Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年10月21日

初代ぷよまとめ。

初代ぷよについて思うこと。 *個人の感想です。 *効果には個人差があります。
0
どっかのだれか @doccano_dareca

初代ぷよのお話。最近ちょっとだけ意識を変化させたのでつぶやいておきます。 自分なりの究極連鎖の最高の形は山の形。1列目6列目が低く、3,4列目が高い形。

2012-10-21 12:34:21
どっかのだれか @doccano_dareca

つぶしに弱かったり、真ん中にぷよが残りやすいと言う弱点はありますが、「致死連鎖を打って勝つ」と言う目的の前では些細なことです。先に完全致死連鎖を打てれば何の問題もないのですから。

2012-10-21 12:35:45
どっかのだれか @doccano_dareca

そして、そのような意識を持つために行ったのは、初手周りのコンパクト化。初手1色・つまりゾロが2連続できたとき以外はほぼ3,4列目中心で組んでいくことになりました。

2012-10-21 12:37:39
どっかのだれか @doccano_dareca

これにより、意図しない致死2連鎖が見えたり、逆発火で致死に届いたりと言った、以前の自分には見えていなかったものが見えるようになった気がします。正直まだまだですが。

2012-10-21 12:38:41
どっかのだれか @doccano_dareca

そして、高さがあることで、デスタワーの持つ「高さによる時間短縮効果」も同様に受けられ、いい勝負が出来る、はずです。

2012-10-21 12:40:30
どっかのだれか @doccano_dareca

そして、この考えを基にした場合、有用になったのが、「ヘルファイア」の考え方。 ぷよますでもあったように、あれって縦にも横にも伸ばせるんですよ。

2012-10-21 12:42:58
どっかのだれか @doccano_dareca

ま、そんなこんなで思考する部分は増えたわけですが、それは練習して体に覚えさせていけばいいだけの話。

2012-10-21 12:45:01
スコーン @scone_p

高さとちぎりの関係が私には想像できないのでアレだけど、高い連鎖は安定性を求めるとどうしてもちぎりが多くなるのかなぁというイメージ。小鳥さんやあずささんをみていると。ちぎらず安定して組めるのだろうか。デスタワーはちぎらずつなげやすいという利点がある。ちぎっても2連鎖だし巻き返す。

2012-10-21 12:48:41
スコーン @scone_p

私のヘルファイアA&致死連鎖はちぎるちぎる。定型だからちぎる。ちぎるしかない。おかげで最近安定してきた。ただ操作ミスが未だに治らない。ぴよちゃんにちぎりすぎと指摘したキョウスケP。ちぎらない小鳥式はできるのだろうか。

2012-10-21 12:51:43
スコーン @scone_p

ヘルファイアA、一時期よりは弱くないと見直した。春香さんには是非あっちの世界を見せてもらいたい。

2012-10-21 12:53:04
どっかのだれか @doccano_dareca

そしてちょっとつけたし。ぷよますの小鳥vs千早戦の印象が強すぎて、ちぎり=悪の感覚が大きくなっているのではないかと言う懸念。

2012-10-21 13:12:02
どっかのだれか @doccano_dareca

違うんです。ちぎり自体は仕方ない場合も多いですし、ちぎりが0でも手数がかかっては意味がありません。大事なのは、ネクストを見た上で最小のちぎりになるようにぷよを置くことです。

2012-10-21 13:15:03
どっかのだれか @doccano_dareca

ちぎり数回で1手分損をする。これは逆に言うと 「数回の有用なちぎりをすることで、1手の損をなかったことに出来る」と言う考え方です。

2012-10-21 13:17:10
どっかのだれか @doccano_dareca

ちぎりは重要な要素の一つではありますが、避けて通れないものでもあります。 「どうやってちぎりを減らすか」ではなく、「どうやってちぎらずに置ける様に積むか」を考えるといいのかもしれません。

2012-10-21 13:22:30
どっかのだれか @doccano_dareca

そうだ、ふと思い出したので一点だけ。 2回ちぎらなければ置けないぷよの色が来たときに、ネクストのゾロを使えるか否かで勝負が決まることもあります。ご注意を。http://t.co/OdlgDDMA

2012-10-21 13:31:02
どっかのだれか @doccano_dareca

これはデスタワーでよく見られる例ですが、デスタワーを形式的に覚えてしまうと最初の黄色を迷わずちぎって6列目に置いちゃうんですよね。正解はいうまでもなくこうですが。http://t.co/TRFyAzGF

2012-10-21 13:33:47
どっかのだれか @doccano_dareca

このミスはおそらく1~2手位の損になります。ぎりぎりの勝負だと簡単に逆転される上に自分のミスが原因なのでモチベダウンにも繋がります。

2012-10-21 13:36:18
どっかのだれか @doccano_dareca

こういうミスを防ぐには、常に1/8 1/16 で来る最高の組ぷよを意識すること。 ネクストを見て次黄色だからあそこに置こう、では無く、「ネクストの黄色はあそこに置きたいけど、その次が黄ゾロなら捨てるほうがいいな」と思うのです。

2012-10-21 13:39:15
どっかのだれか @doccano_dareca

この意識改革には時間が必要ですが、がっちりはまったときには、とてつもない爆発力を引き出してくれます。 初代ぷよでは見えないネクネクを想像して組む。これが大事ですね。

2012-10-21 13:40:50
どっかのだれか @doccano_dareca

さて、初代ぷよについて。語りたくなったので書きなぐります。 初代ぷよで一番大切なのは、早さだと思います。

2012-10-27 23:49:58
どっかのだれか @doccano_dareca

早さが相手より優れていれば多くのツモを使えて効率を上回る。そんなこともよくあります。

2012-10-27 23:54:48
どっかのだれか @doccano_dareca

さて、その早さを求める方法ですが、何種類かあります。 まずは、高さ。デスタワーに代表される高い位置にぷよを置く連鎖をする場合、ちぎりが同じ場合ですと15手未満でも1,2手くらいの差は簡単につくと思います。

2012-10-27 23:59:48
どっかのだれか @doccano_dareca

そして最後に重要なのが積み込み速度。これが一番大事です。 ぷよますで伊織が酔ってないあずさに勝ったのも、この影響が大きいですね。逆に酔ったあずさに負けたのもこの影響が大きいです。

2012-10-28 00:03:01
どっかのだれか @doccano_dareca

そして、その次がちぎり。 これも早さの一員です。これの影響はこの前言ったとおり大きくはないのですが、無視できないレベルでは存在します。

2012-10-28 00:01:29
どっかのだれか @doccano_dareca

この積み込み速度ですが、上昇させるにはひたすら練習することが必要です。 とにかく練習練習。これしかないと思います。

2012-10-28 00:04:03
残りを読む(19)

コメント