ミステリ作家の文体について

ミステリ作家の文体についての様々な意見。 途中から石持浅海エロミス話、三津田信三お薦め作品話が派生しています。
文学 書籍 ミステリ エロミス研 小説 ミステリ作家 文体 作家
8002view 0コメント
18
麻里邑圭人 @mysteryEQ
@kusegeN 「屍の命題」読了、お疲れ様でした。確かに文章に難ありなのは否めませんが、例のカブト虫(笑)や事件の構図などミステリとしてここまでぶっ飛んでいるものはそうそうお目にかかれないのではないかと思います。ちなみに門前作品では他に「浮遊封館」もお勧めですよ。
癖毛ニャーオ(CV.早見沙織) @kusegeN
@mysteryEQ あそこまで吹っ切れてると、むしろ清々しいですねw インパクトだけなら、今年読んだ作品中ベストかもしれません。『浮遊封館』も、やはり超弩級のバカミスなのでしょうかw?
麻里邑圭人 @mysteryEQ
個人的にムチャクチャなトリックを使うミステリ作家で現在注目しているのは門前典之と小島正樹の二人。前者は「屍の命題」が今のところ一番キテいるが、「浮遊封館」の方もぶっ飛び度としてはなかなか捨て難い。後者は「扼殺のロンド」が最も完成度が高く、かつ最もトリックで笑える作品だと思うw
麻里邑圭人 @mysteryEQ
@kusegeN トリックは充分バカミスと言っていいと思いますが、「屍の命題」と比べると途中で読めてしまう可能性があるのが難点ですね。とはいえ、今時ここまでムチャなトリックをやっているという点では貴重な作品だと思いますw
癖毛ニャーオ(CV.早見沙織) @kusegeN
@mysteryEQ むぅ、これは『浮遊封館』チェックの必要がありますね。ありがとうございます。
麻里邑圭人 @mysteryEQ
引き続き、門前話。門前典之には「屍」「浮遊」の他にあと一作、鮎川賞受賞作の「建築屍材」があるが個人的にこの作品はイマイチな印象で人に勧めづらい。とはいえ作品から感じられるミステリ愛と死体の隠し場所は良かったと思う。あと改題前のタイトル(応募時は「人を喰らう建物」)の方が好み。
麻里邑圭人 @mysteryEQ
しかし門前といい依井といい、どうしてぶっ飛んだミステリの書き手というのは揃いも揃って文章がアレなのだろう。……は! もしかして自分だけの作家というポジションを維持したいがために、あえて万人向けではないああいう書き方をしてるとか!?(←妄想ここに極まれり)
MAQ @junk_land
@mysteryEQ ぶっ飛んでようがぶっ飛んでまいが、文章がアレなミステリ作家はいくらでもいらっしゃいますね。たとえば……(以下69W削除)
麻里邑圭人 @mysteryEQ
その先が凄く気になります……。 RT @junk_land @mysteryEQ ぶっ飛んでようがぶっ飛んでまいが、文章がアレなミステリ作家はいくらでもいらっしゃいますね。たとえば……(以下69W削除)
麻里邑圭人 @mysteryEQ
そういえば麻耶雄嵩も文章がアレだと言われることの多い作家だけど、個人的にはそう思ったことは一度もなかったりする。まあ、それがファン故の盲目なのかどうかは分からないが……。
MAQ @junk_land
@mysteryEQ こういう場で名前をあげて議論するようなテーマではありませぬ(笑)。やるなら逆に「このミステリ作家の文章が好き!」でしょうね。ちなみにミステリ界きっての文章家といえば連城さんかなあ。島田さんは巧くはないけど、個性的な、人を強力に惹き付ける文章を書きますね。
麻里邑圭人 @mysteryEQ
逆に文章が上手い作家として引き合いに出されることが多いのは連城三紀彦だが、こちらはこちらで上手いとは思う反面、あまり好みではなかったりする。じゃあお前の好む文章を書くミステリ作家は誰なのかと問われると、やっぱり飛鳥部勝則や小川勝己になるのかなあ。あとは京極夏彦あたりだろうか。
麻里邑圭人 @mysteryEQ
@junk_land 確かにやるならそういった形がベストでしょうね。連城氏は自分も上手いなあとは思うのですが個人的にはあまり好みではなかったり(汗)。島田氏に関しては個性的な、人を強力に惹き付ける文章というのは同意ですね。島田ミステリの剛腕ぶりもこの文章あってのものだと思います。
MAQ @junk_land
@mysteryEQ 京極さんは非常に巧い作家さんだと思います。一方、飛鳥部さんはどちらかといえば悪文家に近いと思いますが、やはり非常に個性的で魅力的で、当方も大好きです。小川さんは逆にちょっと苦手。
深川拓 @tuckfukagawa
@junk_land @mysteryEQ 横合いから失礼しますが、私は初期の志水辰夫氏の文章が好きです。あと、翻訳調とも言えますが、それを自家薬籠中にしている法月綸太郎氏も。あと原尞氏も……と挙げるてみるとただハードボイルドが好きなだけ、という気もしますが。
麻里邑圭人 @mysteryEQ
@junk_land 飛鳥部氏の文が好きと言って下さる方がいて嬉しいですね。確かに上手いかと言われると首を傾げざるを得ませんが島田氏同様個性的な、不思議な魅力があると思います。そして小川氏は……まあ苦手と言われるのも分からなくはないですね(苦笑)。
@hankotyann
まだエチュードしか読んでないからなんともいえないが、まほろさんの文章は苦手だ。素晴らしい本ミスって噂だから読むけど……こう、もうちょっと……(笑)エチュードの文章はふざけすぎだと思うんだよね。私おすすめされなかったら絶対読んでない。あれだけのキワい文章(ry)
@hankotyann
まほろさんをディスってるの私くらいじゃない?(笑)ミステリクラスタにまほろさん好きが多くいらっしゃるからここまでにしとくか……(笑)でも趣味くらいは自分に正直に生きたい。でも本ミスだったらどんな悪文でも読みたい。果実と探偵シリーズは読もうっと
MAQ @junk_land
@tuckfukagawa 初期の志水さんは好きな方、多いですよね。情感あふれる「泣ける」文章だと思います。原さんはやっぱチャンドラーを思わせる、かっこいい、真似したくなる文章ですえ。お二方とも、当方は最近とんとご無沙汰です。
@not2d
@hankotyann あの文章に最初から抵抗感おぼえずになじめる人はむしろ少数派だと思います。私も以前は『果実』、どーしても読めなくて3ページくらいで挫折してましたし(爆)
琴瀬美沙 @K_misa_maguro
文体の話かあ。帰ったらまとめ作りたいなあ。以前の山風TLは暇がなくて流れるに任せてしまったし。勿体ないことをしました。
麻里邑圭人 @mysteryEQ
@tuckfukagawa 自分は生憎その中では法月氏しか読んだことがありませんが、法月氏の文章は自分も結構好きですね。その辺りですと、山口雅也氏あたりもお好きだったりするのでしょうか?
琴瀬美沙 @K_misa_maguro
京極さんと島田さんはどちらも重めの文体なのに読みやすい。斜め読みさせない力があるという点で、良文を書かれる方々だと思います。
深川拓 @tuckfukagawa
@junk_land 私もけっこうご無沙汰で、先日久々に志水氏の時代小説を読んだのですが、どーもピンと来ませんでした。作品の傾向に合わせて文体も変化したのでしょうけれど。原氏は最新作刊行時に「早く書く方法が解った」と仰言っていたので楽しみにしていたのですがそれから早幾年。
深川拓 @tuckfukagawa
@mysteryEQ はい、確かに山口雅也氏の文章もいいですね。世界観や、衒学的な内容とほどよく合っているのが心地好いのかも。
残りを読む(150)

コメント