10周年のSPコンテンツ!
42
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este 同治中興の原因の一つは白銀の再流入だよ~☆ #ネタにマジレス
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Kakemiy @Erzherzog_Este あれ、どういう流れで再流入したんでしたっけ。ちょっと把握できてないのでよければご教示を。
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este 台湾中央研究院の院士林満紅(ハーバード大学のフィリップ・キューン氏の弟子)さんの著作「China Upside Down:Currency, Sociey, and Ideologies, 1808-1856」(続
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este (2006,ハーバード大出版、前記英語本)。中国語訳「銀線:19世紀的世界與中國」(09年かな台灣大學出版社,11年江蘇人民出版社)参照だと、イギリスの海関史料など今まで割とレアなのを使って再計算した
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este とか。実際咸豐年間(1850年代中期)から19世紀早期からずっと浮かんでいる銀の価額と銭の価額の比率が初期のように安定してきてと。本のクオリティーは高いよ。経済・貿易史から思想史、社会生活史まで全部触れたんで
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Kakemiy @Erzherzog_Este どうせ英語の訓練は必要なのでペテックのと一緒に殴り合います
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Kakemiy @Erzherzog_Este 英語……だと…… や、やってやんよぉぉぉぉぉぉぉ!
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este うん、オススメ。ただしデータが多い分読むのに時間がかかちゃう
Karl I @Erzherzog_Este
@Kakemiy @Historian_nomad あれ、すると清ってこの時期は云うほど悪い状態じゃない?
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Erzherzog_Este @Kakemiy そこもふくめて「中興」では。実際太平天国叩きつぶしてから日本に喧嘩売られだすまでそこそこ安定しておればこその洋務運動ですよ(まぁ西がすげぇ騒がしいですけど
Karl I @Erzherzog_Este
@Historian_nomad @Kakemiy なるほど。すると完全に落ち目というかグダグダしていくのは日清戦争の敗北だの百日維新の失敗など以降すか
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Erzherzog_Este @Kakemiy ですな。日清戦争に負けて李鴻章がへそ曲げてひきこもり光緒が馬鹿やらかして勝手に転んだ挙句脳みそ腐ってる鉄帽子王派が余計なことして義和団事変引き起こして転落って感じです。
Karl I @Erzherzog_Este
@Historian_nomad @Kakemiy 日清戦争よりむしろ百日維新と義和団が致命傷なのかしらね
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este 海関の資料で再計算したらこの時期の絹糸や茶葉の輸出額が上昇して、嘉・道二朝の不振が一掃したよ。
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Kakemiy @Erzherzog_Este またそうやって嘉慶道光をいじめるんですか!やめてください!(涙目
Karl I @Erzherzog_Este
@Kakemiy @Historian_nomad 不平等条約でも儲かる清クオリティ
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Erzherzog_Este @Kakemiy 対外威信的には日清戦争が致命的な気はしますが、体内的に完全にアウトになったのは後者なので、致命傷は後者じゃないかなって
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Erzherzog_Este @Kakemiy 冗談抜きで地代物博ですから。あの国技術さえゲットすればほぼ国産で済ませられてたんですよ民国あたりまで。
Karl I @Erzherzog_Este
@Historian_nomad @Kakemiy 完全なチョンボである日清戦争と義和団事件はともかくとして過大評価されがちな百日維新とは何だったのか
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
@Erzherzog_Este @Kakemiy 全部康有為と梁啓超のネガキャンとステマのせい。梁はともかく康有為マジ害悪
@Kakemiy
@Historian_nomad @Erzherzog_Este 義和団事件に関してはPaul A. Cohenの「History in Three Keys: The Boxers As Event, Experience, and Myth」が面白いかも(一度薦めたような
遊牧民@カイバル峠 @Historian_nomad
おいwwwwペテックの『China and Tibet in Early Eighteenth Century』がアマゾンで14万wwwwww
残りを読む(173)

コメント

Mercato Nuovo @bukrd405 2012年11月9日
清軍は清仏戦争でもなかなか善戦し、フランス海軍総司令官クールベ提督を戦死させたりしている。「眠れる獅子」とは当時、過大評価ではなかったはず。「やはり清は侮れぬ」と思われていた。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2012年11月9日
何でスペイン(正確には植民地であるメキシコ)の銀にこだわる商人がいたかというと、銀の含有量とかの問題があったんでないかと思う。中国だからパクリ品には色々混ぜ物していてもおかしくないし、そうなると銀としての価値が下がるわけで。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2012年11月9日
銅銭辺りの鋳造が民間委託だったということは、混ぜ物してあっても仕方ないというか、混ぜ物してあるのが暗黙の前提で使ってるんだろうけど、銀はあんまり混ぜ物してあるのは海外と交易する時に不便だっただろうからね。信用問題にも関わるだろうし。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2012年11月9日
と書いていてふと思ったのが、日本が貫高制→石高制と貨幣経済的に逆方向に移行したのは、当時の中国銭が混ぜ物してあって信用されてなくて、銅銭として使用するのもどうかというレベルだったからという可能性もあるなと。日本の安土桃山時代中国では明王朝末期で、財政的に豊かだったとも言い難いし。
ITAL @ITAL_ 2012年11月9日
『狼と香辛料』みたいなものか。民間が強くていろんな貨幣があると両替商が力を持つってのはありそう。あと、為替手形みたいなのも結構使われるよね。
Jonaさん @jonathanohn 2012年11月10日
まとめを更新しました。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2012年11月10日
昨日のコメントに対してお二人の方からレスをいただいたので追加しました。ご教授感謝m(__)m でも言ってることが微妙に違うような・・・。
カニ高専 @masau0519 2012年11月14日
Kamimura_Maki 貫高制から石高制への移行は、大寧寺の変による大内氏の滅亡により、明銭の流入が途絶えたためという見方もあるようです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする