67
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • Q廃棄物イシクモ @MtMikasa 2012-10-28 23:00:18
    手当はその時の装備、例えば半面マスクなのか全面マスクなのかなど、内部被ばくのおそれの有無等で決まってくるようなので、線量で金額が上がるわけでは無いと思います。でも、ある程度比例してるのでしょうね。
  • study2007 @study2007 2012-10-28 23:10:24
    原研の資料などによると昔は(作業被曝が多かったので)もっと単価は安かったと思われます。こういうのも、ある意味「命の値段」なのかな、と。
  • Q廃棄物イシクモ @MtMikasa 2012-10-28 23:11:56
    現在、訳あって結構被ばくしますが(ここで書かれている3大機関のメンバーですが)、どこの施設に行くかで決まっているので、実際の積算線量で手当がいただけるわけではありません。基本的には危険手当なのかな?この夏の猛暑の作業では、まじめな話、脱水症危険手当が欲しかったです。手当の高い施設は、基本的に内部被ばくの可能性がありマスクを着用する施設ですね。加速器のような内部被ばくの可能性が低い施設は、手当も低いです。
  • Q廃棄物イシクモ @MtMikasa 2012-10-28 23:22:27
    命の値段というのは、ちょっと抵抗のある言葉ですねー。ま、批判されるかも知れませんが、手当の高い作業ほど時間も管理されるので、定時退勤できます。職場の在職死は作業者以外の人の方が多かったし(残業の多い人)、精神的な病とかの方が大変ですよね。もちろん、こんなこと言うと怒られますが、放射脳より人間の方が怖いですよ。そういう意味で、作業者の手当から一般の方の「命の値段」を出すのはどんなものでしょうか?
  • Q廃棄物イシクモ @MtMikasa 2012-10-28 23:24:55
    すいません。「放射脳」→「放射能」です。(日頃どんな変換してるんだ?)
  • アブちん 楽園主義で生きよう♡ @peacekatu 2012-10-28 23:34:15
    Studyさんの「今後数年間で積算10mSvくらいいくとすると大人は1000万円くらい、子どもは5000万円くらい請求するのが現代の日本における「被曝単価」ってところなのかな?」という見積もり、これを全て補償に反映させるなら、原発の稼働にはとてつもないコストが上乗せになると思われます。→結局は原発の稼働をやめざるを得ないですね。年0.2mSvでも50年で10mSv、これだと首都圏4000万人ほとんどが該当してしまいます。大人だけで400兆円ですよ!
  • Q廃棄物イシクモ @MtMikasa 2012-10-29 00:09:13
    ここのとこの線量から計算すると、1msVあたり52000円ですね。100万円には遠く及ばないなー。昔の原研くらいだろうか?
  • 玄妙 @drsteppenwolf 2012-10-29 06:42:20
    大きな集団の何百兆という金額になると賠償しようがありません。自分が自分に賠償するような話ですから。で、「曝びて応援」「薄めて応援」「絆」←いまココ。
  • study2007 @study2007 2012-10-29 06:45:23
    1960~70年頃の原研は平均50mrem(0.5mSv)なんて年もあるので、手当が同じなら1mSvあたり4万円相当。水俣病とかイタイイタイ病とかの時代より事故収束作業は買い叩かれているし、郡山市の子どもの平均は当時のJAEA平均より被曝している、ということになりそうです。

カテゴリーからまとめを探す

「声優」に関連するカテゴリー