漫画の「才」はあるも、世に出ようとしない人たち

竹熊健太郎氏のtweetより引用: 「それは私が9年前から多摩美、4年前から京都精華大で漫画の講師として、  漫画学科以外も併せて数百人規模の学生に課題で漫画を描かせているからです。  これで『投稿も持込みもしない才能』が沢山いる事に気がついたのです。」 まとめてみました。
新人 漫画
Under_the_Fool 123782view 63コメント
269
ログインして広告を非表示にする
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 07:06:37
    私が美術大学という場所で多くの学生を見て痛感した事は「才能は存在する」という事であり、「才能の9割は水子になって消えて行く」という恐ろしい事実である。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 07:28:36
    編集者の口から「いい新人がいない」という言葉を聞くが、才能が来るのを「待っている」から気がつかないのだ。彼らは「才能が漫画から逃げている」事に気がついてない。 #電脳マヴォ 作家の8割はアマチュアだが、多くは投稿もしないし同人誌すら作ってない。誰も知らない場所に才能は眠っている。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 07:59:01
    私が今の新人漫画賞の賞金が高額している事に批判的なのは、経験上「本物の才能」は金に釣られない事を知っているからだ。彼・彼女らの望みは自分の才能に対する「納得のいく評価」なのであって、金ではない賞金を釣り上げても、それで集まるのは「お金が欲しい人」だけだ。
  • 境 真良@GLOCOM&METI @sakaima 2012-11-08 08:02:32
    お金は大事で、それで一般的な人の活動は連鎖して動いているのだが、社会の部分部分を見ると確かにお金でないモチベーションで回るところもあって、お金の効果は限定的。だが、それを言うと、だからといってお金の回りを極端に絞って、その人達の生計に影響が出るようにすらなる傾向は大問題。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 08:11:18
    勿論お金は大事です。ただそれはプロになってからの話で、新人賞で一番求められるものは新しい才能への評価ではないでしょうか。RT @sakaima:確かにお金でないモチベーションで回るところもあって、お金の効果は限定的。だからといってお金の回りを絞って、生計に影響が出る傾向は大問題。
  • 境 真良@GLOCOM&METI @sakaima 2012-11-08 08:16:56
    @kentaro666 同感です。ただ、プロになっても評価のモチベーションの問題があり、プロと新人を単純に二分すべきものか悩みます。それゆえ、プロであれ新人であれモチベーションの設計如何という問題を大事に論じていきたいと思うのです。
  • 生駒 @motizukinosilo 2012-11-08 08:22:31
    @kentaro666 m(__)m 島本和彦さんは 某編集部がコミケに特攻かけて同人誌買い漁り 目ぼしい作品読みまくってたった一人残った …そうやって発掘された人材と聞きました コミケどころかネットでも作品は昔に比べれば比較にならない程沢山発表されているのにね
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 09:02:12
    そういう時間外労働を厭わぬ熱心な編集者は昔も今も存在します。そういう人が残っている事が、かすかな希望です。RT @motizukinosilo: @kentaro666 島本和彦さんは 某編集部がコミケに特攻かけて同人誌買い漁り 作品読みまくって…発掘されたと聞きました
  • yusuke ito @momonohana_yu 2012-11-08 09:05:31
    @kentaro666  マヴォはどうやって眠っていた才能を発掘できたのでしょうか? ぜひともお聞きしたいです
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 09:12:52
    それは私が9年前から多摩美、4年前から京都精華大で漫画の講師として、漫画学科以外も併せて数百人規模の学生に課題で漫画を描かせているからです。これで「投稿も持込みもしない才能」が沢山いる事に気がついたのです。RT @momonohana_yu: @kentaro666
  • yusuke ito @momonohana_yu 2012-11-08 09:23:45
    @kentaro666 なるほど。教えていただき、ありがとうございます。竹熊先生はこれからの才能発掘について何か考えておられることはありますか?
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 09:38:31
    才能を発掘する為にはメディアを持つ事が重要です。その為に私は #電脳マヴォ を創刊したのです。RT @momonohana_yu: @kentaro666 なるほど。教えていただき、ありがとうございます。竹熊先生はこれからの才能発掘について何か考えておられることはありますか?
  • A子 @atou_susako 2012-11-08 10:00:25
    9割も水子になる才能が存在するのか・・・ RT @kentaro666: 私が美術大学という場所で多くの学生を見て痛感した事は「才能は存在する」という事であり、「才能の9割は水子になって消えて行く」という恐ろしい事実である。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 10:05:35
    .@atoususako 申し添えると、私が「才能がある」と思う学生は、全体の3%程度で、1割に満ちません。その才能ある1割が100人いたとして、その中の9割が水子になって、残り1割が才能をお金に換えることができるという意味です。つまりそれくらい、金になる才能は希少なのです。
  • すぎやまさんきう @sankiu 2012-11-08 11:05:26
    つまり学生が全部で千人いたら水子は90人ということ? RT @kentaro666 .@atoususako 申し添えると、私が「才能がある」と思う学生は、全体の3%程度で、1割に満ちません。その才能ある1割が100人いたとして、その中の9割が水子になって、残り1割が才能を…
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 12:38:43
    .@sankiu 仮に漫画を描くアマチュアが千人いたとして、中で才能があると私が思える人は30人くらいで、その中で「金に換えることができる」人は3人ですから、水子は27人ですね。残りの970人は「未受精卵」になりますか。漫画学科の学生はこれより確率は高いと思います。
  • 村井政善 @schizo_kids 2012-11-08 10:40:40
    絵や話の才能だけでなく、根気良く描き続ける等の重要な能力も兼備している人は少ないという解釈でいいのですか?"@kentaro666: 私が美術大学という場所で多くの学生を見て痛感した事は「才能は存在する」という事であり、「才能の9割は水子になって消えて行く」という恐ろしい・・・
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 12:41:02
    もちろんそうです。なんでもそうですが、根気は明らかに才能の一部ですね。RT @schizo_kids 絵や話の才能だけでなく、根気良く描き続ける等の重要な能力も兼備している人は少ないという解釈でいいのですか?"@kentaro666
  • J・K=24 @jeikeiikoru24 2012-11-08 12:46:45
    才能ってそれまでの 貯蓄なので後天的に植え付けられないですか?精華の一期生の知人がいましたが絵で喰って行こうとう覚悟というような部分が無いという印象がありましたよRT @kentaro666: もちろんそうです。なんでもそうですが、根気は明らかに才能の一部ですね。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-08 12:52:49
    .@jeikeiikoru24 才能には後天性のもの(努力で習得できる)ものと、先天的なものがあります。いわゆる天才は後者です。しかし手塚治虫や大友克洋が何人もいないように、天才だけで産業は回らないので、ほとんどの人は天才の何%しかない先天的才能を、努力でカバーしてます。

コメント

  • 後藤寿庵 @juangotoh 2012-11-08 14:14:39
    まあ確かに、84~5年当時、マイナー誌の作家が今みたいに上手い奴ばっかりだったらブリッコに持ち込みとかシなかったかも…
  • @izanamu 2012-11-08 17:06:34
    必須の才能は醜いまでの自己顕示欲。それ以外は勉強とか努力でどうにでもなる。
  • 夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2012-11-08 17:37:35
    おじゃる丸で、他人に批評してもらおうと努力するも、見せようとする時に邪魔が入ったり考え直したりで、最後は「こんな傑作、他人に見せるのもったいないわ~♪」で押入れにしまうのがオチな回があったの思い出した。
  • 波のまにまに☆ @namima2 2012-11-08 17:55:17
    新人を探す編集の労力に対する対価、自分のマンガを世に問うてなされる評価。そういうったもののバランスが欠けているってことですよね。でも世に出る人って、そうしたこと無視できるほど前向きにのめり込める人なんでしょうね。
  • マガミ@履帯車両乗り @ryuya_magami 2012-11-08 18:12:34
    ええい!(世の中に)出してしまえ!という思い切りというか無謀さって大事。だけど今の御時世、失敗=悪(あってはならない)、声の大きい悪評が目立つ、余裕というかバッファの少ない状況。絵描きを殺すにゃ刃物は要らぬ~が、笑い話でなくて恐怖の障壁になっちまってる。才が何も無い身としては、勿体無いとつくづく思う。
  • 竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012-11-08 18:20:09
    @kentaro666 なるほどですねえ。あと絵がうまくても、シナリオというか脚本というかコピーがイマイチの場合とかは、どうなりますか
  • 竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012-11-08 18:23:39
    @Yoshimasako どんな分野でも、そのお言葉、通用すると思います。感謝!!!!
  • 漆沢貴之(無人お絵描き爆弾) @urushizawa_t 2012-11-08 18:30:22
    なるほどなるほど。しかしお金になる才能がそんなにたくさん獲得できたとして、漫画の需要の大きさはそれに見合うのかしら
  • 重-オモ- @__oMo__ 2012-11-08 18:46:51
    昔ほど「漫画家」という職業が魅力的ではなくなったからでは。酷評を受けるかもしれないし収入がないかもしれない、リスクが大きく先が見えないのに、すでに漫画業界にいる人からは「愛と情熱があるなら貧しくても成功しなくても描くはずだ!」という根性論が聞こえてくる。そこを乗り越えたいほどの魅力がアピールされていない
  • スイッヅ @swtds85 2012-11-08 20:06:30
    ラノベなんかで、商業的にデビューしてしまうと、自分の好きなものを好きなように書けない、売れるための話ばかり要求される、なんて話も聞きますね。収入的な部分も不安ですし、それこそwebなどで「やろうと思えば」いつでも他人に見せられる土壌はあるわけで、描くのが好きなだけなら、プロになる必要性は減っている気がします
  • neologcutter @neologcut_er 2012-11-08 20:24:03
    漫画家として締め切り地獄に耐えるよりか、サラリーマンでもやりながら副業としてコミケ作家やってた方が気楽だからね。出版社からどうのこうの言われることもないし。
  • くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2012-11-08 20:44:57
    昔は、広く評価を求めるならばプロになって商業誌に乗せるしかなかったわけで。同人もネット公開もしない人はともかく、それらをすることによる評価で満足を得てしまっているからプロになるための行動をとらない人は、昔に比べて高い比率でいる気はする。
  • きのこ・オブ・ケンモメン @kinoko2002_ 2012-11-08 20:55:37
    要するにオタクは甘えるなということ。コミケやピクシブなど禁止してしまえばいい #hijitsuzai
  • ゼン @dainodoragon 2012-11-08 21:01:07
    ‏単に気に入らないから批判しているだけだろ、お前こそ甘えるな@kinoko2002_
  • ゆざいちょ @yuzaityo 2012-11-08 21:14:38
    はいはい、薄毛でお悩みの @kinoko2002_ はお医者さんに相談しようね?四十路でツイッター中毒で無職、おまけにハゲと来ちゃ致命的だな。 #hijitsuzai
  • kurekure31 @kurekure31 2012-11-08 22:19:42
    まず今の業界がそういった連中にとって魅力的に映ってるのかどうかの分析か先じゃないの
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2012-11-08 22:25:45
    音楽・小説業界もそんなイメージあるね。
  • 大滝 @oh_tw 2012-11-08 23:04:35
    マイナースポーツに「君はスゴイ才能がある!」と言われてスカウトされても「ごめんなさい」するのは普通の反応でしょ。恋愛みたいなもので、「君は可愛いから僕と結婚したらいいよ」と言われても…
  • わんわん! @wanwanko 2012-11-08 23:51:27
    だって漫画家になっても食えないもん。 そりゃ、やりたがる奴は少ないでしょ・・・普通に友達と同人誌やってた方がなんぼか生産的だよ。
  • 重-オモ- @__oMo__ 2012-11-08 23:56:29
    描く才能があり、描く技術があり、漫画家になる手段を知り、職業選択の自由を持ち、漫画を描くのが好きな人に「漫画家になりたい」と思わせられない時点で、漫画業界は負けてる。「おかしい。描けるなら漫画家になりたがるはずだ」と首を傾げてるばかりでは、才能は去っていくばかりではないのかな
  • ゆざいちょ @yuzaityo 2012-11-09 00:42:57
    漫画業界と少し事情が違うかもしれないけど、例えばエロラノベ業界だと特殊な性癖を『ウリ』にしてる作家さんがいるけど、編集から特殊性癖部分を『減らせ』と言われて辛いらしい。作家のウリ(=供給)があって顧客も需要が見込めるにも関わらず、編集部が『一般的』なものを求めるが故に作家の邪魔をしている、そのせいで商業に魅力を感じない、なんてことは無いだろうか?
  • んぱんぱ @crayonmarch 2012-11-09 00:50:20
    ゲーム業界も似ていると思う、まだマシな方だとは思うが、ライトユーザーに売れれば良いという考えが根強くなり、職人気質のゲーム会社は減ってしまった。自分が務めていた会社も同様だった。作りたい作品を作る方が一番才能を発揮できるのは当たり前の話。
  • あかさたな @emesh 2012-11-09 07:31:36
    さんざん、「つらいぞ」だの「もうこの業界は衰退するしか無いお先真っ暗業界」と言っておいて、今度は「才能が世に出ないのは残念だ」かよ。老害は言うことが違うね。
  • あかさたな @emesh 2012-11-09 07:32:22
    まあ、マジレスするけど。才能だけじゃ食べて行かれんよな。私のような部外者ですら「デビューして、才能を認めてたけど運に恵まれず、今はプロアシで生計たててる」という例も知ってるし。
  • あかさたな @emesh 2012-11-09 07:33:33
    編集受けと読者受けってのは違うし、素人同然でも京アニに目を付けてもらえば(ryって話もある。野球選手の志村亮という人も居たんだし、プロの世界って簡単に「出ろ」と言えるような世界じゃ無いよ。
  • あかさたな @emesh 2012-11-09 07:41:14
    ってか、得意げに語ってるけどこういう業界に居たら、スカウトしても断られて能力「発揮しない」とか、デビューしても才能を「発揮できない」ってさんざん見てきたんじゃないの?周囲から見たら「何今更?」と思うようなことだと思うんだけど。
  • clearbooka4 @mikanzuki 2012-11-09 09:27:15
    エロマンガ業界は同人からのスカウトはむかしから常識だし今更なにいってんのかという話。むしろこういう人を長年講師として雇っている漫画業界の脆弱さといい加減な金儲け体質のほうが問題だろう。
  • ryochan999提督 @ryochan999 2012-11-09 12:40:27
    別に新人の質が下がっているわけではなく、ギョーカイの構造に問題がある、という点に気づいただけマシ、なのかなあ。このペースだとこのコメント欄にあるようなレベルの「気付き」にたどり着くまで何年かかるかわかんないけど。
  • keel @NORTHtheKEEL 2012-11-09 13:15:03
    ゲーム業界は最初からそんな感じだったような。そもそも一人でゲーム作ったことない人沢山いるし。
  • みれいゆ @Mireille522 2012-11-09 18:11:37
    出版業界の惨状、漫画家の待遇の悪さはネットで周知された。「才能があるよ!」「向いてるよ!」と言われても、ブラック企業に入社したがる人はいないでしょ。
  • みや@B学2 @yakkemiya 2012-11-09 18:33:00
    今は漫画家が多すぎて漫画も大量にあって漫画雑誌もめちゃくちゃある時代だと思ってました。自分が面白いと思う作品が多いかどうかはべつとして。 その美術をやってる人たちの中の才能とやらは果たして、ワンピースレベルのヒットを出せる希有な才能級なのか、名も知れぬような漫画雑誌の後ろの方に乗ってていつの間にか消えていくことがおおい才能級なのか…(超ヒットをだした人も不遇のこともあると言いますがそれはおいといて) 今は後者がめちゃくちゃ多いのではと思ってました…。
  • のー @namcat 2012-11-09 20:41:36
    MMD杯とかを見てると確かに商業ベースに乗らない野生の才能がたくさんいると思う。そして「才能がある人」は漫画以外の方面にも才覚があってそっちで食えるから(食えない)漫画界に残らないんですよ。
  • ぽりとる @Politru 2012-11-09 22:28:20
    とりあえず、その課題で出された漫画を読んでみたい。
  • 結城吹雪 @fubuki_yuki 2012-11-10 17:28:16
    連載ペースとか色々あるだろうけど、兼業で無理が無い作業量ならともかく専業を要求されたら相当な報酬が「約束」されてないと無理じゃない?報酬は今のままなら、もう既に漫画家になる事に人生かけている人か、ニートとかの働いてない層から探してくるしか。
  • 集中線 @syuutyuusenn 2012-11-11 02:26:39
    でもWEB漫画や同人でも、どうせ気をてらったような異色作や、作家の一人称しか見えないような世界観の漫画しか「個性的」と見られないんじゃないのか・・・という冷めた見方をされてるんじゃないのかな。
  • んぱんぱ @crayonmarch 2012-11-11 04:13:00
    NORTHtheKEEL ゲーム業界の昔と今は全然違いますよ。昔のゲーム業界はライトユーザーに媚びる事なんて殆どありませんでした。比較的難易度の高いマニア向けが多かったです。あのドラえもんですら、高難易度のゲームが発売された程ですから。今はぬるいゲームが量産されすぎ。
  • 三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501 2012-11-11 09:40:33
    思うところのあり、このお題で記事を書きました。 http://d.hatena.ne.jp/TM2501/20121110/1352537384 要は創作はオナニーだと考えればいい。評価・貨幣化した数だけ射精してると考えたらいい。この記事で考えたことは「才能とはオナニーし続ける精力」であって、しごき方や女の子の抱き方じゃないと。
  • 伊藤 剛 @GoITO 2012-11-11 12:57:00
    この話題、言いたいことをほとんどよしまさこ先生に先に言われてしまったので、まーいーかと思って傍観していました。ひとこと付け加えるならば「才能と適性は別」ということかと。あと竹熊さん、現状を「最悪」と断じるのは早計では。脳梗塞で倒れられたとき「まだ最悪じゃない」と仰ってたじゃないですか。希望は絶望よりも見えにくいだけでいつの世にもあります。
  • כניאל (けにえる) @knyel 2012-11-11 13:16:41
    現役がエンタメ業界のクリエイター志望者に「やめとけ」とアドバイスして良い事を言ったみたいなまとめもあるよね。やめておいた方がいいという空気を作ってるのも現役の業界人だと思うのだが当事者意識がないのかと思うよ。
  • 国際協調派 @kaz005 2012-11-11 17:19:47
    出版社の都合で時代に合わせた役割分担の変更ができないからな気がする。マネタイズとか作品作りへの参加とかね。分業がうまくいかないがゆえに負担がでかくて才能が死んでいくんだろうな。元々漫画家個人への負担はでかいんだから。その点ライトノベルは上手にネット利用して才能を開花させている。
  • プー太郎 @ryouhei4649 2012-11-11 17:38:27
    漫画に限った話じゃなく、ニコニコやyoutubeみたいな動画投稿サイトで埋もれた才能をゴミみたいに投棄している人がいっぱいいるからね・・・。これはこれでもうそういうもんだと割り切るしかないんじゃないだろうか。
  • ざの人 @zairo21 2012-11-11 21:57:46
