NHK【ETV特集】チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回ウクライナは訴える」2012年9月23日視聴メモ

震災 原発 長瀧 子供 福島第一原発 ウクライナ 被曝 チェルノブイリ
198
まとめ ウクライナの叫び:「低線量汚染地域からの報告」からのメモ ・ETV番組取材班の書かれた本:「低線量汚染地域からの報告」 同本から気になった部分を引用した個人的なまとめです。 本でぜひ読んでみてください。(増えたので、分割して継続中) 9113 pv 203 6 users 9
CAVU @cavu311
始まりました→ NHK【ETV特集】シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回 ウクライナは訴える」 9/23(日)夜10時、再放送:9/30(日)午前0時50分 http://t.co/X3gJscJf
studying @kotoetomomioto
#ETV 30km圏内は今も立ち入り禁止。去年から見学を許可。4.5μSv/h。去年、ウクライナ政府報告書。230万人の追跡データ。膠原病事故前6人が40人、癌は10万人あたり200人が300人。子供の78%に慢性疾患。高血圧、気管支炎、関節痛、、、しかし国際社会は認めず。
studying @kotoetomomioto
#ETV 事故後も500万人が居住。「作物は豊か、でもみんな病気で死んでゆく、若い人も癌」
ウクライナの健康調査、登録制度、5mSv/年以下
studying @kotoetomomioto
#ETV 2011年4月キエフ国際会議。ウクライナ政府報告書。第3章、現場の医師が見てきた汚染地帯の健康被害。キエフでコード化。236万人登録。(ロシア語 orz)
studying @kotoetomomioto
#ETV 多くが心筋梗塞など慢性疾患。IAEAは認めず。ウクライナは慢性疾患も登録・監視、UNSCEAR?は白血病、白内障、甲状腺癌のみ。ウクライナでは死因の9割が心疾患、血管疾患など。「ストレス」とされてきた疾患にも被曝量との相関が見え(はじめ?)ている。
studying @kotoetomomioto
#ETV 5mSv/年以上のゾーンからは移住。5mSv以下には住民が居住しつづけている。25年の積算平均26mSvの群と15mSvの群がある。WBCの値は低下、しかし健康状態は悪化傾向。
内部被曝
studying @kotoetomomioto
#ETV 心臓の不調を訴える患者が多い。医師は甲状腺癌以外も被曝の影響だと思っている。キノコ、ベリー、ミルク、肉、、
studying @kotoetomomioto
#ETV 市場にあるものは検査済み。豆50Bq/kg以下。(この装置の数値ホントか?)。ただし食材は自家菜園などからも、、。「給料も無いし年金で生きるためにはしかたない」。補助金は雀の涙。体調不良で会社はやめた。薬代は自己負担。
studying @kotoetomomioto
#ETV 心疾患、狭心症、50mSv以上の被曝で1.3倍のリスク。事故当時大人だった人も。肝臓、医、脾臓、、、。
初期被曝、甲状腺癌、除染
studying @kotoetomomioto
#ETV 白内障、従来は250mSv以上と。しかし10mSv以上でリニアに相関。「認めるが興味が無い、とされた、、、」。国連科学委員会UNSCEAR「ウクライナの報告ではドーズが判明しているのが40%しかない。疫学的に証明できない。」⇨隠蔽と濃淡、避難の混乱、そもそもムリ
studying @kotoetomomioto
#ETV 5年経過もIAEAは健康被害を認めず。しかし89年には現地では報告されていた。が、「診断精度の向上である」と。甲状腺癌でも被爆線量の評価は困難、しかし「生まれた時期の差異」から科学的に証明された。ウクライナの医師の申告から7年後のこと。
studying @kotoetomomioto
#ETV 大人の甲状腺癌の発症数が今も増加し続けている。事故時21?歳、3年後腫瘍発見。悪性ではないものの定期検診。3年ほどまえから入退院。5月1日にメーデーの行進の警備をした。
studying @kotoetomomioto
#ETV 10代だった女性、今年、甲状腺癌。「被曝は2ヶ月、しかし発症増加は今も継続」。高線量な子は早く、低線量は時間が経って、、まだよく判ってない。
studying @kotoetomomioto
#ETV ホットスポット。福島よりも緻密な調査。高い家は徹底した除染、屋根の吹き替え、土、コンクリ遮蔽。5年で4000戸、120億円。300万円/家。GDPは日本の1%だったウクライナ。経済負担で半分以上の家屋が除染できず。⇨まったく同じ流れ、、
子供の健康状態
studying @kotoetomomioto
#ETV 懸念は事故後産まれた子供。内分泌疾患48%、骨格異常が20?%。正規の体育の授業が受けられない。短縮授業。負担を減らすため試験も中止。、、、マジで?
studying @kotoetomomioto
#ETV 子供が心臓の痛みを訴える。保健室にはクスリが常備。
studying @kotoetomomioto
#ETV 92年と2008年。健康な子は22%から6%に減少、逆に慢性疾患のある子供20%から80%に。被災者の子供が病気を持つ割合は、、11倍から4倍、、、。医師「セシウムに加え、良質なカルシウムやビタミンの不足、、研究は始まったばかり」
yama @anonyy
@study2007 @BossAsuka 内分泌系11.61倍、筋肉骨格系5.3倍、消化器系5倍、循環器系3.7倍だったかと。
低線量ワーキンググループと20mSv/年
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
内閣官房 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ http://t.co/cFUkOzux #ETV
残りを読む(16)

コメント

湖北好きだ @soratobinekogal 2012年9月24日
昼間、市民科学研究所http://www.csij.org/代表の上田先生の「知っておきたい低線量被曝の話~放射能と向き合う日本でいま大切なこと~」っていう勉強会に行ってきて、夜はこれ見た。日本も放射線防御では酷いことが(20mmSvとか)あるけど、チェルノブイリはもっと悲惨な感じがする。チェルノブイリからもっと学ばなければと感じた。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2012年9月24日
市民科学研究所のサイトにウクライナ政府の25年目のレポートの抄訳があります。 http://archives.shiminkagaku.org/archives/csijnewsletter_010_ukuraine_01.pdf こどもたちの甲状腺がんのことはp21からでした。
ベクレーヌ八千代 @BQN_yachiyo 2012年9月24日
福島原発事故発生直後の3月12日、ウクライナ政府は医師団のほか、原発・放射能の専門家や関連物資を送る方針を示してくれていました。http://megalodon.jp/2011-0330-0420-12/sankei.jp.msn.com/world/news/110312/erp11031223470015-n1.htm
studying @kotoetomomioto 2012年9月24日
そもそも「心臓の痛み」ってどんなのかが判らなかったり、、、。
wolfgandhi @wolfgandhi 2012年9月24日
心筋細胞が入れ替わるのはせいぜい年1%。75歳だと0.45%。http://medicalfinder.jp/ejournal/1404101375.html 放射線で死んだ心筋細胞の代わりは間に合うのか気になる。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする