あんどーさんのノルウェーとベラルーシの旅(ベラルーシ編)

チビちゃんアイコンの江川さん、おしゃれなパリにいたかと思うと、なぜかストックホルムへ。そこで、ネコミミをつけたあんどーさんが現れて、なんとグローバルな奇遇を果たします(半分嘘)。そこからベラルーシのミンスクへ乗り込んだ方たちを待っていたのは、ホテル・プラネタでの大音量のディスコ(懐かしい)。こぎれいなノルウェーから、土の匂いのするベラルーシへ。まだ続きます。 ノルウェー到着まで。http://togetter.com/li/381838 ノルウェー続きを読むチビちゃんアイコンの江川さん、おしゃれなパリにいたかと思うと、なぜかストックホルムへ。そこで、ネコミミをつけたあんどーさんが現れて、なんとグローバルな奇遇を果たします(半分嘘)。そこからベラルーシのミンスクへ乗り込んだ方たちを待っていたのは、ホテル・プラネタでの大音量のディスコ(懐かしい)。こぎれいなノルウェーから、土の匂いのするベラルーシへ。まだ続きます。 ノルウェー到着まで。http://togetter.com/li/381838 ノルウェー編。http://togetter.com/li/382052
buvery 30270view 24コメント
143
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • buvery @buvery 2012-10-06 06:27:45
    まとめを更新しました。
  • ベッド紳士 @Bed_gentleman 2012-10-06 06:32:47
    何と、江川さんも一緒にフィーバーしていたとは!
  • buvery @buvery 2012-10-06 15:57:29
    まとめを更新しました。あんどーさんたち、一路懐かしのブラギンへ、いざ出発です。ちょっと寒いのかな。
  • buvery @buvery 2012-10-06 21:05:02
    まとめを更新しました。ゾイアさんのBBRBICの人に助けてもらって、無事にブラギンへ入るための許可証(!)をもらった、ご一行。
  • buvery @buvery 2012-10-07 09:26:56
    まとめを更新しました。無事にブラギンに入れたあんどーさんたち、今日は移動日。明日は、ブラギンから、ほんもののベラルーシの農村へ。
  • buvery @buvery 2012-10-07 20:35:11
    まとめを更新しました。あんどーさん、なぞの行方不明事件も解決し、ブラギンの農村へ向かいます。まだまだいきます。
  • buvery @buvery 2012-10-08 08:44:02
    まとめを更新しました。ブラギンの近くのテルマン村、セレツ村で農家の人たちと話す、あんどーさん。『人によって意見が違うのは当たり前』まだ続きます。
  • buvery @buvery 2012-10-08 19:37:21
    まとめを更新しました。ベラルーシの生態保護区内へ入る、あんどーさんたち。生体保護区内とは、チェルノブイリのいわゆる30キロ圏内、排除区域のことです。まだ続きます。
  • buvery @buvery 2012-10-09 05:38:19
    まとめを更新しました。あんどーさんたちの話の続き。ブラギンで落ちツィタのは13年くらいたってからのこと。汚染管理計画もその頃から普及したようですね。まだ続きます。
  • buvery @buvery 2012-10-09 22:50:04
    まとめを更新しました。『ベラルーシの女性は美人か』という質問にエカテリーナさんという証拠を出してきてTLは大はしゃぎな人がチラホラ。それでも、あんどーさんたちはコマリン村でアナスタシアさんとお話。まだ続きます。
  • Flying Zebra @f_zebra 2012-10-09 22:53:34
    何度でも言いますが、ウクライナは美人の国です。
  • Flying Zebra @f_zebra 2012-10-09 22:54:52
    チェルノブイリにより近いブラギンより首都のミンスクなどでパニックが起きやすいというのは示唆的ですね。現在の関東などでも同様でしょうが、リスクを実感できない(する必要がない)から本気で勉強することもなく、根拠のない噂に簡単に流されてしまうということでしょうか。
  • Flying Zebra @f_zebra 2012-10-09 22:56:17
    これまでも研究者やジャーナリストが訪問、調査した例はありますが、あんどーさんによる住民の目線でのレポートは非常に貴重で、有用だと思います。いまだに古い伝聞情報で適当なことを書き散らしているメディアや元医師が滑稽に見えます。
  • 魚春 @sawara_fish 2012-10-09 23:27:05
    「放射線防護文化」という言葉の内実がひしひしと伝わってくるまとめですね。
  • buvery @buvery 2012-10-10 16:56:51
    まとめを更新しました。ブラギンのコマリン村でロシャールさんと6年一緒に仕事をしていたアナスタシアさんにウォッカを飲まされたあんどーさん。ブラギンの最終日が終わり、ミンスク目指して爆走中です。まだ続きます。
  • YumiKusumoto㌠ @masanochi 2012-10-10 21:31:05
    ベラルーシの女性って、みんな松本零示が描く女性みたいに綺麗ですね。
  • buvery @buvery 2012-10-10 23:13:07
    まとめを更新しました。あんどーさんたちがミンスクへ帰ってきて、緊急事態省のゾイアさんとお話。後は帰国の飛行機ですね。
  • 北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012-10-11 02:01:52
    ウクライナとベラルーシの国境に当たる地域はユーラシア屈指の広葉樹林帯。ベラルーシの農地がそれほど肥沃でないのは、この広葉樹林帯の南に広がる黒土地帯ほど川の恵みをうけていないから。やはりウクライナとベラルーシを含むヨーロッパ・ロシアを理解するためには川と森を知る事が必須。レーニンでさえ、その名の由来はレナ河。逆に言えば森林と河川の汚染が許容レベルであれば過度の不安を煽る必要はないのでは。
  • 北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012-10-11 02:19:00
    プーチン政権に忠誠を誓うルカシェンコ独裁体制のベラルーシとオレンジ革命で親露と親欧米に国論の二分してしまったウクライナ。チェルノブイリ原発:Чернобыльской АЭСをもし本当に2065年までに収束させようと考えるなら、こうした政情不安はきわめて危険な要素である。スターリンとヒットラーに蹂躙されたウクライナの反ソ・反大ロシア(ウクライナは小ロシア。但し歴史は古い)感情は根深く、さらにチェルノ原発の後始末を押し付けられたことへの反発もある。
  • 北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012-10-11 02:27:09
    事故原発の収束に向けた資金面を含む国際協力がなされない限り、ベラルーシ・エートスの成果は十全とはいえない。その意味で新たな石棺建設の問題は、当面の試金石といえるだろう。森と河と宗教という視点がもう少しあれば、、、というのが正直な感想です。連投失礼しました。
  • buvery @buvery 2012-10-11 02:49:40
    チェルノブイリ原発はウクライナにあるので、今計画されている新しい石棺は国際協力(特にヨーロッパ)のもとで行われていますが、ベラルーシが直接何かすることはないのではないでしょうか。
  • buvery @buvery 2012-10-11 18:03:49
    まとめを更新しました。かわいいエカテリーナさんに見送られ、あんどーさんたちはミンスクを出発です。ノルウェーから連続の渾身のツイでした。おつかれさま。
  • buvery @buvery 2012-10-12 11:47:02
    まとめを更新しました。ようやく成田に帰ってきてお寿司をぱくつくあんどーさん。長かったけれどこれでおしまいです。また、覚えていることがあれば、ツイしてもらえば、拾います。
  • 北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012-10-12 20:57:11
    チェルノ事故のことであちらのフォロワーさんとやりとりすると話題になるのが『ヨハネ黙示録』のニガヨモギの話。988年にキエフスカヤ・ルーシでギリシャ正教が国教となって以来のキリスト教の伝統は無視できない。チェルノ事故はこうした宗教心の篤い人々にとってはまさに「黙示録的世界の現前」、デマ屋の与太話で生じたパニックとは社会的な意味合いが異なる。ヨーロッパへ行くときは歴史と宗教を忘れるな!でしょうか。

カテゴリーからまとめを探す

「写真」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする