Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#189 009 RE:CYBORG(製作:プロダクションI.G/サンジゲン、2012年)

2012年10月公開の劇場アニメ作品「009 RE:CYBORG」の感想です。 21世紀に装いを新たに甦ったサイボーグ009 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などを手掛けた、 神山健治監督はどう料理したのか。 若干ネタバレをはさみつつ、感想しました。
13
テリー・ライス @terry_rice88

009 RE:CYBORG(2012年、プロダクションI.G/サンジゲン、監督:神山健治)さて。「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などを手掛けた神山健治監督の手掛けたサイボーグ009。キャラデザインからしてリビルドされている作品でしたがその実、原作寄りだったと

2012-10-30 21:32:21
テリー・ライス @terry_rice88

当方、原作はほぼ全て既読済みです。肝心の内容はというと原作ファン向けに言うと、未完で終わった「天使編」+「神々の戦い」÷ヨミ編クライマックスといった趣が感じられるストーリーだったなあと。簡単に言うと神とは何ぞや?人間が運命に抗うには?といった壮大かつ深遠なテーマではあったかなあと

2012-10-30 21:36:21
テリー・ライス @terry_rice88

原作自体も次世代の兵器としてサイボーグにされてしまったジョーたち9人が絶え間なく争いを続ける人間の愚かしさや、その背景にある巨悪を反戦という正義を掲げて戦うストーリーでしたが、そこを現代的に解釈したのが、本作という感じでした。こういう話を現代で書くのは凄く挑戦的ですよね。

2012-10-30 21:39:16
テリー・ライス @terry_rice88

現在はいわゆる9・11以降、悪の実像というものがぼやけてしまった世界ですね。原作の「黒い幽霊」のような分かり易い巨悪はもはやいない。原作では争いを続ける愚かしい人間は天(神々)に監視され見極められているのでは?という観点から「天使編」、「神々の戦い編」が展開されたと思っています。

2012-10-30 21:42:21
テリー・ライス @terry_rice88

本作も基本ラインはその原作とほぼ一緒です。ただ描き方と帰結の仕方が異なっていた。原作は009たちが「神に抗うためには同格の存在にならなければならない」という命題の元、新たな能力を得る方向で頓挫してしまいましたが、映画のほうは「009たちもまたこの世に生きる人間」というスタンス。

2012-10-30 21:46:22
テリー・ライス @terry_rice88

で、あるので「神」vs「人間」という構図なのだけど、そもそも神(監視者)は存在するのか?という問題が振ってくる。本作でも「彼の声」という曖昧な啓示でしか仄めかされませんが、神の実存に迫る物語になっています。その神の実存に対してジョーたちが抗う物語です。

2012-10-30 21:50:49
テリー・ライス @terry_rice88

ここまで説明するとやはり押井守の弟子筋である神山監督が手掛けるだけはあるなあと思えますよね。非常に哲学的命題です。そもそも石ノ森作品は特に009に顕著ですが、題材起因のアクション性と、石ノ森章太郎自身の作家性、テーマ性が乖離を起こしているわけで期待して物が違うと肩透かしを食らうw

2012-10-30 21:54:30
テリー・ライス @terry_rice88

009においても誕生編~ヨミ編までは冒険活劇的要素の強い作品ですが、頓挫してしまった「天使編」「神々の戦い編」、少年サンデーで連載された「エッダ編」など比較的後期の作品は神話や伝承を基にしたエピソードがかなり多く、アクションよりテーマが勝ってる所のある難儀な作品です。

2012-10-30 21:57:56
テリー・ライス @terry_rice88

そもそも想定外のライフワークと化してしまった作品であるので、そういったシリーズ内の変遷を見ないと、今回のこの作品も若干分かり辛い箇所はあります。ただ神山監督の目指したラインは「天使編」「神々の戦い編」の現代的解釈であろうという風に感じてます。その目論見は成功してる印象を持ちました

2012-10-30 22:01:57
テリー・ライス @terry_rice88

物語は冷戦が終わり、サイボーグ戦士達はその役目を負え、それぞれの国へ散っていった。ジョーこと009はその戦力の重要性から、3年に一度記憶をリセットされる機能がつけられ、世界の危機が再び訪れる時、本来の記憶が甦るのが今回の設定。で、記憶が拘束された状態でジョーは「彼の声」を聞く。

2012-10-30 22:06:15
テリー・ライス @terry_rice88

というのが物語の始め辺り。リファインされたキャラクター設定については個人的にGJ。マンガマンガしていた原作の特徴を捉えながら、上手くリデザインしたなあと。声優についても、全キャスト違和感なしでこちらも全く問題なし。むしろキャスティングには拍手を送りたいくらいですね。

2012-10-30 22:09:59
テリー・ライス @terry_rice88

まあ詳しい本編は劇場で見ていただくとしてw 原作の009が持つアクション性と壮大なテーマ性を一本の映画として纏め上げているので、自分としては良くも悪くも「これぞ009」っていう第一印象です。問題は先ほど言った原作の抱えている欠点もまた忠実に孕んだまま話が進行してしまっているという

