編集可能
2012年11月2日

今井哲也さんによる『魔法少女まどか☆マギカ』感想

まとめてみました。
31
今井哲也 @imaitetsuya

まどかマギカには「情報量に裏打ちされた堅牢な世界観」があるのではなく、一見それがありそうだけどじつはまったくない、っていうのが人気が横に広がったポイントだと思うます

2012-11-02 10:37:59
今井哲也 @imaitetsuya

まどかマギカに出てくるドボクはだから僕はまったく魅力的に見えないんですよね。画面の背景に現れる工場や高層ビル群は、同程度にちょっとカッコイイ直線が得られるなら別に団地でも鉄橋でも何に置き換えてもいい、くらいの感じで作られている気がする

2012-11-02 10:42:44
今井哲也 @imaitetsuya

魔法少女が戦う場所が工場や路地裏であるっていうのは、その背後にある世界観はすごくシンプルでオーソドックスなのだ。なぜならそれは仮面ライダーの戦っている場所そのまま。

2012-11-02 10:56:00
相楽 @sagara1

@imaitetsuya 「「情報量に裏打ちされた堅牢な世界観」があるのではなく、一見それがありそうだけどじつはまったくない」 これ、新房・シャフトの表現の特徴というのと、それ以上に脚本の人(虚淵玄)が基本「世界観」を無節操な引用で作る人だというのが大きいような。

2012-11-02 10:57:43
相楽 @sagara1

@imaitetsuya (銃器周りとか一部を除いて)フェティッシュがないとか、引用しても文脈を(天然か故意かは不明にしても)とにかく無視というか蹂躙しまくってしまうとか、『サイコパス』を観るとより一層というか非常に分かりやすいという……。

2012-11-02 10:58:32
今井哲也 @imaitetsuya

むしろ「衆人環視の中正体バレバレで戦って、その戦いが実際は皆の生活を支えているのに、誰からも理解も感謝されない」みたいなことをやる作品があってもいい。そのほうがよほどチャレンジングだと思うんだ・・・というか実際ときどきあるけど、そういう作品ってなんか「地味な良作」扱いが多いですね

2012-11-02 10:59:54
今井哲也 @imaitetsuya

@sagara1 『サイコパス』は観ていないのですがなんとなく仰りたいことはわかります。以前TLで、「虚淵玄はただのボンクラ映画好きというのが本質だ」というような意見を見かけてなんだかすごく納得しました。新房シャフト演出がそこに妙に意味有りげな感じを与えていますが

2012-11-02 11:03:02
今井哲也 @imaitetsuya

具体的に言うと、たとえばゴーバスターズとか、Kもそういうことをやろうとしている印象がある  あとやろうとしたのかしてないのかどっちにしろ失敗したのが仮面ライダーフォーゼ

2012-11-02 11:04:11
今井哲也 @imaitetsuya

フォーゼは「ライダーが正体を隠さない」「部活を作る」「学校や室内で戦う」っていうのがちょっと新鮮で、ヒーローと社会の新しい関わり方を見せてくれるのかとおもったらご覧の有様ですよ

2012-11-02 11:06:00
今井哲也 @imaitetsuya

忘却の旋律の白夜岬編はとてもよかった

2012-11-02 11:06:41
相楽 @sagara1

@imaitetsuya 例えば「仮面ライダー」からそうして「カッコよさ」を引用し、でもそこにある「正義」の文脈は踏みにじるという態度は"行きて帰りし"な少女の成長物語としての「魔法少女」から「かわいらしさ」「健気さ」を引用して、やはりその文脈は……というのと同じと思えます。

2012-11-02 11:08:03
相楽 @sagara1

@imaitetsuya 例えば『化物語』『絶望先生』(『絶望先生』については原作のあの最後の展開を踏まえた上で。というかアニメは明らかに踏まえている)でもそうでしたが、新房・シャフト演出って「妙に意味ありげ」にする時にとても有効に(?)働いている感じがしますね。

2012-11-02 11:17:00
相楽 @sagara1

@imaitetsuya 《とても鮮やかな仕掛けであり仕込みであり、定型に対する悪意ある反転なのだけど、フェティッシュや堅牢さを決定的に欠いた実はとても薄っぺらいもの》を、なんだかとても含蓄のある深いものに偽装してみせる演出です。

2012-11-02 11:17:19
相楽 @sagara1

でも、薄っぺらさを偽装して偽装して偽装し抜くことって、凄いと思う。それをとことんやることを以て「真」と為してやるぞ、という感じで。なんだか連城三紀彦「戻り川心中」と、その主人公、苑田岳葉を連想したりする。

2012-11-02 11:22:05
今井哲也 @imaitetsuya

@sagara1 そうですね。もうひとつまどかマギカの脚本部分についていうと、そもそもあのストーリーは「『少女』を描くことにはそんなに興味がない」と僕は思っていて、そのあたり、「定形に対する悪意ある反転」を計算でやっている部分と天然の部分が混じっていてそれはそれで好感がもてます

2012-11-02 11:26:18
相楽 @sagara1

仮に同じことを主張するにしても、やはり「誰が」ですごくその意味も価値も変わるよなあ。この発言 https://t.co/IjRmQuG4 は『ぼくらのよあけ』であの団地を描いた今井哲也のものだからこそ、重いし、凄い。

2012-11-02 11:27:49
相楽 @sagara1

※参考「まちがいなく2011年最高の団地マンガ『ぼくらのよあけ』」(「住宅都市整理公団」別棟)http://t.co/8DtzaGBA

2012-11-02 11:28:09
今井哲也 @imaitetsuya

@sagara1 なので、総じてまどマギのストーリーに対する僕の感想は「良くまとまった面白いエンタメ」なのですが、新房演出がそこに乗っかって意味ありげな感じを匂わせることで、なにかもう一回り大きな得体のしれない怪物に見えている(けど実際はそんなことない)のかな、と

2012-11-02 11:29:28
今井哲也 @imaitetsuya

@sagara1 そこで新房監督の「実は意味のないものにすごく意味がありそうな感じを出す」という手腕ですが、たしかにすごいんですがよくみるとそれは「まどマギという作品のために練られたものではない、その作品自体に踏み込んではいない」ように思える点で僕はあまり好きではありません

2012-11-02 11:34:41
相楽 @sagara1

@imaitetsuya  そのお話、当人は「虚淵玄「プロットラインとしては完全にヤクザものなんですが、少女をメインに置くことで任侠とはひと味違う物語を産み出せたなと思っています」(同人誌『BLACK PAST』掲載の対談)と《言ってはいる》のですが……

2012-11-02 11:39:22
相楽 @sagara1

@imaitetsuya 各所で言われる通り、少女があまりにも背中が煤けたおっさんに互換可能なんですよね。参考1:「「男たちの挽歌」が「まどマギ」に見えるわけがない」http://t.co/WbOov7wt

2012-11-02 11:39:45
相楽 @sagara1

@imaitetsuya というわけで概ね「描けてないじゃん」が感想なのですが、美樹さやかに関しては群を抜いてとても「少女」に描写されてる(多分、アニメという共同作業における脚本以外の要素の影響がとても大きい)のが面白いです。もしさやかがいなければ……と考えると怖いですね。

2012-11-02 11:41:48
相楽 @sagara1

@imaitetsuya 「幽霊の正体みたり枯れ尾花」なところは、まさにその点で『新世紀エヴァンゲリオン』ととても重なって、やたらに比較対象として持ち出されるのもそれだからなのかもしれませんね。>「なにかもう一回り大きな得体のしれない怪物に見えている(けど実際はそんなことない)」

2012-11-02 11:47:23
相楽 @sagara1

@imaitetsuya ただ「だから「得体のしれない怪物」のイメージなんてくだらない!」でなく「これだけ多くの人が「得体のしれない怪物」と観てしまう」ことがメディア論としてとてもとても重要なんだよ、という話が大変面白い、と思えたりしています>まどか☆マギカを巡る言説・論考

2012-11-02 11:48:39
残りを読む(49)

コメント

ええなさん@⚔🛡🐷💉 @WATERMAN1996 2012年11月3日
何が言いたいのか分からない、話すべきことをきちんと咀嚼しなさい、岡田斗司夫を見習え、と言いたいが。たとえば、アニメファンにとってRED GARDENがフックにならずまどマギがフックになった理由を分析するのが批評だろう。
0
ええなさん@⚔🛡🐷💉 @WATERMAN1996 2012年11月3日
http://togetter.com/li/149177 ←俺は魔法少女と二次性徴をつなげて分析するのは既に意味を失っていると考えている。なぜなら魔法少女ってのは様式だから。巨大ロボットはなぜ人型かと問うようなもので、そういうものだからだと言うしかなかろう。
0
ええなさん@⚔🛡🐷💉 @WATERMAN1996 2012年11月3日
http://live.nicovideo.jp/watch/lv110966511 岡田斗司夫が言うには、まどマギのテーマをひらめキャラでなく(一般に受け入れられやすい)八頭身のキャラでやられたら拒否反応が出て吐いてまうわって言ってたな。
0
相楽 @sagara1 2012年11月3日
そうですか。では、御自身でどうぞ。>たとえば、アニメファンにとってRED GARDENがフックにならずまどマギがフックになった理由を分析するのが批評だろう。
0
相楽 @sagara1 2012年11月3日
一応、追記。まとめのメインは、特に「アニメと背景(特にまどかマギカにでてくるドボク)」に着目した、漫画でまさにその「背景」を素晴らしく描いてみせる今井哲也先生の視点からみた『魔法少女まどか☆マギカ』。表現論の視点です。
0
相楽 @sagara1 2012年11月3日
それに合いの手として一応、作品についてメディア論としてみた場合の面白さ(「得体のしれない怪物」)と、それが表現にもフィードバックされていること(巴マミ周辺)を自分が補足した部分は単なる脇筋に過ぎません。
0
相楽 @sagara1 2012年11月3日
すぐにその後、「作家としては、あくまで個別の作品として、まどマギのフィルムそのものから見えるものだけをどうしても話題に」ということで本筋の表現論に話題は戻っています。
0
相楽 @sagara1 2012年11月3日
「それは俺の聞きたかったことではない」を「何が言いたいのか分からない」といわれても、「じゃあ、勝手にしたらいかがですか?」とか返しようがありません。
0
73式提督@6/23右足小指骨折→歩き方が変わって腰痛 @shieldbearer09 2012年11月3日
通して読んで、見知らぬオタ二人が夜中のファミレスで相手の受けやすい球を選んで会話のキャッチボールをしてるイメージが。分からない人間はとことん分からないけど、分かった時に『あーはいはいw』感じが伝わってきて楽しげヽ(゚∀゚)ノ
0
ええなさん@⚔🛡🐷💉 @WATERMAN1996 2012年11月3日
sagara1 自分らでRED GARDENに触れておきながらそういう言い方はずるいんじゃない?
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年11月3日
アートワークに関しての話は本編見てるときも全く注目してなかったんでああ、そんなもんなのか。くらいしか思えないが。”「『少女』を描くことにはそんなに興味がない」””「良くまとまった面白いエンタメ」”には物凄く同意できるなあ。多分物語の筋道とか伏線以外にしか興味ないよねというか。
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年11月3日
なんというか「無節操な引用」の一つにこの作品はブラスレイターがかなり引用されてるんだけど。それがまたえらい悲痛なシーンだったり物語上でかなり印象に残るシーンでも普通に引用されている。「この物語を通じて何物かを顕現させよう!」とかそういうある種崇高な動機を持ったような人ならこういうことは多分しないんだろうなあと思うんだよな(創作とかやった事ないからわからんけど)
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年11月3日
多分物語やら登場人物からは一歩引いて、「ん、ここの筋道はとりあえず通った、せっかくだから(セルフ)パロディ入れとけ」とかやれるぐらいの距離感で作ってたんだろうと思うんだよな。脚本によるものなのか他のスタッフによるものかわからんけどそれをやったのは絵面を決定できる位置に居る人間なわけで。
0
ええなさん@⚔🛡🐷💉 @WATERMAN1996 2012年11月3日
WATERMAN1996 テーマとしてまどマギとRED GARDENに共通する点があったならば、既に触れている人がいると思うのだけどなあ。
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年11月4日
多分物語の筋道とか伏線以外にしか興味ないよね→多分物語の筋道とか伏線以外興味ないよね。に訂正
0
Mitchara @Mitchara 2017年5月9日
徹底して文学的な読みでなく映画的な読みをしておられる感じが面白い
0