    行き着く先 どんな物語もやっぱり「シナリオが面白いか?」だから、ちょっとぐらいうまくて器用な人なんてのはそこそこ要るのは何時の時代だってそう。エンドレスに繰り返されてきた話かと。絵は抜群にうまくても話が全然面白くなくて売れない漫画家という話も結構あるわけだし、その時の時代に感応するかも大事な話。話が面白けりゃ、絵が違った構成でアニメになっても面白い作品は面白いし、話がつまらなきゃ幾ら絵が綺麗でもつまらないし売れもしない。
  • ざの人 @zairo21 2012-11-11 22:28:00
    漫画家になったからといって、それが継続した収入の保証にはならない厳しい世界。 昔と違って娯楽が増えた今では  と皆思っている気はする。
  • mid @mid_weg 2012-11-11 23:24:24
    Kindleとかネット販売とかPixivとか承認欲求を満たす方法が多様化してるし、商業ベースで成功する代わりに思うようなものが描けなくなるくらいなら漫画家になる必要はない、って思う人もいるんでしょ。
  • keel @NORTHtheKEEL 2012-11-11 23:25:14
    @crayonmarch ああ、スミマセン。あの頃(ドラえもんの頃)って作れる人が少なく、プログラマ一人が中心になって作ってた印象しかないので、この話と関係ないと思い込んでました。ちゃんとしてるところはしてますが、あの時代の才能(等)を未だ頼りにしているのでは、という考えです。 難度については別のお話ということで。
  • 門後明里(BOOTH自家通販中) @mongomeiri 2012-11-12 00:06:45
    放っておいても世に出てくるのが本当に「才」のある人だと思うが…
  • 淺川 覚一朗 @as_diceK 2012-11-12 05:13:20
    「千里馬常有 而伯楽不二常有」と言いたいのであれば、手放しで同意できる。しかし「才能は金に釣られない」は、一条ゆかり、弓月光、新條まゆ──といった錚々たる才能が「釣られた」と言っているように、現実にそぐわない。そもそも、教育者が学生たちの大半を「水子」「未受精卵」と人間扱いしていないことこそ、大きな問題。
  • 結城吹雪 @fubuki_yuki 2012-11-12 10:52:14
    そもそも、新人賞の賞金が高額。と言っても一般企業や公務員の生涯年収分だけ用意されているとは思えないので。出版社(編集者)は、出してみたけどあたらなかったor一発屋で終わった。でも、別の新人を探せばいいかもしれないですけど、やっぱ駄目だったにされた元新人の方はどうすんの?という感じがするわけですけど。
  • 波のまにまに☆ @namima2 2012-11-12 12:36:17
    プロとしてデビューできるハードルを下げればいいのかと思ったけど、ネットをはじめとする発表の場が内向きになっていて、それで作り手が満足してしまうから、才能があろうがなかろうが、出ない人は出てこないわけだ。他人からの承認がなければ自分の才能に自信を持てなくなっているのか。才能を生かすも殺すも自分しだい。結局だれが嘆いても、結論は変わらないって事か。
  • souda @souda14 2012-11-13 00:23:38
    Yoshimasakoって人の上から目線が気になる。なんか、新人を発掘「してやってる」見守って「やってる」気配が。人に見られたいだけなら、pixivでもやってればいい。編集者に発掘されずとも、発掘してくれる読者はいる。
  • 結城吹雪 @fubuki_yuki 2012-11-13 12:26:14
    野球のような契約にすれば、竹熊健太郎氏が言う人材は来る人が増えるでしょうけどね。契約金うん億円、年間うん億円の複数年契約、+出来高払い。商売としては成り立たないでしょうけど。
  • 五円玉(餡は脳に優しいスイーツ) @Goendama 2012-11-13 16:05:12
    電子書籍は、世に出ない才能を世に出す切っ掛けになるのかな?
  • 私がパリアッチなんです @Under_the_Fool 2012-11-13 18:40:25
    ネットの普及で誰でも自分の描いた漫画を不特定多数の人に読んでもらえるようになった。そのため「産業」としての漫画は縮小しているかもしれないが、「文化活動」としての漫画はますます栄えている。「作品を人に読んでもらう」=「作品を産業ルートに乗せる」という式だけではなくなったということ。漫画の持つ「産業」面と「文化活動」面の2つを分けて考えないと「マンガ産業が落ち込んでいる → マンガ文化の終焉だ!」という短絡的思考になりかねない。
  • yamazakura @yamazakura5963 2012-11-13 19:33:15
    漫画家になろうとして失敗しても他の職業に軌道修正が難しいからリスクは取れないってのがあるんじゃないかなあ。新卒で就職しないと一生フリーターで終わるかもしれないし、その傾向は長引く不況でより強まっている。景気が良かった頃はまだやり直しが効いたんだと思う。また会社員との兼業ってのも昔より難しくなってる。長時間労働が常態化しているし、兼業禁止の縛りも買い手市場が拍車をかけているのでは。
  • yamazakura @yamazakura5963 2012-11-13 19:44:10
    要は、不況が大きく影響している点は否めないと思います。「金に釣られない」本物の才能を持つ人はいるのかもしれないけど、今は生活を捨てる覚悟がないと「才能」で食っていく事にトライするふんぎりはなかなか付けられない世の中。
  • 私がパリアッチなんです @Under_the_Fool 2012-11-13 21:08:50
    物心ついた時から不況の日本しか知らない若い世代は、「頑張れば成功する」といったイメージは持ちにくく、その結果リスキーな業界にチャレンジすることを回避してしまうのかもしれませんな。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2012-11-14 07:17:52
    @izumino カメレスですが、池上遼一先生がまさにそのパターンでしたね。最初はガロで暗い青春劇画描いていて。
  • 夜艶 @428___ 2012-11-14 10:59:10
    「得意なことで食べていくのはいやだ」って人も、いるんですわ。
  • 三沢文也a.k.a.青二才 @tm2501 2012-11-15 06:26:37
    428___ 「好きなことを仕事にすると趣味が一つ減る」論者もいますからね。それも十分に考えられそうですね。
  • bluemonkshood @bluemonkshood 2016-02-24 07:40:16
    才能があってもその才能をお金を稼ぐための職業にしない人はたくさんいます。クリスマスコンサートを病院のホールで演奏する整形外科の先生。葉加瀬太郎みたいでした。医学部の学生だけでオケが組めてしまいます。音楽は職業として、お金を稼ぐのが難しいという側面もありますが、マンガを書くのが好きで、時間もお金も好きなだけ注ぎ込めるのは、職業じゃないから、、とも言えます。
  • Bぼたん@伊26一発ツモ @omega_b 2016-02-24 07:59:26
    才能があるのと、その才能で食べて行けるかっていうのは別の問題だろうしね…
  • 科技アカウント @kagimatome 2016-02-29 20:16:09
    「才能が来るのを「待っている」から気がつかないのだ」は、三国志でたとえると、名門出身で何もしなくても人材が集まった袁紹と、わざわざ諸葛亮の家に三回訪ねて行った劉備の差のようなものだと思いました。名門(大手出版社)も、時には自分から人材探しをしないといけないということですね。
  • Y @MC680X0 2016-09-28 18:00:15
    どの世界でもプロで通用するくらいの技術やセンスがあってもアマチュアで続けている人はいる。別に上手いからってプロになる必要もない。作品が見られないのは惜しいと思うけどね。

カテゴリーからまとめを探す

「学問・教養」に関連するカテゴリー