10周年のSPコンテンツ!

【世界奴隷化計画】金融マフィアと優生学思想【人口削減計画】

ジョン・レノン「世界は狂人たちによって動かされている。狂った目的を実現する為に。僕はこのことに、ずっと幼い頃に気づいたんだ。・・・でもこれを表現すると、僕はキチガイ扱いされて、きっと消されてしまうだろう」 ニック・ロックフェラー「最終目的は人々にチップを埋め込んで社会全体を支配することだ。最良の社会とは、全てを支配するエリートに導かれたものだと俺たちは信じている。世界の人口を半減させなければならない。人々はみんなバカだから、俺たちは何でもやりたい通りにできる」
政治 ロックフェラー 優生学 国際金融財閥 金融マフィア 優生思想 911
10
優生思想とは何か
シバヘイズ @world420
優生思想とは優生学などとも言われたりするが、簡単に言ってしまえば 「人々には優劣がある。劣った人間は殺してもかまわないし、むしろ殺した方がいい」 という危険な考え方だ。この国の戦後教育は米国の支配下にあったから、日本の学校教育を真に受けた人間は優勢思想を持ちやすいんだよ
シバヘイズ @world420
優生思想とは「人々には優劣がある。劣った人間は殺してもかまわないし、むしろ殺した方がいい」という思想で、何て危険な考え方だと思うかもしれないけど。第二次世界大戦が終わるまで、西洋人は500年近く、ずっとこの考え方で大虐殺を繰り返し、世界中の人々を奴隷にしてきた事は忘れてはならない
シバヘイズ @world420
普通に考えても、500年近く当たり前のように続けてきた考え方を、いきなりパッとやめられる訳がないだろう。学校もテレビも教えないけど、アメリカが日本に原爆を2発も落としたのは、この優生思想が原因なんだよ。彼らにとっては有色人種の虐殺は、単なる日常的な行為だったのだから
シバヘイズ @world420
西洋人による植民地支配は、金儲けだけのために行われていた。彼らにとって、金のために虐殺を行ったり、奴隷化するのはごく当たり前の行為だった。ただ、いまだに911のように仕組めば虐殺も行われるし、単なる金儲けのための人々の奴隷化は日本でも当然のように行われるようになってしまった
シバヘイズ @world420
西洋人という言い方は適切ではないかも。極一部の国際金融財閥の人間が裏で手を引いてるのが実際だ。911がロックフェラーの仕込みだったことを、エディー・マーフィーの『大逆転』をプロデュースしたアロン・ルッソが暴露したんだけど…怪死してしまった http://t.co/eibNBf43
911の嘘を暴いたアーロン・ルッソ氏のインタビュー
シバヘイズ @world420
『大逆転』をプロデュースしたアーロン・ルッソは、ニック・ロックフェラーと親交があり、その会話内容を語ったインタビュがネット上で公開されている。世紀の大暴露といえるこのインタビューのわずか半年後にルッソは亡くなってしまったが、死因は不明だ http://t.co/OH6voBa6
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「911の11ヶ月前に、ロックフェラーが《これからある出来事が起こる》と言ったんです。その出来事ゆえに我々はアフガニスタンを侵略してカスピ海から石油のパイプラインを引くし、イラクを侵略して油田を確保し、中東に米軍基地を構築してあの辺を"新世界秩序"に取り込むと
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「そうしたらロックフェラーの言った通りに911が起こって。彼は米兵がアフガニスタンやパキスタンの洞窟を探し回ったり、対テロ戦争が始まるけれども本当は敵なんかいないし、それら全部が巨大なでっち上げだと話していましたよ。政府がアメリカの人々を支配するための手段だって
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「911は我々自身の政府職員や金融業界の人間たちがアメリカ市民に恐怖を植えつけ、彼らに従属させ、彼らがやりたい放題できるようにするためにやったことなんです。あれはそういうことだったんですよ。で、この戦争をー終わりなき対テロ戦争を作り上げた」
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「いいですか、この対テロ戦争というのは詐欺なんです。茶番なんですよ。これを声に出して言うのは容易な事じゃない。なぜって、みんな怖気づくんです。言うと奴らにキチガイ扱いされるでも真実は暴露されなければいけない。だから私はこのインタビューを受けているんです」
シバヘイズ @world420
ジョン・レノンもほぼ同じことを言っている http://t.co/kBgCIen0世界は狂人たちによって動かされている。狂った目的を実現する為に。僕はこのことに、ずっと幼い頃に気づいたんだ。・・・でもこれを表現すると、僕はキチガイ扱いされて、きっと消されてしまうだろう
拡大
HAZE @nl_5
ジョンレノンが言うように「世界は狂っている」 これは真実だ。 そして真実を語るとキチガイ扱いされる。 これが現実だ。 しかし「世界は根本的に狂っている」という視点に立たないと 世の中を理解することはできないだろう。 http://t.co/lBtEqqxeG3
拡大
SHIVA @francisco_bot
マイケル・ジャクソン「金のために嘘をつく。スパイ行為をする。バフェット、モルガン、ロスチャイルド、ロックフェラー、カーネギー・・・彼らは僕らの事なんか何も考えていない。金のためなら戦争も起こす。人殺しだってする。何だってする」 http://t.co/oHizdiR3zV
ウーマン・リヴの真の目的
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「私はロックフェラーに『ウーマン・リヴは何だったと思う?』って聞かれました。そのとき私は型にはまった考え方で 『女性は働いて男性と同等の給料を得る権利があると思うし、丁度女性たちが投票権を勝ち取ったのと同じさ』 と言ったら、彼は笑い出して『お前はバカだな』と」
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「彼はこういいました。 『ウーマン・リヴが何だったのか教えてやろう。俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。俺たちがウーマン・リヴを後押ししたんだ。俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やテレビで取り上げたんだ。どうしてか知りたいか?理由はふたつ・・・』」
シバヘイズ @world420
『一つは、ウーマン・リヴ以前は人口の半分にしか課税できなかった。二つ目は、母親が仕事に行くようになって、今や子供たちは早くから学校に通う。家族から引き離して子供たちの考え方を好きなようにできる。親が考え方を教えるかわりに、教師が教える。それらがウーマン・リヴの主な目的だった』
最終目的は何なのか?
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「私はロックフェラーに聞いたんです 『君はあり余るほどの財産を持ってるし、充分すぎる権力もある。一体何が最終目的なのか?』って。 彼は『最終目的は人々にチップを埋め込んで社会全体を支配することだ』と。銀行家、エリートや知事なんかが世界を支配できるように、と」
シバヘイズ @world420
アーロン・ルッソ「ロックフェラーは私に言いました 『一般市民の為に闘って、一体何の得があるんだ?』 『最良の社会とは、全てを支配するエリートに導かれたものだ』 『世界の人口を半減させなければいけない』 『人々はみんなバカだから、俺たちは何でもやりたい通りにできる』 って。」
シバヘイズ @world420
ロックフェラー財団は、ドイツの優生学者に資金援助をし、ヒトラーの人種純化政策を支援していた。…結局、ナチスも英米のエスタブリッシュメントも、言うことに違いはない。彼らは同じ穴のムジナなのだ」 http://t.co/As8G6Xx4 ナチスとアメリカの「優生思想」のつながり
残りを読む(5)

コメント

シバヘイズ @world420 2012年9月23日
コメントは基本、削除します
ぱじぇんと @su_da_chi_ 2013年10月15日
「劣った人間は殺してもかまわないし、むしろ殺した方がいい」。まさにユダヤ・タルムードの思想。