2012年9月20日

福井県の進学校Map

福井県の中学生で学力上位10%の子どもたち(10%er)はどこの高校に通うのでしょうか? このまとめでは、10%erが普通選ぶと考えられる高校を「進学校」と定義し、福井県の進学校を紹介します。 ※進学校選定は、主に平成23年3月時点での入学難易度や進学実績によって行っています。 ※進学校Mapのベースとなっている地図は、「白地図 KenMap Ver8.5」で作成しました。 続きを読む
2
朝森久弥 @asamorihisaya

福井県の人口は約80万人。平成23年度における福井県の中学校卒業者は8220人で、進学志望率は98.3%。公立高校(全日制)の定員は5750人(卒業者の約70%)。福井県の同世代学力上位10%(10%er)を820人と規定する。

2012-03-06 02:57:49
朝森久弥 @asamorihisaya

福井県の県立高校入試は推薦→一般→二次募集の3回選抜からなる。特徴としては、推薦選抜にスポーツ推薦が部活名を特定して明確に定められていることが挙げられる。 http://t.co/4QTHxFMc

2012-03-06 03:06:37
朝森久弥 @asamorihisaya

福井県の高校の公私比率は7:3である。公立高校は33校 http://t.co/xqaACLCt 私立高校は僅か6校。 http://t.co/xqaACLCt あと、福井高専もある。基本的には公立優位のお国柄と言って良い。

2012-03-06 03:14:25
朝森久弥 @asamorihisaya

福井県の家庭教師業者オアシスが公開している福井県公立高校の合格ライン http://t.co/jOqMAuEJ 藤島・高志・武生の御三家と、高専が飛びぬけていることが読みとれる。

2012-03-06 03:23:00
朝森久弥 @asamorihisaya

福井は嶺北(人口約65万人)嶺南(約15万人)に分けることができる。公立御三家のあるのはいずれも嶺北だ。福井県は全県1学区なので、嶺南の10%erは嶺北の高校を志望する例も多いだろう。

2012-03-06 03:27:16
朝森久弥 @asamorihisaya

しかし、福井の西端である高浜町から福井市まで通学するのは現実的ではない(電車で片道2時間以上)。このため藤島高校などに通おうとすると下宿するしかない。この辺になるとむしろ京都府の高校を選んだほうが楽な気もする(10%erにとっては)。

2012-03-06 03:32:35
朝森久弥 @asamorihisaya

嶺南で進学高校を探そうとすると、敦賀高校と若狭高校が見つかる。いずれも実業科を持ち進学に特化した高校とは言えないが、若狭高校で文理探究科が開設するなどなんとか10%erの嶺北流出を食い止めたいという意図が垣間見える。 http://t.co/oBAKvja0

2012-03-06 03:45:53
朝森久弥 @asamorihisaya

福井県立足羽(あすわ)高校には、公立高校には稀有な中国語コースがある http://t.co/oZNnzPn7

2012-03-06 03:49:04
朝森久弥 @asamorihisaya

福井県進学校Map 全て公立。※「白地図 KenMap Ver8.5」で作成 http://t.co/ZW5Q7ULP

2012-03-06 04:06:52
拡大
朝森久弥 @asamorihisaya

http://t.co/ZW5Q7ULP - 福井高専(鯖江市)も「御三家」と同等レベルの入学難易度で、卒業生の4割超が大学編入するとのこと。また、敦賀高校(敦賀市)の普通科選抜クラスや若狭高校(小浜市)の文理探究科も「御三家」に続く進学志向と考えられます。

2012-03-06 04:11:28
拡大
朝森久弥 @asamorihisaya

地域バランスを考えれば敦賀高校が御三家のひとつになってもおかしくない…が、越前市(正確には周辺の街を含む)の都市圏の方が敦賀市の人口よりも多いので、武生高校のが上になってしまうと考えられる。

2012-03-06 04:14:16

コメント

andandy2001 @andandy2001 2013年5月13日
若狭高校は、2013年春の入試で東大に1名、京大に1名、国公立医学部に3名の合格者を出しました。敦賀高校からも京大1名、阪大1名の合格者が出ています。規模は小さくとも進学校として信頼されていて、優秀な生徒を引き留めることができていることが分かります。
0