「タグ編集を許可」「まとめ編集を許可」機能を終了し、新たな「共同編集」機能を追加しました。
2012年11月10日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第771回「日本のオバマは、どこにいるのか?」

脳科学者・茂木健一郎さんの11月10日の連続ツイート。 本日は、分析系ツイートです!
4
茂木健一郎 @kenichiromogi

しゅりんくっ! ぷれいりーどっぐくん、おはよう!

2012-11-10 06:32:27
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第771回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、分析系ツイートです!

2012-11-10 07:12:14
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(1)今回のアメリカ大統領選挙でオバマ大統領が勝利したことは、時が経つほど、その意味が大きかったように感じられる。アメリカの伝統的な価値観の一つ、一人ひとりの「自己責任」に基づいて、市場の中で競争する、その 中で、政府の役割を小さくするというイデオロギーが、敗れた。

2012-11-10 07:13:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(2)ロムニー候補は、一人の人間としては魅力的だった。アメリカの中での宗教的な少数派であるモルモン教徒として初めての大統領候補だという意義もあった。第一回の討論において、オバマ候補に対して優位に立ったにもかかわらず、結局は敗れた。共和党に与えたダメージは大きく、深い。

2012-11-10 07:15:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(3)「小さな政府」、「市場における自由な競争」というイデオロギーが、かつての社会主義、共産主義のイデオロギーが敗れ、消えていったように、退場し始めているように思う。とりわけ、人々の間の不平等を放置する施策が、いかなる美辞麗句で包んでも、もはや持続不可能なものになりつつある。

2012-11-10 07:17:20
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(4)小さな政府、市場による自由な競争という考え自体が否定されているのではない。問題は、そのような主張が、社会的な安全基地(secure base)を構築する努力を放棄して、無策にふけるための正当化理由として使われること。ロムニー候補は、その意味で、怠慢だった。

2012-11-10 07:21:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(5)共和党的なものから民主党的なものへの潮流の背後には、人類の文明の大きな変化がある。インターネットは、コミュニケーション、情報の生成、流通における「平等」の条件を整えた。競争、独占よりも協調、分かち合いが社会を進める。そんな時代に、共和党的主張は力を持たない。

2012-11-10 08:42:54
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(6)お前は、競争に負けたのだから、どんなになっても、自己責任だ。共和党的な主張とは、美辞麗句をとれば、つまりそのようなこと。そんな態度を政府がとるよりも、困った人、疲れた人に手助けする方が、社会がうまく進む。イデオロギーではなく、科学的な意味で、そう言える時代である。

2012-11-10 07:25:46
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(7)もちろん、「手助け」と言っても、働きも何もしない人に安易に給付するということではない。政府がさしのべる手助けのやり方は、より精密に、知的に、進化しなければならない。工夫はいろいろ必要だが、そのためにこそ、智慧をつくす。共和党のように、何もしなくていい、というのは愚かだ。

2012-11-10 07:27:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(8)ところで、近年の日本はどうだろう。鳩山由紀夫氏が主導して、民主党の政権交代が実現した時には、オバマ大統領的な「新しい公共」への機運が満ちていた。その後、民主党は日和見的になり、生活保護叩きが始まり、「自己責任」という知性のかけらもない言葉が跋扈している。

2012-11-10 07:29:38
茂木健一郎 @kenichiromogi

にど(9)日本のオバマは、どこにいるのか? 日本の政治は、インターネット、グローバル化の時代に必要な変革へと向かうよりは、前時代へと時計の針を逆進させようとしている。美辞麗句で包んでも、間違った政策をとれば歴史の審判を受ける。アメリカではオバマが勝利した。日本はどうなるのだろう。

2012-11-10 07:31:54
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第771回「日本のオバマは、どこにいるのか?」でした。

2012-11-10 07:32:16

コメント

とし @toshihiro36 2012年11月10日
まとめを更新しました。
0