10周年のSPコンテンツ!

アニメ監督・佐藤順一氏、「喝采<アニソンミュージカルバージョン>」の感想を語る

TVアニメ『たまゆら〜hitotose〜』原作(原案)・監督・シリーズ構成・脚本・絵コンテ・音響監督(ノンクレジット)・原画、『わんおふ -one off-』原案・監督・ED&アイキャッチ絵コンテなどをされているアニメ監督である佐藤順一さんが声優の小山剛志さんが脚本・演出の「喝采<アニソンミュージカルバージョン>」の千秋楽を見られての感想をまとめさせていただきました。素晴らしいミュージカルだったことが良くわかります。
アニメ
2
佐藤順一 @satojumichi

アニメ屋です。『あまんちゅ!』『ARIA』『たまゆら』/『M3〜ソノ黑キ鋼〜』『Amazing Twins』『わんおふ』『ファイ・ブレイン』/『ケロロ軍曹』『カレイドスター』『プリンセスチュチュ』『おジャ魔女どれみ』『魔法使いTai!』・・・

佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】4日千秋楽・昼の回に行くつもりが急遽NGになって…もう無理かと思ったけどなんとか最終回のチケットをとることができました。つか、最終回ホントによかった。みんな〝ここで出し切るぜ!〟みたいなパワーがグイグイきて、圧倒された〜。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】終演後も、観客も出演者も熱気のさましようが無い感じで、時間おしてるにも関わらずカーテンコールのアンコールもたっぷり。結果三時間オーバーという豪華版!これも最終回ならではで、客席もみんな大満足だったのが空気で分かる。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】閉鎖学級最後の学祭という設定が、キャストの気分にシンクロしてるのがよく分かる。それは上演中もだけど、最後のカーテンコールのみんなのひとことにも現れてて、思わず拍手に力がはいってしまい会場を出る時に手が痛い始末…。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】米倉千尋さん、歌は言わずもがな米村先生としても大正解キャスト。姿勢がいいので和服も決まってるし啖呵きってもかっこいいし。生徒たちのコント中、セリフがないところでもひたすら温かく見守ってる演技をしててすごく先生っぽい。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】喜屋武ちあきさんの男子生徒、徳井青空さんのオタ女子はじめ、みなさんキャラを自分の物にしているのが素晴らしい。小山さんが当て書きしているとおっしゃってたので、それも生き生きとしている理由かもしれないですね。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】あと、金田朋子さんを野放しにするという扱いは、なんかいろいろギリギリな(笑)感じだけど楽日ともなればみんな慣れたもので、アメザリの柳原さんとのコントの完成度の高さは(アドリブなのに)驚くべきレベル。ここ一番笑ったし。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】私自身は、「ツヨ」こと小山剛志さんとはお仕事の機会が殆どないこともあって、劇中に振られるネタをよく知らなかったりしたのですが、それでもあれだけ楽しかったので、とてつもないサービス精神にあふれた舞台だったんだと思う。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】それと、来年閉館が決まった前進座劇場で見られたのもよかった…。初めて行きましたがいい劇場です。この劇場での最後の公演という事も今回の舞台を盛り上げてくれて、そういう意味では、劇場も今回の大事な演者だったんだと思いました
佐藤順一 @satojumichi
【喝采 <アニソンミュージカルバージョン>】米倉さんの初のお芝居舞台を見るのと、カネトモなにやんの?というあたりが主な目的で行ったのですが、アニソンやエンタテイメントについていろいろと考えるヒントをもらったり、たくさんの収穫を得る事ができて大満足でした。ありがとうこざいました。
佐藤順一 @satojumichi
【喝采】についてもっといろいろ思ったけど書ききれない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする