カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
3
近藤史恵 @kondofumie
中森明菜トリビュートアンソロジーとかおもしろそうだなー。イヤミス系女性作家集合で
柴田よしき @shibatay
@kondofumie イヤミスって言葉、あんまり好きじゃないです〜。近藤さんはイヤミス系作家じゃない!、と個人的には思ってます(^^)
近藤史恵 @kondofumie
@shibatay でもイヤミスは売れるらしいので仲間に入れて欲しい……w
柴田よしき @shibatay
@kondofumie 今は売れてますよね。でもそのうちブームは終わるとwもともと心理サスペンスにはイヤミス的要素があったわけで特に新しいジャンルじゃないし。近藤さんの作品は、もっと奥の深いところに痛みや熱をもっている、そう思ってます。表面だけ嫌がらせるならわたしにもできますw!
近藤史恵 @kondofumie
@shibatay どうもありがとうございます。もともとああいう作風の小説は好きなんで、ブームは読者としてはうれしいんですけど、やはり波がありますよね。表面だけイヤな感じなのは私も嫌いです。
芦辺 拓 @ashibetaku
僕のような偽善者にはイヤミスは書けないので、やたら持て囃されるのには悔しいやら何やらで、ドス黒い感情を禁じ得ませんw RT @shibatay: @kondofumie イヤミスって言葉、あんまり好きじゃないです〜。近藤さんはイヤミス系作家じゃない!、と個人的には思ってます
近藤史恵 @kondofumie
@shibatay @ashibetaku なんか直接的で軽い語感がありますよね。イヤミスと言われているものの中にもただ、いやなだけじゃない話はたくさんあるんですけど。
柴田よしき @shibatay
@ashibetaku @kondofumie 売るための工夫として「イヤミス」という言葉を作った編集だか営業だかの人はなかなかすごいなと思うんですが、心理サスペンス、でなんで売れないのか、と思うとなんか釈然としませんw 
芦辺 拓 @ashibetaku
そう名づけたとたん、いろんなものが失われる気がするんです。そして「イヤ」な要素が単純化されたものが求められるように。RT @kondofumie: @shibatay なんか直接的で軽い語感がありますよね。イヤミスと言われているものの中にもただ、いやなだけじゃない話はたくさんある
柴田よしき @shibatay
@ashibetaku @kondofumie まさにそう。心理サスペンスが読み手に嫌な(しんどい)思いをさせるのは、させるだけの小説的理由がある。でも「イヤ」が主体になってしまうと、ただのお化け屋敷になっちゃう。もちろん素晴らしい高レベルのお化けならそれでもいいんですけどね。
井上夢人 @InoueYumehito
@shibatay @kondofumie 脇からすみません。時流に疎いもので、「イヤミス」というのは、どんなものを指すのでしょう? お暇な時にでも教えてください。
柴田よしき @shibatay
@InoueYumehito @kondofumie 最初がどのような範囲をさしていたかわかりませんが(たぶん湊さんの「告白」あたり?)この頃は割と広い範囲に使われるようですね。アンハッピーエンドかそれに近い終わり方で、途中も読み手に嫌悪感をあたえるようなキャラが活躍wして(続
柴田よしき @shibatay
@InoueYumehito @kondofumie さらに生理的な嫌悪感のある描写があったり、特に女性的悪意(女性性のもつ悪意というか)が強調されている、心理サスペンス系、でしょうか。これだけでもけっこう幅広いですよね(笑) でも決して新しい小説ではないです。むしろ古典的かも。
柴田よしき @shibatay
@InoueYumehito @kondofumie というより、それまで散逸していたそうした作品をジャンルとしてまとめた、という意味合いが大きいのかも。でもその切り口でまとめるのって、ちょっとわたし的には違う気がするんです。うまく言えないけど、たとえば胡椒と唐辛子と(続く
柴田よしき @shibatay
@InoueYumehito @kondofumie わさびとゆずこしょう、山椒、同じ辛さでも性格がまるで違うし、合う素材も違う。なのに「辛いもの」でくくってしまうのは、客に出すレベルじゃないだろう、と思うんですよね。少なくとも料理人は、それらを「辛ければいいだろ」と(続く
柴田よしき @shibatay
@InoueYumehito @kondofumie でたらめに使ってはいけないはずで。そんな料理は美味しくないはずで。でも今は「辛い」というだけで客が喜んでしまってる、なんかそんなイメージがあるんですよね。
井上夢人 @InoueYumehito
@shibatay @kondofumie なるほど、好みかもしれませぬ(笑)。それを「イヤミス」と呼ぶと、イメージが軽くなって、好む読者に対する蔑視がなくなったりするのでしょうかね。
五代ゆう @Yu_Godai
@shibatay @ashibetaku @kondofumie 私はイヤミスあんま好きじゃない(というか金払ってまでなぜイヤな話を読まねばならんのじゃ)派ですが、皆川博子さんとか平山夢明さんクラスなら大好きです。でもあれってなぜかイヤミスって呼ばないんだよなみんな。
五代ゆう @Yu_Godai
@shibatay @ashibetaku @kondofumie あとこっそり呟かせてもらうといま流行の「日常の謎」系もあんま好きじゃない…。私が見たいのは黒死館とかせめて横溝クラスの絢爛たる悪夢であってちょっとした勘違いとか行き違いを解きほぐす話じゃないんだよぅ…
柴田よしき @shibatay
@Yu_Godai @ashibetaku @kondofumie わたしは日常の謎は大好きですがw、実は青春ミステリ学園もので暗いのは苦手です。おバカな学園ものは好きなんだけど、屋上から誰か飛び降りる系はうんざりw まあ好き嫌いというのは、誰しもあるものですね。
五代ゆう @Yu_Godai
@shibatay @ashibetaku 自分が「学園とか青春とかついてるだけで読む気80%減」という困った習性を持っているからかもしれませんが(^-^;>日常の謎 でも日常の謎系の嚆矢である北村薫さんの円紫師匠シリーズは大好きなので、これもやっぱり作品の質の問題なのかも。
芦辺 拓 @ashibetaku
「屋上から飛び降りる系」の学園ものとは言い得て妙ですね。RT @shibatay: @Yu_Godai @kondofumie わたしは日常の謎は大好きですがw、実は青春ミステリ学園もので暗いのは苦手です。おバカな学園ものは好きなんだけど、屋上から誰か飛び降りる系はうんざりw
五代ゆう @Yu_Godai
@ashibetaku @shibatay @kondofumie ああ…。まさにそういうのが苦手なんですわ(;´Д`) >「屋上から飛び降りる系」の学園もの 若さゆえのイタさとか残酷さとか青臭さとかが本当に読んでてイタ辛いので…好きな人にはそこが魅力なんだとは思いつつも
柴田よしき @shibatay
@ashibetaku @Yu_Godai @kondofumie ただイヤミスの問題は、好き嫌いの問題ではないという気がします。売るためのネーミングあるいはカテゴライズは商業出版としてアリですが、作家がそれに引きずられてしまうと芦辺さんのおっしゃるように何かが瓦解するような。
太田忠司 @tadashi_ohta
今、ちょうど屋上から人が飛び下りる学園ミステリ書いてるところ。
残りを読む(12)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする