2012年10月23日

「「尊厳死」法制化の是非を論議」

「日本宗教連盟」が主催した第6回宗教と生命倫理シンポジウム「いま、尊厳死法制化を問う」に関する『中外日報』10/22の記事について、宗教学者 島薗進氏が連続ツイートしたものをまとめました。
1
島薗進 @Shimazono

1「「尊厳死」法制化の是非を論議」『中外日報』10/22 http://t.co/1QRjQyHk 「日本宗教連盟が主催する第6回宗教と生命倫理シンポジウム「いま、尊厳死法制化を問う」が16日、東京都渋谷区の國學院大で開かれた。国会議員が法制化を 目指す「尊厳死」法案をめぐり」

2012-10-23 11:12:40
島薗進 @Shimazono

2「「尊厳死」法制化の是非を論議」『中外日報』10/22「4人のパネリストが終末期の定義や延命措置(治療)の問題など法制化の是非をめぐり議論を交わした」日本尊厳死協会長尾和宏副理事長は「在宅医療では、延命治療の不開始は既に行われており、中止をすることに法律の意味がある」とする

2012-10-23 11:13:13
島薗進 @Shimazono

3「「尊厳死」法制化の是非を論議」『中外日報』10/22「同氏は延命措置などの問題は在宅医療には存在せず、病院での問題との認識を示し、背景には行き過ぎた医療があると述べた」「一方、歴史や社会構造の背景を見落としてはならないとするのは小松教授。近年、医療費と福祉費が削減される傾向」

2012-10-23 11:13:51
島薗進 @Shimazono

4「「尊厳死」法制化の是非を論議」『中外日報』10/22「にあり、その結果として、今回の法案がある。日本尊厳死協会の思いとは別な動きがある」と述べた。加藤教授は臨終期と終末期は違うとして「尊厳死法案では、臨終間際の人ではなく、もっと長く生き 延びられる人がターゲットになっている」

2012-10-23 11:14:24
島薗進 @Shimazono

5「「尊厳死」法制化の是非を論議」『中外日報』10/22「この人たちに対し、延命治療の停止を許容しようとしているのでは」と指摘した」「戸松氏は「人は一人では死ねない。後を託す方らとも思いを共有しなければ」と檀家と共に死を見詰めることに宗教者の責務があると語った」10/20紙面では

2012-10-23 11:14:57
島薗進 @Shimazono

6「「尊厳死」法制化の是非を論議」『中外日報』10/22加藤氏が「リビング・ウィルを重んじる医療には共感できるとしたが「なぜ法制化するのかが分からない」と説明を求め、長尾氏は「「延命治療を中止してほしい」という患者の家族の意志を実現するためだと主張した」とも記載されている。

2012-10-23 11:15:10

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?