10周年のSPコンテンツ!

「なぜ、貧困層、社会的弱者ほど国家の戦争に熱狂するか」に対する専門家のコメント

先般より注目を集めていた「『なぜ、貧困層、社会的弱者ほど国家の戦争に熱狂するか』から始まる会話。」(http://togetter.com/li/379538)に関して、ドイツ現代史、特に戦間期の義勇軍運動を研究されている@heero108さんの一連のコメントをまとめておきます。上記まとめに第一次世界大戦後のドイツの話題が例として取り上げられていたため、私(@hhasegawa)がコメント欄でご専門の@heero108さんをお呼びして、ご連投を頂いたという経緯になります。 * togetterのコメントを経由してツイートされたものをまとめであり、字数の関係で一部が尻切れになっております。ご指摘を頂きましたので、下方に全文を併記しておきました。 ** 訂正を追記しました(2012年10月1日)。
政治 歴史 社会 現代史 戦争
113
朝守飛阿弥 @heero108
@hhasegawaさんに召喚されやって参りました。ヴァイマル期ドイツの義勇軍(Freikorps)を研究している者です。私も憶測でいろいろモノを考えたりするのは大好きなのですが、やはり「少なくとも正.. http://t.co/qMXmy3jK

@hhasegawaさんに召喚されやって参りました。ヴァイマル期ドイツの義勇軍(Freikorps)を研究している者です。私も憶測でいろいろモノを考えたりするのは大好きなのですが、やはり「少なくとも正確な事実を押える」ことも大事だと思いますので、ここにいくつかの事実とデータをメモしときたいと思います。

第一次世界大戦後の義勇軍参加者と社会階層
朝守飛阿弥 @heero108
まず、1918年11月9日にコンピエーニュの森で第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた際、ドイツ軍にはおよそ600万人の将兵が所属していたとされています(R. Bessel, Germany after .. http://t.co/7OOFeySX

まず、1918年11月9日にコンピエーニュの森で第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた際、ドイツ軍にはおよそ600万人の将兵が所属していたとされています(R. Bessel, Germany after the First World War, Oxford 1993, p. 69)。

朝守飛阿弥 @heero108
しかしながら、戦後の内戦状況の中で義勇軍その他の志願兵部隊に身を投じた人間は、その一割以下でした。 http://t.co/3X0d2Gam

しかしながら、戦後の内戦状況の中で義勇軍その他の志願兵部隊に身を投じた人間は、その一割以下でした。

朝守飛阿弥 @heero108
例えば1919年3月の時点でそれらの組織に所属していた人間は、大きく見積もっても40万人程度であり、さらにその数字には、第一次大戦に従軍しなかった学生たちも含まれていたのです。(ibid, p. 25.. http://t.co/UWhFr9bw

例えば1919年3月の時点でそれらの組織に所属していた人間は、大きく見積もっても40万人程度であり、さらにその数字には、第一次大戦に従軍しなかった学生たちも含まれていたのです。(ibid, p. 258; B. Barth, Dolchstoßlegenden und politische Desintegration, Düsseldorf 2003, S. 237)。

朝守飛阿弥 @heero108
またこれは多くの先行研究で一致するところなのですが、義勇軍を構成した主要な社会集団は旧軍将校・下士官や学生、そして手工業者であり、それこそ@hhasegawaさんの指摘されたとおり、「下層中産階級以上.. http://t.co/nQCqQBk3

またこれは多くの先行研究で一致するところなのですが、義勇軍を構成した主要な社会集団は旧軍将校・下士官や学生、そして手工業者であり、それこそ@hhasegawaさんの指摘されたとおり、「下層中産階級以上が中心で、労働者層ではないわけです。」

第一次世界大戦の開戦時の熱狂と社会階層
朝守飛阿弥 @heero108
そして話を1914年にまで遡ると、開戦時の熱狂として有名な「8月の体験Augusterlebnis」も、近年の研究ではかなり相対化されてきています。 http://t.co/C7bRa8NH

そして話を1914年にまで遡ると、開戦時の熱狂として有名な「8月の体験Augusterlebnis」も、近年の研究ではかなり相対化されてきています。

朝守飛阿弥 @heero108
つまり、1914年8月のドイツにおける戦争への熱狂は、大都市のブルジョワ的諸集団に限定して見られる現象であって、労働者階級や農村住民らはそれに共鳴しなかったということが明らかになっているわけです(B... http://t.co/iQwUkcRC

つまり、1914年8月のドイツにおける戦争への熱狂は、大都市のブルジョワ的諸集団に限定して見られる現象であって、労働者階級や農村住民らはそれに共鳴しなかったということが明らかになっているわけです(B. R. Kroener, Militär, Staat und Gesellschaft im 20. Jahrhundert (1890-1990), München 2011, S. 73)。

追記
朝守飛阿弥 @heero108
予想外の反響があり、少し驚いています。ここで「8月の体験」のくだりについて、一つ訂正をさせていただきたく思います。 http://t.co/0xFpuvNw

予想外の反響があり、少し驚いています。ここで「8月の体験」のくだりについて、一つ訂正をさせていただきたく思います。

朝守飛阿弥 @heero108
もちろん、労働者や農村住民が第一次大戦にまったく熱狂しなかったわけではないです。原著の表現にもとづけば、戦争への熱狂は「特定のブルジョワ的諸集団の、主には大都市的現象」であって、「労働者層や農村住民ら.. http://t.co/YcDDSPRy

もちろん、労働者や農村住民が第一次大戦にまったく熱狂しなかったわけではないです。原著の表現にもとづけば、戦争への熱狂は「特定のブルジョワ的諸集団の、主には大都市的現象」であって、「労働者層や農村住民らの反響をごくわずかにしか呼ばなかった」というほうが正確でした。すみません。

コメント

まんりき @manriki 2012年9月30日
元のまとめのコメント欄のコメントが自動ツイートされてる内容を纏めてもみんなお尻が切れてますよ。
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の労働者階級 @U_fort 2012年10月1日
ヴぁっと見て総括すると、この例に限っては、工場労働者・農業従事者のように「生産に手一杯」の人ではなく、ある程度余裕のある、しかし社会的に見て「暇」をあてがわれているような人間が「承認欲求」を得るために兵士に従事した、と見ていいのでしょうか?
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2012年10月1日
仕事がないとブルジョワと同じ考え方になるんだな
karedo @susumu_karedo 2012年10月1日
この場合は社会や彼らのヒエラルキーの「ベクトル」も知りたい。つまり「彼らは貧しくなりつつあったのか」とか「彼らの立場は危機に晒されてたのか」とか
こぎつね @KogituneJPN 2012年10月1日
第一次戦後のドイツ義勇軍は、十万人に制限された国軍の枠外で職業軍人層を保全するのが目的なのですから、将校下士官が多いのは当たり前のことではないですか。軍隊しか行き場がないってのは同じですし
こぎつね @KogituneJPN 2012年10月1日
susumu_karedo 帝国解体によって、貴族(将校の中核)はただの人になり、職業軍人は失業者になりました。ドイツの産業構造は職人的で、雇用流動性は低いです。
こぎつね @KogituneJPN 2012年10月1日
U_fort 仕事があるという時点で社会的な承認はある程度受けていますからね。あと人間は絶対評価が苦手なので、プライド高くて本来あるべき自分像を持つ人ほどつらいでしょう
朝守飛阿弥 @heero108 2012年10月1日
予想外の反響があり、少し驚いています。ここで「8月の体験」のくだりについて、一つ訂正をさせていただきたく思います。
朝守飛阿弥 @heero108 2012年10月1日
もちろん、労働者や農村住民が第一次大戦にまったく熱狂しなかったわけではないです。原著の表現にもとづけば、戦争への熱狂は「特定のブルジョワ的諸集団の、主には大都市的現象」であって、「労働者層や農村住民らの反響をごくわずかにしか呼ばなかった」というほうが正確でした。すみません。
らぴとか別の名前とか @Lapistel 2012年10月1日
KogituneJPN 国軍の人数を制限したベルサイユ条約の発効は1919年6月であり、それ以前である1919年3月時点の義勇軍所属人数を例示として上げられている話題に対し、ベルサイユ条約との絡みで語ってよいものでしょうか。語るならその前後の推移も合わせて見るべきでは。
addicks(あでぃっくす)🌗 @addicks_cycle 2012年10月1日
元まとめの視点で日比谷焼き討ち事件はどう評価すればいいのだろう?と思っていたので、こちらの意見は参考になります。軍隊には行きたくないが、戦争への熱狂はあるという承認欲求だけでは説明しきれない人々がそれなりの勢力でいるように思います。
y.🍀 @yabtter 2012年10月2日
さてそれでは都市住民の方が多い今の日本ではどうなるのか、と考えてみたくもなります
こげぱん @kogemayo 2012年10月2日
yabtter むしろこういう「都市ホワイトカラー独裁」の方が、それこそ1930年代のドイツのようなプロレタリア独裁やそれ以前のブルジョア階級・封建領主のやりたい放題よりも酷い結果を招くのかもなぁ…
y.🍀 @yabtter 2012年10月2日
kogemayo ちょっと怖い想像になってしまいますね。とはいえ教育水準や倫理観、情報流通などといった大きな違いもあるので、そこまで酷くならないとは期待してしまいますが……。
y.🍀 @yabtter 2012年10月2日
元ネタの方のまとめにコメントした話題と絡んできますが、都市部は地縁血縁関係が希薄になりがちで、小さな共同体に帰属意識を持てない人が多く、そこで満たされなかった承認欲求をより大きな共同体に向けているのではないかという気はします。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする