Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年9月26日

ライスのアニメ感想:#183 輪廻のラグランジェ(24)(season2〔終〕)

輪廻のラグランジェseason2の最終話感想です。 最後は宇宙ジャージ部!な内容でした。 色々紆余曲折ありましたが、いい終わり方でした。 なので少し寂しくもあり。
1
テリー・ライス @terry_rice88

輪廻のラグランジェ#24:「今日もまた、鴨川で」Season2第12話。シリーズ最終回。やはりセカイ系の皮を被った日常系ロボットハードSFアニメという趣が強かったと思う。想いのエネルギーというか人の感情をエネルギーとして増幅できる世界、つまりそれが「輪廻」であり世界の理であると。

2012-09-25 22:04:09
テリー・ライス @terry_rice88

確かメモリアした者の力が増幅される世界ともいってたようにも思うけど、メモリアされたものの特性が作中で説明があまりなかったのは説明不足かなとも思うけど、要はウォクスの乗り手に与えられる通行許可証みたいな解釈でいいのかな?鍵みたいなの?どちらにせよ力を使う事を許された者たちって事かな

2012-09-25 22:10:12
テリー・ライス @terry_rice88

その力ってのは「人の感情」っていう極めてファジーかつ取り扱いの難しいものだから、一人が抱え込むものではなかった。アステリアはかつて、この想いの力によって地球を滅ぼしかけたくらいだし、ユリカノもミリティア・ゾデアの惨劇を起こして、星一つを破壊するくらいだから、強大な力だといえる。

2012-09-25 22:35:29
テリー・ライス @terry_rice88

でも、そういった過去の惨劇は起こってしまったことで、対処すべきは今なのである。本編ではその力を行使する者として、まどかを始めとするジャージ部の三人が任された、というかアステリアが一人で持っていたメモリアが三分割されて、まどか達に託されたのね。ココが結構大事なんだろうと。

2012-09-25 22:45:46
テリー・ライス @terry_rice88

前回の感想でも少し触れているけど、ジャージ部の三人はお互いにメモリアして、輪廻の力のリスクも分かち合っている為に、関係性も強固であるという説明は付くかなあ。あと「みんな」で力を合わせる問題だからこそ、というのもあるかな。力が強大だからこそ、「特別な一人」に扱わせるのは危険であると

2012-09-25 22:52:17
テリー・ライス @terry_rice88

個人的にはまどか一人に世界の命運を託すのじゃなくて、リスクをそれなりに分散させて、暴走するディセルマインを止めたのと、輪廻の世界に責任を背負い込んで残ったユリカノの手を取ったのが印象的ではあるかなあ。危険に対処するなら一人じゃなくて「想い」を一緒にする「同志」と共に、という。

2012-09-25 22:57:02
テリー・ライス @terry_rice88

作品全体として「大きな危機(問題)には手を取り合って、力を合わせ、対処する」というメッセージが合った気がする。ひとりのカリスマ主導型ではなく、意志を一つにみんなが対処するという流れだったんじゃないかなあ。それを蒸し返す役目としてモイドが居たわけか。尤も彼には彼の企みがあった訳で。

2012-09-25 23:01:28
テリー・ライス @terry_rice88

モイド的には神に近づく事が目的で、輪廻の力はその手段としか考えてなかったくさい。だから手段と目的遂行のためには容赦なくて、ディセルマインが心の内に背負い込んでいたものも無慈悲に利用してしまう、外道さがあったわけなんだけど、その結果、起こった「福音」が「ジャージ部の歌」というwww

2012-09-25 23:07:29
テリー・ライス @terry_rice88

そりゃ、思考停止するわなあw あんな能天気な歌が流れてくれば。いやまあ、輪廻の力を暴走させるのではなくて、「制御」して、まどか達の思いが宇宙に波及するというのは面白かったけど、モイドが望んでいるものではなかったんだろうなあw そして性懲りもなく企むから消滅してしまったw

2012-09-25 23:15:20
テリー・ライス @terry_rice88

モイド消滅についてはアステリアの言及が正しいと思うんだけど、「もう一度やり直したい」という思いから、輪廻の力が作用するという事で恐らくは間違いないと思う。モイドは自分の意のままにならなかったので、リセットしたつもりでやり直そうとしたので消滅したんだと。解釈が難しいけども。

2012-09-25 23:19:07
テリー・ライス @terry_rice88

つまりモイドを繋ぎとめていた想い(ここでは神に近づきたい想い)が本人の充足に関わらず、まどか達によって雲散霧消してしまった。モイド自身は結果に納得できないので「なかった」ことにして、再びやり直そうとした。が、輪廻の力はそれを許さなかったって感じだろうかと。なんとメンドくさいw

2012-09-25 23:25:22
テリー・ライス @terry_rice88

さて一方のまどか達はなんのことはない、いつもの自然体で、ユリカノを同志と認め、心配してる人たちが待っているという、とてもシンプルな手を差し伸べて、輪廻から返ろうとしている。もちろんディセルマインと共に。で、彼がアステリアよろしく「やり直して今を生きたい」と感じたからこそ若返った。