2012-10-30 22:15:17
テリー・ライス @terry_rice88

009という特異な作品を考えてしまうと、やはりすり合わせるのは難しいんだろうなあ。そもそも本作で描いたテーマは原作では頓挫してしまっているわけで。最近、息子さんの手による完結編が小説出ていますが、その元になった残された断片を見る限り、既に風化した作品なんですよね、009って。

2012-10-30 22:18:22
テリー・ライス @terry_rice88

先ほども言ったように009は作者の予想に反してライフワークとなってしまった作品なのでどうしても長く続いてしまった弊害があるんですよね。SFから神秘主義的ストーリーに変貌していってしまったのが未完に成ってしまった大きな要因です。故に現代の話として作り直された本作を評価したい。

2012-10-30 22:23:39
テリー・ライス @terry_rice88

巨悪のいない世界では何が「敵」で、何が「正義」で、何を「神」とするのか。作中で009もまた「彼の声」と聞いた人間として、また「平和」を守るサイボーグとして立ち向かおうとします。一方の対立項として現代の正義として「アメリカ」が002として立ちはだかると。まあ簡単に言うとそんな構図。

2012-10-30 22:28:02
テリー・ライス @terry_rice88

けど、世界平和という名目で「正義」を行使するアメリカもまた「見えざる意志」に操られ、人類をリセットする渦に巻き込まれていく。そしてサイボーグたちも「見えざる彼の声」に立ち向かう。そしてクラマックスでのジョーの叫びは神に抗う人間の叫びでもあるなあと感じました。

2012-10-30 22:33:12
テリー・ライス @terry_rice88

サイボーグの能力を生かしたアクションはサンジゲンの手掛けるCGで迫力があった。ただテーマ語りは宗教学、脳科学、心理学、動物行動学を踏まえたような学術的見地に基づいた論文的内容では合ったので、わかる人とわからない人が出てきそうだよなあ。原作を大体読んでいれば理解の範疇ではあるけど。

2012-10-30 22:38:01
テリー・ライス @terry_rice88

故にアクション、テーマ性はともども原作に忠実な作品です。それらを現在に根ざした問題として解釈すると「神の実存」というのが「人間の認識」へと推移していくというのは非常に興味深く感じたなと、いわゆる共同幻想的でもある。作中では所々「天使」も出てきたりするのだが。

2012-10-30 22:41:01
テリー・ライス @terry_rice88

それらは人類の作り出した「偶像」でもあり「幻影」でもあると。ただジョーについてはより深く幻を見ていて、その「偶像」が「母性」へと繋がり「愛」にも向かっているのかなあという印象を受けました。で、ジョーにとっての愛の対象者はもちろんフランソワーズ、003であるというお話なのです。

2012-10-30 22:43:57
テリー・ライス @terry_rice88

全体的に非常に大人な作りで、感傷さのない009って感じでしょうか。ジョーはもちろん青臭くはあるんだけど、それを拠り所にせずに立ち向かおうとしているのがすごくいい。惜しむらくは007と008の出番が殆どないところでしょうか、物語の尺の関係上、活躍できなかったのは凄く残念。

2012-10-30 22:48:21
テリー・ライス @terry_rice88

ただそれ以外のキャラクターはアクションの見所があって凄くカッコイイ。004の兵器っぷりや005、006も原作以上に原作らしい活躍でいいし、特に姉属性の人は003、フランソワーズは必見でしょう!設定的にはジョーより年上なので、原作回帰してるのが素晴らしいw

2012-10-30 22:51:37
テリー・ライス @terry_rice88

ただまあちゃんと教養的知識を知ってないとテーマ面は本当に理解しづらいので、やっぱり海外では受けて、日本ではさほどっていう流れになりそうかなあという懸念はある。ラストシーンも003の言うような救いのあるシーンと判断できるけど、テーマ自体は解決してるわけじゃないからなあ。

2012-10-30 22:55:12
テリー・ライス @terry_rice88

現代における「神」や「正義」や「悪」は一体なんなのかというのを実存性を含めて、人間起因であるという現状認識をして、さあ、先に進もうというお話なので、観客へメッセージを投げかけた作品でもあるので本当に挑戦的な作品だな。これからの全ての未来への始まり、プロローグとも言える。

2012-10-30 22:58:42
テリー・ライス @terry_rice88

なので009ぴあでキャストが軒並み「TVシリーズ(or続編)を!」って言っているのが凄く納得できるんですよ。ある種、原作の呪縛を断ち切って、新しく仕切りなおし出来た作品なので、映画一本に限らず、もっと活躍する姿が見てみたいと思わせる内容だったんですよね。自分も続編が見てみたい。

2012-10-30 23:03:19
テリー・ライス @terry_rice88

あの風化しかけていた原作を見事に現代の作品として甦らせてくれた手腕だけでこの映画を見た価値はあるかなあと私は評価します。欠点も言ったようにあるんだけど、それ以上に有無を言わせないアクションと難しいテーマを捌いて、成立させたバランス感覚が凄い。

2012-10-30 23:07:44
残りを読む(2)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?