ルイセンコを忘れるな-科学の下で行われる非道

チェルノブイリの健康被害を疫学で無視しようとする動きに対して「科学は何のためにある?」と嘆いていたところ、同時に「ルイセンコといういい例がある」とメンションを頂きました。そのやりとりのまとめ。
110
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

低線量被ばくWGは結局100mSv以下の被曝には健康影響は見られないとし、日本の対応はチェルノブイリ事故時のソ連より厳格だったと自賛し、今後は行政・専門家と住民との信頼関係を回復するのが何よりも重要とし、そのために住民主体の除染を薦める、というものである。

2012-09-30 01:20:19
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

だが、チェルノブイリ事故の健康被害について国際的機関がヨウ素の甲状腺がん以外認めていないのは、比較対照を必要とする疫学では個々の被曝量が推計しづらいので因果関係を見つけにくいだけの話であり、現地の話を聞けば健康被害の話はゴロゴロしている。

2012-09-30 01:24:09
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

”科学”の名の下にチェルノ事故の健康被害がほぼなかったとして福島での健康被害がないと断言することは、疫学の限界を悪用してチェルノ事故の被害に目をつぶっているだけの話。そんな科学は、いったい誰のためにあるのですか?  

2012-09-30 01:26:50
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

ちょっとでも科学史を齧った人間であれば、ソ連のトロフィム・ルイセンコなんて名前を知っている。科学という衣を着て政府や権力に都合のいい「科学的根拠」を主張し、それを利用するのは簡単だ、ということを理解している。 @morecleanenergy

2012-09-30 01:52:26
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@morecleanenergy 権力者と自己の利益のため。典型的な例がルイセンコ生物学。旧ソ連圏が生物学や農業で全然駄目なのはこの時の深刻なダメージがいまだに残っているため。

2012-09-30 01:56:06
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

@HironobuSUZUKI  @BB45_Colorado ほぼ同時にルイセンコ生物学のメンションを頂きましてありがとうございますw それだけ典型的な例ということで……。

2012-09-30 02:17:27
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@morecleanenergy @HironobuSUZUKI 重松氏とその一門などルイセンコおよびルイセンコ派と同類と考えています。

2012-09-30 02:20:13
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

@HironobuSUZUKI @BB45_Colorado  それにしても、ルイセンコの事例を真っ先に他山の石としなければならない科学者たちのツイートには、そのような意識があまり見受けられないのが残念です。

2012-09-30 02:20:45
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

@BB45_Colorado こないだ日本財団のチェルノブイリ事業の報告書を見たら、重松→長瀧→山下というラインが確立されていて頭痛がしました。 @HironobuSUZUKI

2012-09-30 02:22:55
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

@BB45_Colorado @morecleanenergy 100% yes. 元々あった下地に、チェルノブイリの時に旧ソ連にいって、現地でそのノウハウを持って帰ってきた、と僕は感じる。

2012-09-30 02:27:03
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

@morecleanenergy @BB45_Colorado そんなことないですよ。そうじゃない人もいるだけで。ただそれだけの話だと思います。

2012-09-30 02:31:56
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@HironobuSUZUKI @morecleanenergy あの連中は、水俣、スモン、土呂久、神通川、四日市など、あらゆる公鉱害病で全く同じ御用ぶりを発揮してきましたので、チェルノ迄に完成していたと思います。むしろソ連政府が招聘したのではと勘繰りたいほどです。

2012-09-30 02:33:31
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

@HironobuSUZUKI @BB45_Colorado そうですね。押川教授や牧野教授は明らかに自覚的ですし。両方いらっしゃることは忘れないようにします。

2012-09-30 02:36:21
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@HironobuSUZUKI @morecleanenergy 疫学や放射線・化学物質防護の世界には変な人が居るなぁと昔から思っています。

2012-09-30 02:38:07
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

@BB45_Colorado @morecleanenergy 中途半端な科学技術は逆に悲劇をもたらす典型的な例です。HIVが性感染が穏やかなのにも関わらず広がったかというと、初期の段階で注射の使いまわしがあったためとか。 http://t.co/9IygLsy7

2012-09-30 02:45:32
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

@BB45_Colorado @morecleanenergy もともとそんなに大きな分野じゃないですしね。規模が小さいためボス政治となれば人材の新陳代謝はおこりそうもありません。そういうのよくあります。今回は原発事故で国家レベルの一大事になったけど、そのまえは誰もが無関心だし。

2012-09-30 02:48:56
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@HironobuSUZUKI @morecleanenergy 医療だけでなく麻薬患者も含めて注射器の使い回しと、血液製剤の対応の遅れが致命的でした。レーガン政権の取り組みの遅れが米国では初期制圧失敗の一因でした。男性同性愛者の病気という誤ったラベリングが長かったですね。

2012-09-30 02:49:47
ク リ エ ネ(社会的距離) @morecleanenergy

ルイセンコ論争http://t.co/tAeNqotX:環境因子が形質の変化を引き起こし、その獲得形質が遺伝するというトロフィム・ルイセンコの学説に関する論争。重要なのは、イデオロギーの観点からスターリンが支持したこと、ソ連の農業生産が著しいダメージを受けたこと

2012-09-30 02:53:10
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@HironobuSUZUKI @morecleanenergy まぁ、疫学親玉軍団のご尊顔を拝見して、あまりのジジー集団ぶりにあっけに取られましたね。非常に不健全な領域と感じました。私は彼らをまったく信用しないです。

2012-09-30 02:56:10
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

@BB45_Colorado @morecleanenergy 日本のエイズ第1号はアメリカに住むゲイを日本人第1号に仕立てたし。でもそれより前にHIVの医療感染がある、っていうのは医学部の人たちには公然の秘密だった。僕でさえ噂は知っていた。「発症」という詭弁。ひどい。

2012-09-30 02:58:39
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI

@BB45_Colorado @morecleanenergy 是非とも新しい人材が流入して、そのような世界を壊して欲しいですね。切に願います。

2012-09-30 03:02:36
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@HironobuSUZUKI @morecleanenergy 米国のマクニール・レーラーニューズアワーのような硬い番組ですら平気で「ハイリスク・グループ」があると公言していましたからね。80年代中頃まではかなり酷かったです。日本は90年半ばまで変で、AIDS対策後進国ですが。

2012-09-30 03:02:37
残りを読む(43)

コメント

ヤマダサトシ @yamasato777 2012年9月30日
「病気がゴロゴロしている」のに統計的に証明できない理由が分からない。考え方の違う特定個人を悪人にしたてあげるやり方には反吐が出る。
48
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2012年9月30日
「事実を自分たちの都合のいいようにねじ曲げて解釈する」という、ルイセンコ学説を支持したスターリンと同じことをしてる人たちのまとめですね。
52
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
チェルノブイリの健康被害を疫学で解明することの難しさは、昨年放送のNHK Eテレの番組で取り上げられていましたので、ご参考にどうぞ→サイエンスZERO「内部被ばくの実態を探る」感想―科学の限界http://togetter.com/li/229224
0
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
サイエンスZEROで言及していたのは甲状腺がん、白血病、膀胱がん。このうち甲状腺がんだけはっきりと被曝との因果関係を認められたのは、放射性ヨウ素が半減期8日であることと、甲状腺に集まるという性質を持っていたため。
0
mwwinkenjinno @mwwinkenjinno 2012年9月30日
疫学的に証明出来ないほどレアな出来事のために莫大なコストを投じるのは、日本人全体を不幸にする行為でしかないわけですが。
36
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
捨てアカウントでのコメント投稿はお控えください。
0
y.🍀 @yabtter 2012年9月30日
前例になぞらえて考えるのは理解しやすい反面、誤解も深まって現実を見失いやすいので気をつけましょうね。チェルノブイリはチェルノブイリ、福島第一は福島第一、ルイセンコはルイセンコ、明治維新は明治維新、えーと、あと何だ。
18
まどちん● @madscient 2012年9月30日
---俺用タグ【壮絶な自爆】---
14
ヤマダサトシ @yamasato777 2012年9月30日
一般的には、統計を取ると感覚的には認識できないような以上が浮かび上がってきたりするもの。感覚的に多いと感じられることが統計に表れない場合、それは「気のせい」と判断するのが普通の人。「統計に表れないが本当に増えているのだと主張したい(信じたい)」場合は、それなりの論理を構築しましょう。それなしに、「俺様の感覚を信じろ」では誰も相手にしないのは当たり前。
34
赤木智弘@真実の赤(白) @T_akagi 2012年9月30日
ICRPの基準は、多くの科学者によって様々な批判や反証などを繰り返しながら、積み上げられているもの。それをルイセンコという一人の科学者と国家の権力によって疑似科学を触れ回った問題を同一視するとは、それこそ科学に対する冒涜。
40
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
上のまとめでICRP勧告について言及していましたっけ?
0
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
いまルイセンコ学説を疑似科学として批判するのは簡単ですが、当時その影響は外国まで及ぶほど大きかったものです。例http://blogs.yahoo.co.jp/rtpcrrtpcr/20692753.html。いまルイセンコ学説を科学と別物と切り捨てて自省に生かすことがないのなら、同じ悲劇はまた繰り返されることでしょう。
1
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2012年9月30日
まずは震災直後の「1年以内にがんでみんな死ぬ!関東は壊滅だ!」を総括しようぜ。
34
neologcutter @neologcuter 2012年9月30日
で、コメントデザイン粛清すんのか?study2007みたいに。
16
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
学説じゃなくて被曝どうこうは我が家の場合は日常でさあ。俺のカーチャン毎日のように数百メガベクレルの内部被曝を患者や健康な人にさせてるがそれで健康被害なんてきいたことない
10
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
この前読んだ論文(英語)「1ギガベクレルの131Iを飲ませる外来患者は家での介護者も被曝するけどどうする? →せいぜい数ミリシーベルトだから気にしないようにいっとけ」まとめ主さんどうします?
21
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
別に私のコメントを消しても私をブロックしてもかまいませんよ。そうしたら誰がルイセンコなのかよくわかるってもんでしょうがね。
20
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
数字をもうすこし細かく見直してみたけど、患者は非ホジキンリンパ腫。飲ませる131Iは1から4.5ギガベクレル。患者は300人 介護者は750人 の調査結果。介護者の被曝平均は一回0.49mSv いや~非人道的ですね(棒)
10
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
被曝のデメリットに目をつぶって治癒のメリットを取る医療被曝と、環境中に拡散した放射政物質の被曝の害を一緒にするのは議論を混乱させたいという意図でもあるのでしょうか。
1
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
いえだから数ミリシーベルトなら別にデメリットなんかありませんって…強いて言えばラジオフォビア。
13
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2012年9月30日
morecleanenergy じゃ「環境中に拡散した放射政物質の被曝の害」って具体的に何?鼻血が出た?松葉杖使ってる人が増えた?
20
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
Dongpo_Jushi 俺「カーチャン(放射線科勤務)100ベクレルだってさ。」カーチャン「あんなので大騒ぎするなんて馬鹿ね」俺「だよな~(ホジ)…うっ鼻血が!」低線量放射線の影響で鼻血が出た実例
11
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年9月30日
「ルイセンコを忘れるな」って、要するに政治に結びついた疑似科学って嫌だね、という話ですよね?「ルイセンコを忘れるな-科学の下で行われる非道」
29
桶庵 @sininenkuumeri 2012年9月30日
議論を混乱させるも何も最初から議論にならんような。「それはそれ、これはこれ」って話じゃないの。
8
neologcutter @neologcuter 2012年9月30日
ルイセンコ時代、ソ連では科学者に「反マルクス的ゴミクズ」というレッテルを貼って粛清していたわけだが、これと「御用学者」とはどう違うのかね?
32
arabiannightbreed @a_nightbreed 2012年9月30日
『経済よりも人命優先』という考え方がお金に換算される時( #原発 #反原発 #放射脳http://togetter.com/li/248306
2
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
そうだ思い出した。今売っている「ニュートン」2012年11月号で「鼻血」の記事がある。当然放射線との因果関係なんぞ書いてない。これはきっと低線量被曝の鼻血を否定するルイセンコ系御用記事だ(棒)
8
山下238 @Yamashita238 2012年9月30日
議論ってのは同じレベルの相手どうしでのみ成立するもんだ。素人ながら放射線科で使う資料片手に書き込んでいる俺と完全な素人のあんたが同じレベルで議論できるはずないだろう?一方的にあんたの言っていることを否定するために書いてるんだよ。
12
みゆき@シャイニングマンデー欲しいずら @honoka0818 2012年9月30日
自分の専攻以外の分野を少しかじったぐらいで知った気になっている大馬鹿野郎のサンプルですね、わかります。因果関係が証明された低線量被爆による健康被害の実例出してみればいいだけの話。彼らにちょうどいい言葉「生兵法は怪我のもと」
13
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年9月30日
@Yamashita238 私のまとめにわざわざ来てそこまで失礼な発言をされると、こちらもさすがに引けませんのでブロックします。放射線の資料を手にする前に、口の利き方を学ばれたらいかがですか。
1
ニジノスキー@巫女萌え @Niji_zero 2012年9月30日
で、反原発のイデオロギーは綺麗なイデオロギーですか?
13
ニジノスキー@巫女萌え @Niji_zero 2012年9月30日
(´-`).。oO(これはコメントデザインされないまとめが必要かもなwww)
13
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2012年9月30日
そしてルイセンコ学説に反対する学者は精神病院に入れられた。例えば「礼儀作法が守れないくらい精神に失調を来している」とか難癖つけられてね。
10
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年9月30日
「ルイセンコを忘れるな-科学の下で行われる非道」って事は急進的反原発派は「非科学の下で行われる非道」を行うって事ですか?w
25
にしい あきら @nisichan123 2012年9月30日
現在、日本で一般的に知られている科学は、科学的検証が重ねられた物じゃないのですか?少なくとも旧ソ連とは違うでしょう。自分達が信じたい物と、一般的に流布している物が違うから、日本では科学と政治が結託して、非道な事が行なわれているっていうのは、説得力に欠けます。また、その例として「ルイセンコ」を出すのは、それらしく見えて、実は自分達に跳ね返ってくるのではないでしょうか?
24
E-WA/いーわ @ewa4618 2012年9月30日
つかタイトルから想像した内容とぜんぜん違うじゃん、これ。
13
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2012年9月30日
自分が「ルイセンコ的なもの」を選択している可能性はあるかもしれない、という自己反省を欠いた言説はそれがどのような立場であったとしても或いは表面的に尤もらしく響くとしてもロクなものではないというだけのことでしょう。ましてやそれを自分と対立する見解を持っている人のレッテル貼りに使っているのだとすれば、そんな言説はそれこそ自己反省を欠いた言説である可能性が高いわけで。
20
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年9月30日
勘違いしてました。デマの拡散による被災地や被災者への誹謗・中傷→既に「非科学の下で行われる非道」は既に実践されてるじゃないか…ナンテコッタ
20
国井・久一ほぼO型です。 @kyuuiti 2012年10月1日
反原発の皆さんが絶対権力を握っても「ルイセンコ的な御用学者の弾圧」をするようなことが無いようにしよう、と言う自戒の念がひしひしと感じられます_______
9
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年10月1日
morecleanenergy 陰謀とかお好きなようでしたら、『放射線被曝の歴史』とか面白いですよ。「○○は国の陰謀!」みたいな話、根拠よく分からないけど(原典っぽいのはある)沢山出てきます。おすすめ商品に追加してみました。
8
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年10月1日
「北朝鮮の飢餓はルイセンコ農法が原因」という戦艦先生の主張にびっくり。北朝鮮の飢餓の原因=主要因はやはり先軍政治と世襲体制では?こういう発想で行くとかつてのソビエト農業の低迷もルイセンコ農法が原因とされ、スターリンの強制集団化などは視界から消えてしまうのでは?ルイセンコ農法を問題にするなら、こうした「科学スキャンダル」がなぜ生み出されたのかを考察すべきでしょう。「同志スターリンの言葉はすべての人にとっての法律だ」った1930年代以降のソ連邦が、ルイセンコを生み出したのだ。
6
月傘真琴(ヘイトと言う言葉が嫌い @atro_p 2012年10月1日
結局、なにか具体的な健康被害が出ているのでしょうか?
6
うなぎ(steel_eel) @dancing_eel 2012年10月1日
水俣病の過ちを繰り返すなと言う人が統計に裏付けられていない放射線による発がんの分子メカニズムを語ってるのが良く見られたが、ルイセンコに関しても同じようなものか。
6
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年10月1日
ルイセンコの様に政治と科学が結びついた例って、国の急速な自然エネルギーへの舵取りですね。
8
飛びたい豚 @kyonnaga 2012年10月1日
科学理論なんざ一つの反証で覆るわけだが。そこにルイセンコなんて持って来たらそりゃ笑われるよ
3
mic%親馬鹿です @mic_ab 2012年10月1日
「獲得形質の遺伝」っていうのもある種の人達にとってはあらがえないロマンみたいだしなあ。似た話に「プレートテクトニクス否定論」というのもございますが。 個人的には「無教養だから」の一言が雄弁すぎて哀しい。
6
フランソワーズ二郎 @michelipn 2012年10月1日
「科学は常に政治的なのだから、科学者は政治的に正しい立場を取るべきである(=反原発派のデマを攻撃することは許されない)」というSTS関係者こそ、ルイセンコの教訓を学んでほしい。
8
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年10月1日
morecleanenergy ごめんなさい、お好き(嫌い)なのは擬似科学のほうでしたか。『放射線被曝の歴史』って、「論争で手痛い敗北を被った原発推進派は、このままに捨ておくことはできないと考えて、今度はゴフマン、タンブリンを一方的に批判する文書を公表する策に出た」(p131)とかいきない書いてあって、史観がステキで読み物としては面白いんじゃないかと思いました。
4
集会の自由 @oskimura 2012年10月1日
このコメ欄で否定的な事を書いてる人はシベリアで木を数える仕事に従事してもらいます。
3
Shouji Ebisawa @Ebi_floridus 2012年10月1日
ルイセンコを支持していると聞いて。
0
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年10月1日
ゴフマンって、チェルノブイリで100万人が悪性腫瘍になって、その内半数は致死って予測したゴフマンさんですか。
4
クリエネ(感染対策は検査、追跡、隔離) @morecleanenergy 2012年10月2日
@kuratan 頂いたコメント全体の意味がよくわかりませんし、『放射線被曝の歴史』という書物に拘られる理由も私にはよくわかりません。
1
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年10月2日
morecleanenergy じゃあ擬似科学好きですか、嫌いですか? それから、読み物として面白い史観テキストは好きな気がするんですけど。
4
とし @flasher_of 2012年10月2日
さんざん指摘されているけど「事実認定に科学的見地より政治思想を優先させ、それに一致しない正統科学をバッシングする」ってルイセンコとどこが違うの?
15
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
主体農法が北朝鮮の農業を破壊し尽くした事は、現代コリア執筆陣によっても随分昔から指摘されていて、常識なんだけどね。ルイセンコ生物学はウクライナの人造飢餓に始まり、大躍進政策、主体農法と1億人から数億人の犠牲者を出したとすら指摘されている。学問的には確定事実と言って良い。共産主義黒書などでは8000万人から1億人前後程度とされている。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
先軍政治政治は、金正日が、朝鮮労働党中央委員会総書記に就任した1997年に出現し、その後、急速に先鋭化した。共産圏特有の国家構造として先党後軍という言葉が北朝鮮にはある。共産国は、プロレタリア独裁である以上、プロレタリアートの前衛である党が国家を先導し、軍は党に従属するもの。だから旧東側には政治将校がいた。先軍政治は、共産主義体制の根本から逸脱した金正日独自のもの。単なる私的権力基盤。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
先軍政治は1997年に北朝鮮側の文書に現れた訳で、大飢餓のあと。初期の脱北者の手記を読んでも、80年代には相当に深刻な飢餓が生じていたが、この当時先軍政治なんて存在しなかった。北朝鮮の飢餓の原因は主体農法。先軍政治は農業、経済破綻の結果現れたもの。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
故に、北朝鮮の農業危機が、先軍政治のためによるものとする論は、本末転倒の全くのでたらめ。北朝鮮の農業問題は主体農法により建国後すぐに深刻化し、共産圏では唯一、路線変更をまったく出来なかった。結果、80年代には中ソからの友好的貿易(食料、資源、兵器支援)が細ったけっか、飢餓状態が発生している。特にソ連崩壊後は友好貿易が途絶え、100万人単位で餓死者が発生した。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
このあたりの経緯は、現代コリア、世界週報(時事通信社)、北朝鮮難民救援寄金に詳しい。また、80年代ころから脱北者による手記によって農業の破滅的状況が報告されている。中には配偶者として北朝鮮に行き脱北してきた日本人のものもある。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
北朝鮮の政治情勢の変化は、現代コリアを読めばかなり正確に追跡できるが、これは収蔵図書館が少ないので、時事通信社の世界週報をお勧めする。最近10年はかなり質が下がったが、前世紀は非常に読みごたえがあった。これは図書館の書庫で大概、製本収蔵されている。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
先軍政治と言うものは、金正日の時に現れ、急速に先鋭化して民生部門を破滅させてしまったのだが、北朝鮮の農業問題は建国時からずっと続いており、金日成時代の初~中期には主体農法によって農業が破綻し、中ソの支援無しでは立ち行かなくなっていた。その結果、ソ連崩壊後、90年代の年間100万人の餓死者を出す数年に及ぶ大飢餓を発生させている。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
北朝鮮の度し難いところは、金日成の神格化と主体主義によって主体農法の失敗を認めることができず、路線変更が出来なかったこと。せめて中ソの支援で農業を再建すれば良かったのだが、それも出来ず、ソ連は潰れて支援が切れた。金正日はその行き詰まりを先軍政治先鋭化で国内を締めつけしただけ。金正日の権力基盤は、党でなく軍であったため、「先党後軍」を壊す事によって自身への軍の忠誠心と権力基盤を固めた訳。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
主体農法がとんでもないものだと言うことは、主体農法を礼賛する北朝鮮シンパの国内での発言から70年代には広く認識されていた。またそれがルイセンコ農法の直系であることも常識だったぞ。ところが、それが常識であっても、北朝鮮が優れた国と言うドグマが学術界、論壇を支配していたために、それらの事実を論じる事は極めて危険だった。何処かで今みられる現象と酷似している。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
金正日時代末期の経済改革は闇経済からお金を吸い取る北朝鮮にとっては最後の最後の経済資源を中央に搾り取るものだったが、結果として、折角闇経済主体の二重経済で経済活動が再建しかけていたのに全部潰れてしまった。事実上焼け野原。責任者は死刑になった。これが近年行われたデノミの顛末。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
繰り返し書けば、金正日の権力基盤は政府(党)ではなく軍であったことが先軍政治化の原因。そのため、老元帥を次々に任命して、元帥だらけの年寄り軍隊になってしまった。なお、北朝鮮の飢餓は、ソヴィエト崩壊後には餓死者が毎年100万人規模で発生するほどに非常に深刻化していた。当時この責任は、金正日にあり、金日成からの世襲の障害でもあった。金日成が謎の急死していなければ、世襲が現実に行われていたか危ういところもあった。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
だから、金正日は先党後軍を崩して、先軍政治を行い、資源を軍に極端な傾斜配分することになった。民生部門の経済崩壊と同時に闇経済(二重経済)が発達し、中国への人身売買や闇物資などで、民生部門は闇経済として再建が始まり、飢餓はある程度鎮静化していた。そこへ例のデノミ(制限付き通貨交換)を実施したために再び危機的な状態になっている。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
北朝鮮に於けるルイセンコ農法(主体農法)を論じる際、この本は貴重な記録。 朝鮮全土を歩いた日本人―農学者・高橋昇の生涯 河田 宏 単行本: 256ページ 出版社: 日本評論社 (2007/12) ISBN-10: 4535585156 ISBN-13: 978-4535585157 発売日: 2007/12 2310円
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
ルイセンコ事件は、半世紀近く、東側の科学界をルイセンコ学派が牛耳り、西側においても多大な影響があった事、今もその影響が根深く残る国があるということ、多くの科学者や技術者が抹殺され、それを何桁も上回る人が餓死してきたという、つい最近起こり、今も影響の残る科学史上の大事件といえる。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
基礎的な知識を著しく欠いたでたらめが目についたので、一昨日から昨日まで書きためた事を一部加筆訂正の上で書き写しました。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2012年10月2日
追補)変な事いう人が現れるかもしれないので、念の為付記すると共産主義黒書は非常に真面目な本で、大衆書ではない。"科学的社会主義""共産主義"という科学・理性万能主義がどの程度の実害を齎したのかを根気よく事例を集め、集計、分析した労作。教養として必要な本だろう。
1
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年10月2日
「北朝鮮が優れた国と言うドグマが学術界、論壇を支配していたために、それらの事実を論じる事は極めて危険だった。何処かで今みられる現象と酷似している。」←世論の急速な脱原発と自然エネルギーへ舵を切っていることですね、わかります。日本での自然エネルギーへの移行が第二のルイセンコにならないよう、皆でしっかり監視する必要がありますね。
8
フランソワーズ二郎 @michelipn 2012年10月2日
皮肉なことにルイセンコによって粛清された多くの科学者は共産主義の忠実な支持者であった。つまり、当時は共産主義はれっきとした「正義」であった。科学の結論が「正義」に従属することが要求され、あのようなひどいことになった。
7
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年10月2日
今の日本が北朝鮮や昔の中国みたいな独裁国家であると妄想してる人以外には、ルイセンコの例だと実感がないかもしれませんね。民主主義国家であった例として、アメリカで起きたタバコ、スターウォーズ計画、地球温暖化等の話が載っている「世界を騙しつづける科学者たち」がお勧めです。
1
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年10月2日
この本の教訓は、「個人の学者の意見より、他人から査読されている論文の方が信用できる」ですね。スターングラスやバンダジェフスキーみたいなロクに査読を受けてない論文を、センセーショナルさに釣られて信じてしまうのは危険ということです。
7
林 衛 @SciCom_hayashi 2013年3月18日
産地や測定値を気にしないとならない状況そのものが,WHO流の「具体的な健康被害」でしょう。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2015年10月23日
二つ上に、教訓から真逆を主張する宗教活動蚊がいる。
1
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2015年10月23日
ルイセンコ生物学やミチューリン農法は、それこそ”科学”に裏付けされた”権威”そのものだったのにね。 ネオ文盲の典型例といえよう。
1