底追求だけではないです。土地の復興や除染活動もありますし、日本自体を元気にしないと、彼らが事故を乗り越え成長しても渡せる物が何もないでしょう。「十分低い可能性」を時間と金を必要以上に使って調査した所で福島に住む彼らの生活は豊かになりますか?それで出た結果は「原発と甲状腺検査結果を結び付けたい人」の為にはなっても福島の人々の為になりますか?「やっぱり私の予想通り原発と関係あったよ!良かったね!」とでも言いながら肩を叩くつもりですか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>they_lacさん 1)一般に「晩発影響」であり、数年~数十年の潜伏期間を経て発症する ←放射線影響は一般に線量に依存しますし、先ほど書いたようにチェルノの当初数年に初期の癌が発生していなかったとは限らないのでは? 医学の定説は変わります。 (2)については検診体制の影響もあるのでは?PKA先生の言われるように、それまでわからなかったものが、鉄のカーテンが開き、海外や笹川Pの支援で急にわかるようになった可能性も。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
(3)短命核種は、経口ではなく、吸入被曝の話です。 汚染状況についてはおっしゃるとおり距離だけではなく、風向き&雨の影響が大きいようですね。リンクされた地図の高汚染のところの罹患率が高いのはもちろんですが、一番遠い西部や北部の州でも10万人に10人以上の罹患率になってるんですよ。だからこそ、県外の検査が必要といっているわけで・・ chibadonguriさん すみません 遺伝子変異の間違いです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
以上の理由により、「十分低い可能性」であるとは断定できません。長くなるのであげませんが、論拠となるデータや論文があるからこれほど言っているんです。もし県外でヨウ素被曝のホットスポットがあり、進行性の甲状腺癌を発症している子供がいたらどうするんですか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
luckdragonさん 残念ながら読めません。あの方、コメ欄最初の質問しただけでブロックしましたから。なのでこちらに書いてます(笑)
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
発言内容は、まさにブロックの理由に該当すると思いますよ。笑い事ではないんですけどね。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
>iPatrioticmomさん 貴方の根拠に共通するのですが、「否定出来ない」「~の可能性も」と、今回の甲状腺検査に限らず「それを言い出すとキリがない」ってレベルです。明日同じ検査をして突然羅患者数が急増するものでも無いですし、「統計的にはブレの範囲だから、じっくり経過観察しましょう」以上の事は言えないのです。福島の人々に必要なのは「原発事故による自らの健康状態の調査」であり、「十分小さい可能性を検証するために金・時間・精神的疲労を費やして調査を受けること」では無いんじゃないでしょうか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
お互いよかったんじゃないですか。えんえん議論することになったでしょうからね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
A2判定の親御さんで、2年後では遅いと不安に思っている人は多いんじゃないですか?判明した甲状腺癌は検査終了したわずか38人のうちの一人ですよ?半年で60人の今のペースだと、二次検査も2年かかりますが。それに子供は福島だけにいるのではありませんよ? 県外の子たちは早期発見もできなければ補償も受けられないことになりますが??
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
「原発事故で被曝した福島の子どもたちの甲状腺検査は遅々として進まない。検査を受けても結果はなかなか明らかにしてもらえない。業を煮やす父母や環境団体が13日、甲状腺検査の実務を仕切る福島県立医大を訪ね、改善を要求した。」http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005068
uhea @uhea 2012年9月14日
「一般的に甲状腺がんは成長が遅い」「放射線の危険度は線量に依存する」 これだけで今の時点で事故由来の甲状腺がんが発生する蓋然性は低いって言える思うんだけどなー。。。iPatrioticmomさんが心配する短命核種だって、チェルノブイリではずっと多かったと思うんだけど。(データがわからないから何とも言えないけど)
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
>iPatrioticmomさん 母数のすり替えは感心しません。私も記事は読みましたが、425/約8万から更に38/425と絞られたうちの1人であり、正確には1/79613ですね。そういう不適切な切り取り方をするから要らぬ誤解を受ける訳でして…数人の友人にゲームを持ってるか聞いて「学校じゃ皆持ってるんだよ!だから買ってよ!」と駄々こねる子供とやり口が何も変わってないですよ。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
検査のペースについては一理ありますが、じゃあ杜撰になってもいいから回転率を上げよう、という訳にもいかないのでは?医学は門外漢なので詳しくは分かりませんが、医者の方々だって誇りをもってガン検査に取り組んでる筈ですし、そこで部外者から「おせーぞ早くしろよ待ってるんだよ!」って言われたら溜まったもんじゃないでしょう。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
iPatrioticmomさん、検査体制の改善要求は当然のことだと私も思います。ただ、もう一方で、対応できる医師、検査技師が圧倒的に不足しているだろうということは明らかで、福島県と医大は今年の3月から県内の医師、技師対象の講習会を開いています。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>they_lacさん ?私1/38なんて言ってませんけど。県の資料では、二次検査対象425人のうち、検査を実施したのが60人、再検査中が22人で、検査終了したのが38人だけですよ。絞り込んだわけじゃなくて、まだ387人は二次検査受けていません。検査方法は一時検査を県内の他病院、他県の検査を他県で実施すれば問題ないのでは。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
24年度分の福島市を中心にした検査体制に、どこまで講習を受けた方が携わっておられるのかもわかりませんので、なんとも言えませんが、熟練の方でなかったらスクリーニングにあたって「安全のため」に微妙な大きさのものを上のランクに入れることもあるかもしれません。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
「調査研究」のためでなくて検査を受ける人の健康管理のためであるなら、スクリーニングで見落とすよりチェックしておいた方がいいのではないかと考えたりします。いずれにしても、まだ1次検査の集計も終わっていないし、23年度分の2次検査の受診率が3割程度ですから「なんともいえない」かなと考えてます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>uheaさん ええ、短命核種の割合はチェルノも福島も同じくらいですね。プリピャチからの避難民の甲状腺被曝を直後に測定したデータがあって、それによると甲状腺被曝のうち短命核種の占める割合が、ヨウ素剤を飲まなかった人が30%、飲んだ人が50%という論文があります(英語)http://rpd.oxfordjournals.org/content/105/1-4/593.abstract 
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
あと、「同意書」問題については、「同意書」がないと検査結果を一般に公表することも困難になってしまいます。当事者の方々の心情は理解できますが、個人の特定ができない範囲の結果公表についての「同意」は今後の対策をよりよくしていくためにも必要だろうと考えます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
 あと、ベラルーシから事故直後に帰ってきた旅行中の日本人4人の被曝量を測っていて、そのデータだとI131とI132がいずれも微量ですが、同じくらいという結果になっています。どのくらいの線量で発症するかですが、次のイギリスのサイト見ると、ヨーロッパで軒並み甲状腺癌の発症率があがってるんですよね。。。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
(下のほうのFigure1.4) http://www.cancerresearchuk.org/cancer-info/cancerstats/types/thyroid/incidence/uk-thyroid-cancer-incidence-statistics フランスは因果関係認められてませんけど、オーストリアやイタリアは実際にフォールアウト降ってますよね。線量自体は低いと思いますが・・
阿晴 明清 @ahare_asayaka 2012年9月14日
rt_luckdragon 「ブロックの理由に該当すると思いますよ」 そうは思いません。ある主張へその論拠を脅かす反論をした人はブロックするという方針を取っているとするなら理解できます。
uhea @uhea 2012年9月14日
放出量も割合も全然同じじゃねーじゃん。。。。はぁ。。。。。  http://bit.ly/PeTSOE
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
あひるさん うーんと 検査の精度については本当のとこはわかりませんが、8%もの差をそのくらい、と言われても。。。 データ自体に信頼性ないのでは議論のしようもありませんし。。。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
同意書についてはまとめと離れるので、また別途 ですね
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
iPatrioticmomさん、「そのくらい」は私が使った言葉のなかにはないのですが...
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
やれやれ。私も相当な時間をかけて調べたけれど、ここまでかかりきりになる時間があるってすごいねえ。寝てないのか。情報を判断するという作業を省いて、これにはこれこれにはこれと言う反論材料をものすごい量収集して、出てくる情報に対してゲームみたいに(自分の中では)的確に撃ち落しているようにみえる。ゲームセンターで隣覗き込んでるみたいな感じ。ゲームとしてはなかなか面白味があるだろうけどね。
Sirius☆彡 共謀中一般人 祈ります @sitesirius 2012年9月14日
非汚染地区との比較、発症後の7q11の検査などで核事故由来かどうか判定できるのでは? #NUKEjp
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/03/post_3344.html甲状腺の検査体制の拡充にむけて、福島県と医大は、医師や技師の講習を実施。初回はH24年3月4日に福島市で対象は「県北」の医師や検査技師。順次、郡山市、いわき市、会津若松市にて実施とのこと。
PKA @PKAnzug 2012年9月14日
ブロックした理由が気になるんですか?「時間の無駄だから」という単純な理由ですよ。実は「負けないための議論」ってのは悪魔の証明に持ち込んじゃえば幾らでもできるんです。最初から味方の人以外誰も同意しないけど誰にも論破されないという、このコメント欄のような膠着状態になるので、あとは消耗戦。後に言った人が勝ち、みたいな雰囲気になるから暇人ほど強い。暇人の娯楽にわざわざ付き合ってあげるほど私はお人好しではないです。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
反論しに来たら、ご本人がコメントしてたので、省略。 後、一点補足しますが、本人の意思や、感情、思いやりを、足で踏みつけるような場合にも、同様だと思います。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
引用したのは、まさに「足蹴にする」例だったので、そういう注進を無視するような人は、良い感想を持たないのは普通だと思いますけど。(まあ、そう感じない人に、それを強要することはしないが、ブロックはする。)
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
本当はブロックされてても、見る方法はありますが、該当発言を掲載します。まあ、もう一回読んでみてください。→『最後の部分はもう長いこと指摘されてるのに、「子供たちのために!」と叫びながら...
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
被災地の子供たちごと足蹴にする言行不一致がまかり通ってるので、もう今更期待はしませんけどね。自分が加害行為に加担してるかも、と一瞬でも思えた方は、一度立ち止まって熟考していただきたいところ。』
上海II @shanghai_ii 2012年9月14日
延々と議論を引っ張って打ち切るとこういうこと http://goo.gl/u0YgN を言う人とは議論しないというのは当然。危険すぎて近寄れない。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
実際、検査で色々と潜在疾患が救い上げられている現場では、親御さんが不安を持っている、と、現地のお医者さんより聞きました。 そういう部分に想像力を持ってほしいです。...強要はしませんが。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
ところで何の理由があって、こうやって参考になる情報源に吹掛けてくるのかわからないんだけども。「へえなるほど」ですまない理由は何だろうか。ネット上で自分の正義を持ち出して一部に喝采されることによって承認欲求とか満たしてるのかなあ。んー、なんか残念な感じだね。もっと世の中の為になる人になればいいのに。と原発被災地でママやってる私は思うけど。
岡田由里(外道) @01okada 2012年9月14日
rt_luckdragon 仰るとおり。データの先にいるのは一人一人の人間です。癌を宣告されたのも名前のある一人の個人です。早期発見でQOLをあげることが目的なのに見つかっただけでやいのやいのと。「それが自分だったら」と想像する思いやりを忘れないで下さい。
岡田由里(外道) @01okada 2012年9月14日
もし私が宣告を受けたのなら、「どうやって治療するか」を討論してくれたほうが嬉しいなぁ。たとえ素人さんの世間話だとしても。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
実際、割けるリソースは限られているので。 検査は行うとしても、他に治療に費やすリソースも必要なので、按分して適正な加減を考えないと、現地の治療体制も疲弊します。 考えて医療リソースを配分しないと。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
実際、スクリーニング検査だけ、やっているわけにはいかないので、そこら辺を考えたいところ。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年9月14日
腫瘍が福一由来のものであると判断するには他都道府県の調査結果と比較しないと判断できません。それと、検査の間隔が開いてるのは、小さな腫瘍は良性か悪性か判断材料が少なすぎて判断できないからではないかと。自分の場合は結構でかい腫瘍でしたが半年でしたからねえ。小さいとわかんないんだろうなと
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
治療という面から言えば、このまとめでも元々の趣旨にもある。下記の内容も重要かと。治療が早く始められるために、検査も普及してよい。> http://goo.gl/Q2ATt
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年9月14日
参考:甲状腺腫瘍の標準治療、 家庭の医学 http://goo.gl/BSQyc
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@uhea さん はは ところが違うんですよ。この保安院の数字はまるっきり間違ってるんですよ。だいたい、チェルノよりキセノンだけがこんなに多いわけじゃないじゃないですか。これが東電が今年の5月に出した推計値。http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/120524j0101.pdf 短命核種は出てませんが、大気中の濃度の実測値は場所によって違いますがだいたいI131と同じかそれより多いですね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko  ええ。私、この3ヶ月仕事家事ほったらかしで海外文献あさってましたからね。ハンパな覚悟でこんなこといいませんし。別にPKA先生に恨みがあるわけじゃないし、議論のためにそんなことしませんけど。直接の理由は、いいかげんな安全論者にいいかげんなこと言われると困るからですね。承認欲求で議論ふっかける人っているんですか?
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom えええええ!仕事も家事もほったらかし!!す、すごい。にもかかわらずこれだけとか…しっかりしてください!!どれだけのことを犠牲にしてるんですか。あなたの人生を振り返って何が大事か何がそうではないか、ちゃんと判断してください。お願いします。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
あ、PKA先生のぞきにこられたんですね。ええ、ブロックされてお互いよかったですよね。コメ欄のほうが読みやすいし。自分が加害行為に加担してないか、熟考したほうがいいいのは、どちらも一緒では? 
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@tolucky774 @NARVA007 リソースが限られているのは仕方ないのですが、せめて1年ごとじゃないですか?子供の場合は進行遅いってわけじゃなさそうですし。そもそも必要ないから2年、じゃなくて、単に全員検査するのに2年かかっちゃうからじゃないですか。今回、他病院で検査して医大は指導する体制にするようなこといってますね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
安全論者がいい加減なことを言うことが許せないように、私はあなたのような危険論者がいい加減な事を言うのは原発被災者として到底許し難く、困るんですよ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@shanghai_iiさん ええ、パセリさんには本当にいろいろ教えていただいて感謝しています。パセリさんは私があげたデータや資料は全部ご存知なんですがね・・・ どうしても安全論に戻っちゃうんですよね。なんでかな、と。なので申し訳ないけど上のようなことを聞きました。そう、危険な危険派です。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@rt_luckdragon >現地の治療体制も疲弊  ええ、今の体制ではいかにも無理ですね。なので上に書いたような分担がいいのではないでしょうか。治療については、さすがに素人にはわかりませんが、予防法については、もしかしたらビタミンDがいいかも、という論文は2-3ありましたね。治療法はもちろんですが、まずは予防法を政府主導でやっていただきたいですが、なにしろ「原発事故でガンは増えない」が大前提ですから、できないですよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@sitesirius さん、ええ、その遺伝子でわかると言われてますが、否定する説もあるようで、どうなのかよくわかりません。ロシアにいくらでも症例あるので、調査団派遣すればいいのにね。ヨウ素剤のませなかった言い訳に必死ですから。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>PKA先生 >「負けないための議論」ってのは悪魔の証明に持ち込んじゃえば幾らでもできるんです。  はは それって東電や政府がやろうとしてることでは? ええ、PKA先生の貴重なお時間いただくことはありませんので。
阿晴 明清 @ahare_asayaka 2012年9月14日
tsukinagakon to nagatsukiyuko 「あなたのような危険論者」って誰ですか?本コメント一覧における「いい加減な事」とは具体的にどれですか? まとめやらコメントと関係ないことなら控えた方がよろしいかと思います。相応の論拠が示されてないので、ただ単にここでのiPatrioticmomの議論が気に入らないというだけに見えます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko ありがとうございます。大丈夫です~ 最低限の仕事と家事はやってますので^^
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko 傍目に異様に見えるくらい、莫大な時間を費やしてるわけですから、私の主張には数字の裏づけがあります。カリウムのほうが多いから安心とか、核実験時代と同じくらいだから安全とか言ってるわけじゃないので。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
iPatrioticmom 安全論というか、データを提示されても、さらに調べていくと、戻ってしまうんですよ、例えばフランスの件もそうですが、ルクセンブルグやフィンランドの論文と合わせて読むと、チェルノの影響と断言しにくい。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
leaf_parsley なにより、そもそもの線量予測の話があります、iPatorioticmomさんは「もっと広範囲かつ線量は多いと予想」されているのですが、自分はやはり「最初のスクリーニング値の付近ではないか?」と思うんです
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
leaf_parsley 仮に明け方の希ガスで内部被曝が起きたとしても(希ガスの内部被曝評価については自分は判断保留ですが、限りなく疑問符がついています)それはスクリーニング値に反映されていなければおかしいです。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
leaf_parsley かつ、被ばく影響による甲状腺疾患のスピードアップについては、「2Sv~5Svの線量の時に、スピードが10倍」と言われるように、やはり線量対応になると予想されます。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
leaf_parsley (ちなみに、チェルノブイリの影響は見られないと判断されたルクセンブルグの追加線量は12~6mSvだったそうです)
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
最後は(異様な)主婦対決というなつかしいパターンね(笑) フランスは私、自説と反する地図出したでしょ。なので、上ではイタリアを例に出してます。ミラノの線量もルクス程度だったわよ。ま、海外からデータや論文ひっぱってきても、あっち自体が安全論と危険論に分かれてるわけだから、なかなか結論はでないわよね~
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
「最初のスクリーニング値の付近ではないか?」 ←JAEAと米軍のデータからみて、ありえなくない?キセノンは内部被曝はおきないわよ。すぐ飛んで行っちゃうし。問題はTe132とI132。内閣府が放医研に調査指示したそうだけど。スクリーニングは3/26-28くらいだから、どちらも消えたあとよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>線量対応 そうですね。ヨーロッパでかなり遅くに影響が出た(と主張している人と否定している人がいる)ということは、LNTで、しかも20年とかいう長期では言われているより低線量でも影響でるんじゃないかな、と考えているんだけど。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
出るかもしれないけども、その出方が、一般的にある化学物質の影響と同レベルであるなら、その範疇で判断してけばいいじゃない。「長期」と考えているならなおさら、焦らずに検査体制が無理なく充実していく方向を応援していけばいいと思うよ。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
(超短期核種は、半減期のどの瞬間に体内にはいったかが問題になるので、実際の線量係数はI131より、低かったと思う)
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年9月14日
放射線の影響は今後を含めて検査体制を整えつつ経過を見ていこうと言ってるだけなのにどうしても放射線の影響が有る、高いって結論にミスリードを誘う方向に結論ありきでもっていこうとする人の必死感が哀れで涙が出てきたww
緑茶 @greentea13579 2012年9月14日
主婦対決て。。。なんか闘う相手間違っていませんか?お子さんの健康を願うのであれば、闘うべきは病気であって、東電でも政府でも、ましてやleaf-parsleyさんでもないですよ。 iPatrioticmomさんが政治運動をなさりたいだけなら話は別ですが。
y.🍀 @yabtter 2012年9月14日
「東電や政府がやろうとしていること」という表現の中に「隠れた前提」を感じます(個人の感想です)
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年9月14日
「放射線影響は一般に線量に依存します」という人が実は何にも理解していない事がよく分かる…orz → 『放出量、降下量、被曝量の備忘録』 http://j.mp/S2tBS4
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年9月14日
「私はネットで真実を知ってしまったわ(キリッ!」と思っている方に、幾ら言っても分かってもらえない。PKAさんの言うように「時間の無駄」とは実に悲しいこと…orz http://j.mp/N9RnZo
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
ahare_asayaka ごめんね~@マークつけ忘れちゃったよテヘペロ
緑茶 @greentea13579 2012年9月14日
これは個人的興味ですが、iPatrioticmomさんはご自身のお子さんをがん検診に連れて行かれたんでしょうか。そこまで緊急の危険性を感じておられるなら行政の検診を待つよりずっと話は早いと思うのですが。がんでなければ安心できますし、がんが見つかったとしても早期発見で治癒の可能性が上がりますし。わずかな可能性を強調し過ぎて現場を混乱させることはかえって他の子供達の健康を損ねる結果になりかねないと思うのですが。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
私から見ると、放射線の影響がない、低いって結論にミスリードを誘う方向にもってこうとしてる人た哀れですね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom 数字の裏が付けられてないような…それはともかく3カ月程度の知識で、お願いですから私たち原発被災者を踏みにじらないでください。これは本当にお願いします。私たちはこの1年半で大変振り回されました。とても辛い思いをしました。それでもなお私たちに斧を振りかざすことをやめない人は後を絶ちません。お願いします。
hanswurst @klammer_affe 2012年9月14日
基本的に甲状腺癌の罹患率が上がってるのはヨーロッパだけではないでしょう。世界中で上がってる。http://goo.gl/4TUwo 寧ろフォールアウトの多かったスウェーデンで世界中でも珍しい微減が見られるようです。恣意的にヨーロッパの一部のデータを取り沙汰してフォールアウトの影響を結論付けよう、というのは無理があるように思いますが。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@leaf_parsley >一般的にある化学物質の影響と同レベルであるなら 放射線影響なんて誰も正確にはわかってないじゃない。安全派の誰か、ICRP118 読んだの? 長期か短期とかは線量によりますよね。で、JAEAの東海村と米国防総省の仙台の推定値は?? 短期核種は、I131よりはるかにエネルギーの高いI132が、体内すでに入っているTe132から数日間供給され続けるのよ? じゃなきゃ、5/1に帰国した日本人からI131と等量でないじゃない。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
iPatrioticmomさん、とりあえず、23年度検査分は福島医大と全国の応援専門医対応で5か月で4万人弱、24年度8月まで分は医大+応援+県内医療機関従事者対応(含む技術移転)で5か月に5万人対象、まだ体制づくりの途上です。A2判定でも次の検診が2年半後では厳しい人の場合は2次検診、さらに必要なケースには通常診察というルートもあるので、全てのケースの1年毎検診は厳しいだろうなぁと思います。結果説明の工夫や自覚症状有りの場合の受診機会の確保は重要だと思いますが。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579 別に自分の子供だけ心配してるわけじゃないです。>わずかな可能性を強調し過ぎて  わずかな可能性となぜ言い切れるので?上の資料全部お読みになればおわかりになると思いますが。
uhea @uhea 2012年9月14日
iPatrioticmom 一笑されちゃったーテヘペロ(棒) 仮に東電のデータが正しくて超短期核種の放出比がI131と同じだったとしても放出量もチェルノブイリより少ないのに。事故後の検査でもI131の推定被曝量が100mSv(甲状腺等価線量)を超えた人は居なかったはず。まあともかく今の時点で何言っても無駄なんですがね。放出量よりも被曝量が大事なのにこんな議論に乗っかってしまって反省。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@uhea >放出量もチェルノブイリより少ないのに   拡散範囲もチェルノブイリより少ないですから。 ですから、I131を測っただけじゃだめだと。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
>あひるさん そうですね。あとは県外でバイロット調査しませんと。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@klammer_affe スウェーデンはヨウ素剤飲ませてますよ。 ええ、欧米は核実験の影響もあるので、チェルノだけではないです。米国は核実験でしょう。でも、ソ連の核実験場から離れて、フォールアウト落ちた地域では、まずチェルノの影響疑うのが合理的では?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko >数字の裏が付けられてないような どこが裏づけがないか、具体的に指摘してください。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko  専門でもなく、裏づけもないのに、子供でも甲状腺癌の進行は遅い、と決め付ける医師のほうが問題では
緑茶 @greentea13579 2012年9月14日
iPatrioticmom わずかな可能性としたのは、現在の医学的知見(通説)に沿った見解です。でもおっしゃるようなわずかでない可能性があるならば、即にお子さんにも影響が出ている可能性を否定出来ません。ネットで資料漁っている場合ではありません。すぐにでもがん検診に連れて行かれた方がよろしいかと。もしかしてそこまでの緊急性はないと判断されているのですか?
uhea @uhea 2012年9月14日
iPatrioticmom だーかーらーさー、フォールアウトの量だったり実際の被曝量が大事だって言ってんだろーが!!!仮にTe132とI132の放出量比がチェルノブイリと同じだったとしたらチェルノブイリよりも放出量少ないだろーが!!!!!単位面積が小さいから沢山降った可能性があるって言いたいの?じゃあ何で推定被曝量がチェルノブイリより全然少ないの?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579 ええ、うちは中学生ですし、男の子ですので小さいお子さんほどのリスクはないと思っていますので。 大規模な原発事故はまだ2回目です。”現在の医学的知見(通説)”が合ってるとは限らないですよね?それに長崎医大や放医研に代表される放射線影響の知見は、原子力業界のバイアスがかかったものです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@uhea もちろん放出量も被曝量も、チェルノブイリよりは少ないですよ。でも、I131しか測ってなくて、12日均等モデルで算出した今の推定被曝量ほど少なくはないと言ってるんです。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom んー、じゃあそうじゃない先生にかかればいいのでは…セカンドオピニオンってありますし。PKAさんにそんなに甘えてどうするんですか。好きなんですか。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom それは教えられません。自分で見つけてください。私はもう1年半以上前から海外の論文から何からいろんな資料を当たってまして、もうその労力たるや途方もなくて自分でもため息が出ます。人に披露するほど余裕はありません。私には3歳と6歳の子供を育てる責任があります。このすべての知識は彼らのためだけのものですが、彼らに不要な不安の種をまかれたくないので、私たちに斧を投げるのはやめてくださいと言っています。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
というわけで私はこれから線量0.3μシーベルト/hの公園行ってきまーす。
緑茶 @greentea13579 2012年9月14日
iPatrioticmom あれ、男性の方が放射能の影響を受けやすいんじゃなかったでしたっけ(ソース出せなくてすみません)。それはともかく「原子力業界のバイアスがかかったもの」というのは裏の取れない、iPatrioticmomさんの主観に過ぎない話ですよね。具体的に通説をひっくり返せるだけの確証もないのなら徒に現場を混乱させるだけかと。本来検査を受けるべき他のお子さんからみたらかえって迷惑ではないですか?ご自身のお子さんの病気に関わるのならお気持ちは分かりますが、そうではないのですね。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
iPatrioticmomさん、他県でのパイロット調査 、そういうのもそろそろ始まるのでしょ?
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年9月14日
iPatrioticmom 誰もミスリードをしようとする意図はありませんが、それにそんなに議論がしたいのであればこのまとめに「粘着」なさらずにあなたの「お仲間のコメントデザイナーさん」のまとめででも「コメントデザイナーさん」にコメントデザインしないように進言された上で議論なされたよろしいとおもいますがなぜなさらないのですかね?
hanswurst @klammer_affe 2012年9月14日
iPatrioticmom 「合理的」とはおよそ言い難い思いますが。フォールアウトの量と相関があるならまだしも、影響などほとんどなかったスペインで急増したり、イスラエルや日本でも増加しているのです。それにスウェーデンでは確かヨウ素剤は配布されなかったとトンデル氏が言っておられたような。こう言ってはなんですが先に結論があって、そこからデータへの説明を演繹してるようにしか見えません。
阿晴 明清 @ahare_asayaka 2012年9月14日
tsukinagakon そのような理由では、言論の自由を制限できないよ。 >私たちに斧を投げるのはやめてくださいと言っています。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko では私の言うことなんか、お気になさらず。いってらっしゃい。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579 いえ、影響受けやすいのは女児のほうですね。ヨーロッパの甲状腺癌は、増加率では男性のほうが多いですが、絶対数では女性のほうが多いです。福島とは線量違うので直接は比較できませんが、ベラルーシやウクライナでどれほど心臓病が増えているかご存知ですか?ICRPは、ICRP118でやっと心臓病のリスクを認めましたが(500mSVくらいですけど)、それでもチェルノはリグヴィダートルくらいしか考慮されてないんですよ。25年たって、やっとICRPがちょっと変わるだけなんです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@jigen_the3 コメントデザイナーって何ですか? 
Kazuo Uozumi @forthman 2012年9月14日
@iPatrioticmom さんの疑問はどれももっともだけど、このコメント欄の多くの人たちとその疑問を共有することは無理だと思います。「当然の疑問」なのか「いいがかり」なのかの判断は、受け手によってかなり違うので。また、疑問を共有できたとしても、例えばスウェーデンの甲状腺癌の発生率の低さとヨウ素剤の関係などは現時点は究明は無理だし、それを踏まえて考えれば @leaf_parsley さんの「焦らずに検査体制が無理なく充実していく方向を応援」となるしかない。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年9月14日
iPatrioticmom Togetterのまとめにおいてまとめのテーマーにそった意見、感想、疑問などを恣意的に封鎖なさるまとめ主を揶揄した言葉です。単純な質問までそのような扱いになっていますがその方のお名前と事例を幾つか上げたほうがよろしいですか?
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
jigen_the3さん、このまとめとは関係ないのでやめておいた方が良いと思います。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年9月14日
yotayotaahiru 失礼いたしました、以後慎みますのでお許し下さい。
緑茶 @greentea13579 2012年9月14日
iPatrioticmom どの資料を参照なさっているか分からないのですが、ヨーロッパの甲状腺がんで増加率で男性が多いのでしたら普通に考えて原発の影響は男性の方に多く出たと考えるべきではないかと。また心臓病に関してはいみじくもiPatrioticmomさん自身がおっしゃったように線量が違い過ぎて比較にならないですね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@klammer_affe ヨーロッパでの甲状腺癌については、ヤブロコフの報告書(英語)170-にのっていて、イスラエルもP173で言及されています。http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf  スウェーデンのヨウ素剤については確認しますね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@klammer_affe  >先に結論があって そうかもしれませんね。この甲状腺異常の増加はおかしい、という疑いが出発点ですから。でも裏づけとなるデータや論文があればいいわけですよね。 PKA先生も、これは放射線影響ではない、の結論ありき、政府も「福島ではガンが増えない」の結論ありきですし。
緑茶 @greentea13579 2012年9月14日
iPatrioticmom あと素朴な疑問として、通説によれば限りなくゼロに近いような可能性を問題にしながらも、お子さんはがん検診不要とお考えになった根拠がわかりません。プロフィールによると東京にお住まいのようですが、多少は放射性ヨウ素が降ってきているのですから、それこそ可能性はあるのですよね。どこで線を引いているのですか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579 心臓病は、ICRPがバイアスがかかっている例としてあげたものです。 @forthman そうですね。 私は、「子供の甲状腺癌は進行性ではない」という主張に根拠がないことだけ、ご理解いただければ十分ですので。皆さんからのコメントなければ議論はやめます。 
Kazuo Uozumi @forthman 2012年9月14日
@iPatrioticmom @PKAnzug 先生の甲状腺癌についての解説はその通りなのでしょうが、放射性物質の初期放出量や状況が不明な被ばく状況の医療の前提としては違うと、私も思っています。低線量の追加被ばくの可能性がある以上、検診間隔をもっと短くして欲しと望む住民の声は理解できますし、行政・医療側ともそうした認識を共有したいと望みます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579  東京をプルームが通過したのは3/15の午前、その後濃度が高かったのは黄色い雨が降った3/21です。どちらがより問題なのかわかりませんが、子供はどちらも学校で窓を閉めて授業していた時間帯ですし、雨には絶対ぬれないよう注意していましたし、通学時間も短いからです。後年問題でないかはわかりませんが。でも、3/15は晴れていて、午前中は小さいお子さんたちが公園遊びをしている時間帯ですよね。
atsushi (闇のインチキ薬剤師) @maiayumio 2012年9月14日
げんなりしてコメント欄を読みたくなくなったのは私だけではないはず(--;)
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579 福島の方たちの心を騒がせるのはまことに申し訳ないと思っています。でも、県外のホットスポットで、もし進行性の甲状腺癌を見落とされる子供がいたら取り返しがつかないですよね。3ヶ月データを調べまくった上での判断だとご理解ください。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@greentea13579 今回ここまで騒いだのは、明らかにPKA先生が誘導の意図を持って、安全バイアスのかかった根拠レスな主張をされたこと。そして早野先生がそれをRTされたからです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
スウェーデンでのヨウ素剤配布について、私が以前読んだのは、古いヨウ素剤をかき集めて飲ませた、という話でしたが見つかりませんでした。こちらのサイトには、in May of 1986, pharmacies in Sweden soon sold all of their 130- mg potassium iodide tablets とあります。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
http://www.oism.org/nwss/s73p924.htm 政府が公式に配布したというわけではなく、みんなが急いで飲んだ、という感じだったのかもしれません。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
>iPatrioticmom さん 自分の最初の発言になりますが、「事故後1年のデータだけでは関連性を『議論できない』」というのが全てなんです。フルマラソンで10km地点のタイムで順位を決めて「はいもう決まり!メダル授与して終わり!」ってレベルの早とちりなんです。「無駄に福島の人々を不安にさせない為にも、データが揃うまで静観しましょう」が双方にとって一番の着地点でして、それなのに最初1年のデータだけでぎゃーぎゃー騒げば「まだ早いだろ」って言われるのは必定です。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@forthman >放射性物質の初期放出量や状況が不明な被ばく状況の医療の前提 そうですね。1年後にまったく違う初期放出量推定値が出たわけですが、政府も安全派もノーコメントですよね。初期の被曝状況が定かでないままに、追加内部被曝は少ない、がんは増えない、と言っているだけの状況、山下先生は医療訴訟が財政圧迫するから、そうならないように誘導すると言っている以上、警戒せざるを得ないと思います。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
それでも「この1年のデータだけで、何としても原発との相関性を証明してやる!」と言うのであれば止めません。ただ、福島の人々にとって今回の結果から「癌の原因が原発か持病か」なんて事を調べるより、「現時点では大多数の子供の健康には問題がなかった」という点の方が大事だと思います。ひとまずほっと一息ついているであろう福島の親子に「いやいや待って!原発の影響出てるはずだから!もっと検査受けてホラホラ!」と言うだけの度胸は、私は持ち合わせていないので…
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@they_lac >最初1年のデータだけでぎゃーぎゃー騒げば「まだ早いだろ」って言われるのは必定です。 わかりました。PKA先生にも、最初の1年だけで安全だと断言するのは早いだろとお伝えください。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月14日
それは読み違いだと思うよ、RT iPatrioticmom  今回ここまで騒いだのは、明らかにPKA先生が誘導の意図を持って、安全バイアスのかかった根拠レスな主張をされたこと。そして早野先生がそれをRTされたからです。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月14日
iPatrioticmomさん、というかPKA先生も他のどなたも「最初の1年だけで安全だと断言」してはいらっしゃらないですよね。これから子どもたちの健康(を中心に)を守っていくための体制づくりをしているわけですから。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
@iPatrioticmom http://bit.ly/UaCCdr 「甲状腺癌は大人しくてゆっくりな分気の長い話になる」と医者の知識と経験を基に既に仰ってますね。だから原発事故から1年半で発症するほど進行性の早いものではない=この発症例を原発と直結させるのは難しい、というのは論理的な破綻はどこもしていないと思われます。というかこのツイート、まとめの中に普通に含まれているのですが見落とされましたか?
hanswurst @klammer_affe 2012年9月14日
iPatrioticmom その「裏付け」が恣意的に取捨選択されるなら「合理的」とは言えない、という話です。http://goo.gl/MD6si どのmapで見てもイスラエルがチェルノブイリの影響を受けたというのは極めて疑わしい。yablokov氏もフォールアウトに関する数字は一切出さずに単にイスラエルで「増えた」としか言及していない。このやり方は不誠実です。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom 「他に可能性がある」と「他の可能性である」には埋め難い溝があります。PKAnzugさんは、「探せば元々埋もれていた甲状腺がんは見つかる」と言っているのであって、「見つかったのは元々あった甲状腺がんである」と断定してないでしょう?あなたは「他の可能性がある」と言っていますが、「放射線の可能性はどれだけあるのだ?」という疑問を元に情報を探していませんか?しっかし、コメの流れが速い・・・さすがにげんなりw
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom プロの方は、あなたよりも膨大な時間を費やされて検証をし、様々な発表をしているのですが・・・それこそ傍目からは異常と思われるくらいw 数字や知識以前として『知りたい情報のみを取り入れる』というバイアスがかかってませんか?http://ameblo.jp/seisan-himajin/entry-11048946049.htmlなどご参照。キーワード検索のよくある落とし穴。「検索」と「検証」の違いは大きいです。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
3月15日に2歳と5歳で公園遊びをしていたのはオレだよ!甲状腺がんになって欲しい人ー!
hanswurst @klammer_affe 2012年9月14日
iPatrioticmom またそのYablokov氏はオーストリアについても言及しておられる。根拠にされているグリーンピース機関誌に発表されたWeinisch氏の論文が見つかりませんが、オーストリア国内でそれと相反する詳細な研究がある。http://goo.gl/YCbIY 独語ですがこのp14の左モノクロの方が甲状腺癌の罹患率の分布、右下カラーがフォールアウト。最終報告にて「チェルノブイリによる影響なし」と結論付けられています。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
ahare_asayaka 言論の自由とか!いろんな斧持ってますね~散々踏みつけてもまだ足りないかー。何だろストレスでも抱えているのかな。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
たった三カ月の知識じゃどうにもならないことが如実にわかるねこのまとめ。付け焼刃の知識で何を叫びたいの。裸で走り回ってるくらい恥ずかしい状況なんだけどうん、まあいいけど。よその人が裸で走り回っててもさ。私も専門職だから、専門外の人がたった三カ月で得た知識で何を言ってきても、相手にできないもの。それが専門というものだからさ。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
それにしてもすごいねこの言論の自由というやつさ。結局誰もさ、原発被災者の気持ちのことなんか考えちゃいないのだよ。体の良いモルモットにし考えてないのに、どの口が「子供の命を守れ」というのか。人の悲しみの寄り添うこともできない人間に、誰を救うことができるものか。だれも救うことなんてできやしない。高みから「あらあら大変ね」くらいの気持ちで覗き込む人たちに何を変えられるものか。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
誰も私たちのことなんか考えちゃいない。誰も私たちの苦しみや悲しみなんてわかっちゃいない。ここにいてここに生きる私たちのことなんか、テレビ番組の一環なんでしょ。楽しめばいいじゃない。どうよ、私たち被災者ははあなたたちが面白いように踊っているかしら?お気に召しましたか?踊るだけじゃ足りないですか、血も流さなきゃだめですか?ガンにならなきゃだめですか?子どもが死ななきゃだめですか?何がお望みですか?
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
ねえ、楽しいですか?楽しいですよね、高揚感がたまらないんでしょ?やめられないよね?あと何十年、私たちをエサにするんですかね。
mitakotonai @mitakotonai 2012年9月14日
書いてない事を読み取る人もうやだ(´・ω・`)
宮崎勝巳 @kmtlc33100 2012年9月14日
ここが「コメ欄が本番」となった原因はなんなんでしょう?他にも同じような纏めはあるのに何故ここなんでしょう…
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@leaf_parsley  「私は」甲状腺癌はよくあるもの になっていくと思いますよ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko お気持ちお察しいたします。万が一影響を受けるのは公園にいたたくさんの子達の一部だけだと思います。3ヶ月の間、福島の方ほどではありませんが、何度も涙流して考えてのことだとご理解ください。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
えー、これは萎える…というか、PKAさんに絡む人ってどんだけ好きなの。ただの情報源の一つじゃない。なんだっけ、あの飛行機の男の子もえらくべったりくっついてたけど、好きなのは分かったから付き合ってるわけでもないのに甘え過ぎじゃないの。私は他人にここまで甘えることはできないわ。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom こらこら、分かってないでしょ。私の一年半はね、同情を得るためにあるんじゃないですよ。私がここで生きていくためにあるんです。あなたが今やっていることや考えていることは、もう一年以上前に私たち済ましているんです。今更大騒ぎして涙流してるとかどれだけ被災者バカにしてるの。私たちの恐怖は三か月前に始まったのではないですよ。一年半以上も前に始まったんです。今更どうこう言ってる人にわかるわけがない。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@klammer_affe 資料ご紹介ありがとうございます。ドイツ語読めないのですが、オーストリアで一番汚染されたのって、アルプスのあたりじゃなかったでしたっけ。ウィーンのあたりはわりと一致しますが、あわないのはリンツのあたりでしょうかね。これでも、フランスよりは整合性があるような気はしますが・・ ヨーロッパの文献も両論にわかれていてよくわからないですね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@they_lac  でも、放射線由来の子供の甲状腺癌は「大人しくてゆっくりな分気の長い話になる」とは限らないですよね?それって専門家ならちょっと調べればわかることでは?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@klammer_affe イスラエルは距離的にはイラクの劣化ウラン弾のほうが近いですね。ヨーロッパの甲状腺癌がぜんぶチェルノ由来といってるわけではないですが。例として、イタリアをあげただけです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@Yuhki_Nakatake >プロの方は、あなたよりも膨大な時間を費やされて検証 政府が甲状腺スクリーニング結果の検証をやったら合わないってわかると思うのですが >『知りたい情報のみを取り入れる』というバイアス 都合の悪い情報はスルー ってことはしていないつもりです。上の、ヨーロッパの汚染についても、フランスの罹患率と汚染図は合わないので、保留中です。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@Yuhki_Nakatake  短命核種の件は、チェルノの線量再構築の共同研究ではほとんどが汚染牛乳としているのもあります。ただ、先にあげたほかにもOECDのレポートでも言及されているし、何より原子力安全委員会の検討資料にのっているんですよ。プロの山下先生たちが検討して、なぜこの資料をスルーしたんでしょうね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@Yuhki_Nakatake 福島医大とPKA先生は、見つかったのは放射線由来じゃない、元々あった甲状腺がんであるって言ってるじゃないですか。理由は、甲状腺癌は進行が遅い、4年以降じゃなければ発症しない、ですよね。前者については、小児の場合はそうとは限らない、後者についてはチェルノでは高性能超音波装置では探せなかった可能性が高い。 と反論しているわけです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko 了解です。私は福島の方にはなれませんし。 いろいろ調べると、正直関東一円、運命共同体のようなつもりではおりますが。ご家族のご健康を心よりお祈りしております。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@Yuhki_Nakatake ちなみにこれが昨年12月に原子力安全委員会の被曝医療分科会でヨウ素材を検討した時の資料です。 http://www.nsc.go.jp/senmon/shidai/hibakubun/hibakubun030/ssiryo1.pdf   議事録 http://www.nsc.go.jp/senmon/soki/hibakubun/hibakubun_so28.pdf
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom この一年、「ご家族のご健康を心よりお祈りしております」って腐るほど聞きましたけど、ちゃんちゃらおかしいですね。だってそうでしょう?公園で遊んでいた子の何人かが病気になるかもしれないですって、何を素人が寝ぼけたこと言ってるんだ!この子たちはみんなうちの子の友達だ!何の権利があってそんな呪いの言葉を吐くことができるんだ!恥を知れ。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
@iPatrioticmom また「~とは限らない」ですか。今回のデータからは発症者と原発を結びつけるような情報は得られない。癌の潜伏期間を考慮すると非放射能由来の癌であると仮定した方が過去事例やデータとの整合性が取れている。それ以上でもそれ以下でもありません。「だけどその法則が当てはまらないかもしれないじゃん?」みたいな半分苦し紛れみたいな言い分は、この「整合性」を崩すほど高尚な論拠にはなり得ません。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko すみません。県外のホットスポットの公園で遊んでいた子もどこかのうちの子なんです。まことに申し訳ないです。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom だから?その子は「どこか」のうちの子だから呪ってもいいっていう話ですか?「どこか」のうちの子だから耳元で「あなたの子供病気になっちゃうかもしれないよ?」ってささやいてもいいとでもいうのですか?
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年9月14日
「このデータからこのようなことが読み取れる」という話をすればそれは理科の話になりますけど、「このデータはこういう読み方ができる」という読書感想文みたいな話を持ち出されても誰も疑問を共有できないですよ。似てるようでやってることが全く違う。データから結論を出してるわけじゃないからのう胞だったり発ガンだったり短寿命核種だったり話がどんどん飛んじゃうわけで。
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
@iPatrioticmom 原点に戻りますが、「今回の甲状腺癌は放射能原因ではない可能性が高い」という結論をどうしてそこまで拒絶するのですか?放射能原因でないと困る何かがあるのですか?陰謀論を支持したいからですか?持論を覆されると困る「何か」を隠しているからですか?少なくとも現地の方々は「放射能由来の病は発症しなかった。良かった」と安堵の思いではないでしょうか?その思いを引き裂きたい程の根拠を抱えているのですか?
they@デレ7th大阪両日 @they_lac 2012年9月14日
@iPatrioticmom 試しに私が貴方と同じ手法を使ってみましょう。貴方が今まで示した「放射能由来であると結論付ける」情報郡ですが、その情報に誤差や誤解釈が無いとは「限らない」ですよね?もしかしたら今回の事例とは背景が違ってて適用できない「かもしれない」ですよね?下手したらそちらのデータこそ、「反原発論者」が整合性を得るために不都合なデータは無視された「可能性があり」ますよね?  貴方の論拠はこれと同程度だということを心に留めておいた方がいいと思います。
ヘビ貯金 @hebichokin 2012年9月14日
イタリアでチェルノブイリが原因で甲状腺ガンが増えたって情報どれだっけ?@iPatrioticmom さんが紹介してくれたYablokovのでも著者は、チェルノブイリが原因では無いと言ってるみたいだし。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom おろ?「影響ではないと断定した」から「言った」にトーンダウンしました?福島医大→http://www.minpo.jp/news/detail/201209123603「事故後1年半しか経過していない本県では、放射線の影響とは考えられない」とは言ってますね。「考えられない」というのが「断定」なんでしょか?PKAnzugさんのコメントにあなたとの3か月前の対話http://togetter.com/li/326960も含め「断定」てありましたっけ?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyukoさん これは私が言い出したことですので、どのような批判もお叱りも受けます。もちろん素人ですから正しいとは限りませんが、私が調べた限りでは政府の見解は楽観的すぎるように思いました。ただ、上で書いたように、海外では予防法を研究している人も複数いたのは確かです。甲状腺癌は症例自体少ないので、国内では研究している人は少ないのではないでしょうか。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko 時間はまだあるのですから、まずは(県外を含めて)早期発見の体制を整えること、次に予防法や手術以外の治療法の開発を政府に求めていくこともできるのではないでしょうか
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom 断定をしてるのは、実はあなたの方ではないでしょうか?がんの進行速度なんて種類によってバラバラです。進行が早いものは未分化がんと呼ばれ、基本的には稀です。チェルノブイリ事故でも、大半は乳頭がん。http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.28.pdfでは、IAEAが1989年から調査してますよね。国際機関の調査として1990年までは増加がみられていません。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@they_lac 拒絶しているわけではないですが、過去の経緯とチェルノブイリでの経緯からみて、政府の対応に非常に疑問を持っているからです。山下先生の先日の発言なども含まれます。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom 甲状腺がんが取り立てて少ない癌とは言えないと思いますよ。私の情報収集能力が劣っているならそうかもしれないですけどね。癌治療というか医療は日進月歩ですから、乳がんみたいに甲状腺も自分で気にしていけばいいということでまとめの表題の「PKA先生の、甲状腺検診はもっと普及してもいい という話 」に結局帰属してしまいます。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom 色々と前提を説明しないといけないのですが、http://www.aesj.or.jp/atomos/popular/kaisetsu200701.pdfにあるように、チェルノブイリ事故で検出されているのが実は「オカルト癌」である可能性も指摘されています。超音波診断はされるようになりましたが、細胞診まで行き届いていた状態ではなかったからです。http://www.hicare.jp/06/hi15.html細胞診は2001年から導入されている模様。
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom オカルト癌云々に関しては、http://togetter.com/li/244457にて、いろんな方とやり取りしました。リンクがあるので、辿ってみてください。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年9月14日
検査は「福一の影響がなかった」というためにしてるわけではないのです。もしそうなら今回だけで調査も終わりですよ。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年9月14日
あと、リソースの問題はちょっとは考えて欲しいです。甲状腺の専門医は少ないのに検査だけにリソースを取られるようでは現在の患者に手が回らなくなるという結果では困ります
naka-take @Yuhki_Nakatake 2012年9月14日
iPatrioticmom その資料をざーっと斜め読みしましたが、短半減期核種について、ちゃんと検討されてるじゃないですか?http://www.nsc.go.jp/senmon/soki/hibakubun/hibakubun_so28.pdfの28Pとか、もろにテルルとかの短半減期核種を計算に入れて被曝量計算してますよね?ちょっと「短半減期核種が考えられてない」云々の意味が分からない。。。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom ガンは特殊な病気じゃなくて、誰もがかかる可能性があります。私はガンで友人を一人失くし、一人は完解、一人は途方もない量の放射線治療中です。原発事故原因でなくてもこのようにこの病気は発生してしまいます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@yuhki_nakatake  ・・・ご紹介の資料読むと、むしろ当初数年の件数報告は混乱しているようですね・・・ ロシアやウクライナでは政治的な思惑からないことになっていた という話はよく聞かれますが。進行については、私ではなく、昨日あげた山下先生の講義に出てくる見解です。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年9月14日
小さな腫瘍だと一年でも二年でも結果がかわらないのではないですかね。要するに良性か悪性かを判断できないと。であれば二年の経過観察は長いとは言えない
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月14日
”悪魔の証明”って言葉大好きだよね。把握し得た予兆から事象の因果関係を辿っていく、というのは、ひとつの方法に過ぎないのに、『起きる可能性がない』なんてどんな全能感が言わせてるんだろうね?> rt_luckdragon一応、念押し。「観測外の現象が起きない限り、起きる可能性がない。」という事ですからね。  「起きないことの証明は出来ない(悪魔の証明)」ですから。
undo(俺の花だよ月見草) @tolucky774 2012年9月14日
現時点では「福一のせいで腫瘍が出来た」というのは早漏いや早計すぎかと。福一のせいなら5年後10年後でも結果は変わってくるので、それを望んでるなら待ってればいいのではないですかね。わたしは癌患者が出てほしくはないけど経過は見守ろうと思ってますので、今はなんとも
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko 甲状腺以外にも、海外の文献をいろいろ探したのですが、最近はロシアやウクライナアでも、遺伝子診断の研究が進んでいるようです。ただ、ほとんどがロシア語です。chibadonguriさんが紹介してくださったret/PTCの記事にしても、見解がわかれているようですので、まだ研究は進んでいないようですね。もちろんまだ影響あると決まったわけではありませんが、影響がないと決まったわけでもありませんので、政府はあらゆる場合の事態に備えて準備しておくべきだと思うんです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@nagatsukiyuko 規模は違うとはいえ、唯一の先例であるチェルノからも知見を学んでおくべきだと思うのですが、そのような動きは見えません。福島では健康被害はない となると、予防含めて対策善後策をとれないですよね。そのような思いもあり、心配を強調するような主張や表現になったことはお詫びします。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@Yuhki_Nakatake これこの間読みました。チェルノをめぐってはいまだに対立が続いているようですね。短命核種はICRPとNCPRでは換算係数がまったく違うようです。内閣府の話では、短命核種の影響について調査しているところだそうです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@tolucky774 >リソースの問題はちょっとは考えて欲しい  県内は医大も体制を変更するようですね。一次検査を他院でできる体制が整えば、もうちょっと頻度を上げられるかもしれませんね。あとは、対照地域の調査のほかに、まずは県外ホットスポットでパイロット調査をしてほしい、ということです。見守るかどうか、については、私は心配性なので、医大増設だけではなく、上に書いたように可能性を排除せず研究してほしい と思うのですが・・
月永こん @tsukinagakon 2012年9月14日
iPatrioticmom 26年前からリアルタイムでチェルノの話は折に触れて調べてますが、ちょっと福島とは単純に比較できないので、知見としてあまり参考にならないというのが私の見解です。というか、それくらいはもう去年の段階で終わっています。心配を煽らなくても自分でちゃんと考えられます。私たちは別に弱くもないし無知でもない。煽りに乗せられるのは、大抵遠くに住んでる人ですからね。そういう煽りが回り回って結局私たちの胸を穿ちます。被災地に住んでるの?子供殺す気なのか?と。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月14日
@hebichokin イタリアの件、ヤブロコフレポートの論文はたしかにそうですね。イギリスのCancer Researchだとフランスについで多いんですが・・ 論文としてはこのようなものがありますが・・ http://annonc.oxfordjournals.org/content/15/12/1842.long
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko >福島とは単純に比較できない はい。初期のデータがきちんと残っ ていないし、線量も推定に過ぎない部分はありますね。しかし、単純には比較できないけど、ほかに比較するものがないわけで、少なくとも低線量リスクや医療に関しては、専門家が今からでも現地のデータを掘り起こして再検討したほうがいいと思いますが、低線量リスクはない、となっているのでそれもできないですよね。
ヘビ貯金 @hebichokin 2012年9月15日
@iPatrioticmom さん有難う。これ以前に教えてくれた論文ですよね。これでも甲状腺ガン増えてるとは言っていなくて、想定される増加分を検出するためのに必要な5万件のスクリーニングはコストがかかり過ぎて正当化出来ないって結論ですよね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom んー??低線量リスクはべつにチェルノだけじゃないし、その低線量自体もチェルノと比較するには条件が違いすぎますしーと言っていくと途方もない情報量になってしまうし、それは私の貴重な情報なんで、ここで披露しないですけど。もうこれをしらみつぶしに比較検討するのも膨大な時間使って1年くらい毎日3時間くらいしか寝てないので。育児も一番手のかかる時期で目を離せないし、こんなことに時間かけて家族に迷惑がかかるのは夫に理解も得られませんしね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyukoさんのように、すでにご自分で調べて、判断されている方もいらっしゃると思いますが、まだ危険と安全の間で迷われている方も多いのではないでしょうか。「リスクはない」ではなく、政府、または学会などの中立的な組織が、危険派も納得できる中立的な情報を提供すべきなのだと思います。が政治的な思惑でむずかしいようですね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom 危険でも安全でもないです。それが生きるということですからねー。危険だという人は危険だと思っていて別にいいですし、考えを改めさせようとも納得させようとも全然思ってないですけど、危険を煽ると尾ひれがついて、関係の無い人の放った矢がクリティカルヒットするんです。野次馬ですからね被災地以外は。ま、とにかく公表された数字の話が一番公平なんで、その数字で判断すればいいんじゃないですか?数字は公平ですからね。この数字を信じられなくなったらそれはもうこの国捨てた方がいいですよ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko データで各自判断するしかないと。了解です。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom 日本人は少し甘えすぎです。何でも、教えてくれないからとか聞いてないとか、少しは自分で判断すべきです。だから原発が「クリーンで安全だって言ってたじゃん話違う!」って平気で言えるんですから。まあ平和ですからね、この国。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@hebichokin すみません これ のう胞は少ないって話ですよね。データはこれだけです。http://www.cancerresearchuk.org/cancer-info/cancerstats/types/thyroid/incidence/uk-thyroid-cancer-incidence-statistics イタリアは5/2に青果市場閉鎖などの対策をとった、1000件甲状腺癌を防いだ、と分析した解説があったのですが、すぐ出てきません。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko 平和のほうはあやしくなってきていません? 311以降の政府対応を見ると、結構あぶない国になってると思うんですけど。 
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko また心配煽ることになるのかもしれませんが、歴史的経緯やチェルノの経緯、関係者の311以降の言動を検証してみると、政府の対応はあまりにおかしいと思わざるをえません。子供を守ろうとした形跡がまったくみられない。それが、私がここまで警戒していることの一番の理由だと思います。捨てて逃げたいくらいです。
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月15日
自分たちが困るから黙ってろっていうのと変らないよね。> tsukinagakon 危険を煽ると尾ひれがついて、関係の無い人の放った矢がクリティカルヒットするんです。
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月15日
ええ、実際困るんでしょうけど、、で、黙ってろ、とは流石に言えないから、話しの確証を問い続ける破目になってる。
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月15日
これから福島の事故処理で出て来る汚染物質、他の原発の通常の廃棄物等々の置き場探しに腐心することになる。そういったものの置き場になるということは数百年という長期に渡りその土地の資産価値を毀損しつづけることを意味する。農業、観光業、あるいは住民の居住環境としても、、、
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月15日
これから、全力で、事故はあったけど、人体には有意な影響は出ない、というキャンペーンが張られることは容易に予想できる (これからではなくもう既に、、か、、)。
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月15日
3/15に放射性ヨウ素が空気中に明確に観測された首都圏で、何ら推奨的なアナウンスもされなかった国ですから、期待している人はあまりいないのでは。しかし政府である以上政府がやるべきことを求めるのは甘えでは無いですよね。君主ではないのですから。> tsukinagakon 日本人は少し甘えすぎです。何でも、教えてくれないからとか聞いてないとか、少しは自分で判断すべきです。だから原発が「クリーンで安全だって言ってたじゃん話違う!」って平気で言えるんですから。
中庸日記 @Da_Saitama_Sea 2012年9月15日
まぁ ”原発は事故せずクリーンな発電方法だ”、と言ってた訳ですから、大事故を起こしたのは ”話しが違う”、ということになりますよね。 それについて碌に検証もされず責任も定義付けられず、のらりくらり言い訳してるんですから、甘えてるのは誰なんですかね。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmom、「リスクはない」と言っている人はどなたですか?そういう言い方はPKAさんもおっしゃってないですよ。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、「政府の対応がおかしい」という一般論を、わざわざここのまとめのコメント欄で議論しても話が拡散してしまうだけでしょう。「対応がおかしい」という指摘より、「何を求めるのか」ではないですか?
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、検診の間隔の問題については現状体制作りをしている最中で福島県内での専門職の講習は粛々と進んでいて、ハイリスクの子には二次検診のあとに通常診療のコースはすでにできているし、県外避難なさっている方の検査へのアクセスも提携病院ができましたし.....あ、あと2個前のコメントでハンドルのあとに「さん」をつけるのを忘れてごめんなさい。
戦国自衛隊 @minawarekukuku 2012年9月15日
とりあえず回覧板http://togetter.com/li/373245 フォロアーさんたち、頭を冷やした方がいい
Masayoshi Nakamura @masayang 2012年9月15日
まずはObsessive-Compulsive Disorderの検査をすることだと思うな>愛国母
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
iPatrioticmom さん 自分は、もう少し細かい推論を建てないといけないんじゃないかって思ってるんですよ>(低線量被ばく影響) お互い、素人の立場で、ちょっと妄想爆発してみますね。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
チェルノの放射線影響というのは(作業員さんを除いて)
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
1、ヨウ素131を大量に吸引摂取(平均1Sv)+4年間の高濃度慢性経口摂取 (MAXでCs累積175mSv相当 +I131汚染食品数か月分 +Sr90汚染4年間 +Pr若干)
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
2、ヨウ素131吸引摂取(それなり)+ 4年間の高濃度慢性経口摂取
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
3、慢性内部被ばく (4年間は高濃度、それ以降はそれなり)
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
の3つのカテゴリーがあると思うんです。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
小児がんで急性進行の症状が出てしまった子ども達は多分1のカテゴリーだと考えます。 それとは別に、晩発性の影響がでている層があって、それが2のカテゴリーではないかと思うんです。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
そして、3のカテゴリーでも、ゆっくりした晩発性影響はまだよくわかってないですが、あるかもしれません。 フランスやイタリアでみられているかもしれない現象は、晩発性影響な気がします。。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
甲状腺ガンの増加は世界的にみられる現象で、日本でも増加率はフランス、アメリカと並んで高いです。この増加の年齢区分をみていくと、 http://ganjoho.jp/pro/statistics/gdball.html?16%2%1 (罹患、部位:甲状腺、グラフ:年次推移 年齢階級別 数 積み上げ折れ線グラフ)
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
この増加を特異的に押し上げているのが、1990年~1995年の40~45歳の女性であることがわかります。つまり、1950年~1955年に生まれた女性たちということです。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
この年代に何があったかというと、核実験も当然頭にあがるわけですが、同時に気になるのが、日本における公害の時代だったという点なんです。 大気汚染も、食品汚染も、戦後の混乱とその後の高度成長期の繋ぎにあたる時代です
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
(つまり、日本だけでみても原因特定の難しい時代だといえます)
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
で、ですね、1のカテゴリーでの罹患率の上昇は、特異的に大きかったです。 今、警戒して、検査しているのは、このカテゴリーですが、 この層の甲状腺ガンの症状も、通常のものと違っています。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
http://p.tl/7p5m (既読だとは思いますが) この論文は、当時切除された甲状腺ガンの切片を改めて精査した研究です。 男女比率も平等。被ばくのないガン組織と比べた場合、リンパ管(及び血管組織)への侵襲が多かったそうです。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
自分は、この急性成長のみられる1の小児甲状腺ガンと晩発の甲状腺ガンは同列にみてはいけないだろうと考えています。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
「低線量放射線影響」と括ってしまうと混乱しますが、1のカテゴリーは、甲状腺急性被ばく+高濃度汚染食品慢性内部被曝 の複合影響ととらえるべきだろうと思います。 日本に演繹する場合、最初の被ばく度合の違いと、高濃度汚染食品の長期摂取 の加算分は考慮しないといけない。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
この急性進行の小児がんが日本で起きる率は、そんなに大きくないのでは?と思うのです。なんといっても、食品管理が素晴らしかった。 自宅待機の指示もでていました。 (この辺が、安全派と言われてしまう由縁ですね) ただし、予断は禁物なので、検査しましょう。という意見です。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年9月15日
leaf_parsley >175mSv相当、(と書いたのは、外部被曝+内部被曝の合算MAXです。)
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom どうでしょうか。ものすごくたくさんの電気を消費すると知ってて、私のくだらないインターネット生活は守られてますしねえ。こうやって画面の前でああだこうだ言ってること自体は平和だと思いますけども。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom うーん、そうですか…もし心配でたまらないのでしたら、捨てて逃げることは考慮に入れた方がいいかもしれませんね。私の周囲も逃げていきましたが、それも一つの考えなんで引き止めないし、責めませんし。そういう主張は国に向かってした方がいいんじゃないですか?どこかの地方のたかだか個人の医者に向かっても、進展ないですし。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
Da_Saitama_Sea うーん、ここに1年くらい住んでみればわかるかなあ。どんな感じなのか。それから私は政府の人間じゃないのでどうこう言われてもどうすることもできないません。是非国に向かって叫んでください。それから「お前は子供を殺すのか?そんなところに住んで?」ということが果たして言っていい事なのかちょっと考えてください。これはちょっと黙ってろレベルじゃない?そういう話になっちゃうの。適当な話になっちゃうのよ。真摯に受け止められる人なら違うけど、一年見てたらわかるけど世の中ってそうでもないでしょ?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
>アヒルさん おはようございます。では、「リスクはわからないほど小さい」。もしくは「リスクは小さすぎてわからない」。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、言葉にはそれぞれやり取りの中での文脈がありますし、「リスクはわからないほど小さい」「リスクは小さすぎてわからない」も、いつ誰が何について話しているときの言葉なのかが重要でしょう?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
>アヒルさん 何をもとめるか、は上に書いた通りです。体制についての説明ありがとうございます
阿晴 明清 @ahare_asayaka 2012年9月15日
Yuhki_Nakatake 細井委員の個人の推定”甲状腺の被ばく線量は約20mSv"なので、一般的にそうしたという話でないですよ。細井委員は、ちゃんと”ヨウ素剤を1錠服用”してますね。 ”ヨウ素剤を1錠服用しているので何とも言えないですけれども、参考程度ということでございます” と述べているので不適切です。 ヨウ素剤を服用してない人の精密計測データがないとエビデンスになりません。
宮崎勝巳 @kmtlc33100 2012年9月15日
とにかく甲状腺癌患者が爆発的に増えないと自分の「正義」に都合が悪い、というのが良く分かる未だに粘着してんだから。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、「何をもとめるか、は上に書いたとおり」というのは、「他県のホットスポットのパイロット調査」と「予防」「治療の開発」でOK?だったら、それはそれとして、国や自治体に要求を続けるのと同時に、制度で補えないものに先行して対応できる民間の社会資源を作っていくという方法もあると思います。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
>パセリさん 日本の甲状腺癌の罹患数のグラフ、なんだか妙だわね・・・ 90年代の女性の増加ってなんだか変じゃない? このあたりで人間ドックに超音波診断が導入されたとか診断基準が変わったとか、そういう理由がなければ核実験を疑っちゃうわよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
>パセリさん 先進国での甲状腺癌増加の要因はもうちょっと検討したほうがよさそうだけど、とりあえずチェルノのフォールアウト降った地域については放射線影響を疑ってみるのが合理的だよね。イタリアの話は、論文じゃなくてこれだった。http://globe.asahi.com/movers_shakers/110703/01_01.html
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
保健省の研究所の人が「どんなに低レベルの放射線でも、人体にまったく影響しないということはない。研究所が示したデータを大臣が真剣に受け止めてくれた。科学者と政治がうまく連携できた幸運な例だ」って言ってるので、裁判でもめてるフランスと違ってイタリアは放射線影響を認めているんじゃないのかな。
阿晴 明清 @ahare_asayaka 2012年9月15日
Yuhki_Nakatake 挙げられているTe132(一番大きく計測)の半減期は、3.2d、I132が2.3h。 より短いmin単位のは判りませんよね。何時計測したかが不明故に。ちなみに隣接するTe131、133はmin単位。 
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
低線量については話が広がってしまうので、甲状腺に絞ると、確かに線量に応じて発症時期に違いはあるだろうし、体質によっても違うのかもしれないわね。で、現時点では判断できない、という点については意見が一致しているわけですよね? 「食品管理が素晴らしかった」「自宅待機の指示もでていました」 については、疑問だわ。たしかに流通規制はしたけど、適切な被曝対策を採ったというより、安全安心に偏っていたように思えます。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
[c721358]さん、現状評価として、リソースの現状評価はしっかりとしないと戦えません。公的なもの私的なものも含めて、すぐに使える社会資源がどれくらいあるか、テコ入れしたら活用できるものはどうか、新しく作らなくてはいけないものは何か、などのリストアップをしていく上で、公的セクターが何をしているのかをしっかり見るのは大切、というのが私の立場です。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko >そういう主張は国に向かってした方がいいんじゃないですか? ええ、そうですね。銃後?のものとしてできることをやっていきますね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom 銃後じゃありませんよ!あなたなら戦えるので、今選挙控えていますし、是非市議会議員や県議会議員とか国政の方でもいいですが、毎週通ってあなたの資料を見せてどれだけ危険か訴えるんです。これはいい事を思いつきました私。こんなネットの片隅で言ってたって仕方がない。是非やってください。毎週通ったりすれば熱意は伝わるかもしれません。相手を引き入れて働かせるんです。こんなとこで医者をいじくってたって全然何にも変わらないですしね。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
[c721358]さん、あと「脅迫性障害」という言葉は私が言った言葉ではありませんから、アヒルあての言葉で始まっているコメントにこの言葉を入れる必要はないと思いますよ。
ゆ〜たん @Iutach 2012年9月15日
「影響がない」じゃなくて「影響にはそれぞれ出方がというものがある」という話でしょうに…。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
【訂正】>アヒルさん 上で「今回の甲状腺癌は放射能原因ではない可能性が高い」という結論をなぜ拒絶するか と聞かれてつくづく思ったんだけど、結局政府対応を信じているかどうかの違いじゃない? 子供を守ろうとした形跡はないです。東電や原子力業界を守ろうという姿勢ははっきりと見えます。なので、「私は」事実とデータ以外の情報については、そういうバイアスがかかっていることを考慮に入れて解釈します。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@ahare_asayaka さん この部分気づきませんでした。・・・この方、自分は服用して行ったんですね。しかも、摂取量は Te132>I132>I131 って書いてあるじゃないですか。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、【訂正】がでたところで改めて。私の立場は上に書いたとおり、「政府対応を信じている」わけじゃないですが、「子どもを守ろうとした形跡はない」というより「守ろうとしてるけど能力(財源や判断能力)が足らない」に近いかしらね...だから、「あるものは最大限生かす」「無いものはつくる」になるのかもしれません。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
)アヒルさん 財源はあるよ?Nスペで復興費の行く先報道してたでしょ。どこ見れば守ろうとしてると思えるのか、わかんない。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、「財源」はただ「お金がある」だけではだめで、それをつかうための予算化、そのための法令が必要でしょ。で、その調整ができないまま時間だけが経ってしまったということだと思ってる。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、あと「財源」「判断能力」「調整能力」に付け加えて、「実働の人材」も足りてないよね。で、民間やボランティアが動いている。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@yotayotaahiru ??予算化はされてるじゃない。屋内の遊び場でも避難でも、福島の子供のために使おうと思えばいくらでもできそうですけど。http://togetter.com/li/370313 福島は安心安全だから子供のためには使わないんじゃないの?
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、話が拡散してきてるよ?まぁ。そらした原因は私にあるけど。私が言いたかったのは、例えば、「低線量被曝による健康被害対策」としての甲状腺検診を公費で関東ホットスポットでするための予算化とかそういうことだけれど。現状は無い制度だから。 で、何にしても利害関係は発生するからその調整が困難だってところはあるよね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@yotayotaahiru  ゲノム計画に使いたかった61億を医大増設費にまわせるんだから、省内での予算は自由に使えますよね。対照地域調査は、予算は経産省資源エネ庁、実施は内閣府みたいよ。使う気になればいくらでも使えますね。やる気の問題。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、じゃあ「やる気」をださせるためにぜひロビー活動を実際にすすめていったらいいのではないかしら。で、そのときにこのまとめのタイトルにある「甲状腺検診はもっと普及してもよい」は役に立つと思うよ。 少子化の中で子どもが大切というのは反対する人はいないだろうし。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@yotayotaahiru そうですね。ネットもロビー活動の内だとは思いますけど。ネット世論誘導する人たちがいるので。甲状腺に戻ると、ネットで放射能問題について発言してる人って、放射線科の人が結構多いけど、核医学会って、事故直後に避難区域圏外はヨウ素飲まなくていいって見解出してますよね。もしその中に関係者がいたとしたら、甲状腺問題とかについて発言するのって、どうなんだろう。
タガネ @kiwisoul 2012年9月15日
(´-`).。oO(どうでもいいけど、きょうび『~だわ』『~わよ』なんて語尾使うのは余程の御年を召した女性かネカマぐらいだよな…未成年の子供がいる年代の女性で使ってる人見たことない)
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
私のこと?バブル世代よ^^
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko  すみません 見落としていました。そうですね。東京だから議員会館も近いし。今は内職が忙しくて時間ないからネットで騒いでるだけですが、時間できたらやりますね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
ネットで叫んでいても何も変わらなかったのがこの一年だと思うのです。本当に被災地の子供を救いたいなら、直接国政なり県政に働きかけることが必要ではないですかね。ヨウ素飲まなくてもいいというのはそれはそれで納得できるんですが、納得できない場合、このままですと国政はそのレール(ヨウ素をのまなくてもよかったという見識から続く対応策)から外れませんから、これは直接意見を言うしかないと思います。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2012年9月15日
iPatrioticmomさん、でも不特定多数のネットで話をしているより選挙区での動きの方が効果あるよ。市区町村レベルだと政策化するのも早いし。放射線科の人が発言多いのは知識があるからでしょ。被曝の健康への影響を聞くときに基礎知識がまずないとね。その部分は餅は餅屋だと思う。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@nagatsukiyuko 一応、エネルギー政策は原発2030年ゼロとなったわけで、官邸デモはネット発だから何も変わらなかったわけではないんじゃない? 今後は原発だけじゃなく、実際に被災地の役に立つような世論形成ができるといいですね。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年9月15日
@yotayotaahiru もし仮に利害関係者がいたとすれば、健康被害の問題について、特定の方向に誘導するようなことは、法的には問題はないけど、倫理的には利益相反になるよね。
月永こん @tsukinagakon 2012年9月15日
iPatrioticmom 原発の話はまだ事故起こしてない周辺の人たちには最重要ですからねえ。だからみんな自分の身がまず先なんですよ。本当は被災地の子供のことなんか二の次なんだろうなというのはわかりましたけど。できるといいですねえ、と言ってたら誰もやらないので、私が!とiPatrioticmomさんのようにはっきりと主張のある方がやったほう