TanTanKyuKyuさんの語る、歴史本を出版する難しさ。

派生元まとめ:http://togetter.com/li/376413
8
肉の多い神の国 @The_Oldwiseman

むっずいなぁ。 RT @sweets_street 戦国史の研究者が書く「誰でもわかるやさしい戦国時代の行政ノウハウ」的な本、歴史マニアと同人作家にとっては、喉から手が出るほど読みたくてたまらない本だと思うので、ぜひ出版してほしいですね http://t.co/v984zX0Z

2012-09-18 22:53:04
肉の多い神の国 @The_Oldwiseman

本気で史実ベースだと今川家の領土経営についてだけでも複数の研究書があるんだよ……そんなもん簡単に書ければ世話はないし、簡単に書いたテキトーな本ばかりが売れるのが現実

2012-09-18 22:53:52
お菓子っ子 @sweets_street

@The_Oldwiseman 出版業界にいた偽教授さん的には厳しい企画ですか?

2012-09-18 22:54:43
肉の多い神の国 @The_Oldwiseman

@sweets_street 雑な、素人だましの本でよければ、俺なら一ヶ月で書ける。学術的に正確な本が書きたかったら、研究者を複数集めて一大叢書にするしかない。

2012-09-18 23:05:19
お菓子っ子 @sweets_street

@The_Oldwiseman 渡邉先生は一線の研究者で本も書き慣れていますから、研究者もマニアも満足できる最低ラインを押さえた本を書くのはお手のものだと思いますよ

2012-09-18 23:09:17
偽教授 @tantankyukyu

@sweets_street 悪いけど、歴史学を甘く見ないで欲しいんだけど。

2012-09-18 23:10:32
偽教授 @tantankyukyu

戦国時代の行政の実態なんてそれだけで学会があるレベルのテーマ。一人の研究者の手になんか負えない。

2012-09-18 23:11:36
偽教授 @tantankyukyu

信長はどうだった、信玄はどうだった、でよけりゃあ俺でも簡単に書けるけどそんなゴミ本は既にいくらもある

2012-09-18 23:12:13
偽教授 @tantankyukyu

まず大前提としてね、戦国時代のことなんて実はほとんどわかってないんだよ。比較的文書資料の多い今川家でも、どういう領国経営をしていたか、わからない部分がほとんど。乱世だから、史料が乏しいの。信長の野望みたいなものはほとんど空想ベースで作られてます。

2012-09-18 23:16:21
偽教授 @tantankyukyu

学者というのはものをたくさん知ってる人の事じゃない。自分が知らないことがいかに多いかを知っている人のことだ。

2012-09-18 23:17:00
偽教授 @tantankyukyu

朝倉家なんて書状すらろくに残ってなくて、発掘史料をベースに研究が進められてるんですよ。戦国時代の歴史学とはそういうものなの。

2012-09-18 23:20:46
偽教授 @tantankyukyu

現代に伝わってる戦国時代のイメージの、六割は、江戸時代に形成された虚像です。二割は司馬遼太郎がでっち上げた虚像です。実態にまだしも近いと言えるのは残りの二割程度。

2012-09-18 23:22:16
お菓子っ子 @sweets_street

@TanTanKyuKyu 一大叢書が必要なレベルの学術的正確さを期するなら、おそらく現時点でも不可能でしょ。わからないこと多すぎですし。釈迦に説法かもですが、歴史の概説書ってのは「その時点で著者が研究して知ってること」でして、それを期待しているんですよ

2012-09-18 23:17:44
偽教授 @tantankyukyu

@sweets_street 素人レベルに落とし込むと、どうやっても愚書にしかならない。「わかってる範囲のこと」では、素人読者は納得しないから。歴史記者の仕事とはそういうものよ

2012-09-18 23:24:10
偽教授 @tantankyukyu

嘘書いてよければ、信長が楽市楽座を考案してうんぬんかんぬん、で本になる。研究者が理解しているレベルまで話を推し進めると、読者の大半が振り落とされてついてこれなくなります。

2012-09-18 23:26:06
偽教授 @tantankyukyu

近江の六角家が楽市楽座を……というような情報を大衆は求めない。求められてない研究情報は、売り物にならない。素人向けとしては。

2012-09-18 23:27:13
お菓子っ子 @sweets_street

@TanTanKyuKyu 研究者が書いた良い本というのは、研究者には「なるほど、あの先生はこう思ってらっしゃるのか。自分もこれを叩き台に考えてみようか」と思わせ、マニアには「新しい研究ってこういうものなんだなあ。勉強になるなあ」と思わせるものなんですよ。それで良いと思います

2012-09-18 23:27:25
偽教授 @tantankyukyu

@sweets_street 次に問題になるのは、研究書ではないがマニア向けの本を作ったとして、どれくらいの部数が見込めるかってこと。売れない本は出ないんです。それが、少なくとも、いまの出版の現実。

2012-09-18 23:29:10
偽教授 @tantankyukyu

いい本だけど売れない本より、くだらないけど売れる本のほうが、少なくともビジネスとしては正しいんですよ。それが出版というものなんです。

2012-09-18 23:32:06
お菓子っ子 @sweets_street

@TanTanKyuKyu 新紀元社がそれで食ってるし、学研なんかも歴史群像系の読者見込んでそういう本を結構出してますね。最近なら「戦国の軍隊」がわりと売れてます。ニッチだけれど、需要は見込める市場ではないかと思いますが

2012-09-18 23:33:05
偽教授 @tantankyukyu

@sweets_street まあ、だから歴史群像読んだらいいんじゃないかと思いますよ。あれは頑張って作ってる。俺も随分お世話になった

2012-09-18 23:35:05
偽教授 @tantankyukyu

簡単に歴史群像なみに売れる本が歴史ジャンルで作れたら世話はない。あれは一定の知名度を得るまでのマーケティングがうまかった

2012-09-18 23:36:09
お菓子っ子 @sweets_street

@TanTanKyuKyu ええ。読むたびに「しっかりした作りだなあ」と感じます。だからこそ、渡邉先生のような研究熱心で筆が早くて研究者にもマニアにもウケが良い先生が執筆されたら面白いだろうなあと。甘い夢ですよ。偽教授さんから見たら甘すぎてイラッとしたかもですが、ご容赦ください

2012-09-18 23:39:28

コメント

偽教授 @tantankyukyu 2012年9月20日
ちなみに、俺が現職時代に最後に関わった『戦国武将データファイル』というシリーズは、テレビCM打ってる。それだけやって、ようやく採算ラインに乗せられる。出版も楽な商売じゃないんです
3