写真家・中野耕志氏(@JETBIRDER)のシャープでクリアなヒコーキ写真を撮るコツ

航空雑誌やカメラ雑誌でおなじみの写真家、中野耕志さんのつぶやきをまとめてみました。
カメラ 野鳥 撮影 LOOP 飛行機 Mach 航空機 中野耕志 メエメエ谷 アクサルプ
62
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
スイスのF-5もあと何年見られるんだろう? http://t.co/WHTTOHQd
 拡大
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
ラジオもすっかりおとなしくなって、もう来ないだろうと思った矢先にトーネードGR.4が。 http://t.co/vtYyAttZ
 拡大
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
ブリエンツ湖をバックに飛ぶヘリ。この撮影ポイントに行くには、会場へ行く何倍もの大変さ。素人にはお勧めできない。。。 http://t.co/eGcTSGHU
 拡大
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@AkiChupon 月/火と行っておりました。ブレるようでしたらムリせずシャッター速度上げればいいと思います。デジタルカメラの高画素化で、いろいろシビアな部分が出てきました。とくにブレと陽炎には気を遣わなければなりませんね。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
シャープでクリアなヒコーキ写真を撮るコツ。その1。視程25km以上の日を狙う。それ以下のときは完全順光以外の角度で空が白くなりやすい。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
シャープでクリアなヒコーキ写真を撮るコツ。その2。陽炎を避ける。気温の高い日、低高度、風下は陽炎の影響を受けやすい。そんな日に超望遠レンズ使うと確実にやられる。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
シャープでクリアなヒコーキ写真を撮るコツ。その3。トップ光線を避ける。太陽高度の高い夏場は、機体に光線が回らない。なのでざっくり11時~13時は画にならないのであきらめる。冬場はいいけどね。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
シャープでクリアなヒコーキ写真を撮るコツ。その4。高感度を使わない。日中はISO100~200が基本。ISO200で順光ならF8 1/1000秒(F6.7 1/1500、F5.6 1/2000)切れるから、十分でしょ。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
シャープでクリアなヒコーキ写真を撮るコツ。その4。単焦点レンズを使い、なるべくテレコンを避ける。300mmを超える望遠ズームでまともなモノはほとんどないし、マスターレンズの画質を超えるテレコンはない。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
ヒコーキ写真撮るコツのつぶやきに、思わぬ反応の多さにビシクリ☆今のテクニック本とかは、ハードウェアの使いこなし方ばかりで、もっと基本的で大事なことには触れてないモノね。。。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@jasrifunrun 参考になりましたか?よかったです♪
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@RJTT_HND_Tokyo ニコンでしたらサンヨンはいいですね!キヤノンでしたらサンヨンは古いので、70-200にテレコンでも良いのかもしれません。そのクラスならヨンゴーロクがオススメです。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@mutaguch @shghr666 それぞれの方々の撮影スタイルにとやかく言いたくないですが、デジタルから始めた人は撮り方が雑ですよね。自分も雑になりつつありますので、ときどき厳しいことをつぶやいて自らを戒めます。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
カメラの能力が向上するにつれて、カメラマンの能力が低下するというジレンマ。。。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
自分自身も撮り方が雑になったので、初心にかえってやり直そう。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@tad_cag ズームレンズはズームレンズとして使うのではなく、事前に画角を決めて単焦点レンズとして使うと迷いが出ません。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@RJTT_HND_Tokyo シグマのゴーヨンだったらそれなりによく写るんじゃないですか?70-300Lと456も選択肢として悪くないとは思いますけど。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@naokirisima ボクは456は売って買ってを3回繰り返しました。。。空母取材とか、どうしてもコンパクトで高画質な超望遠が欲しくて。でもゴーヨン持ってると出番がないのですよね。超望遠の世界は、もう行くとこまで行くのが吉です。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@major_reserve @mutaguch @shghr666 ボクもデジタル化は遅かったので最初は苦労しました。。。まだNewF-1とFD500mmは持っていますが、ここ数年動かしてません。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
海野さん、叶内さん、小林さんの写真展に行って思ったこと。やっぱり被写体である生きものをよく知ってる人の写真は良いな、と。対象物をよく知らなくても撮れるのは風景写真くらいか。そしていまいる多くの風景写真家が、被写体についてよく知らないという事実。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
写真は「読み」。偶然性に頼るほどヒマじゃない。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
イメージを作りこむには豊富な経験が必要。良いインプットがなければ良いアウトプットは生まれない。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
@GOBIGUMA いやいや。ヒコーキ自体は自然写真より全然ラク。でも天候次第でまったく仕上がりが違うのが難点かな。
中野耕志 / Koji NAKANO @JETBIRDER
現在2つの書籍(トムキャット写真集と撮影テクニックのMOOK本)を同時進行中。トムキャット写真集は今週で怒濤の追い上げ予定。撮影テクの方の作例は国内限定にするかな。そうするとけっこうショボーンな作例しかない。。。
残りを読む(573)

コメント

おざわ・5556 @N_Ozawa_ 2017年4月6日
視界25kmの日なんて日本の春から夏にはめったに……