私的メモ:「じゃあ、勝手にしなさい」という際の心持ちと和解方法

私(next49)が学生指導の際に「じゃあ、勝手にしなさい」とどういうときに言うのか、それは何故か、それを言った相手がどういう振るまいをしたら和解できるかを書きました。 こういう話は人によって違います。一般化にご注意の上、あくまでもたたき台としてご利用ください。
研究室 コミュニケーション 学生指導
next49 17611view 17コメント
16
ログインして広告を非表示にする
  • next49 @next49 2012-09-30 21:17:59
    「もう、勝手にしなさい」といわれた場合にどうやって関係を回復するか?という問いは難しいなぁ。私は「もう、勝手にしなさい」という側だからなぁ。あとで、私はどういうときに「もう、勝手にしなさい」と学生に云うかを検討しよう。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:35:28
    私はどういうときに「もう、勝手にしなさい」と学生に云うかを検討しよう。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:37:16
    「もう、勝手にしなさい」というときに何を感じているかというと、大体の場合は「疲労感」。「はぁ」とためいきついてから「じゃあ、もう勝手にしなさい」というテンションが多い。エキサイトしながらは私の場合は言わない。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:38:25
    だいたい、同じことについて1時間かけて説明するのを4回ぐらい繰り返すと、「はぁ、じゃあ、勝手にしなさい」ということになるのが多い。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:42:51
    同じ事を何度も注意する。しかも、改善へ向けた変化がみえないときに疲労感と無力感を感じる。疲労感は、何度も同じ事を説明していることの無意味さに対して、無力感は注意、助言、指示を無視されたということに対して。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:45:04
    (承前) 改善しようとしているのに技術や能力的にうまくできないというのには無力感は感じない。疲労感は感じるが。私の場合は、「じゃあ、勝手にしなさい」発言に至るには、疲労感を増大させた上で、無力感を感じさせるのが効率が良いみたい。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:47:56
    私に「じゃあ、勝手にしなさい」と言われた場合には、私がこれまでに伝えた注意事項、助言、指導を何度も無視していることを疑ったほうが良い。正確には、私が「これまでに伝えた注意事項、助言、指導を何度も無視されている」と認識していると考えるのが良い。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:49:27
    もちろん、体調や精神状態によって「じゃあ、勝手にしなさい」のしきい値は日々変わるので、たった2回の無視で「じゃあ、勝手にしなさい」と言われるときもあれば、10回ぐらい無視しても言われない時もあり得る。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:54:07
    私がどういうときに注意、助言、指導が無視されたと判定するかというと、伝えた注意、助言、指導に対して「理解できていません」という意思表示がない、かつ、反論もない、その上で、注意、助言、指導に対するリアクションが見えないとき。
  • next49 @next49 2012-10-04 18:57:49
    これまでの振り返りから考えると私の場合、「じゃあ、勝手にしなさい」は「お前が私を無視するならば、私はお前を指導する気がしない。よって、もう指導しない」の短縮表現みたいだ。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:00:23
    より長くいえば、「一生懸命お前の卒業・修了およびメタ研究技術の習得について考慮し、順調に行くようにと提示した注意事項、助言、指導をお前が無視するというのは、お前は私の注意、助言、指導に価値を認めていないと宣言しているのと同じである。じゃあ、価値ある人に手助けしてもらえ。」
  • next49 @next49 2012-10-04 19:04:13
    なので、私に「じゃあ、勝手にしなさい」と言われたあとに、再び私に指導をしてもらいたいならば、 1) 無視していたことを認識し、 2) 無視していたことを謝罪し、 3) 今後無視しないつもりであることを事実を持って示す。としてくれるならば、とりあえずビジネスライクに指導再開する。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:06:37
    「1) 無視していたことを認識する」というプロセスがなぜ必要かというと、ほとんどの学生は意識的に無視をしているわけではないため。無意識に流れるように注意、助言、指導を無視している。このため、そのままだとまた、同じように無視される事態にはまってしまう。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:08:34
    (承前) また、すべてのケースについて予め言及することができないし、個人個人で物事の認識の仕方は異なるので、学生自身が自分はどういうときに相手の注意、助言、指導を無視してしまうのかを意識化し、パターンを見出してもらう必要がある。これができないと再発防止策がとれない。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:10:37
    たとえば私の場合は忘れっぽいという特徴がある。なので、注意、助言、指導されているその場では覚えているのだけど、一晩寝ると忘れてしまう。あるいは、別の事柄が生じると頭から抜け落ちてしまう。こういうメカニズムで無視してしまうことがわかれば、メモやToDoリストなどで緩和を図れる
  • next49 @next49 2012-10-04 19:12:58
    「2) 無視していたことを謝罪する」プロセスが必要なのは、私の感情を納得させてもらうため。私が傷ついたのが誤解だったとしても、その誤解のうち「私がそのように受け取ってもしょうがない」という部分については誤解させたことを謝罪して欲しい。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:16:25
    (承前) 自分が無視してことを認識するというプロセスを自分で行うことができた、あるいは友好的な雰囲気の下で、私の指摘を通して認識できた場合は、謝罪も「すみませんでした」「わかればよいよ」ですぐ終わることが多い。認識したことを説明してもらっている段階でほぼほぼ感情の整理は済んでいる
  • next49 @next49 2012-10-04 19:18:41
    (承前)一方で、自分が無視していたという事実をがんとして認めず、私が外形的な証拠を示した上で私がそれをどう感じたのかを逐一説明しなければならない状態のときは、だいたい謝罪も簡単にはもらえない。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:19:45
    (承前) そういう学生は「私が無視されている」と感じるのはしょうがないというと認めても「そういうつもりでなかった」と言いはる傾向が多い。その学生が「そういうつもりでなかった」というのはわかる。私も以前はそうだったし、今でも他の人を傷つけている可能性も高い。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:21:27
    (承前) でも、「私が無視されている」と感じてもしょうがない状況を作ったことについて、まずは謝罪すべきだろうと私は思う。なので、たいてい、やりとりはヒートアップして、「君と話すことはない。反省しなさい」で終わることになる。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:27:23
    (承前) 工学者の重要な能力の一つに当該関係者が受け入れられるポイントを見つけるというものがある。工学のいろいろな話はトレードオフが発生し、あちらをたてれば、こちらが立たずという状態になりやすい。その中で、当該関係者が受け入れられる解放を提示するのが工学者の役割。
  • next49 @next49 2012-10-04 19:29:11
    (承前) 工学者を教育する側に立つものとして、学生が相手が自分の言ったこと、行ったことをどう受け取るのかを考えないというのはまずいと思う。だから、なおさら「そういうつもりでなかった」という言い訳を受け入れないようにしている。だれだって、そういうつもりで人を傷つけるわけでない
  • next49 @next49 2012-10-04 19:30:21
    (承前)余談ながら、謝罪関して勉強になったなぁと思うのは「 あなたを危機から救う一分間謝罪法」 。謝罪もスキルであるというのは福音だ。 → 私の読書メモはこちら。 http://t.co/MLhxiXP4
  • next49 @next49 2012-10-04 19:34:24
    「3) 今後無視しないつもりであることを事実を持って示す」が必要な理由は、誠意を外形的に示してもらいたいのと、同じ展開を再発防止したいから。口先だけならなんとでもいえるというのは、みんなわかっていること。口先だけでないことを見せて欲しい。 して欲しい
  • next49 @next49 2012-10-04 19:37:06
    (承前) また、精神論でなく、システムで再発を防止して欲しい。仕事管理法のGTDでも言われていることだけど、人間だから調子の良い時も悪い時もある。精神論での再発防止は調子が良い時を前提としているので、調子悪い時には役立たない。調子が悪い時でもできるシステムが必要。

コメント

  • あかみ @akami_orihime 2012-10-04 23:03:33
    ……この要求、現実的に不可能ってやつじゃないか?/実質的には「和解するつもりはない。この大学、この学部ではあなたには学位を出さないので、学位欲しければ=卒業したければ転学部/学科しなさい」と言うつもりなのかな。
  • あかみ @akami_orihime 2012-10-04 23:07:54
    さらに言えば、こうやって指導を無視する人が、こんな「専門家クオリティの謝罪」を誰からの支援も受けずにやれる、というストーリーはちょっと不自然に聞こえる。
  • アボシャンのたこ焼き @aboshan 2012-10-05 00:28:26
    慇懃無礼と周到な根回しと、自分の黒の部分を遠回しに潔白に見せた「法に従う無礼者」ってところですかね。少なくとも人は合理的ではないことを理解した上でマネジメントを勉強なさる方がWin-Winとは思いますね。人を何かの機械と思ってる節がある。
  •   @solilone 2012-10-05 00:33:46
    「こうしろ!」という「要求」ではなく「自分の場合はこう考えているから、こうしてみたら?」と言う「助言」ですよね。「無視」という部分を抽象化して「問題のある行動」と置き換えると、自分の行動を振り返り、問題点を見つけ出す。問題のあった行動について謝罪する。問題の解決方法を自分なりに考え、それを伝える。ということなので実現困難なほど質の高い謝罪というよりは、基本的な謝罪ではありませんか?
  • あかみ @akami_orihime 2012-10-05 01:16:14
    やっぱり、これは教育の一環ではないな。ふるい落としの一環にしかなってない。こういう基本的な対応ができない人をできるように変えていくこと自体が教育のミッションでしょう。変わらなければ教育しない、はダメだ。
  • このは* @skyknhsp4 2012-10-05 01:48:26
    人の話を聞かない、理解しない、しようとしない教師が得意とするセリフだよね。無視じゃなくて、的外れなこと言うから除外されてるだけなんだけどねー…
  • でき @dekijp 2012-10-05 09:36:41
    勝手にしなさい=指導教員に(勝手にする)許可を貰った ですよねw その結果学生がどう動いても、指導教員に許可を貰って動いたという事なのでこの人責任取る気あるのかね?「(勝手にしろという)指導に従って動いたら怒られた」ってこういう話ですよねw正直、指導者に向いていない事を自覚してとっとと辞めた方がいいと思う。他人、目下、生徒の扱いが下手すぎる。
  • Shimalith @shimalith 2012-10-05 11:18:17
    引っくり返すと「もしあなたが助言を受け入れるようになるのなら、指導する気はありますよ」そのへんの発言の真意を教えたり、謝罪の方法を教えたりするのは「勝手にしなさい」と言った当人以外の人、理系研究室では講座の助手や大学院生といったサブリーダーのお仕事。怒られた学生に必要な能力は、他の研究室メンバーに対して「どうしよう」と問い合わせる程度のコミュニケーション力だけ。
  • Shimalith @shimalith 2012-10-05 11:26:04
    よく父親と母親で「怒る人」「なだめる人」の役割分担してるひといるよね。あれ大事で、あれがないと改善方法が分からないで反発だけ残っちゃう。(ポーズであっても)怒った人が仲裁のアドバイスまでするのは難易度高い。 もちろん、明示的なり暗黙的(研究室の伝統となっている)なりで、分担がないとやりっぱなしになるけれど。
  • next49 @next49 2012-10-05 12:35:17
    akami_orihime おっしゃるとおり、「じゃあ、勝手にしなさい」と言われた人が単独でどうすれば良いのか気づくのは難しいと思います。なので、誰かに相談してどうしたらよいのかを教えてもらうか、「じゃあ、勝手にしなさい」と言った当人に、「なぜ、『じゃあ、勝手にしなさい』と言われたのかがわかりません。申し訳ないですがご教示いただけますでしょうか」と尋ねるのが良いと思います。
  • next49 @next49 2012-10-05 12:36:23
    akami_orihime この話は「じゃあ、勝手にしなさい」と言った(言われた)後の話を検討しているので、どうすれば「じゃあ、勝手にしなさい」と言わない(言われない)かは想定の外になっています。
  • next49 @next49 2012-10-05 16:24:32
    akami_orihime どういうふうにすれば「じゃあ、勝手にしなさい」と言われにくいかについては、http://d.hatena.ne.jp/next49/20081109/p1http://d.hatena.ne.jp/next49/20120111/p2 にまとめています。
  • あかみ @akami_orihime 2012-10-05 16:26:58
    @next49 となると、「勝手にしなさい」と言った後に「なぜ言われたのか分かりません。申し訳ありませんが~」と質問されたら答えることについては教員側に責任がある、という解釈でよろしいでしょうか?
  • next49 @next49 2012-10-05 16:30:39
    skyknhsp4 和解したいならば、自分がどういうつもりだったかではなく、何をしたかから話をスタートさせないとどうにもならないというのが和解プロセスで強調したかった点でした。和解が必要ないならば、別に何もする必要はないと思います。
  • next49 @next49 2012-10-05 16:33:42
    dekijp 教員の許可が必要でない事柄については「勝手にしなさい=指導教員に(勝手にする)許可を貰った」というご認識のとおりです。一方で、教員の許可が必要な事柄(各種卒業関連書類への押印・サインなど)は勝手にしなさいと言われた当人が勝手にできることではないです。理屈と実績と規則を用いて、教員の許可を得る必要があります。
  • next49 @next49 2012-10-05 16:37:16
    shimalith おっしゃるとおりだと思います。どなたがおっしゃていたのか忘れましたが、組織には困ったときどうすればよいかを相談できる縦の関係でも、横の関係でもない「おじ・おば」「お兄さん・お姉さん」の位置づけの人が必要なのだと思います。
  • next49 @next49 2012-10-05 16:40:41
    akami_orihime 教員側の責任が何を意味するかわかりませんが、私の場合は、よほどうんざりしていない限りはそういわれたら答えます(どれくらいちゃんと説明するかはそのときの余力とそれまでのやりとり次第ですが)。

カテゴリーからまとめを探す

「テレビ」に関連するカテゴリー