10周年のSPコンテンツ!

桑野協立病院の食品・土壌検査結果

体表面汚染検出装置を内部被ばく検査に使えると称して正規代理店の見積もりの3倍の価格で導入し、一躍有名になった福島県郡山市の桑野協立病院(http://bit.ly/OlDG1m http://bit.ly/SLTmKF )がNaI検出器入りの簡易測定装置による食品と土壌の測定結果を公表しましたが、よく見るとあらあら、おやおや。こちらの方面でも勉強が必要そうです。
科学 nai検出器 土壌 セシウム137 検出限界値 食品 桑野協立病院 放射線測定 セシウム134
50

参考:
本編に出て来る測定装置についてこれまでに作った機種別まとめです。本編をお読みいただいたあと、追加情報としてご覧下さい。

ツイートまとめ 食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:ATOMTEX AT1320の注意点編 まとめ「食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために」http://togetter.com/li/190400 の続編6は、ATOMTEX AT1320(http://bit.ly/xp9xFX )を取り上げます。チェルノブイリ事故後のベラルーシで開発された食品用簡易放射線測定装置で、機能を絞り込んだ低価格と堅牢さが売り物です。もともとγ線スペクトルを測定して放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-137.. 19530 pv 97 2
ツイートまとめ ATOMTEX社製食品測定装置とホールボディカウンターの結果レポートの読み方 ベラルーシの放射線計測機器メーカーATOMTEX社の食品用検査装置AT1320と椅子型ホールボディカウンターAT1316は基本機能に絞り込んだ低価格が売りで、震災後各地の市民測定所や自治体で多数導入されていますが、ここの製品は結果レポートの表示形式と誤差の取扱いが独特なので要注意。結果レポートの読み方のポイントをまとめました。 なお、ATOMTEX製品は日本では2つの代理店(アド.. 6217 pv 33 1 user 3
ツイートまとめ 食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:LB2045カスタマイズ編 先日作ったまとめ「食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために」http://togetter.com/li/190400 の続編2として、ベルトールドジャパン社のγ線スペクトロメーターLB2045に的を絞ったまとめを作ってみました。この機種は簡易型測定装置のベクレルモニターLB200と違ってγ線スペクトル測定により放射性物質の種類を区別して測定でき、バックグラウンド誤差もLB200よりず.. 21484 pv 361 18 users 23

本編ここから

(その1)

loufock @loufock
例の桑野協立病院が食品・土壌検査結果を公開。検出限界10Bq/kgだそうだが、Cs比が変。以下Cs134, Cs137の順で、須賀川のオオバが0, 47.0、郡山の地下水が0, 35.3、二本松の栗が13.3, 68.5など。 http://t.co/1zGPHSdR
杉山弘一 @hsugigon
NDと0(ゼロ)を書き分けているのも解りませんね。 RT @loufock: 例の桑野協立病院が食品・土壌検査結果を公開。検出限界10Bq/kgだそうだが、Cs比が変。
杉山弘一 @hsugigon
.@parasite2006 さんの「食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:ATOMTEX AT1320の注意点編」をお気に入りにしました。 http://t.co/YEaIJ4D2
杉山弘一 @hsugigon
.@parasite2006 さんの「食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:LB2045カスタマイズ編」をお気に入りにしました。 http://t.co/foRNDQRE
nao @parasite2006
@hsugigon ATOMTEX AT1320もLB2045も輸入品で、誤差と検出限界の処理に独特の癖、データ解析ソフトの改訂後も名残が残る。本来生データからBGを差し引いた正味値が検出限界割れしていれば、それ以上細かく場合分けし分類しても無意味です @loufock
nao @parasite2006
@hsugigon AT1320の場合、このまとめhttp://t.co/D8Lj6aoE に整理した通り、正味値が負の場合と正で統計誤差未満の場合、正で統計誤差以上検出限界値未満の場合で結果レポートの表示が違います。@loufock
nao @parasite2006
@hsugigon LB2045の場合、生データからBGを差し引いた正味値が負になった場合、そのまま負の値を測定結果として表示するのを嫌い「0(ゼロ)」と表示しているのが問題(以前は「0.0±0.0」表示でしたが「誤差ゼロはありえない」というユーザーの声で変更)@loufock

(↑機種の違う複数の装置を測定に使用した場合、結果公表時にはどちらで測定した結果か明示しなければいけませんが、この病院はそれもやっていません。おそらく装置の画面に表示されたものをそのまま書き写して公表しているのでしょう。だとすればゼロ表示が残っている方がLB2045の測定結果)

(その2)

杉山弘一 @hsugigon
例の桑野協立病院が食品と土壌の測定結果を公表しましたがこれおかしいです。... http://t.co/xt0t2CGi
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
こ、これわっ! 「0.0±0.0の誤差がゼロっていったい何?」「NDと何が違うの?」と大議論を巻き起こしていた1年前が懐かしい ^^ @hsugigon 例の桑野協立病院が食品と土壌の測定結果を公表しましたがこれおかしいです。... http://t.co/IMTWHhnY
kato takeaki @katot1970
2011年のデータかと思った RT @kaztsuda: こ、これわっ! 「0.0±0.0の誤差がゼロっていったい何?」「NDと何が違うの?」と大議論を巻き起こしていた1年前が懐かしい ^^ @hsugigon 例の桑野協立病院 http://t.co/3R68FSgH
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
1年前と比べても桁が一桁上なのがトホホ @katot1970 2011年のデータかと思った RT @kaztsuda: 「0.0±0.0の誤差がゼロっていったい何?」「NDと何が違うの?」と大議論 @hsugigon 例の桑野協立病院 http://t.co/IMTWHhnY
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
これ、BG高い場所でえらく古いファームのまま測ってるんじゃないかなぁ。 @loufock 例の桑野協立病院が食品・土壌検査結果を公開。検出限界10Bq/kgだそうだが、Cs比が変。 http://t.co/mYNuH7Vs
みほちゃん(理事じゃない♡) @Mihoko_Nojiri
まったく同感です。RT @kaztsuda: これ、BG高い場所でえらく古いファームのまま測ってるんじゃないかなぁ。 @loufock 例の桑野協立病院が食品・土壌検査結果を公開。検出限界10Bq/kgだそうだが、Cs比が変。 http://t.co/YwC1FIuA
みほちゃん(理事じゃない♡) @Mihoko_Nojiri
いーかげんファームアップデートのお知らせ徹底するとかして欲しいよ。でもバグアップデートきてあわあわしたりするときもあるかなぁ。(~~)

(↑放射線計測機器メーカーは今回の震災と原発事故の前までもっぱらメーカー以上に商品知識のあるユーザーを相手に商売をしてきたせいか、ユーザーに対するサポートと情報公開が非常に立ち後れていると実感しています。たとえばコンピュータソフトメーカーなら当たり前の、会社ホームページにユーザーサポートコーナーを設けてデータ解析ソフトのアップデートやバグフィックスのお知らせをだしたり、改訂版ファイルを公開しダウンロードできるようにしたりしているところは知る限りゼロです。メーカーがどこもやらないので、しかたなく個人的に情報を集積せざるをえないというのが機種別まとめを作り続けている理由です)

kikumaco(10/19福島クダラナ21中野) @kikumaco
桑野協立は、測定について専門家の指導をうけたほうがいいね。それと、NDのものも公表しないとよくない
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
「減思力」な人だということはわかってるから、外野が騒いでもまともに聞く耳持たないような気がする。福島市民測定所の岩田さんあたりから説得してもらうしかないかも。 @kikumaco 桑野協立は、測定について専門家の指導をうけたほうがいいね。
残りを読む(80)

コメント

nao @parasite2006 2012年10月28日
見落としていたツイートを一件追加しました。
nao @parasite2006 2012年10月28日
ツイート主のご意向によりツイート1件をリプ1件とともに削除させていただきました。
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2012年10月28日
何もかも、みな懐かしい…
nao @parasite2006 2012年10月29日
桑野協立病院で使われている2種類の簡易測定装置のうち、ベルトールドLB2045のファームウェアが古いとどんな問題が起こるかの説明をまとめに追加しました。
Michiharu Wada @mw_mw_mw 2012年10月29日
RTされて来た元の議論拝見。試料の絶対量や汚染度が低い場合、同じ測定条件なら統計が低く一見おかしい値になりがち。正しく評価された統計誤差が明示されていれば妥当な値になるはず。誤差が大事。本当にデジャヴですね。
loufock @loufock 2012年10月29日
こちらの写真だとLB2045と一緒にパソコンが写っています。画面に表示されてるのはスペクトルのように見えますがいかがでしょう。 http://bit.ly/TOQqt6
nao @parasite2006 2012年10月29日
@loufock どうも有難うございます。一応パソコン外付けで使用しているようですね。ただこのブログ記事http://bit.ly/TOQqt6 が書かれた5月中旬時点ですと、装置本体とパソコンの画面表示上でスペクトルのピーク位置がずれるバグがある旧版のパソコン用データ解析ソフトが使われていますね。
nao @parasite2006 2012年10月29日
LB2045パソコン用データ解析ソフトのバグ(装置本体とパソコン画面上のピーク位置のずれ)は、9月中旬に出た改訂版ソフトで修正。ただ正味値(=生の測定値-BG)が負になった場合に測定結果を「0(ゼロ)」と表示するのは相変わらずのようですので、公表結果で測定値が0のものはLB2045の測定値の可能性大と言えます。
nao @parasite2006 2012年10月29日
桑野協立病院での放射線測定装置の使用状況について、追加情報をいただきましたので関連議論をまとめに追加しました。@loufock さん、@kumikokatase さん、@kikumaco 先生、有難うございました。
nao @parasite2006 2012年12月30日
久しぶりに桑野協立病院のHPに行ってみたら、「ニュースとお知らせ」コーナーhttp://bit.ly/YyhoZ9 に12/5付けで新しい食品の測定結果が公表されていました。今回の公表分はATOMTEX AT1320の測定結果だけですが、検出限界値の記載なしに「不検出」判定しているうえ機種名の表記が「ATOMTEC製ATM1320」とは・・・(トホホ)
nao @parasite2006 2012年12月30日
12/5付けの公開なら11月測定分まで出ているかと思いきや、10/22-31測定分の32検体だけ。そのうち2検体(検体番号No.2とNo.26)がCs134の単独検出。Cs134/Cs137比は事故直後が最大値1で、以後はCs134の減衰によりどんどん減っているはずなのに。ひょっとして測定日に雨が降っていた?いずれにせよスペクトルをきちんと見ることができていない可能性だけははっきり。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする