121110 第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー 子供と若者の教育についての対話(第1日目)

IWJ Webサイトの記事はこちら↓ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/39722 会員登録はこちらから↓ http://iwj.co.jp/join/
原発 震災 ICRP 多田順一郎 ジャック・ロシャール IWJ 教育 福島 福島のエートス 国際放射線防護委員会 伊達 福島県立医科大学
1
Naoki Watanabe @knight100jp
現在「ICRPダイアログ 〜長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー」を配信中です ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/ZPvkYrwG)
Naoki Watanabe @knight100jp
配信チャンネルを途中で変更するかもしれませんが、お昼まではこのままこのチャンネルで配信したいと思います。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/ZPvkYrwG)
koji_furuta @kfuruta777
【IWJ_福島2】急遽「第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー子供と若者の教育についての対話」を配信可能になりました。よろしくお願いします。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/qFhEuyDY)
IWJスタッフ @iwakami_staff
【IWJ_福島2】急遽「第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー子供と若者の教育についての対話」を配信可能になりました。よろしくお願いします。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/QMdkqKm7)
koji_furuta @kfuruta777
「第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー〜子供と若者の教育についての対話〜」は、発起人が国際放射線防護委員会(ICRP)(続く) ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/qFhEuyDY)
koji_furuta @kfuruta777
協力と援助が“伊達市、放射線安全フォーラム、福島のエートス、福島県立医科大学 ベラルーシ緊急事態省チェルノブィル部、経済協力開発機構・放射線防護公衆衛生委員会、フランス放射線防護・核安全研究所、ノルウエー放射線防護局、フランス原子力安全局” #IWJ_FUKUSHIMA2
すみ @vptdmre
コミュニティーが崩壊して、子どもにその影響が出たということで、さらに対応するために、縦割りのためにうまく機能しないということらしい。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/BeiKfpNd)
文鳥さん ぶんちょうさん ( ⁰⊖⁰) @komatsunotsuma
@kfuruta777 @knight100jp: @Mari Suzuki  配信ありがとうございます!> 第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー子供と若者の教育についての対話 #IWJ_FUKUSHIMA2
so sora @sosorasora3
「第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー〜子供と若者の教育についての対話〜」は、発起人が国際放射線防護委員会(ICRP): 配信ありがとうございます。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/Nejif0CW)
文鳥さん ぶんちょうさん ( ⁰⊖⁰) @komatsunotsuma
急遽「第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー子供と若者の教育についての対話」を配信、ありがとうございます!おねがいします! ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/y7EnchHY)
so sora @sosorasora3
「中学校における、放射線教育の位置づけ」 :原発事故の長期影響地域の生活回復のための、ダイアログセミナー 配信されてます: 福島から ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/Nejif0CW)
koji_furuta @kfuruta777
司会は、ジャック・ロシャール氏、多田順一郎氏。スピーカーには佐藤利松氏(JA 新ふくしま)、安東量子氏(福島のエートス)、佐々木清氏(郡山明健中学校)など地元から教育関係者、NPO団体、また報道関係者多数。http://t.co/0eYy1jt3 #IWJ_FUKUSHIMA2
桃食いたい @momokuitai_
おお!中継ありがたや!仕事しながら聞ける!  ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/R5LZ5kFp)
so sora @sosorasora3
(これ、伊達市のICRPダイアログセミナーですよね? 配信、ありがとうございます。) ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/Nejif0CW)
so sora @sosorasora3
(できましたら、アーカイブもぜひお願いします) ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/Nejif0CW)
すみ @vptdmre
放射線教育は中学校では3年生でされて、二学期の時期は中3といえば、入試にもうでない講義内容が多く、受験勉強に忙しい時期。その中で、放射線教育は6時間程度。2009年の時点で。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/BeiKfpNd)
文鳥さん ぶんちょうさん ( ⁰⊖⁰) @komatsunotsuma
RTkfuruta777 ジャックロシャール氏、多田順一郎氏。佐藤利松氏、安東量子氏(福島エートス)、佐々木清氏、教育関係者、NPO団体、報道 http://t.co/1CQAc5kx ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/y7EnchHY)
すみ @vptdmre
最終的に安全とか危険は個人の判断、そういうことが出来るように私たちは教育したいとのこと。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/BeiKfpNd)
すみ @vptdmre
知識が必要で、学んだ子どもは主体的に行動するようになる特徴があるとのこと。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/BeiKfpNd)
桃食いたい @momokuitai_
あー霧箱やってるんだー、私も作ってみたい。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/R5LZ5kFp)
すみ @vptdmre
練馬区の学校の例。今は線量を子どもたちにはからさせようと考えている。これが学びの一歩なのかなって思っているとのこと。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/BeiKfpNd)
酋長仮免厨 @kazooooya
【IWJ・中継】「第4回福島原発事故による長期影響地域の生活回復のためのダイアログセミナー子供と若者の教育についての対話」 #iwakamiyasumi #genpatsu ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/JCcGRegq)
すみ @vptdmre
子どもたちの認識はとても風化している。子どもたちは、福島、東北は復興に向けてすすんでいるという認識を持っているとのこと。 ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/BeiKfpNd)
酋長仮免厨 @kazooooya
ICRP「第4回福島ダイアログセミナー 2012年11月10、11日(土・日)」 http://t.co/s3geBmKU ( #IWJ_FUKUSHIMA2 live at http://t.co/JCcGRegq)
残りを読む(66)

コメント

竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012年11月11日
@vptdmrwave もう一つ、冷静に考えて避難せずに普通に子供と一緒に過ごすという家庭も多かった
竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012年11月11日
@knight100jp それデマとしかいいようがないですね、風評はまきちらかさないほうが・・
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする