2012年10月15日

MPLS Japan 2012まとめ

MPLS Japan 2012で出てきた話
11
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

「パケット・トランスポートの融合」セッション #mpls_jp

2012-10-15 09:34:12
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さんによる「トランスポート制御技術の現状と今後」です。 #mpls_jp

2012-10-15 09:34:59
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:MPLS-TP-完成か?道半ばか? →ITU-Tからみた標準化状況 #mpls_jp

2012-10-15 09:37:21
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:MPLS-TP関連RFC →IETFでは概ね作業が終わっています。IETF82までで。 #mpls_jp

2012-10-15 09:38:27
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:ITU-TにおけるMPLS-TP勧告化状況 ・T-MPLSをMPLS-TPに置き換えましょうというのが ITU-Tでの 4年間の状況。 #mpls_jp

2012-10-15 09:40:02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:MPLS-TP標準化作業起こる案件: ・ITU-Tの観点ではT-のまま存在する勧告はプロテクションのみ ・草案G.8132についても今後の課題 ・他、OAM処理などの装置処理規定、装置管理モデル #mpls_jp

2012-10-15 09:41:37
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:OTN網制御技術から見たパケット網の融合 ・OTN詣でのサービス提供 ・G.709 GMPLSシグナリング、MGPLSルーティング標準化状況 ・マルチレイヤ(L2 or L0) #mpls_jp

2012-10-15 09:42:56
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:OTNネットワーキングへの期待: ・OTN(G.709):広帯域とEthernet IFの直収 ・応用例:顧客拠点間での1GbE回線接続サービス提供 ・OTN導入のメリット →低遅延なサービス回線提供 #mpls_jp

2012-10-15 09:44:51
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:OTN網制御・設定-現状: ・管理層:G.798(OTN)、G8021(Ether) ・制御層:IETF RFC #mpls_jp

2012-10-15 09:46:52
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:融合(統合)の観点で: ・分散制御(GMPLSプロトコル) →シグナリングによるEnd-to-EndのE-Line設定と提供 ---------- ・集中管理(NMS-EMS構成) →マッピング処理・多重処理・警報設定による #mpls_jp

2012-10-15 09:48:48
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:OTN GMPLS(制御層)に期待するもの: ・顧客起点 →On demandによる提供 ・ネットワーク運用者起点 →多重すなわち収容効率最適化を考慮したパス提供並びに経路最適化 →経路管理の自動化/集中化 #mpls_jp

2012-10-15 09:50:47
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:OTN Client連携について: ・OTN網Edge(UNI)におけるOTN-Client連携 ・OTN網内部におけるOTN-Client連携 #mpls_jp

2012-10-15 09:59:41
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:OTN-Client連携について: ・OTN網内部におけるOTN-Client連携 →Switchも含むマルチレイヤシグナリング、またはEnd-to-End L2パスを行うためには GMPLS MLN/MRNの導入が必要 #mpls_jp

2012-10-15 10:00:59
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

栃尾さん:まとめに代えて: ・課題となるのはL0/L1連携 →L0はWSON、SSONで進行中 #mpls_jp

2012-10-15 10:03:12
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さんによる「大容量のMS-OTN(Multi-Service Optical Transport Network)の適用事例と課題」です。 #mpls_jp

2012-10-15 10:09:57
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:MS-OTNの利点1:低消費電力、称スペース: ・MS-OTNとコアルータの比較 →50%低消費電力、60%省スペース(相当機器の公開仕様より概算) #mpls_jp

2012-10-15 10:15:55
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:MS-OTNの利点2:SDH相当の高品質な1G、10G専用線: ・専用線サービスは収益率が高い ・中国、アジア諸国では70%の中小企業が2Mbps以下のTDM専用線を利用 ・OTNはTDM方式で高品質イーサネット専用線と既存TDM専用線を収容 #mpls_jp

2012-10-15 10:18:12
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:MS-OTNの適用シナリオ1:サービスMUX/DEMUX: ・100G伝送時代→サービス帯域(1Gbps~)とライン帯域(100G)のギャップ拡大 ・OTNスイッチは大容量リンクの効率的利用に貢献 #mpls_jp

2012-10-15 10:19:43
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:MS-OTNの適用シナリオ2:OTNパス中継: ・OTNスイッチは光レイヤの制約を緩和し自由度の高いネットワーク間接続に貢献 ・100G伝送時代→OTNパス(サブλパス)のメッシュネットワーク化 #mpls_jp

2012-10-15 10:22:19
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:MPLS-TPによってサービス多重をさらに効率化: ・IP over OTN plus IP over MPLS-TP →パケット多重化による細粒度のパス設定、及び、非対称帯域の双方向のパス設定効果によってIFカードをさらに10%以上削減 #mpls_jp

2012-10-15 10:28:04
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:OTNネットワークの2つの基本モデル: 1)Stand Alone OTNノード 2)Integrated OTN/DWDMノード →OTNスイッチの利点を活かしたネットワークには後者 #mpls_jp

2012-10-15 10:30:04
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:100G伝送路を有効利用するハイブリッドラインカード: ・VC/ODU/Packet→ODU(OTU4)へ #mpls_jp

2012-10-15 10:32:58
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

滝広さん:まとめ: 1. MS-OTNはOPEXを削減 2. 10Tbps+クラスのOTNスイッチが有用 3. OTNとMPLS-TPの組み合わせ #mpls_jp

2012-10-15 10:34:06
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

土屋さんによる「iOverlay IP/Optical制御プレーンの統合」です。 #mpls_jp

2012-10-15 10:38:12
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6

土屋さん:gMPLSのコンセプト: ・RFC3945 #mpls_jp

2012-10-15 10:39:31
残りを読む(189)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?