編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

渋沢敬三記念事業シンポジウム「戦時戦後史の立会人 渋沢敬三」(2012年9月15日開催)まとめ

渋沢敬三記念事業シンポジウム「戦時戦後史の立会人 渋沢敬三」 日時:2012年9月15日(土)13:30 - 16:45(13:00開場) 主催:渋沢敬三記念事業 実行委員会 後援:公益財団法人渋沢栄一記念財団 場所:公益財団法人渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 会議室 続きを読む
経済 渋沢敬三 経済史
1260view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
9月15日13時半より渋沢敬三記念事業シンポジウム「戦時戦後史の立会人 渋沢敬三」を開催いたします。シンポジウムはUSTREAMによる中継を行う予定です。 http://t.co/Q9A0L9kT #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
渋沢敬三記念事業シンポジウム「戦時戦後史の立会人 渋沢敬三」USTREAMによる配信始まりました。 http://t.co/Q9A0L9kT#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
シンポジウム開会しました。司会は井上潤渋沢史料館館長です。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
シンポジウム開催にあたっての注意事項お知らせ中です。本日は展示・建物等見学、USTREAM中継に関してです。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
当財団渋沢雅英理事長より開会挨拶を行っております。渋沢敬三記念事業の経緯を説明中です。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
生前の敬三は「僕を理解してくれる人は少ない」と語っていたという渋沢理事長の回顧談も語られています。現在の渋沢雅英理事長長は敬三の長男にあたります。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
敬三は学問を非常に愛しましたが、祖父である渋沢栄一の後を継いで経済界でも大きな足跡を残しています。この間、史料館では残された敬三の手帳の解析等にも取り組んできました。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
敬三は経済界においては、東大武田晴人教授によると「立会人」でありましたが、文化資源の収集や保存といった分野においてはまさに当事者として献身したという趣旨の挨拶でした。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
第1部講演「渋沢敬三の人物と思想ー学生時代と思想形成」始まりました。講師は由井常彦明治大学名誉教授です。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
由井先生は、生前の敬三に直接会ったことがあるといいます。非常に庶民的、民主的という印象を受けたということです。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
関東大震災における渋沢栄一と内村鑑三の考え方、行動の共通点など。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
渋沢栄一は行動の人、先に立って天下国家を論じ、信念においては論語の人。敬三はむしろ、もう少し静かで、老子の人といったところがある。しかし、敬三は学問を愛する人(この点は少し老子と違う)。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
戦時中、日銀総裁時代、向坂逸郎が拘束されたりして仕事がなかったとき、土屋喬雄先生からこの話を聞いた敬三は向坂を支援することもあった。このあたりに敬三のbenevolent 慈悲の心を感じる。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
同じく日銀総裁時代、日銀行員から出征してなくなった職員にお悔やみを必ず送っていたところにもbenevolenceを感じる。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
敬三の外見はちょっと小太りで色白で柔和な感じだったそうです。常に自然体な感じも。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
老子によると「人はしんがりでいい」という。人を押しのけたりしない。そういうところも感じられた。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
敬三の学問的な能力。とても高い能力を持っていた。昆虫の研究など高いレベルであった。また数字にも明るかった。後者は栄三の隔世遺伝か。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
横浜正金銀行ロンドン駐在時代の手紙にあらわれた敬三のすぐれた計数感覚のお話も。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
隔世遺伝というのは、土屋喬雄先生の指摘だそうです。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
敬三の志向。自然の愛好、農民・漁民への愛着。論語には自然や庶民はあまり出てこない。一方、老子の世界はやはり自然がたくさん出てくるし、農民の話も。こういうところから由井先生は敬三は老子の人、という印象を強く抱いているそうです。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
岩崎久弥によるモリソン文庫購入と東洋文庫設立の話に移っています。岩崎久弥は400万円で購入。たいへんな文化貢献。現在もチベットから学者が来訪しているそうです。(チベットには文書が残っていない)。そういう点からも岩崎久弥を敬三は敬愛していたそうです。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
財閥2代をの集まりのお話。1代目と違った志向。#keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
敬三の人格形成のテーマに移っています。高校・大学時代に人格の大きな部分が形成される。そこで調べてみたことがある。敬三も土屋喬雄先生も2高→東大経済という道をたどっています。 #keizo50
渋沢敬三記念事業実行委員会 @keizo50
2高というのは質実剛健、一言でいうとバンカラ。名古屋以西で2高に行った人は少ない。豊田喜一郎氏が出てきました。喜一郎氏も2高出身。土井晩翠にも教わる。トバリチクフウ先生もいた。 #keizo50
残りを読む(46)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする