青年団 アンドロイド版『三人姉妹』

青年団第69回公演 青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト アンドロイド版『三人姉妹』関連ツイートまとめ 【東京公演】10月20日(土)~11月4日(日) 吉祥寺シアター 【フランス公演】12月15日(土)~20日(木) ジュヌヴィリエ国立演劇センター 続きを読む
3
青年団 SEINENDAN @seinendan_org

【青年団・平田オリザ】演劇・映画・評論、関連ツイートまとめ→[アンドロイド版『三人姉妹』] http://t.co/7kQZLg9U [観察映画『演劇1・2』] http://t.co/gxX08yqv [新刊『わかりあえないことから』] http://t.co/GWYVIio7

2012-11-05 09:58:31
青年団 SEINENDAN @seinendan_org

現在、梅田に新しくオープンする劇場のこけら落とし公演として上演される、ロボット版『銀河鉄道の夜』のキャストを募集しております。今後のロボット演劇プロジェクトにも、どうぞご期待ください。 http://t.co/SCMMpfkM

2012-11-04 23:32:42
青年団 SEINENDAN @seinendan_org

【アンドロイド版『三人姉妹』】東京公演の全日程が終了しました。多くの皆様のご来場、ありがとうございました。本作品は12月、フェスティバル・ドートンヌ参加作品としてジュヌヴィリエ国立演劇センターにて上演されます。

2012-11-04 23:30:17
Katsue Nagakura @kaetn

ロボット演劇でアンドロイドとロボットのリアリティを考える http://t.co/bNgOe4ah

2012-11-06 20:58:53
yumiko tanaka @tammytamer

こないだ、平田オリザの「三人姉妹」観に行ったけど、おもろかったので、映画も観たいんだよなぁ。

2012-11-06 16:05:01
山下治城:YamashitaHaruki @haruharuy

[exblog] 「アンドロイド版 三人姉妹」青年団第69回公演(@吉祥寺シアター) http://t.co/ruTQrdev

2012-11-06 07:48:51
武内秀光(Hidemitsu Takeuchi)/映像テロリスト @R_Mutt_1917

ロボット演劇と(どうなるのかよくわからないということも含めて)ボーカロイドオペラの比較ってのは面白かった。昨日は有意義な時間が過ごせたな。

2012-11-06 02:06:44
phew @originalphew

ただ「三人姉妹」のアンドロイドは「未来のイブ」っぽかったし旧式のロボットはロビンとかR2D2系のなつかしいスタイルだったのでちょっとほっとした。

2012-11-06 00:51:37
phew @originalphew

でロボット演劇ときいて即ロシア構成主義のお芝居のようなものを想像してかけつけた吉祥寺シアターで見た「三人姉妹」

2012-11-06 00:39:00
たんぽぽのフゥ〜 @Rippleple

吉祥寺のロボット演劇「三人姉妹」を観てきた。ロボットが人間ぽかったり人間がバグッてる感じだったり…人間はジタバタとアホで愚かなかわいい動物なのだと改めて自覚…「演劇1、2」の周辺をジタバタと動き回っている。

2012-11-06 00:12:49
むしなべ虫子 @mushi_ko

『アンドロイド版 三人姉妹』を見た。すっかり圧倒されました。淡々としてるけど心に刺さる台詞の数々に、途中何度も息を飲んだ。えらいもん見た。チャンスがあれば、また是非見たい。

2012-11-05 19:23:50
imakamai @imakamai

なにかを愛らしく感じるのって、タイミングが変だったり、おバカなはずのロボットが妙に賢かったり、そんなズレを感じる瞬間なんだなあ。

2012-11-05 19:19:14
imakamai @imakamai

ロボットには行間がないとか感情がないとか言いがちな私だけど、ロボットを前にしたら、正直こいつと暮らせそうだななどと思って、さらにまた考え直す。感情のないロボットの感情は自分の鏡でしかない、のか。一本の道筋を立てるような話でなく、なんだかもっと掻き乱されて終わった。良い時間だった。

2012-11-05 19:18:59
imakamai @imakamai

散々引き返そうか迷った挙句、かなり後ろ向きな気分で入った、アンドロイド版三人姉妹。最後に背中を押したのは、いまこの時のロボットがどんな感じか見ておくことが後々大事な感覚になる気がしたこと、それと出演者である友人..と呼ばせてもらっちゃおっと..の感覚を信頼していること。

2012-11-05 19:18:33
べきら @bekirra

『アンドロイド版 三人姉妹』開演待ちの舞台にすーっと登場したロボット執事に目が釘付け。『火の鳥』のロビタがついに現実に!と手塚治虫世代は感無量。あの愛敬と精勤ぶり。あれ欲しい。普通自動車一台分くらいの値段ならローン組んでも…と、すっかり世界にとりこまれてムラオカのファンに。

2012-11-05 17:25:14
中西理 @simokitazawa

青年団アンドロイド演劇「三人姉妹」観劇。いずれも同じ原理なのにロボットはロボットらしく、アンドロイドはアンドロイドらしく、人間は人間らしく見えてくる。平田演劇のマジックは「ソウル市民」から20年たっても不変だ。

2012-11-05 17:20:07
田中勉 @lander1999

それからそれから、土曜日は吉祥寺でアンドロイド版『三人姉妹』。「静かな演劇」てなに、というくらいのスラプスティックぶりの中にそこはかとなく寂しさが漂うのはチェーホフ的世界観。ぶっちゃけキャストの一部がアンドロイドであることの意味みたいなものはよくわからなかったが、普通に楽しめた。

2012-11-05 14:24:57
waentertainment @waentertain

@KazuhiroSoda 「三人姉妹」観てきました。私たちの場合、すでに4作品で青年団の方に出演していただいているのですが、「演劇1・2」を観て、『演劇vs映画』を読んだ後で、より青年団の面白さが解ったため、とても堪能できました。

2012-11-05 01:49:42
@gosanknife

あとロボットのムラオカ、すごい好き。料理とかたまに作ってもらいたいけど、お話とかして、たまに通じなかったりして、苦笑したい、

2012-11-05 00:41:29
@gosanknife

ただ今回の演劇、形式というか、登場人物にロボットがでてくるというアブノーマルなところもあり、進行に特殊な形骸化のようなものがいくつか見受けられて、あーこれ最終日だもんなーって感じた

2012-11-05 00:36:40
@gosanknife

生きる理由が欲しいんじゃなくて、認められたいんだってひと、おおい

2012-11-05 00:34:46
@gosanknife

生きる理由ってなんだろうって考えてしまった時に、むしろその理由が先天的に存在したら、怖いなあっておもった。

2012-11-05 00:31:46
tomo-mame @tomo_mame

観劇できたのは、2012.11.1ですが、アンドロイド版『三人姉妹」を観れました。ちゃんとそこに繰り広げられている物語の出演者と存在していた。何作かの実験作を経てきた成果とも思えるけど、いつもの青年団の公演。ラストの台詞「食べないと」が何か響いた。@seinendan_org

2012-11-05 00:28:16
@gosanknife

機械のふた通りの存在の仕方は、ある種的を射ていると感じた。つまり人としてのアンドロイドと、便利さのためのロボット。そしてそれはどちらも完全な人間として扱われることなど不可能で、そして最終的には人間のために存在してしまう。

2012-11-05 00:19:18
@gosanknife

演劇はわたしたちの生きる世界ではないもうひとつの現実を、二つの方法で、提示してくる

2012-11-05 00:16:31
残りを読む(1099)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?