【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
78
ログインして広告を非表示にする
島根県から戻って
moriokahiguma @moriokahiguma
5日ぶりに帰宅。山陰・島根の照葉樹と竹がジャングルに見えた。良い悪いの問題でなく、自分のなじんだ風景は落葉広葉樹林なのだなあと再確認。
moriokahiguma @moriokahiguma
石見銀山の竹林整備、三瓶山の草原保全、屋敷林の築地松保全など地域の自然と人間の応答の中で作られた景観を守る活動についても色々見せていた。景観が変化していく原因には直接・間接に人間と自然の間の関係の変化が見え隠れする。でも、それに抗していこうとする自律的な取組も生まれている。 
moriokahiguma @moriokahiguma
島根の自然景観も食べ物もお酒も東北とは違って、それがまたとても素晴らしい。「みなちがってみんないい」とはこういうことにもつながるのだなあとしみじみ思う。
松(是+非) @bunsyowmatz
それなのに、日本全国照葉樹林化しようとするお爺さんがいて、、、┐(´ー`)┌ RT @moriokahiguma: 5日ぶりに帰宅。山陰・島根の照葉樹と竹がジャングルに見えた。良い悪いの問題でなく、自分のなじんだ風景は落葉広葉樹林なのだなあと再確認。
moriokahiguma @moriokahiguma
津波によって破壊された東北の海岸林の再造成にまで「お爺さんの持論」が持ち込まれているのはうんざりです。専門分野での中ではとっくにとんでも扱いなのに、いまだに権威と勘違いしている人が沢山いますからねえ。やれやれ@bunsyowmatz 日本全国照葉樹林化しようとするお爺さんがいて

  

@ke_1sato さんとの対話
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
おはようございます。やはりそうなんですね。 QT @moriokahiguma: 津波によって破壊された東北の海岸林の再造成にまで「お爺さんの持論」が持ち込まれているのはうんざりです。専門分野での中ではとっくにとんでも扱いなのに、いまだに権威と勘違いしている人が沢山いますからねえ
moriokahiguma @moriokahiguma
おはようございます。困ったものです。私自身は生態学が専門では無いのですが地域の歴史を反映してできた里山的二次林を「間違った森」と罵倒したり、氷河期以降人間利用の影響で一度も照葉樹林化したことがない所でさえ「潜在植生としての照葉樹林」が正しいとの給うのは 続@ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前 やや極端に言えば、もはや科学ではなく、自らの「原生的自然であるはずの潜在植生が最も尊く、それは日本では照葉樹であるという価値観」の押し付けにすぎません。実際には日本は広くすべてが照葉樹ではないし、歴史を反映した二次林にも別な意味の尊さがあります。 @ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前 ましてや地域ごとの自然と人間の応答の歴史である二次的自然景観である森林を「まちがっている」などと評価するのは失礼千万と僕は思います。もちろん杉・檜至上主義の時代=「森林造成をすべて人間がコントロールできるとの思いこみ」に対して「潜在植生」概念を用いて 続@ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前 批判されたことは大きな功績であり、この時点では素晴らしい科学者だったと思うのです。ただそれが行き過ぎて人為がすべてダメという極論から「照葉樹至上主義」に至る所で評価できなくなります。@ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前 島の上に多くの人間が暮らしてきた日本の自然の多くは多かれ少なかれ、そこにおける人の暮らしとの応答の中で形成されています。もちろん人為の影響の極めて少ない原生的自然も存在し、それはそれで貴重ですが、それ以外の自然に価値がないなどということはあり得ません @ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前 問われるべきは「人間と自然の間にある関係が持続可能なものであるか否か」であって人為の有無という0か1かのデジタルな問ではありません。このあたり放射性物質のリスクの問題と似ているのかもしれません。単純な二分法的思考では問題が解決しないのだと思うのです。 @ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前「正しい自然の在り方」を明確に示してくれるのは解りやすくみえます。しかし場所的普遍性を持った「どこでも正しい自然」は存在しません。そこにある自然は地域ごとの自然条件、そこに暮らす人の営みの変化、自然と人の双方の歴史に基づいてできた「歴史的存在」です 続@ke_1sato
moriokahiguma @moriokahiguma
承前 どうかそういったことを踏まえた海岸林復旧が行われてほしいと心から思います。朝から長々と申し訳ありませんでした@ke_1sato
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
ありがとうございます。「潜在植生」という概念を、その場その場で最適な物を見出すというわけではなく、どこでも絶対にこれだけだ、と断定してしまうことが問題だったんですね。なるほど。その主張の「不自然さ」はもっともだと思います。→ @moriokahiguma
moriokahiguma @moriokahiguma
長々しい説明にもかかわらず明確に理解していただき、ありがたい限りです。「潜在植生」概念自体は素晴らしと思うのですが、それだけですべてを説明できるという思い込みに変化した途端、問題を生み出します。自分も研究者の一人として自戒しておきたいと思うのです@ke_1sato
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
それにしても、その不自然な主張を一部の人たちが有り難がって、行政の諮問会議などで幅を利かせてしまうのは、森林行政に限らず何とかならないものかな、と懸念しています。古い学説、怪しい学説にこだわる側は、自覚的に宣伝に力を入れるからかもしれませんが、→ @moriokahiguma
moriokahiguma @moriokahiguma
一つのやり方が定着すると、そのやり方で得をする人たちの「利益共同体」ができてしまうのはやむを得ませんし、それがまた自らが有利になるように自説を強化していき、変化を抑え込む構図というのは残念ながら普遍的なものなのでしょうか。やれやれです。@ke_1sato
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
これは私の狭い偏見に過ぎませんが、ある程度地位は有るけれども古い学説や怪しい説を信奉してしまった研究者は、結局ヒマになってあちこちに首を突っ込む余裕ができてしまう。最先端を追う研究者にはそんな暇はないでしょうから。しかし、このような事例を見ると→ @moriokahiguma
moriokahiguma @moriokahiguma
ご指摘の状況、全く同感です。尊敬できる先輩研究者たちは職業としての研究者を退職されても、きちんと最先端の情報をフォローされ続けておりましたが、そうでない方が多いのも事実・・・@ke_1sato
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
→専門家や専門学会が、然るべき時に適切なコメントなり知識を自治体や社会に発信する必要があるのだろうな、と思うわけです。少なくとも、その時点で最善の判断、知識を提示しているという姿勢は大事だと思います。そのようなコンセンサス構築も課題かもしれません。 @moriokahiguma
moriokahiguma @moriokahiguma
同感です。常に自らをバージョンアップしていく気構えがなければいけませんね@ke_1sato 専門家や専門学会が、然るべき時に適切なコメントなり知識を自治体や社会に発信する必要があるのだろう
残りを読む(176)

コメント

須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:05:00
ポインタ1。……は中略の意。 「タブノキ ……タブノキは紛うかたなき暖帯の樹木である。その分布は一般には関東以南、四国と九州……だが、面白いことに関東を遠く離れた山形県の吹浦に自然の林があるのだ。」(続く)辻井達一『日本の樹木』
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:05:13
(承前)「そしてさらに日本海に浮かぶ飛島にもその群落がある。……その林はクロマツ林とタブ林から成る。こうした島に暖地性の植物が見られるのはたとえば1993年に酷い津波被害にあった奥尻島もそうだ。海に囲まれていると北にあっても温度条件はマイルドになるとみえる」辻井達一『日本の樹木』
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:05:28
ポインタ2。私がここ10年注目している中国で植林をおこなっているNPO「緑の地球ネットワーク」(GEN)の活動です。宮脇理論とは軋轢もあるようですが、土地本来の植生を僻地の自然林に見出すくだり、フォレスターは人を憎む、というところは宮脇理論と通底するところを感じます。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:05:39
「98年夏にいってみると、「山の奥に自然林がある」と李向東たちがいうんですよ。樹木の種類をずいぶんあげるんですけど、すぐには信じられない」高見邦雄『ぼくらの村にアンズが実った』 その後、GENの一行は沙漠化した周辺とはまったく違う、樹種豊かな落葉広葉樹林に出会う。(続く)
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:05:55
「私はこれまで、黄土高原で森林がなくなったのは人口圧力によるものだ、文明が森林を消滅させたんだ、といいつづけてきました。しかし、そういいながらも、ほんとにこれだけの大破壊を人間がやったんだろうかという疑問が残っていたんです。」高見邦雄『ぼくらの村にアンズが実った』
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:06:04
「でもこうやって自然林が成立しているのをみると、自然の条件はたしかに存在するんですよ。そして、人の圧力がなければ自然の力で森林は復活するんです。」高見邦雄『ぼくらの村にアンズが実った』 これ以降GENは、自然林をモデルにした森林再生を進めていく。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-07 22:06:20
とはいえ、書名にあるとおり、GENの活動は換金作物の植林を否定するものではない。自然林をモデルにした植生復活と、それにより換金作物が安定して育つことは相補う。
KokyuHatuden @breathingpower 2012-11-13 11:12:09
中央大学高校生地球環境論文賞の第10回最優秀賞が「宮脇方式」と「宍道湖のヨシ植え」と「EM菌」について書かれた作品です。 http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/guide_univ/e10_03_10_01_j.html
nyaraku @nyaraku 2012-11-13 14:22:31
これはとても長いけど気になるマトメですね。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:02:11
出雲西高校のレポートはあれこれツッコミどころが多いけど、それでどれかを当てこすってレッテル貼りすることに、意味はないようにおもう。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:14:55
まとめ読んでから、なにか書こうとおもってたけど、とくに書くことないなあ。「まちがった森」とか「本物の森」って言い方は私も抵抗あるけど、それについてポインタを明記した宮脇さんの文脈を明記した話もはないし。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:18:30
岸さんの懸念されてるヒョロ木の話と、マント群落が伐採されないことによる見通しは別の話だなあ。見通しの話は公園並木的な美観を求める話で、それがほしいなら維持費かけてがんばればいい。見通し悪いと治安悪化で事故のモトってのはエビデンスのない話。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:23:52
「宮脇は日本中を照葉樹林にしようとしている」「宮脇は青森にブナ林つくろうとしてけしからん」「地域にあった植生でやろうというのに無理がある」「地域の植生でないものを無理やり混植している」など、矛盾した非難のオンパレード。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:27:14
っつーか、「宮脇流が発言力を持ったばかりに弊害」とかいうのは「人権弁護士のせいでー」とかいうのと同列じゃない? なんかバランスおかしいよ。じっさい、日本の山林で宮脇流でやってるところが何haあるのさ?
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:28:58
週末に鴨川行ってきたけど、あそこはタブ林に手を入れた二次林で、燃料使用がなくなってエラいことになってる。これから移住組が手を入れていければいいけど、江戸中期から250年くらいやってた里山維持システムが、ここ30年ほど機能してないのは明らか。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2012-11-14 00:33:00
里山システムをいまから昔どおり機能させようとしても、まあ無理。山林資源を使ったほうがいいには違いないけど、里山2.0にしないと。
salmo(ポリコレめんどくさい @invasivespeacie 2012-11-15 09:59:23
熊森ともつながりがある人だしお察しくださいだよなぁ。
MASUDA Kooiti @masuda_ko_1 2012-11-17 18:09:48
関連して考えたことをひとまず文章にしてみました。http://d.hatena.ne.jp/masudako/20121116/1353079038 宮脇昭氏の「森の防波堤」論をめぐる暫定的考え
layujie @layujie 2012-11-20 22:49:03
当まとめにtweetを使用させて頂いた @mahoroszk さんが、「森の防潮堤」構想と「潜在自然植生」概念について、生態学的観点から見た問題点について指摘を公表されました。 次のまとめもご参照ください。 ▼「森の防潮堤」構想と宮脇昭理論の生態学上の問題点(2012年11月19日)- Togetter http://togetter.com/li/410096
moriokahiguma @moriokahiguma 2012-11-21 14:36:42
sudahatoさんには上記まとめを読んでいただくしかないのだろうな・・・・。
JUN TAKAI @J_Tphoto 2012-12-14 16:48:44
まとめを読んで特に書く事が無いと言いつつ長大にコメント欄を埋められるとiPadから読み辛いのでやめて欲しい。
layujie @layujie 2014-02-12 03:47:36
sudahato さんがコメント欄で言及された「GEN(緑の地球ネットワーク)」の植林方針について、次のまとめができました。(まとめ末尾の資料に『「白砂青松再生の会」お便り』を紹介した菌根菌の研究者・小川眞さんへの言及も含まれています。) ▼樹木と菌根菌の共生を利用した緑化技術と植生維持の話 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/589585
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする