2012年10月4日

紀元前スティームパンク文明

紀元前のギリシャ文明は既に高度な機械装置や原始的蒸気機関を発明していたことで知られる。ならば工業化が発達する理由さえあれば機械化文明が拓かれるのではないか、という妄想。途中から対抗馬として中華文明が出現、また電気の発見をどうこじつけるかについても言及する。
36
芹沢文書 @DocSeri

紀元前スティームパンクを考える。遅くとも紀元前1世紀にはアイオロスの球が存在したし、紀元前3世紀頃から数々の機械装置が発明されているから、何らかの要因で機械工業の大型化を促進するほどに金属工業技術が発達すれば成立し得るように思うが、どうか。

2012-10-04 12:14:06
芹沢文書 @DocSeri

古代アレクサンドリアあたりを舞台とした紀元前スティームパンク。ローマとの戦争に直面したことで巨大兵器を中心に機械技術、とりわけ蒸気機関が急速に発達、ローマの属州とならず逆に周辺地域を植民地化し大帝国へと発展してゆくマケドニア。キリスト教が世界宗教にならないレベルの歴史大改編の予感

2012-10-04 12:23:43
かなもと @goldbook

@DocSeri それだとギリシャ神話の神様信仰がそのまま残存するんですかね?

2012-10-04 12:25:31
芹沢文書 @DocSeri

アレクサンドリア大灯台と、沿岸航海から遠洋航海への発展。世界中に航路を延ばし版図を広げるマケドニア。やがて衝突するのは中華文明。紀元前3世紀頃に遡る凧の発明から一足飛びに航空技術を発展させた中華空軍。もしかしたら火薬の発明も早まっているかも知れない。

2012-10-04 12:35:44
芹沢文書 @DocSeri

@goldbook どうなるでしょうねぇ……一般に支配層には一神教の方が好都合的な話はあって、エジプトも太陽神ラーを主神とする一神教に改まったりしてますしギリシャ神話は色々混じってて信仰としては判り難い感はありますが……ゼウス教化するかというとそれも疑問な……

2012-10-04 12:37:47
act @zaylog

@DocSeri アンティキティラ島の”機械”が自我を持ちそうです…

2012-10-04 12:39:44
芹沢文書 @DocSeri

紙と印刷の発明で先行する中華文明側が情報化では先行しそうだ。通信の方は当面の間発光あるいは腕木信号による視認距離制限を受ける。摩擦電気は紀元前6世紀頃には知られていたが、動力や通信に利用されるまでには時間がかかるか。

2012-10-04 12:42:14
かなもと @goldbook

@DocSeri どれか支配層にゆかりのある神中心に改変ですかね。後々内部対立する時は勢力ごとに主神?が違ったり

2012-10-04 12:43:01
lastline with Titivillus @lastline

@DocSeri 戦術論的にも中華の方が先行してそう。

2012-10-04 12:44:54
芹沢文書 @DocSeri

こないだシヴィライゼーションやったらロシアがスタート時点で共産主義を獲得してる設定だったが、あれ結構パンクな設定だよな。政治体制としてはギリシャ/ローマ方面なら共和制が成立し得るし、経済が発展すれば否応なしに近代資本主義的なものは成立しそうな気がする

2012-10-04 12:51:30
芹沢文書 @DocSeri

文明の強さ的なものに宗教がどの程度関与するか。ヨーロッパがキリスト教に染まらなかったとしたら、キリスト教は他地域に広がっただろうか。あるいはイスラム教が成立しただろうか。マニ教的なものが別の世界宗教になってたりとか。

2012-10-04 12:57:01
芹沢文書 @DocSeri

しかし改編点を遠過去に置くと影響範囲が読めなさすぎて面白い。固有名詞の共通性がないと地球の歴史であると理解してもらえないレベルの

2012-10-04 12:59:46
芹沢文書 @DocSeri

ところで文明を微妙にぼかして「中華」と書いてたのはこの時代の黄河流域文明でどの王朝が成立してるか読み難いからで

2012-10-04 13:06:42
ultraviolet @raurublock

@DocSeri GURPS Alternate Earths で数行だけ紹介されてた Rome-7 つう平行世界が、「2世紀のアレキサンドリアで蒸気機関が発明され、そのまま 産業革命に突入した直後」つう設定だった。それ以外情報が何もないのだけど

2012-10-04 13:07:53
芹沢文書 @DocSeri

……今なんかマケドニア蒸気共和国vs大中華飛行帝国について考えてたら脳内で月の裏側からゲルマン民族が大移動を開始した

2012-10-04 13:16:08
芹沢文書 @DocSeri

ヴリルは月にあったんだよ!

2012-10-04 13:16:41
芹沢文書 @DocSeri

@adramine 木質配管の蒸気文明は小川一水の初期作品にありましたね確か。

2012-10-04 13:19:38
芹沢文書 @DocSeri

竹は非鉄材で配管を構築可能な点で低温低圧蒸気機関としては優位性があるな。中華文明側では軽蒸気機関が発達するかも知れない。もっとも、それが可能ならば鉄輪補強→総鉄化によって重蒸気機関へと移行しそうではあるが。

2012-10-04 13:25:45
芹沢文書 @DocSeri

竹管ロケットで宇宙を目指す話とか燃える(機体が)。気密室は陶器で(割れる)

2012-10-04 13:28:43
老朽区 @roqku

@DocSeri どの程度の温度の蒸気を通すかにもよりますが、結構劣化が激しいんではないかと思いマス。あと継手の処理も懸念材料かと。しかし竹配管の蒸気機関は絵的に映えそうですなw

2012-10-04 13:30:08
芹沢文書 @DocSeri

@roqku 継手部分を陶器で補ううちに竹管に粘土巻いて焼成する陶管方式に…‥はっ! ちくわ文明……?

2012-10-04 13:32:57
老朽区 @roqku

@DocSeri 陶管は振動に弱いんですよね……と、一つ思いつきました。竹に布を巻いて樹脂で固める漆器方式……

2012-10-04 13:37:13
芹沢文書 @DocSeri

紀元前って言ってるけどキリスト教が隆興しないなら紀元の起点がそもそも変わるな。マケドニア建国歴とかが使われるんだろうか。

2012-10-04 13:38:52
芹沢文書 @DocSeri

@roqku それもそれで熱とか弱そうな気が……ならば漆陶ハイブリッド(どうやって焼成するんだ

2012-10-04 13:39:47
残りを読む(22)

コメント

おりひか いくお @Orihika 2012年10月4日
@DocSeri 紀元前とはいきませんが、ロケット椅子で宇宙に行こうとしたワン・フーさんは参考になりますかね。 http://j.mp/SFjdjd
0
芹沢文書 @DocSeri 2012年10月4日
Orihika 15〜16世紀頃なんですね。シラノ・ド・ベルジュラックが月世界旅行で多段ロケットを描いたのは17世紀中頃でしたが、更に150年以上遡るとは……まあ流石に無謀に過ぎる感はありますけど。
0
はみばさん@しらす丼喰いたい @hummingbirdtako 2012年10月5日
ピューリタリズム以前だと資本主義が成立しないけと、その場合の産業革命はどんな形態になるのだろ?
0
みなせ ★ 今年はカミツキガメ取りに行けない @Ton_beri 2015年10月18日
「金属が青銅時代レベルであるのですが、これはたぶん大丈夫」 「計算機は石があればできます」 他は面白いけど、この2行で色々台無しだと感じてしまった。
0