2012-09-26 05:00:27
テリー・ライス @terry_rice88

さらには輪廻の力を「制御」して、空いっぱいの輪廻の花を咲かせると、花は宇宙へと広がってゆき、まどか達の思いによって、ウゴーなどポリへドロンの惑星にもチョットとした変化の兆しが見えたりと、ジャージ部が宇宙の安定をもたらしたという事で、いいのかなあとw ホントに力は使いようだなあ。

2012-09-26 05:06:04
テリー・ライス @terry_rice88

いままで、輪廻の力は暴走するだけにとどまり、きちんと制御できずにいた。アステリア、ユリカノは結果、暴走したわけだし。目に見える語りで「制御」出来たのはまどか達のおかげだよなあ。ついでに制御すると、ああいう形で全宇宙に波及していく力があるんだと提示できてはいるんだなあと。

2012-09-26 05:12:13
テリー・ライス @terry_rice88

その結果、まどかの進路はほぼ決まったようなものでウォクスの力を管理運営すると共に宇宙の人々の為に働く、宇宙ジャージ部となりましたと。なんというか宇宙的規模のNPOってことでいいのかな。レ・ガリテの女王になったランとウゴー再建に働くムギナミが一員なんだから間違っていないんだろうけど

2012-09-26 05:43:10
テリー・ライス @terry_rice88

そこにグラニアだったりイゾだったり、無事だったヴィラジュリオとディセルマインだったりも参加して、手を取り合ってみんなの為にという感じ、だったなあ。ようこ姉さんとのラストの会話も、結局母の死は重いけど引き摺っていてもしょうがないし、それより前を見て歩こうよねという心意気だなと思う

2012-09-26 05:46:33
テリー・ライス @terry_rice88

結局、「一人じゃないから、みんなで助け合おう」というのがテーマだったのかなあと思った。そしてその思いを繋ぐものとして、輪廻があるんだという考えでいいのかなあと。どちらにしてもまどかのキャラクターのおかげで雄大で爽やかな締めだったといえるなあ。しっかりSFもしてたし。

2012-09-26 05:49:14
テリー・ライス @terry_rice88

シリーズ的には佐藤竜雄総監督の下、比較的キャリアの浅い若手スタッフが中心になった作品だったのかなあという点で、スタッフ育成の側面が少なからずあったのかなあという印象でした。おかげでストーリー的にもたついたり、説明の不備があったりしたのも否めない所ではあるんだけど。要所は締めてた。

2012-09-26 05:52:25
テリー・ライス @terry_rice88

その分の、若々しさ、瑞々しさはやっぱり合って、まどかのキャラクターを始めとして、のびのびとした作りではあったなあと。一方で佐藤総監督らしさも感じられて、過去作へと繋がる要素もそここに見られていたのも興味深くは合ったなあと思う。その点ではらしくもあったなあと思うほどで。

2012-09-26 05:57:42
テリー・ライス @terry_rice88

あとトレンドから言えば、「リスクを一人で背負うのではなく、みんなで分かち合う」というのが昨今の作品と地続きな面もあり、楽しく見れました。そういう思いの波及という点ではメインだったし、違和感なく押し出されていたのか印象的でしたねえ。SF作品としてはイビツだけど、面白かった。

2012-09-26 06:01:46
テリー・ライス @terry_rice88

といっても、ロボットアニメと考えるとやはり定石外しと、癖の強さはあるなと。そもそも女の子がロボットに乗ると言う段階でそういうのが決定付けられたようにも思う。あくまで彼女たちの生活に付け加えられた一部で、一連の事件、行動はすべて生活と地続きなのであるというのがこの作品の特徴だと。

2012-09-26 06:05:05
テリー・ライス @terry_rice88

男子だと生活と仕事のON/OFFが明確に存在しているけど、女子の場合だと、それらが並列してて地続きなのだろうなというのを、作品を通じて強く感じたなあ。「これはこれ、それはそれ」じゃないんだろうと。どっちも生きるためには同じくらい大事ってな雰囲気。生活観のあるロボットアニメだったな

2012-09-26 06:08:57
テリー・ライス @terry_rice88

まあ、舞台である鴨川の持ち上げ方は多分スタッフの予期してない位に地元の共同体が乗り気だったことで、起こってしまった事で仕方ないかなあ。もうチョットさりげない方が良かったとも思うし。日産にメカデザイン任せたのも生活との地続き感を出すためだったのかもなと新鮮かつスムーズだよね。

2012-09-26 06:12:12
テリー・ライス @terry_rice88

全ての試みが上手くいったわけじゃないし、話も構成美を楽しめるほどではないのは正直な所あるけど、それでもなお人懐っこさを感じるのは、おおらかなまどか達のキャラクターと心意気なんだろうなあと思います。個人的には楽しめたし、面白くもあった作品でしたね。

2012-09-26 06:14:59
テリー・ライス @terry_rice88

分割2クールの全24話。輪廻のラグランジェの感想は以上となります。どうもありがとうございました。そしてスタッフの皆様、お疲れ様でした。ココで培われた経験を次回作に生かし多作品を楽しみにしてます。それではまたお会いしましょう。どうもありがとうございました。

2012-09-26 06:17:51

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?