カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

たとえ条件付きでも「自宅出産が安全である」とは認められない(?)医師や医療関係者

自宅出産の周産期死亡率は病院での出産となんら違いがない上に、病院での出産よりも、自宅出産の方が重度の裂傷や産後出血の確率も、胎児を蘇生しなくてはならない確率も低い(つまり自宅出産の方が母体への負担が少ない)という研究データがあります。 Outcomes of planned home birth with registered midwife versus planned hospital birth with midwife or physician (2009) http://www.cmaj.ca/content/181/6-7/377.abstract 続きを読む
健康 医療 自宅出産 安全な出産 出産 生死の尊厳 先進国 自然分娩
38
はじめに:何故「出産のあり方」について考えることは大切か。どうして自宅出産なのか
wake up, stand up @bmdurg
女性はどうしたって社会的地位は低い。その女性が無条件で自分に自信を得、自分の存在を肯定できる機会が「出産」だと思う。
wake up, stand up @bmdurg
出産は「体に備わっている本来の自然の力」を体感できる機会。まさに命がけで、自然分娩でお産をやり遂げることで女性は(全ての女性がとはいいませんが)そんな凄いことができる自分の力に改めて驚く。人類歴史が始まって以来続けられてきた営みは、こういう事だったんだと悟みたいなのも得られる
wake up, stand up @bmdurg
医療技術の助けを借りて出産する母親が逃すのは、そういう「機会」。もちろんそれが母親としての資質を決めるものではないけど、一度、その機会を失ってしまうと、それを取り戻すのは大変な作業だと思う
wake up, stand up @bmdurg
医療の助けを借りて出産したという心理的負い目を乗り越えるのも大変な作業だと思う。自力で出産しなかったという負い目は、医療の力に頼って出産した母親の心理にどんな影響を与えるだろう。(続く)
wake up, stand up @bmdurg
(続き)子どもが熱を出したというだけで小児科医に駆け込かもしれない。予防接種しなければ病気になると思うかもしれない。発熱する我が子が心配のあまり、とにかく解熱剤を使用して熱を下げようとするかもしれない。
wake up, stand up @bmdurg
出産を、医療という男性主体の制度から、本来あるべき女性主体の「あり方」にとり戻すことは、全ての人にとって、だから、とても意義のあることだと私は思いマス。以上、最近「出産」という話題について考え続けていた理由を自己分析してみました。
さいぞうちゃん @saizou9
誰も彼も子供を学校に行かせないと、子供に高学歴を与えないと不幸になると思い込む。思い込むというよりもそう信じ込んでいる。義務教育なんてものが始まってたかだか100年ちょっとでしかないのに、『それが現実よ』なんてうそぶくんだw
wake up, stand up @bmdurg
医者がいないと出産できないと思っている人、予報接種しないと病気にかかる癌になると思っている人もいるようです。RT @saizou9 誰も彼も子供を学校に行かせないと、子供に高学歴を与えないと不幸になると思い込む。思い込むというよりもそう信じ込んでいる。
wake up, stand up @bmdurg
@saizou9 そのうち医者がいないと「確実に死ねない」とさえいわれそう。
みつこ 11 @mituko333
@dmburg @saizou9 癌になったとき 病院拒否して 自宅でなくなると 医者の証明書 診断書がないため 警察が来たり 家の人も疑いがかかったりと 悲しみの中で 残酷な質問が繰り広げられるとか。 医者にかからないと こうなるぞって脅迫みたいに。
さいぞうちゃん @saizou9
@mituko333 @dmburg 遅レス、あいすみませぬ。私たちの社会は管理されてることに随分と無関心というか鈍感です。誰しも野垂れ死ぬのは嫌だろうけど、そもそも動物が死ぬのは野が当たり前なのです。家だの名前だの格式だの体裁だの世間体だの常識だの法律だのに縛られすぎですね。
wake up, stand up @bmdurg
@saizou9 @mituko333 これは出産の話を通して感じた事ですが、管理されなければ不安な人が多くいる様子。故に管理されることを望む。もちろん英語圏社会でもそういう人はいるし、ネットの反応だけでは計りかねますが「個人の権利」を死守するという気概はあまり感じられません
さいぞうちゃん @saizou9
@dmburg @mituko333 出産の話で言うと、産む側の個人の権利と生まれる側の個性に重きを置いた結果、うちでは二人の息子を自宅出産としました。何がなんでも出産を管理したい病院側とは、まさに個人の権利の死守って感じのごたごたがありましたが、自宅出産で本当によかった。
wake up, stand up @bmdurg
@saizou9 @mituko333 自宅出産って、産まれてくる「個」の権利でもあると思うんですけどね、私は。高度な医療が整っていて99%死なない確率を確保された環境で産まれることが「権利」なのか、自宅で尊厳に産まれることが「権利」なのか。生も死もとてもプライベートなことです
さいぞうちゃん @saizou9
@dmburg @mituko333 生と死はほんとにプライベートなことであり、個としての尊厳が守られるべき時間と空間とボクは信じているのですが、その神聖な場所に、こちらへの対応が日によって変わるような職業意識の低い医者と看護婦がずけずけと入り込むこと自体がありえないですね。
さいぞうちゃん @saizou9
@dmburg @mituko333 他人の生と死の尊厳高き現場を預かるのであれば医者と看護婦にもその覚悟と職業意識を持って欲しいけれど、現実にはそれを為し得ている方は極僅かでしょう。うちの親父が病院で死んだ時も彼らは時間のことばかり気にし、こちらを急かすことに余念がなくもw
さいぞうちゃん @saizou9
@dmburg @mituko333 ま、医者と看護婦も管理している側というよりは、結局のところ管理されてる側なんでしょうけどね。早く遺体を処理して、はやく仕事終えて帰りたいって態度を露骨に出すところをみると。彼らもまた病院で生まれ、病院で死ぬことを約束させられた人たちで。
wake up, stand up @bmdurg
@saizou9 「生と死の尊厳高き現場」まさに、ここ数日間、言いたかったことの一つです。出産に臨む時に、ただ死亡率が低くなるという「安心」さえ得られればいいのか。医療機械の助けなしに生きられない状態になった時、ただ延命さえすればいいのか。それ以上を求めることはできないのか。
住みやすい国上位3位にランキングされているカナダの産科医・婦人科医協会は次のような方針を発表しています

カナダ産科医・婦人科医協会は、女性とその家族の、出産プロセスにおける「選択肢」の重要性を強く認識するものです。私たち産科医・婦人科医は、「自分たちがどこでどのように出産するかは自分で決めたい」という、女性の思いを尊重します。全ての女性は、選んだ出産場所と方法について、それぞれ危険性と利益に関する情報を十分に受けるべきであり、予測される医療ケアの制限について理解すべきです。私たちは、エビデンス・ベース・プラクティスを支持し、出生の安全についての、さらなる研究を奨励します。
http://www.sogc.org/guidelines/documents/gui227PS0907.pdf

少しずつ明らかになっていく事実。少しずつ変わっていく認識。
wake up, stand up @bmdurg
自宅出産よりも病院での出産の方が失血死のリスクが高いと判明!!過度な医療介入が原因か?!英大学調査」http://t.co/JFb8Buk6 少しずつ事実が明らかになっていく。少しずつ認識が変わっていく。
帝王切開で生まれた新生児の死亡率は、経膣分娩で生まれた新生児の3倍
wake up, stand up @bmdurg
#お産について考える 条件が同じローリスク妊婦について、新生児死亡率を出産方法別に比較した場合、帝王切開で生まれた新生児の死亡率は、様々なリスク要素を考慮して査定しても「2.9倍」高いのですって。http://t.co/1BLsLLp5
wake up, stand up @bmdurg
#お産について考える 主要な原因は上から順に、先天性奇形と染色体異常、乳児突然死症候群、子宮内低酸素、出生窒息、循環系疾患、細菌性敗血症。帝王切開で誕生した新生児の子宮内低酸素と出生窒息による死亡リスクは経膣分娩のそれと比べて6.7倍。
残りを読む(191)

コメント

ラバー @laver_maki 2012年11月10日
日本における同様の研究結果があるとわかりやすくてよいと思いました。単純に外国と日本を比較することは難しいと思います。
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2012年11月11日
自分の拙い英語力で2009年の方の論文データを斜め読みしてみて、関連記事も斜め読みしてみたけど、そっちには別の研究機関は相反する立場をとってることやランダム化比較試験による検証の不足などが指摘されてますね。 正直このデータだけで結論を出すのは拙速すぎるという印象を持ちました。
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2012年11月11日
追記:ただ関連記事では選択バイアス、比較群の欠如、統計の不足、統計的検出力の不足、データの提示についての確実性の不足とこのデータの検証方法に対して色々な限界を指摘しつつもお産という性質上ランダム化比較試験が難しいため、重要な価値を持つと指摘しています。
名取宏(なとろむ) @NATROM 2012年11月11日
「~というという研究データがあります」というのであれば、「計画病院出産と比較して計画自宅出産では、分娩中死亡は7倍、新生児仮死による死亡のリスクは27倍」という研究データもありますね( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20078406 )。南オーストラリアの研究です。
名取宏(なとろむ) @NATROM 2012年11月11日
研究によって結論に差が生じることはよくあります。より上位のエビデンスとしてメタアナリシスがあります。西洋諸国の報告を総合すると、計画病院出産と比較して計画自宅出産では、周産期死亡率は類似しているものの、新生児死亡率は3倍であると報告されています( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20598284 )。
名取宏(なとろむ) @NATROM 2012年11月11日
報告によって差があるのは、統計的な手法の違いや統計的なゆらぎや国別の事情があるためでしょう。少なくとも現段階において、一つや二つの研究から、「自宅出産の方が母体への負担が少ない→産後の母子ともに安全」とするのはきわめて不適切であると考えます。
名取宏(なとろむ) @NATROM 2012年11月11日
まとめ主のコメントで「予防接種についての議論と同じだし、放射能が危険か危険でないかといういわゆる「御用学者」の人々の発言にも通ずるものがあると思いました」という部分は賛成いたします。確かにこれらの問題は類似していますね。
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月11日
NATROMさん、コメントありがとうございました。ご提示頂いた論文を読んでみます。
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月11日
「個人の脳内の納得レベルに基づく」反論・反応コメントは、全て削除しました。
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月12日
[c822007] このまとめの主旨は、条件1「高度に医療が発達している経済的先進国において」条件2「何ら問題のない通常の妊婦が出産に臨む時」に自宅出産は、病院での出産に比べて母体に負担が少なく、新生児への蘇生処置をする必要になるような事態に陥る確率も少ない、という事実を、いくつかの医学論文のデータに基づいて示すことです
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月12日
bmdurg 私は日本もその「高度に医療が発達している経済的先進国」の一員だと思って、カナダやアメリカのデータを引き合いにしましたが、ここにきて、それが誤りだということに気がつきました。経済的に発展していることが、そのまま「考え方や意識や常識も先進国並みに高い」ということではないんですね
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月12日
[c822007] 日本という「経済的には発展した国」で、自然分娩や自宅出産が、どれほど無理な話で、それらを希望する妊婦さんが、どれほど理不尽な非難にさらされるだろうということは、あなたのコメントとご提示いただいた情報から、まざまざと想像できます
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月12日
@b0boxさん、日本という特殊な事情の国での自宅出産・自然分娩の危険性について訴えたいのであれば、ご自分でまとめを作って下さい。あなたの提示した情報を知りたいと思う日本女性は多いと思います。
ぼる @b0box 2012年11月14日
↑でコメントを切るとなんだか喧嘩別れみたいなので途中更新にその後のやりとりをまとめて頂いてます。最後の最後、妻は「夫婦で決めたら」と申してますが、(どちらの手段を選ぶにせよ)リスクは事前に確認してから、という前提をつけてました。出産の際、悲しい事が減りますことを祈念しつつ終わります。
wake up, stand up @bmdurg 2012年11月14日
b0box ぼる(b0box)さん、追記ありがとうございます。より多くの女性が、すばらしい感動のお産を自分の力で勝ちとることができますように、と願っています
ゴマすりクソバード@たつき監督を返せ! @animefigure3d 2017年10月10日
下らない自己承認欲求のため、子供を殺す母親。
wake up, stand up @bmdurg 2017年10月17日
animefigure3d 自分の中の消化しきれていない怒りをネットで撒き散らしても、なんら解決にはなりませんよ、あなたが何に対して怒り・憤りを感じているのかしりませんが。
えまのん @emanon58123 2018年1月9日
出産の予定どころか結婚の予定もない女医としては、一番最初の「女性が無条件で自分に自信を得、自分の存在を肯定できる機会が「出産」」というところに、逆にそれが出来ない女性としての葛藤も生まれるし、社会貢献もしている人間としての評価を超えて”でも女性としては…”と評価されてしまうところが辛いので、なかなか素直に飲み込まない。
wake up, stand up @bmdurg 2018年1月24日
emanon58123 えまのんさん、「無条件に」と書いた意味をお察し下されば幸いです。社会的地位の高い職業についていない大多数の女性たちの話をしています。医者であるあなたは「出産」を経験せずとも、十分に自己肯定できるハズではありませんか?また、誰かに対して評価を下そうとしているのではないのですが、何故、脳内でそのように変換されるのでしょうか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする