毎年10月末なら『ツイノベ祭』 2012/10/31お題「ハロウィン」

ハロウィン、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en)は、ヨーロッパを起源とする民俗行事で、毎年10月31日の晩に行われる。西ヨーロッパ古代のペイガニズムにもとづく死者の祭りおよび収穫祭、とりわけケルト人の行うサウィン祭(英語版)に由来するとされている。(ウィキペディアより
文学 書籍 ハロウィン twnovel Twitter小説 ツイノベ
3

10月1日~15日

浅葉積木 @tsumiki_a
#twnovel ロウィンが近づいてきた店頭に、柿が現れた。「色が似ているよしみで混ぜてくれないか。俺たちももてはやされたい」「…よし、交代しよう」/さるかに合戦の猿が、柿の木の上でカボチャをボソボソ食べる。「せめて食用ならなあ」「すまん。しかし我々もたまには食べられたいのだ」
黒目ソイソース @ghostsoysauce
「火の玉出すのやりすぎだと思う?」「見上げられないように気をつけないとな」「透明になったら意味ないよね…」「ちゃんと人間の目に見えるようにしないとお菓子貰えないよ」「仮装しなかった奴はルール違反ねー」藪の奥の熱心な相談の様子に鶺鴒は31日が少し楽しみになった。#twnovel
ぜN9i @zeniqui
#twnovel 本に中なかなかハロウィンが根付かないのでジャック・オ・ランタン達は河童に相談した。「ほうほう、それでお前達は何の妖怪なんだい?」「はい南洋の瓜でございます」「なに、瓜?」南瓜頭の妖怪達はその後河童の里から帰らず、今年のハロウィンも盛り上がりに欠けるものになった
23時の夢物語 @23novel
#twnovel 間に化けて、ハロウィンのパレードの下見に来たドラキュラとゾンビと人魚が、駅前で誘われるままに献血をしました。大怪我をするのはそれだけで大変なことですが、それ以上に大変になる可能性がありますので、くれぐれも行動には十分ご注意ください。
お嬢ちゃんきょうのうさみみ何色? @sn1428x13
宵も1031号室のキッチンは忙しい。なんてたってハロウィンが近い、子供達の為に魔女たちは右往左往。「ああだめだめ!材料が足りないよう!」監督役の妖精が叫ぶとフライパンに跨がり少女は夜空に舞い上がる。足りない物は月の兎の涙。ちょっと手荒に行ってきます! #twnovel
しーな @xsheeenax
「僕が一番好きなお酒は、ワインよりも紅くてあたたかいのですよ」止まり木にクラシカルな漆黒のマントをまとわらせながら腰を下ろした彼は、光量を絞った明かりさえも反射してしまうような見事な金髪を揺らした。ハロウィンにはまだ早いタキシードに身を包んで。 #twnovel #twnvday
よしのちほ @chiho_yoshino
城に行くには馬車がいるからね。カボチャはどこだい? 魔法使いの言葉に、まな板を指さした。包丁が抜けなくて困っていたところ。結局私は舞踏会には行けず、魔法使いに弟子入りした。煮物になりそこねたジャック・オ・ランタンを手に、さて、お菓子集めに出かけるとしますか。 #twnovel

10月16日~30日

23時の夢物語 @23novel
#twnovel ボチャのランタンで、夜道を歩いている。重いし、見えにくいし、不格好だけど、これが決まりだから仕方ない。あーあ、技術は進歩してるのになー。伝統なんてイヤだなー。魔法使いのお婆さんに頼んで、せめて馬車に変えてもらおうかなー。
ひょろ @hyoro4779
#twnovel 「トリック・オア・トリート!」膨らみきったおなかから声がした。あらあら、まだ生まれてもないのに気の早い子だこと。「まだお菓子はあげられないわよ」私がそう言うと、おなかの内側を激しく蹴られた。
黒目ソイソース @ghostsoysauce
道で、突然飛び出してきた相手とぶつかった。薔薇は大丈夫ですかと言いかけて絶句した。なにしろ、その人の頭部がふっとんでゴロゴロ転がってったからだ。「キャー!今年新しくした顔がー!」黒マントを靡かせたその人は、転がっていくカボチャを追って走っていった。#twnovel
琴瀬 那子 @cotosenaco
ボチャが空を優雅に飛んでいたよ 下界を見下ろしてニヤリと笑う 今年も俺の出番が来たぜ! カボチャは調子に乗って被っていた帽子を手放してしまう 翌日、某遊園地にて本物のカボチャがあちらこちらに落ちていた 困った鼠さんはそれらを拾い、カボチャスープを作ったとさ #twnovel
浅葉積木 @tsumiki_a
#twnovel ボチャの呪いで毎年10月31日だけ頭がカボチャになってしまうため、恋人にはハロウィンのコスプレだと誤魔化してきた。が、それもそろそろ限界だ。どう説明すればいいのだろう。ところで、彼女が毎年する魔女のコスプレは実に見事で、本当に空を飛んだりしているように見える。
強い @mimimdr
「トリック・オア・トリート!」おどけてそう言う彼に、まとめた荷物を押し付ける。「お菓子なんてない。二度と来ないで」「えっなんで?」「遠恋の彼女とまだ続いてるでしょ」「それは、」言い訳する彼を玄関から追い出す。私に声をかけたのも、最初から悪戯みたいなものだったのだ。#twnovel
23時の夢物語 @23novel
#twnovel 鬼たちがカボチャを担いでやってきた。ハロウィーン用のランタンを作ってと頼まれたのだが、近所のスーパーからくすねてきたらしいカボチャは、すべて1/4カットだった。仕方なくカボチャのケーキを焼いて、みんなで食べた。ごちそうしたから、イタズラはなしね。
ナコ @nakotic
「コネコですにゃあ」「はろいんのらんたん作ってくださいにゃあ」「南瓜で作るって聞きましたにゃあ」「…カット南瓜?」コネコたちは期待に満ちた目で見つめています。最近中々丸ごとの南瓜って売ってないですよね。 #twnovel #コネコビト @1_dark
黒目ソイソース @ghostsoysauce
鴒は十三夜を楽しんでいた。冷え込みが厳しくなり虫の声は静かだが季節に関係ないモノドモは姦しい。「もうすぐハロウィンだな」「化けずに出歩いても騒ぎにならん日だな」「だがお菓子を貰ったら人を喰えん」「でもお菓子は美味い」「うん」たくさん用意しておいた方が良さそうだ。#twnovel
天晶 @tensyou99
角コーンが動いていた。住宅街の道路を蛇行している。ハロウィンが近いのでその予行練習かと思ったが、さすがに、あの中に入るのは無理だろう。意を決して後ろからこっそり近づき、持ち上げる。そこにはオレンジ色の子猫がいた。……名前はカボチャだな。子猫を優しく持ち上げる #twnovel
tamaki±21周年と5周年 @tamaki_okia
月の月末なんて迫りくる冬の気配に憂鬱になりながらカレンダーを捲る頃だったのに、今は皆、舶来のお菓子のお祭りに夢中だ。私もアップルパイを作って彼の家へ行こうと思ったけど、勇気がない。多分私の秋だけは、かつての秋のままなんだろう。冷たい風は、林檎の香りがした。 #twnovel
@sktkx
「菓子をくれねば悪戯してやるとな?西洋の祭りはなかなかに脅迫じみておるの」座敷童はテレビを見つめて感心したように呟いた。「脅迫って。菓子もらうための合言葉だろう?」俺が言うと、にやりと笑みが返ってくる。「馬鹿じゃの。悪戯が目的に決まっておるではないか」 #twnovel #妖草紙
ひょろ @hyoro4779
『トリックトリート』 #twnovel 「トリックオアトリート!」玄関で声がした。やってきたのは吸血鬼に扮した少年。「どうぞ召し上がれ」私は手作りのボンボンを差し出した。少年がそれを口に含む。ギャーという叫び声。やはり聖水入りを用意しておいてよかった。時々いるのだ、ホンモノが。
雪月 @setugetufuka
「先生。この子治せる?」と言いながら、動物病院に魔女の仮装をした小さな女の子が入ってきた。大きなクマのぬいぐるみを抱えている。「僕が治せるのは動物だけだよ」と言うと、女の子は「これ、ママなの。お菓子をくれないから悪戯したら、戻せなくなっちゃったの」と泣き出した。 #twnovel
Nagai m@do @xxassydow
#twnovel はハロウィンが怖い。だって、あの兵隊さんは隣の○○ちゃんを酷い目に遭わせたんだから。地域の行事でお菓子をくれて、遊んでくれた。優しいんだって信じてた。でもね、違ったんだ。カボチャのお面で素顔を隠すの。お菓子をどうしてもイタズラするのは、兵隊さんの方だったんだ。
ナコ @nakotic
聖節です。コネコビトたちがひとりにひとつずつ南瓜を抱えて行列です。南瓜は顔の形にくりぬかれて、ぼんやり光っています。コネコたちは耳が欠けていたり、尻尾が二本だったり。行列はにゃあにゃあ進みます。 #コネコビト #twnovel
残りを読む(65)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする