5
小比良 和威 @ohira_y
“Caen大学の研究は遺伝子組換えNK603トウモロコシの再評価の理由にならず、グリホサートの認可更新にも影響しない 2012-10-03 - 食品安全情報blog” http://t.co/soO2LWyu
リンク 食品安全情報blog 2012-10-03 Caen大学の研究は遺伝子組換えNK603トウモロコシの再評価の理由にならず、グリホサートの認可更新にも影響..
小比良 和威 @ohira_y
ちょっと前から一部で話題になっている研究についての解説 / “フランスの研究グループによる「組み換えトウモロコシの毒性」に関する論文およびそれに関する報道について - FSIN” http://t.co/QMx8RLIQ
小比良 和威 @ohira_y
サイエンスメディアセンターに掲載された専門家のコメント / “遺伝子組み換え作物と除草剤のラットへの影響について | Science Media Centre of Japan” http://t.co/5vC3HrhU
リンク t.co 遺伝子組み換え作物と除草剤のラットへの影響について | Science Media Centre of Japan 一般社団法人 サイエンス・メディア・センターのウェブサイトです。
小比良 和威 @ohira_y
『欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)は4日、ラット実験で遺伝子組み換え(GM)トウモロコシの発がん性を指摘したフランスの研究報告について、科学的に不十分なものだとの見解を表明』 / “時事ドットコム:GMコーンの発がん性認…” http://t.co/7fwtV8f8
リンク www.jiji.com 時事ドットコム:発がん性の指摘認めず=輸入承認の遺伝子組み換えコーンEU 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)は4日、ラット実験で遺伝子組み換え(GM)トウモロコシの発がん性を指摘したフランスの研究報告について、科学的に不十分なものだとの見解
ニコニコニュース  最新記事 @2525news
GMコーンの発がん性認めず=「科学的に不十分」―EU http://t.co/VHs2V5B9 : 時事通信社 #niconews
リンク ニコニコニュース GMコーンの発がん性認めず=「科学的に不十分」―EU 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)は4日、ラット実験で遺伝子組み換え(GM)トウモロコシの発がん性を指摘したフランスの研究報告について、科学的に不十分なものだとの見...
wake up, stand up @bmdurg
欧州食物安全機関が、遺伝子組み換えコーンの危険性についての実験を行ったフランス研究チームに対して、全てのデータを提出せよと要求EU panel says Caen study of Monsanto GM corn inadequate http://t.co/j8itDv4N
リンク Reuters EU panel says Caen study of Monsanto GM corn inadequate BRUSSELS (Reuters) - A French study linking a type of genetically modified corn to health risks in rats was of insufficient scientific quality to draw any conclusions on the safety of such crops, an initial
小比良 和威 @ohira_y
"セラリーニらのラット試験を発表した雑誌への疑問を極めて明確にした。彼らは議論や規制や政策決定は、キャンペーンアジェンダではなく、良質の科学的根拠に基づいて行われることがどれほど重要であるかを強調" / “セラリーニラット試験を発表し…” http://t.co/0QMMPFFG
リンク 食品安全情報blog 2012-10-09 農業とオランダの1992-2010年の水質 Agricultural practice and water quality in the Netherlands in the ..
うさぎ林檎@ししょー時々下男 @usg_ringo
"EFSAは遺伝子組換えトウモロコシNK603とグリホサートを含む除草剤の毒性の可能性を示した最近の論文は、科学的質が十分ではなくリスク評価に意味があるとは考えられないと結論した。EFSAの初期レビューではこの論文に概要を提示されている実験デザイン、"⇒
うさぎ林檎@ししょー時々下男 @usg_ringo
⇒"結果の報告の仕方都会席は不適切であることを見いだした。この研究の全容を理解するためにEFSAは著者Seraliniらに重要な追加情報を共有することを求めた。そのような欠陥があるため現時点ではEFSAは著者の結論が科学的に正当なものだとは見なせない。"⇒
うさぎ林檎@ししょー時々下男 @usg_ringo
⇒"実験デザインや方法に関連する多数の問題点は、この論文からラットの腫瘍について何の結論もできないことを意味する。従って著者らが発表した情報に基づき、EFSAはこれまでのNK603トウモロコシの安全性評価を見直したり、現在実施中のグリホサートの評価に"⇒
うさぎ林檎@ししょー時々下男 @usg_ringo
⇒"この知見を検討する必要性を見いだせない"・食品安全情報blog「EFSAはGMトウモロコシと除草剤の研究の初期レビューを発表」http://t.co/ydaAHc2Q
リンク 食品安全情報blog 2012-10-05 反復投与毒性試験データから発がん性を予想する Prediction of carcinogenic potential of substances usin..
小比良 和威 @ohira_y
セラリーニの実験について / “科学にとっての悲しい日。 メディアにとってはもっと悲しい日~Séralini事件(上) | http://t.co/BzHkm0UPhttp://t.co/WbsniUfa
リンク t.co FOOCOM.NET | 科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体 消費者団体として、農業、水産業、食品製造や加工、流通など食にまつわるさまざまな情報を、科学的根拠に基づいて分析し提供。リスクコミュニケーションに寄与します
小比良 和威 @ohira_y
セラリーニの実験について / “フランスで遺伝子組み換えトウモロコシの長期毒性試験、信頼性に疑問符のつく結果に専門家からの反論相次ぐ  バイテク情報普及会” http://t.co/3dfLAJp2
リンク t.co バイテク情報普及会 バイテク情報普及会は、遺伝子組み換え技術などのバイオテクノロジーの科学的な情報を提供するための機関です。
小比良 和威 @ohira_y
“ラットを用いたフランスでの研究に対する、モンサント・カンパニーのコメント | 資料室 | 日本モンサント株式会社” http://t.co/S95kVmOG
リンク t.co ラットを用いたフランスでの研究に対する、モンサント・カンパニーのコメント | 資料室 | 日本モンサント株式会社 モンサント・カンパニーはこの研究結果を精査しました。その結果として、以下の通りモンサント・カンパニーのコメントを発表します。 本試験結果はこの種の科学的な研究において、必要とされる基準に達しておらず、また、所見はデータによって裏付けられておらず、導かれた結論は安全性評価の目的にかなったものではありません。
残りを読む(32)

コメント

石部統久 @mototchen 2012年10月17日
セラリーニのラット試験の反論サイトを追加しまとめを更新しました。
石部統久 @mototchen 2012年11月1日
コメントツイートを追加しまとめを更新しました。#モンサント# 遺伝子組み換え #実験不備
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする