2010年1月24日

少女革命ウテナ脚本集 (下) 読書メモ

メモ
5
@hallucina_

ウテナの脚本集の下巻のみを読む

2010-01-24 11:43:41
@hallucina_

ウテナ脚本集・下p17-18:暁生「暁の明星……またの名をルシファー」(中略)「もともとは天使だったのに、魔王の道を選んだ星だ……」

2010-01-24 11:52:31
@hallucina_

「友情なんて、この世界にはないさ」

2010-01-24 11:54:28
@hallucina_

p177:西園寺という男は、少女革命を描く上で最も明確なアンチテーゼらしい。

2010-01-24 12:01:35
@hallucina_

p178:「男らしさや女らしさの様式の是非はここでは問わないが、様式が様式でしかないことに気づくことは、人間性の豊かさを獲得するための絶対の条件だとは思う」

2010-01-24 12:03:51
@hallucina_

p178:「男装の麗人・ウテナの存在意義もそこにある」←性別役割は単なる様式に過ぎずそれを掻き乱すのがウテナ。ジェンダー論的な話ですよね。

2010-01-24 12:06:47
@hallucina_

p36:冬芽「天上ウテナが、金のガチョウではなかったんですか?」 暁生「金のガチョウは、金の卵を産むから価値があるんだ」

2010-01-24 12:09:32
@hallucina_

p36(26話):やっぱり梢ちゃん可愛いです。

2010-01-24 12:10:51
@hallucina_

p41(26話):幹「気にいりませんね。君たちのために、とか言う大人は、たいてい信用できないもんです」

2010-01-24 12:14:07
@hallucina_

p179(26話解説):「通常、表層意識は意味的連想を、潜在意識は音声的連想を行うものらしい」 テケテケン、シニフィアンの連鎖~

2010-01-24 12:21:16
@hallucina_

p179(26話解説):「(所詮、アニメとは心象風景である――あ、これは禁句かな)」

2010-01-24 12:22:20
@hallucina_

ちなみに解説書いてるのはシリーズ構成の榎戸洋司さん

2010-01-24 12:24:19
@hallucina_

p50(26話):梢「まわりが全部汚れてたら、自分も汚れるしかないじゃない。汚れてほしいものを手にいれるしかないのよ」 汚れた梢萌え

2010-01-24 12:31:49
@hallucina_

p69(30話):ウテナ「(自信なく)この指輪をくれた王子様のことしか、ボクは……」 揺ーれる揺ーれる思い

2010-01-24 12:40:05
@hallucina_

p92(34話):「こうして、王子は光を守るため、魔女退治のために城へと向かった。しかし――」(中略) (魔女)「馬鹿め、おまえこそが光、おまえをこの城に閉じこめるためのこれは罠なのだ」

2010-01-24 12:54:03
@hallucina_

p93(34話):「この闇の世界を魔女は今も徘徊しています。気高き若者を見つけ、新たないけにえとすべく……きっと魔女は光となる者が邪魔なのでしょう。闇を支配し続けるために……」

2010-01-24 12:57:35
@hallucina_

p98(34話):気高さを忘れちゃいけないんだって

2010-01-24 12:59:20
@hallucina_

p100(34話):幼いウテナ「生きてるのが、気持ち悪くなったの……だから、もうなにもしないの」 王子様が現れなかったらニートになっていたであろうウテナ。

2010-01-24 13:02:50
@hallucina_

p101(34話):ディオス「世界中の女の子から、王子様を奪った罰さ」

2010-01-24 13:04:13
@hallucina_

p102-103(34話):ディオスを封印したアンシー。人々は剣を構え斬りかかる。

2010-01-24 13:07:47
@hallucina_

p104(34話):ディオス「君の愛した王子様は(中略)結局“世界の果て”になってしまった」

2010-01-24 13:10:12
@hallucina_

ああ、けっこう忘れてたことがあるぞ

2010-01-24 13:11:01
@hallucina_

p106(34話):幼いウテナ「……じゃ、私が王子様になる」 アンシーを救うために

2010-01-24 13:12:37
@hallucina_

p181(34話解説):「王子様に近づく、という動機は、その言葉の曖昧さそのままに、恋愛対象としての“彼”に接近する行為と、自分が王子様になろうとすることを混同させているのだ」

2010-01-24 13:17:04
残りを読む(14)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?