Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

鳥山仁さんによる「ライトノベルレーベルが駄目になっていく過程」と「キャラの描き分け」の話

興味深い話だったのでメモ代わりにまとめさせて頂きました。
322
鳥山仁 @toriyamazine

(1)先日、出版業界の大先輩にお誘いを受けて食事をご馳走になったのだが、その際に「某社で3年かけてライトノベルレーベルが駄目になっていく過程」の話が出て、その本当の駄目っぷりに震え上がる。私自身も編集&作家なので他人事ではない。まず、何度も書いていることだが……

2012-10-31 13:40:03
鳥山仁 @toriyamazine

(2)学校の授業では読書感想文と小論文の練習はやっても、小説に必要な情景描写・行動描写の練習はやらないので、作家志望はおろかプロの作家でも文章力は概ね低く、特に娯楽系の場合は編集者が校閲に近い形で介入しない限り商業レベルの文章になる可能性はほとんどない。つまり……

2012-10-31 13:42:07
鳥山仁 @toriyamazine

(3)……「話は面白いけど、文章はちょっと下手」という人を編集がサジェスチョンして商業作品に変えていくのが一般的なやり方だ。ということは、裏返せば編集者は行動描写と情景描写の書き方が判っているか、最悪でも「どこを見ればいいか?」が判っている必要があると言う事になる。ところが……

2012-10-31 13:44:15
鳥山仁 @toriyamazine

(4)……肝心の本人達に、そのスキルがなければ、当たり前の話だけどいつまで経っても下手くそな文章が直ってこないという「地獄の悪循環」が待ち構えており、その結果は売り上げ低下→レーベル消滅という、お決まりのコースである。まあ、イラストでなんとか保たせる方法もあるけど……

2012-10-31 13:47:00
鳥山仁 @toriyamazine

(5)……読者も馬鹿じゃないので、だいたい2年から3年で愛想を尽かして買わなくなるのでレーベルが消滅するわけだ。ちなみに、デビュー時の文章力に関してほぼ修正の必要がないと私が思った作家は、ここ5年前後では 笛地静恵氏のみ。マイナージャンルな方なので知名度は低いが……

2012-10-31 13:51:42
鳥山仁 @toriyamazine

(6)……明らかに研鑽を重ねたタイプの文体で、ああいう作家さんの文章を読めるのは、編集と言うよりも読者として嬉しい感じだ。しかし、裏返せば「最初から文章が上手い」作家なんて数えるほどなんだから、編集が出版にこぎ着けるまで修正作業は避けられないのと同義でもある。

2012-10-31 13:55:49
鳥山仁 @toriyamazine

(7)それでは、文章のどこを見ていけば良いのかというと、まず何はともあれ「新キャラクターが登場した前後」である。ここは、読むのを中断して読み返す必要がある。つまり、作家の大半は複数のキャラクターが登場した際に、業界では「描き分け」、正確には「行動描写」ができなくなり……

2012-10-31 14:00:04
鳥山仁 @toriyamazine

(8)……パニックを起こして文章がおかしくなる。下手な作家だと、Aという主人公が一人称で一人語りをしているシーンは問題無いのに、Bという新キャラが出た瞬間から文章が崩壊する。1つの文章に2人のキャラクターの行動を同時に書こうとして、何が何だか自分でも訳が分からなくなるからだ。

2012-10-31 14:02:25
鳥山仁 @toriyamazine

(9)ちなみに、平均的な文章力の作家なら3人目、少し高い作家でも4人目あたりから行動描写が怪しくなってくる。特に主語を省略し、一文を短く切るタイプの作家は「誰が何をやっているのか判らない」というオマケまでついてくる。そして、主語をくっつけると詩的な感覚が失われるので……

2012-10-31 14:07:51
鳥山仁 @toriyamazine

(10)……実は省略形を多用して文章を読みやすく見せていただけだったという事実が発覚する。こうならないためには、もう粗筋の段階で複数の登場人物が入り乱れるシーンが出てこないように作家に釘を刺すか、登場人物の数を最初から減らすしか予防方法がない。これを野放しにしておけば……

2012-10-31 14:10:13
鳥山仁 @toriyamazine

(11)……確実に文章直しだけで編集が時間を取られるし、編集に直せないと後はゴミみたいな小説が残るだけだ。次に注意しなければならないのは、作家が「主人公の成長を描きたい」と言いだした時で、ほぼ100%の確率で、「単に途中で主人公の人格が変わるだけ」の話に終わる。

2012-10-31 14:13:43
鳥山仁 @toriyamazine

(12)この失敗も何十回も見ているが、文章力がそこそこある作家さんですら「成長モノ」をやると、ただの「人格豹変」にしかならない。理由? 読者にとって架空の登場人物など他人に過ぎないのだから、成長したかどうかなんて判りようがないからだ。こんな単純な事実も視野狭窄になると失念される。

2012-10-31 14:17:48
鳥山仁 @toriyamazine

(13)他にも失敗していく小説のレーベルのプロセスはいっぱいあるのだが、話を聞くだけで耳が痛いというか「もう勘弁してください」状態ですっかり消耗した。他人事じゃないと、「他人の不幸は蜜の味」にはならんのだよねえ……。

2012-10-31 14:19:41

コメント

うしげん @Ushigen 2012年11月2日
こんなのラノベに限定された話じゃないと思うのだけど・・・。それにしても世代横断的に「ライトノベル」が叩かれまくる構造ってのは何故生まれたのだろう。
16
藤村文幹/藤村 楓@なろう&カクヨム @toh_ka 2012年11月2日
……裏を返せば、「主人公の成長がきっちり書ける」「4人以上だしても文体が崩れない」の2点があればかなり力のある作家ということに……。
32
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2012年11月2日
主語省略→誰が誰やら、ってわざと狙ってるんだと思ってたわ。あまりに多いから流行なのかとも。
4
スミス中尉(プギャー) @kakenai01 2012年11月2日
何故その簡単に書けるものが俺に書けないんですかね(絶望)
2
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年11月2日
世の中、どんな世界でも“売れたもん勝ち”という現実。
1
山本 @abesadasan 2012年11月2日
この人、自分がドロップアウトした業界をいつも腐すような事を書くよね……
10
山本 @abesadasan 2012年11月2日
あと、この手の妄想話。自分の主張をこういう風に語る人って……
6
山田まなご @managochu 2012年11月2日
元編集者ですが「主人公の成長物語」でも出発と着地を、最初から明確に設定しているものであれば、結構な確率でコケないと思いますよ。ウケるかは別ですけどね。普遍性を狙うか、場しのぎ稼ぎを狙うか、そのへんは編集者のテコ入れ・力量にかかってくると思います。
2
山田まなご @managochu 2012年11月2日
つづき。ラノベ界は詳しくはありませんが、そろそろ一過性の文章の大量生産はやめたほうが…活字離れ、ネット移行でただでさえカツカツなんだから「残る」作家さんを育てないと出版は廃れちゃうと思いますよ。
14
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2012年11月2日
正直、これはビルディングスロマン全否定であり、あんまり理が通ってないと思う。逆に「明確な大人像の失われた現代においてシンジ君の例を見ても(略)ビルロマはおわコン」という理屈ならある程度わかるが、そういうことでもないっぽいし。RT読者にとって架空の登場人物など他人に過ぎないのだから、成長したかどうかなんて判りようがないからだ。
0
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年11月2日
「読者にとって架空の登場人物など他人に過ぎないのだから、成長したかどうかなんて判りようがないからだ。」なんて書く辺りこの人貧相な読書体験しかしてないよね。果たして無能なのは作家だけなのだろうかと言うね。
22
かっし @ka_shiyon 2012年11月2日
気になるのは、成長物語だけが小説かな、ということです。誰かを思いやっているはずなのにちぐはぐになっていって、別れるしかない悲恋小説もあるわけで。きれいなものだけが人の心に届くわけじゃないような気もするなぁ。
1
mllnkanjinno @mllnkanjinno1 2012年11月2日
ラノベの売れ行きって、表紙の絵師と設定とヒロインで決まるんじゃないの? あとキャッチーなタイトル。
5
むつぎはじめ @Six_D 2012年11月2日
とりまオモロイからコメしとく。小説がんばるニャン
1
seere626 @seere626 2012年11月2日
で、でも売れてるし!
2
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年11月2日
「学校の授業では読書感想文と小論文の練習はやっても、小説に必要な情景描写・行動描写の練習はやらない」 これは俺が現国の授業を寝ながら受けてた三十年前からそうだし、そもそもそれが教育されてた時代ってあるのか?
3
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年11月2日
「読者も馬鹿じゃないので、だいたい2年から3年で愛想を尽かして」 二年も三年ものうちには数巻出てるはずで、そこまで読まないと作者の文章力が分からない読者は馬鹿だと思うし、使い続ける出版社はもっと馬鹿なので潰れて当然だと思うけどな。
4
浅緋(あさひ)@ヮ<)ノ @asahi_4 2012年11月2日
登場人物大杉な上に、主人公達が(悪い意味でも)成長している「デュラララ」の作者さんは、相当に凄い人なの? 
3
tocoma/無職金欠とにかく全く先が見えない駄目じゃない @tocoma110 2012年11月2日
編集が文章を訂正する能力を持つのは大事だと思うけど、何かなぁ。そこまで言うなら、人格の変貌を成長と呼んでいるラノベの例を挙げてほしい
1
ええな@(政経&剣術)🐷手洗い @WATERMAN1996 2012年11月2日
そもそも、成長とは何なのか分かってない作家や編集が多いんじゃないの?
0
荒宿いひら @ihira2718 2012年11月2日
数撃っても当らないのか。
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年11月3日
編集のかたの文章能力も作家さんの比率と同じくらいではなかろうかという危惧もあろうかとは思うのですが、多少は比率がよいのかな...
0
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2012年11月3日
「学校の授業では~~小説に必要な情景描写・行動描写の練習はやらない~~」のくだりになるほどと思った。
1
(´・ω・`) @ocelot33 2012年11月3日
タイトルと表紙で売れるかどうか決まるんだから文章は関係ないんじゃ
2
@izanamu 2012年11月3日
自分とその身内が見込んだ作家はハズレばかりで、あいつらは馬鹿だと日頃から見下していた連中だけが何故か富と名声を得てるという、現実と妄想のギャップに苦しんでいる事は何となく分った。見つめなきゃ、現実を…!
9
Rick=TKN @RickTKN 2012年11月3日
キャラの成長と言えば。以前書こうとしてた話で、ただ「Aが嫌い」だった主人公がAにまつわる事件の末に「何故自分はAが嫌いか」を一段深く知る事でAに対する盲目的な嫌悪が多少薄れる(「見るのも嫌」から「嫌だけど見られる」程度)と言うのを、自分の頭で体験した。ちょっと不思議な感覚だったが、こういう事なんだろうか?
1
Kota Mizushima (on a diet) @kmizu 2012年11月3日
指摘されている点のいくつかは、読者である自分にとってもなるほどと思う部分があって面白いのだけど、成長ものがほぼ100%失敗におわる、という部分は論拠が変だなあ。
7
Kota Mizushima (on a diet) @kmizu 2012年11月3日
現実における問題として、他人が「成長」したかどうかを究極的に評価可能か、という話はある(成長とは何ぞやという話もある)。ただ、私たちは、他人が時期を経て「成長」したかどうかをどこかで「感じている」のはほぼ自明。なら、読者にとって、架空の登場人物を「成長」したと「感じられる」かどうかが 論点になるべきであって、判る判らないの問題じゃないはず。 >"読者にとって架空の登場人物など他人に過ぎないのだから、成長したかどうかなんて判りようがないからだ。"
4
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2012年11月3日
ライトノベルうまい人は普通の小説書いても多分うまいんじゃないかな。逆はよくわからない。
0
Kota Mizushima (on a diet) @kmizu 2012年11月3日
とはいえ、1読者として自分の感想として、確かに、単なる「人格豹変」に思える「成長もの」は少なからず存在する。もちろんそうでない作品も。どこにその境界があるかというと、読者の想像する「成長」観念と作者が描きたい「成長」の差異と、読者をうまく「騙す」技巧の問題じゃないのかな、というのが自分の想像。
4
Kota Mizushima (on a diet) @kmizu 2012年11月3日
あと、「成長もの」において、主人公の成長をうまく読者が感じられるかどうかと、商業的に成功するかは若干違うんじゃないだろうか。「成長もの」と銘うった作品であっても、読者からしてみれば作品の評価軸は多数存在するわけで…。
3
落雷 @rakurai_uboa 2012年11月3日
興味深い……が、疑問点も。「架空の登場人物」であるが故に成長物は無意味と断じているが、(Twitterで書いている以上言葉足らずになる側面はあるだろうけど)キャラクターという存在が受容されるのを否定してしまっては、文字媒体で物語を紡ぐ意味はどこにあるのか? 架空の人物を「架空である」と念頭において作品を楽しむ人/楽しめる人っているのだろうか。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2012年11月3日
そもそも編集者が(誤字脱字などではなく)文章に手を入れるってどれくらいあるんだろう? 本来「無断で」手を入れるのはNGのはずだし、むろんとはいっても現実問題にはそういうことはままあると思うけど。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年11月3日
そんなことゅっても……(三行あけ)ぅちにはゎからないよぉ(六行あけ)「がんばりなょ、ぉまえは才能ってのがぁるんだから」……って(三行あけ)だぁい好きな カレシ に応援されて(三行あけ)がんばるしかないょ(三行あけ)おもうょ……。
2
𝕥𝕠𝕞𝕖𝕜𝕒𝕞𝕚【𝕊𝕜𝕖𝕓☆𝕆ℙ𝔼ℕ】 @tomekami 2012年11月3日
「読者にとって架空の登場人物など他人に過ぎないのだから、成長したかどうかなんて判りようがないからだ。(tweet抜粋」ってのは「読者もバカ」とも解釈出来てしまうので、なんだかなーと思いますね。空想妄想の余地とかも読書の楽しみなので
4
Rick=TKN @RickTKN 2012年11月3日
成長が人格豹変って、「熊に親を殺された!熊殺す!」が、「熊だって生きてるんだ、殺すのはやめよう!」って感じかな?
0
kartis56 @kartis56 2012年11月3日
うぶかたとう(なぜか変換できない)のラノベはすごい、とそういうことですね
0
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2012年11月3日
RickTKN ビルドゥングスロマンだと「殺す!」から「やめよう!」までの間を丁寧に書くが、この話だと間がすっぽり抜ける作家・作品が多いということなのでしょう。
5
あかさたな @emesh 2012年11月3日
他の媒体でも、そういうことは散見されるだろうね。萌え系の漫画で1作目は散漫でも、2作目でヒットする作家さんが結構いらっしゃるし。
0
kurekure31 @kurekure31 2012年11月3日
え?成長って秘められたスーパーバワーに目覚めて無敵モードになる事でしょ?違う?
1
三田村正志 @Mitamura21 2012年11月3日
野球部の女子マネが本を読むだけでなぜか部員の野球力が上昇して試合に勝ちまくる、っていう成長もののラノベなら大ヒットしたよ!
4
よっしー @voiyage3698 2012年11月3日
耳が痛い。が、情景描写や行動描写の勉強なんて今も昔も学校ではやらないんじゃないかな。 文章はイラストよりも【書き方】の方法論が確立されてないような気もするし。 とにかく一文の中で主語と述語が明らかに対応してない文章を読むと、推敲が甘いなーとは思う。多人数の場面は確かに難しい。 成長物語でしょせん他人事というのは、まず最初の段階で読者が感情移入できないのが原因では?
4
TomOne@PARALLEL ACT @tomone_pact 2012年11月3日
ラノベはタイトルと表紙って言ってる人多いが、1巻目はそれで誤魔化せても、2巻目以降はそうはいかない。つまらなければ売れ行き落ちて打ち切り。
14
こんぽた(手洗い) @cornpt 2012年11月3日
書き方教育の問題は確かにずっとまえからというのはあるけど、じゃあ無くていい、と無碍にしていいかといえばそうではないと思ったりはする。
2
foxhanger @foxhanger 2012年11月3日
「ラノベ作家は2作目で化ける」ってのは、デビュー作はアマチュア時代で書きたいことを書けたけど、2作目からは企画段階から編集者の意見が入ってくるってことかなあ。
1
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2012年11月3日
前半のキャラの複数同時登場時の書き分けは、誰が誰だか分からなくなるような下手な作者は確かにいるけど、後半のキャラの成長は読者には分かりようがないって部分は、この人がそういった作品に対する読書センスが欠如してるだけなんじゃないだろうか? 作者の筆力によって差はあっても全く分からない作品というのは少ないと思うのだが。
6
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2012年11月3日
後よく聞く最近のライトノベル云々っていうのは単純に業界の規模が大きくなったからだと思うだけどなあ。 どんな業界でも大体秀作と駄作の数の関係はピラミッド状になってるんだから、出版される数が増えれば、秀作より駄作の数の方が増えて目に付きやすくなるだけな気がする。 個人的な感想では今の方が秀作もしっかり増えてると思うだけどな。
12
Rick=TKN @RickTKN 2012年11月3日
高橋弥七郎(代表作:灼眼のシャナ)の事ですね。わかります。(A/Bエクストリームも面白いんだけどねー) @foxhanger 「ラノベ作家は2作目で化ける」ってのは、デビュー作はアマチュア時代で書きたいことを書けたけど、2作目からは企画段階から編集者の意見が入ってくるってことかなあ。
0
Shiro Kawai @anohana 2012年11月3日
シナリオ分析的な見方だと、登場人物の成長は、1)冒頭から、目的とそれを阻害するものとの葛藤を抱えている 2)ある時点で、それまでとは違う選択をすることで葛藤を乗り越える、となる。ただ、単に阻害要因を排除して当初の目的を達するだけではつまらないので、本当の目的や阻害要因はあからさまにせず(主人公自身も気づいておらず)、後から見てああそうだったんだとわかるようにすることが多い。その伏線が上手くないと人格豹変に見えるのかも。
1
三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501 2012年11月3日
文章の下手・上手いと売れる売れないは別問題だと思う。そりゃ、上手いに越したことはないけど、この考え方は…古いよ。現代的な文章の役割は「議論を起こす事」で、論理の展開そのものの鮮やかさじゃないのでは?
4
九本麻有巣@なのヴィくだちい @kot9a 2012年11月3日
面白い話だけど、中学生の頃からラノベに親しんできたオッサンとしては由々しき事態ですよ!まぁ最近の新作は読んで無いケドね……
0
犬神工房 @nokkaranoumu 2012年11月3日
何度も読み返して味わい深い。最近のラノベってそこまでひどいのかよ! ビルドゥングスロマン自体が古い可能性は否定しないけど、昔書けたのに今書けないというのは変ですね。
0
Rick=TKN @RickTKN 2012年11月3日
@Josui_Do 自分の考える成長は「里に来た(人を襲う)熊は殺すけど、里に下りてこない方法も考えよう」って感じで、「今までの価値観を(全面的に)否定しないが、一段深く考えられるようになる」って感じかなと思います。
0
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年11月3日
まおゆうが売れてる所を見ると、これからのエンタメ小説は情景描写も人物の描き分けも要らないんじゃないかって、うそ寒い思いが時々よぎるけどね。
1
wanta_hit @wanta_hit 2012年11月3日
んーむ。たぶん傷心の作家や作家志望は、1~4を忘れて、印象の強い7~12だけが記憶に残っているのかな……。これ、編集の能力不足やオーバーワークがレーベルを潰すって話だよねえ。4の「本人」を【作家】に読み違える人が多いですけど。つまり、どこがマズイのか【編集者】あるいは【作家】がわからなければダメって話なのだな。でも、そもそも作家が完璧な文章をあげてくるなら、コピペで仕事が終わって楽だよ! でもそうじゃないので、事前に労力を見積もれないor修正できない編集が悪いよ、って話なのだ。
6
wanta_hit @wanta_hit 2012年11月3日
あと「某社」で「ライトノベルレーベル」がダメになっていく、という話を誰も見てないw そりゃ言及できねーけども! アレか! あそこのアレとアレなのか!?
2
つむぎー@大湊鎮守府 @tumugite 2012年11月3日
つーか最近のラノベは設定で文章を読ませてる感があってつまらん。文章で設定を読ませろって思う。タイトルと設定だけを全面に押し出して、中身は骨のない脂肪でできた作品ばっかで胃もたれする。文章力の底上げって大事だと思う。
2
つむぎー@大湊鎮守府 @tumugite 2012年11月4日
設定なんぞありきたりでも、文章力が高ければヒットはするもの。昔ならトリニティ・ブラッドが吸血鬼ハンターDと似てるって言われてたけど売れてたし、半分の月がのぼる空なんて言うまでもなくありきたりな設定だけど名作。文章と描写力で読者を引き込む大切さをもう少し学んで欲しいと思ってる
1
きゅま @kodamatic 2012年11月4日
普通の小説も、若手の人が書く物は主人公の人格が平板で魅力を感じなかったりしますが、ラノベはうる星やつら亜流キャラばっかりな気が。。。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2012年11月4日
『うる星』ってのがまた唐突でわからんw 「漫画的」程度の意味あいなのか……。
0
kartis56 @kartis56 2012年11月4日
AerospaceCadet あれもある意味ビジネス書ですし。
0
かがみん・エンタープライズ @kagaminenter 2012年11月4日
山田悠介は売れてるみたいだがな・・・・・・
0
ミィム@糖質制限中 @happylab 2012年11月5日
ちょw とか思うレベルだけど、そうでもないのか…確かに「日本語でOK」と言いたくなる文章を目にする機会は増えた。
0
無差別流 @Ryu_Musabetsu 2012年11月5日
新人翻訳家も似たようなもん、って大森望が書いてた。
0
okamoti @okayamasa 2013年1月13日
ライトノベルが何故叩かれるかっていうと、質の悪いライトノベルは読めるけど小説は読めない、といった馬鹿の数が増えていく事に対する恐れの感情でしかないと思う。地の文を見ても理解できないから会話文主体になるだとか。ライトノベルしか読めないまま大人になる学力的ゆとり層を増やしたくないからでしかないと思うよ。
0