10周年のSPコンテンツ!

ラクイラ地震裁判をめぐって

3年前にイタリア中部で起きた地震を巡って、地震の発生前に国の委員会が安全宣言とも受け止められる情報を流し被害を拡大させたとして、専門家ら7人が過失致死などの罪に問われている裁判で、イタリアの裁判所は被告側の過失を認め、全員に禁錮6年の有罪判決を言い渡した。この件に関して、報道まとめと研究者を中心としたコメント。 8月18日に放送されたNHK「訴えられた科学者たち ~イタリア地震予知の波紋~」は10月27日(土)22:00~22:49に再放送。 http://www.nhk.or.jp/documentary/
自然 地震 イタリア ラクイラ 裁判
161

--Nature&Science

リンク t.co Scientists on trial: At fault? : Nature News Nature - the world's best science and medicine on your desktop

--ドキュメンタリー再放送
「訴えられた科学者たち~イタリア 地震予知の波紋」(2012/8/18放送) の再放送は10月27日(土)22:00~ 22:49

http://www.nhk.or.jp/documentary/

朝日新聞ローマ支局長・石田博士記者
石田博士 @ishida1970asahi
土曜の朝刊3面に、2009年にイタリア中部ラクイラで起きた地震に関する裁判の記事を書きました。紙面イメージを見ることのできる「ソーシャルA」にも含まれています。実は日本にとっても他人事ではない裁判です。 http://t.co/JHhMNPb3 #socialA1020_2
石田博士 @ishida1970asahi
②地震の死者は300人超。数カ月前から、一帯では弱い群発地震が続き、市民に不安が広がっていました。政府幹部は科学者の会議を開き、「危険はない。家にいていい」と安全宣言をしました。地震はその6日後でした。 http://t.co/JHhMNPb3 #socialA1020_2
石田博士 @ishida1970asahi
③裁判は当初、「地震を予知できなかった学者が裁きを受ける」と世界中に波紋を広げました。しかし告発した遺族に話を聞くと、彼らは「地震が予知できないことは私たちだって分かっている」と言いました。 http://t.co/JHhMNPb3 #socialA1020_2
石田博士 @ishida1970asahi
④遺族の1人は言いました。「なぜ政府は根拠もない安全宣言をしたのか。それがなければ私は別の街への避難も考えていた。無知な市民がパニックに陥ると見くびったのか」。屋外避難をとりやめた人も多かったのです。 http://t.co/JHhMNPb3 #socialA1020_2
石田博士 @ishida1970asahi
⑤議事録によると、学者ははっきりとは断定していません。しかし動揺を静めたい行政はその言葉を都合よく解釈して「安全宣言」をしました。危機の中で、情報を握る側はどのような情報発信をするべきなのか。重い問いです。 http://t.co/JHhMNPb3 #socialA1020_2
石田博士 @ishida1970asahi
⑥裁判が始まったのは昨年9月。7月の赴任の直前まで東日本大震災と原発事故の取材をしていた私には、遺族が語る「政府はなぜ安全といったのか」「私たちの選択肢を奪った」という言葉が、他人事には聞こえませんでした。 http://t.co/JHhMNPb3 #socialA1020_2
石田博士 @ishida1970asahi
「結局どうすればいいんだ」と短絡的に求めがちですからね。まずメディアが。 @hiro_hakase 情報出さないのは選択肢を奪うと言うのは強く感じます。でも何でもかんでも情報オープンが100%正しいわけでは無いと言うのもわからなくはない。が、やはりもっと国民を信用して欲しい。
石田博士 @ishida1970asahi
科学者側が主張しているのがまさにその点で、会議でも「耐震対策をきちんと進める必要がある」と言っていました。 @II_N_II 防災に対しての行政の取り組みはどうだったのでしょうか?地震が起きた時どうするかというリスクアセスメントが蔑ろにされてはいなかったのでしょうか。
石田博士 @ishida1970asahi
イタリアは日本より建物の耐震が遅れています。そうした問題から目を背けるためのスケープゴートにされたと科学者は言います。 @II_N_II 防災に対して行政の取り組みはどうだったのでしょうか?地震が起きた時どうするかというリスクアセスメントが蔑ろにされてはいなかったのでしょうか
石田博士 @ishida1970asahi
事前の「安全宣言」が被害を拡げたとして科学者や政府の担当者が過失致死罪に問われたイタリア中部ラクイラの地震。判決公判の取材に来ています。検察・弁護側双方の最終陳述が終わり、報道陣と市民が判決の言い渡しを待っています。 http://t.co/pbK0mPDF
拡大
石田博士 @ishida1970asahi
@mimiohsy 一つは求刑を上回り、執行猶予もつかなかったこと。また7人全員が同じ刑になったこと。学者たちの「科学的な知見を伝えただけで、安全だ、などのメッセージは伝えていない。発表した政府高官に責任がある」との主張が考慮されなかったことも意外でした。
石田博士 @ishida1970asahi
正直驚きました。300人超が死亡したイタリア中部ラクイラの地震。事前の「安全宣言」が被害を拡げたとして過失致死罪に問われた学者や政府高官7人全員に、地裁は求刑を上回る禁錮6年の判決。学者の弁護人は「これが有罪なら、世界中の科学者は『逃げろ』としかいえなくなる」と控訴する方針。
石田博士 @ishida1970asahi
ともに禁錮6年の判決でした。 @across_the_view その政府高官はどうなったのだろう? QT @ishida …学者たちの「科学的な知見を伝えただけで、安全だ、などのメッセージは伝えていない。発表した政府高官に責任がある」との主張が考慮されなかったことも意外でした。
石田博士 @ishida1970asahi
科学者は会議の中でも、「地震は予知できない」として、耐震対策を進めるよう政府に要望していました。起訴は、政府の無策から目をそむけさせるための見せしめだ、と主張していました。 @shohei_ 政治家の責任逃れやな…科学を潰す気か。
石田博士 @ishida1970asahi
ラクイラ地震の裁判について。判決前の日曜にもツイートしましたが、告発した遺族、検察とも地震予知については「できないことは分かっている」として問題としていません。焦点は、市民にどのような情報を提供すべきだったのか、科学者から行政にきちんと情報が提供されたのか、ということです。
石田博士 @ishida1970asahi
会議の議事録を読むと、政府の担当者は科学者のことばをそのまま伝えてはいません。会見では市民の動揺を静めるため「分かりやすい」表現になっています。それが市民にどう受け止められたか。災害時のリスクコミュニケーション、東日本大震災を思い出すまでもなく、日本にも大変切実な問題です。
石田博士 @ishida1970asahi
災害時の情報伝達のあり方が問われたラクイラ裁判。夕刊に国内外の科学者の声をまとめました。「実刑6年、ざわめく法廷 伊の地震判決、世界の学者反発」 http://t.co/gWnXESPX 無料登録でお読みいただけます。あす朝刊でもリスクコミュニケーションのあり方を問います。
大木聖子氏のコメント
大木聖子 @toko311
イタリアでの地震学者禁錮6年の有罪判決について,以前から現地の関係者へのヒアリングなどを行っていましたので,私の知っていることと思うことをまとめました.7ページと長文ですが,ぜひご覧ください.http://t.co/tZBNzOTi
残りを読む(110)

コメント

たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2012年10月23日
アドバイザー(科学者)に禁固刑で、責任者(行政官)が無罪ってなら、もうだれもアドバイスをしようなんて考えないよね。
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2012年10月23日
まとめを更新しました。地震発生の1週間前に開催された委員会の議事録のリンクなどを追加。
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2012年10月23日
medicineman ご指摘ありがとうございます。読み違えていたようでした。行政官も含めて6人だったんですね。
たぬきのたからばこ(カラバコ) @hi_kmd 2012年10月23日
「安全宣言」が問題なのだとしたら、どうして科学者集団に有罪判決がくだされるのかが疑問。積極的に安全宣言を否定しなかったから同罪と言うことなのか?
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2012年10月23日
「地震予知に失敗したから」と報じていたのは日本のメディアだけではありません。リアルタイムでニュースのフィード見てましたが、英語圏ひどかったです。例: https://twitter.com/SkyNewsBreak/status/260398556416974848 "... for failing to predict earthquake in 2009 which killed 309 people" (英Sky News)
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2012年10月23日
(続き)例: https://twitter.com/MailOnline/status/260446175281438720 "... jailed for 6 years for failing to predict 2009 disaster" (英Daily Mail); http://is.gd/UuLwwb "Italy jails six seismologists for failing to predict earthquake" (米Gawker)
𝑻𝒐𝒔𝒉𝒊 @toshi0104 2012年10月23日
安全宣言をした政府に対してスケープゴートになったというわけね。
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2012年10月23日
(続き)ほか、米MSNBCなどメジャーな報道機関がいくつも「予知に失敗したので投獄」というヘッドラインを流していました(現在は修正・削除されたのか、検索してもなかなか見当たりません)。BBCは最初から厳密な記述をしていましたが… https://twitter.com/BBCBreaking/status/260399379477843968
nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社 @nofrills 2012年10月23日
tari_tipa 科学者6人と行政の人が1人で、合計7人です。"Six Italian scientists and an ex-government official have been sentenced to six years in prison" http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-20025626
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年10月23日
これなら逆に、地震発生の可能性を示唆して起こらなかった場合、無駄になった避難費用の請求とかも出来そうだなあ。どう転んでも行政はひどい目に……
きむらや! @kim700 2012年10月23日
hiroharu_minami 予兆が有って、避難勧告したからって行政に費用請求とかして通るものなんですか?突発的な無意味な勧告って言うならまだしも・・・
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年10月23日
kim700 結果から遡って断罪されたのでは、悲観的な想定で対応を推奨しようが楽観的な想定で推奨しようが、結果を外せば叩かれるのは一緒って感じに見えるんで。
万年ど素人@如月瑞希 @p_p_m_k 2012年10月23日
「予知が失敗したから有罪」の方がショッキングな内容だからそう言葉を選んだのか、「情報提供の在り方そのものが問われている」とすればまさに情報を取捨選択して提供する立場にあるメディアにとって都合がわるかったのか、と……邪推してしまう。
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2012年10月23日
ここは酷いプエブロ号ですね 障害報告@webry/ウェブリブログ http://lm700j.at.webry.info/201001/article_27.html プエブロ号の査問の時にも同じような議論になってるけど極めて大人な結論になってる
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2012年10月23日
まとめ更新。海外報道、国内報道、関連まとめほかを追加しました。
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2012年10月23日
被害があったときに学者に詰め腹をきらせるならば、物言う専門家など違法にして国民に迎合するだけの政治屋で固め、考えるのをやめて神にすがって生きればいい。そうすれば被害者も学者も政治屋もみーんな幸せだ。
Flying Zebra @f_zebra 2012年10月23日
まあ世の中、学者や医者はいくら虐めても自分の生活には何の影響もないと思い込んでいる浅はかな人も多いということですね。最近の日本じゃ電力会社の社員も対象か。
空者 @kuuzya 2012年10月24日
科学者が確実に正しいことしか言えないんだったらそれはもう科学者じゃないよ
アブちん 楽園主義で生きよう♡ @peacekatu 2012年10月24日
[c786759] 「学者には行政による間違った発表を回避させる行動を取ることが十分可能であり、それをしなかったこと」で有罪判決を受けるのは当然ですが、科学者サイドとしてはおりるのも当然ですね。地震予知、予測の手法が確立していない以上、生命を預かるような行政の決定に関与するような責任は取れません。 災害予防委トップが辞任=地震警告失敗の有罪判決に抗議-イタリア http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012102300942&g=int
fsxtnkn @fsxtnkn 2012年10月24日
あからさまにおかしな理由で有罪判決が出たという国際ニュースの真偽のチェックすらせずに、観念的な「科学者」の権威に寄りかかる意義しか認められないようなコメントを垂れ流す人たちは、自分たちが何をやっているか、何を引き起こしうるのか、よくよく考え直したほうがいいと思う。
fsxtnkn @fsxtnkn 2012年10月24日
有罪判決の理由が「いい加減な安全宣言をしたことが問題視された」ことにあったなら、それは「安全/危険性に関して専門的に判断する責任があった人たちが、専門的に判断しなかった」ことが問題とされただけだ。専門的判断の水準を満たす発言をしたかどうかは専門的判断の確実性の問題ではない。「騒動を起こすのはを専門的判断の不確実性を解さぬバカばかり」という偏見は「安全宣言」的な態度の温床だろう。
にゃあ @kirikami 2012年10月24日
NHKラジオ第1 私も一言!夕方ニュース 夕方特集 「地震の予知・予測の現状は 見直し始めた専門家たち」 http://togetter.com/li/395425
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年10月25日
「4.なぜ『安全宣言』になったのか」に事情が説明されていますね。裁判での事情説明。→「ラクイラ地震 禁錮6年の有罪判決について(4)」 ( http://goo.gl/xDovi )
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年10月25日
科学者には、お墨付きを与えるような役割が。開催の仕方も通常と違った、と。
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2012年10月26日
じゃあ、学者が安全だという確信を持っている状態で会議に出席し、安全宣言が出されて被害が出た場合は「学者に防ぐことはできなかったから」罪にならないのでしょうか? おそらく、今回のような復讐裁判の場合、そうはならないでしょう。検察側も学者の出した(と思われる)見解そのものを問題視していますから「予知に失敗した裁かれた」と思われても仕方がないです。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012年10月26日
学者は断定を避けるものであり、行政は断定したがる(安心させたがる)ものなわけだ。そもそも矛盾している。ここで学者寄りの立場をとるのなら、「学者は行政の断定からいかに身を守るか」という話になるかなw
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012年10月26日
最高裁の判決で、判事が意見書を添付することがあるよね。「こーゆー判決になっちゃったけど、わたしゃそう思ってないよー」とかいうやつ。行政の委員会なんかでも、学者は自衛のためにそーゆーの出すようになるのかなw
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年10月26日
今回の場合、明らかに科学者自体、利用されているのに、何でこうなってるの感が強く、訴えた側への疑問が尽きませんよね。ただ、訴えた側は、そういう事情はあまり理解していないのかな?
社会派 @syakaiha8 2012年10月27日
「学者が安全宣言をしたから逃げずに被害が拡大した」って、ただのいちゃもんでしょ。自然現象なんだから誰が何と言うが身の危険を感じたら逃げるでしょうに。 ラクイラ地震の本質的な問題はM6.3でここまで酷い被害が出ていること。耐震補強を怠った国民性から問題視する人はいないのかな。怒りをぶつけるためのスケープゴートとしか思えない
出葉(てには)@イタリア地震被災地の「いま」を発信 @te_2_ha 2018年9月14日
冒頭のドキュメンタリー再放送、リンク切れです。
出葉(てには)@イタリア地震被災地の「いま」を発信 @te_2_ha 2018年9月19日
当時のニュース映像が見つかったので、リンクを貼っておきます。 https://youtu.be/Sl8P1aN0ngs
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする